F1グランプリ

December 11, 2013

【F1】来年から最終戦のポイントを2倍に アブダビGPの勝者は50点 http://www.sankeibiz.jp/business/news/131210/bsa1312101026003-n1.htm
>2013.12.10 10:25
>国際自動車連盟(FIA)は9日、来年以降のF1シリーズで、最終戦の獲得ポイントを2倍にすると発表した。総合優勝争いを終盤まで盛り上げるためで、2014年F1シリーズ最終戦のアブダビ・グランプリ(GP)の勝者に通常の2倍の50点が与えられる。(AP)

ヴァラエティ番組のジャンピングチャンスかよ。だったらいっそスーパーひとしくんシステムでも導入してしまえ。得意なサーキットをチームなりドライバーなりが選択、そこだけポイントは倍。レース前に公開だと他チームの潰しが有るかもしれないからレース終了まで非公開で、ゴール後「実は俺スーパーひとしくんだったんだ」みたいな。…まあシーズン終盤は消化試合か否かで観客動員が天と地ほど違うから、っつう興行的理由は解る。来シーズンからJリーグが2シーズン制を採用するのもそういう狙いからだし(目論見通り運ぶかは別の話)。でも、F1ってどのチームが強いかどのドライバーが速いかは開幕から数戦で大体判ってしまって、だから大半のF1ファンにとってはタイトル争いが激しかろうとそうでなかろうと盛り上がりには関係無いし、そもそも運営サイドが思っているほどファンはチャンピオン争いに興味が無いように映る。つってもどうせ再来年ぐらいに「4大GP」とか言って獲得ポイントの高いレース増やすんだろうけど(もちろん裏金積んだトコが選ばれる)。
 っつう訳で競艇競輪オートレースの暮れの大一番に思いを馳せる。オートはSG覇者プラス各地区ランク1位選手は確定、残りの椅子はSGと特別G1の優勝戦に入着すると加算されるSS王座決定戦ポイントの累計上位。ポイント制はモータースポーツの必然なのか。これは解り易いが、各地区ランク1位がSG獲ってない場合、それだけSSポイントで出られる選手の枠が減る事になる。実際問題、川口の選手はSG制覇どころかSSポイント持ってる選手すら一人も居ない事が珍しくないが、それでもこうなのは「売上的には聖地とすら言えるメッカ・川口の地元選手が1人も出ないと盛り上がらない=売上が見込めないから」っつう興行的理由からだ。
 競輪グランプリはG1覇者は無条件確定、プラス残りの椅子を賞金順。これは極めて解り易いが、早い段階でG1獲っちゃった選手が後は緩めてグランプリに向けたコンディション作り…とか、年間通じてのモチヴェーションは?っつう疑問は残る。
 競艇は、賞金王決定戦に出られるのは獲得賞金順、だから今年のようにチャレンジカップ(=賞金王の前に行われる最後のSG)獲ったけど届かない(=賞金王出れない)って事も起きる。そういう、優勝しても賞金王出れないの確定してる選手のモチヴェーションはどうだとか、そういう選手が居ると別の要素が入って来て舟券予想がし辛いとか、SG獲ったらマスコミやファンはSG覇者として扱い方が変わるし「SG○冠!」みたいに持ち上げるけど単に賞金高いレースなだけですよっつう扱いなら『SGの重み』って何なのよ?とか、筋は通ってるがデメリットも有る。
 んー。それぞれ一長一短だわな( ´-`)y-~~~

ブレイキング・ポイント+2
ブレイキング・ポイント+2

アーティスト:フレディ・ハバード
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2008-12-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 14, 2013

爆音響かぬEVマシンに疑問の声も 「フォーミュラE」若者の心つかめるか http://www.sankeibiz.jp/express/news/131114/exe1311140003000-n1.htm
>2013.11.14 11:50
c0a6807a.jpg 公開された「Formula_E(フォーミュラE)」のレーシングカー=11月12日、英国・首都ロンドン(ロイター) http://www.sankeibiz.jp/images/news/131114/exe1311140003000-p1.jpg
19b4a936.jpg フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグCEO(最高経営責任者)=11月12日、英国・首都ロンドン(ロイター) http://www.sankeibiz.jp/images/news/131114/exe1311140003000-p2.jpg
c3841523.jpg 「スーパーアグリ・フォーミュラE」を率いる鈴木亜久里氏 http://www.sankeibiz.jp/images/news/131114/exe1311140003000-p3.jpg
>2014年からスタートする電気自動車(EV)によるレースシリーズ「Formula E(フォーミュラE)」のマシンが11月12日、ロンドンでお披露目された。
>主催団体ではレースを通じてクルマ離れが目立つ若者たちにEVの魅力をアピールし、スローペースが続く市販EVの普及を加速させたい考えだ。「エキゾーストノート」(排気音)がとどろかない電気駆動マシンによるレースは、都心部の公道での開催などモータースポーツの新たな可能性を開く一方で、ファンをどこまで興奮させることができるのかと疑問視する声もある。
>「電気自動車が走るので、F1レースと違って耳をつんざくような爆音が出ないから、家族で気楽に楽しめる。激しいチケット争奪戦もないから、F1より安く観戦できる」。ロンドンで会見を開いた主催団体フォーミュラEホールディングスのアレハンドロ・アガグCEO(43)は、EVレースの魅力をこう強調した。
>ロイター通信などによると、レースシリーズは、来年9月に北京で開幕し、15年6月のロンドンでの最終戦まで全10戦が行われる。開催都市はローマ、ベルリン、ロサンゼルス、リオデジャネイロ、バンコクなど。
>初年度は10チームでスタートし、翌年から14チームに拡大する計画だ。今月(11月)1日に参戦が発表された元F1ドライバーの鈴木亜久里氏(53)率いる「スーパーアグリ・フォーミュラE」を含め、すでに6チームが決まっている。
>レースは約1時間で、ドライバーは1チーム2人。現在搭載しているバッテリーの性能では15〜20分しか走行できないため、2回のピットストップを行い、マシンごと交代する。
>シリーズ開催の最大の狙いは、次世代エコカーの本命といわれながら、1回の充電で走行できる距離や充電スタンドの不備などで販売台数が伸び悩んでいるEVの普及に弾みをつけることだ。
>アガグ氏は、スペインの起業家らとともにEV事業に総額1億ドル(約99億円)を投資しており「今後25年間の販売台数は全世界で7700万台に上る」と、もくろんでいる。
>最大の障害が若者のクルマ離れだ。アガグ氏は英紙フィナンシャル・タイムズに対し、「10〜16歳の世代はフェラーリよりスマホをほしがる」と嘆いた。そこで、こうした世代にEVの魅力を伝えるため、スマホやタブレット端末でレースの模様をリアルタイム観戦できるようにするという。
>アガグ氏は「あらゆるテクノロジーが試され、発展する場にしたい」と、環境技術の進歩に貢献する考えも示す。
>これに対し、あるモータージャーナリストは課題を指摘した。「環境に優しいだけでは若者を魅了できない。モータースポーツの興奮や走る楽しさをどう伝えていくかが重要だ」(SANKEI EXPRESS)

モータースポーツの最大の魅力は絶対的なスピードに有ると思うが、電気モーターであんなスピード出せるのか?いろいろ調べてみたがどうも現行のF1はもちろんだがGT300辺りと比べても落ちるようで、もちろんレースとして、モータースポーツとして成立はするだろうけど人気化するかとなるとねぇ?ちょっと疑問符は付く。
 最近は電動スクーターなんつうモンも出て来て、もっとも都内でも滅多にお目に掛かれない。このフォーミュラEが軌道に乗るようならオートレースもそうなるのか、でも味気無さそうな…とか想像してみたのだが、調べてみると現状600Wまでが原付扱い・それ以上が小型扱いになっている。で、その600wっつうのはヤマハのカタログによると1.9ps相当だそうで、これじゃママチャリにも勝てそうにないし、実ユーザーの感想にも自転車に抜かれた経験が多数。ナンボ技術革新がなされたところで電気バイクオートは無いって事だな( ´-`)y-~~~

モーター・シティ・ソウル
モーター・シティ・ソウル

アーティスト:ファーザー・トム・ボーン
販売元:BMGメディアジャパン
発売日:1999-09-22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック