AKB競馬部

June 06, 2016


スゲェ。断トツ人気モーリスの自爆(「負けてなお強し」の2着だが…)で三連単が跳ねただけとはいえ、「ボックスで付くトコお願い」もハマるとこうなるんだよな。

万馬券を連発、競馬の女神・小嶋陽菜がビビッとくる馬とは…「馬券はやっぱり、当たんなきゃ面白くない!」|週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2016/05/21/65507/
>[2016年05月21日]
>―フジテレビ系列で、毎週土曜深夜(25時15分スタート)に放送している競馬バラエティ『うまズキッ!』の予想コーナーも絶好調です!
>小嶋 出走馬の中から5頭を選んでボックスで勝負するコーナーなんですけど、去年は自分でもびっくりするくらい当たっちゃいました。
>―昨年は50戦して13勝。的中率が驚異の2割6分。収支もナント、プラス4万1020円でした。どういう買い方をしたらそんなに当たるんでしょう?
>小嶋 本命馬から2頭。中穴から2頭。大穴から1頭。その5頭のすべての組み合わせ、60通り買うだけです。
>―本当にそれだけですか?
>小嶋 データ…1番人気の馬は3年連続できていないとか、3番に入った馬が過去に5勝しているとか、大外18番は一度もきたことがないとか、そういう数字は見ますが、一番大事にしているのはーー。
>―そこです。そこが一番聞きたいところで。
>小嶋 勘ですね!
>―えっ!?
>小嶋 馬柱(うまばしら=出走する馬のデータ)とにらめっこして、ビビッときた馬を選ぶと、なぜかくるんです。
>―それで当たります?
>小嶋 始めた頃は外れてばっかりだったんですけどね。悔しいから勉強しているうちに、競馬がどんどん好きになって。気がついたら、勘もさえるようになっていました。
>●小嶋陽菜(Kojima Haruna)
>アイドル、モデル、MCと多彩な才能を発揮。言わずと知れた競馬好きで、競馬サークルからも熱烈な支持を受ける。当たると評判の予想が好評で、2015年にはプロ馬券師でも難しいとされる年間収支プラスを達成するほど
>(取材・文/工藤 晋 撮影/松木宏祐)

勘、直感と言うとバカにする人もいるが、これ本人が言語化出来ないからそういう言い方してるだけで、馬柱をちゃんと見てれば「このレースで上がり最速か」とか、斜め読みでも琴線に触れる馬が出て来る…という事だと思う。とにかくそうやって、その中の穴馬が絡めば高配当ってやり方は、好みは別として理に叶ってはいる。
 これで思い出したのが、今や懐かしの企画「AKB競馬部」。こじはるが競馬にハマる切っ掛けを作ったこれは、馬券を買える年齢のメンバー全員参加で、優勝者は秋のGIシーズンのCMにピンで出られるというものだった。舞台は春のGI5連戦、一レース千円(相当のポイント)を賭ける…というものだった。で、これを優勝したメンバー(←グループ卒業後「あの人は今」状態なので、名は秘しておく)の買い方が三連複5頭ボックスだった。最大で10点しか買えないから三連複なのだが、やはり1頭か2頭は穴馬を入れてて、それが来れば跳ねると。方法論は同じだ。でもって初週二週目と万馬券を炸裂させたのだからねえ。
 地方競馬なんかだと実質3頭立てみたいなレースがあって、そうなると当てるのは簡単だけど儲けるのは難しい。でも中央で重賞ともなると、1頭アタマ鉄板!みたいな事は多々あるが(モーリスは負けちゃったけども)、それでも出遅れとかレース中の不利とか、競馬は他競技と比べると不確定要素が大きく、敢えて悪い言い方をすると「当てもの」の色彩が強い。オートや競輪でボックス買いなんてこっ恥ずかしくて出来ないけど、中央競馬に限れば、プロ気取りでアタマ固定だフォーメーションだなんて格好付けずにボックス買いってのも悪くないよなと。…いや、これ何度も何度も思い知らされてるんだけど、それでもいざ買う段になると忘れちゃうんだよな(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 18, 2015



フランスギャロの凱旋門賞のCMがYouTubeにアップされてた。2分以上あるためTV放映用とは思えず、最初からネット配信が目的なのだろうがさすがに出来がいい…という中にこじはるがワンカット映っててビビった。フランスが認めたキレイドコロって事だもんな、スゲェわ。あと、そんなこじはるに地上波でセクハラするおぎやはぎ小木もスゲェ。いやこれは関係ないけども。
 これ、全ては『AKB競馬部』から始まったんだもんな。当時ですら何十人と居るメンバーの中で、CDに選ばれない人がここを先途と張り切るのかと思いきや、むしろ本気で取り組んだのは売れてる選抜メンの方で、「ああこれが意識の差か」と思わされたが、しかしそれにしても、これほど本気でハマってくれる人が居るとは思っても見なかった。エエもんゲットしたよなJRAは。この上たるや、女性誌とかで「趣味は競馬で云々」と語って欲しいところだが、さすがにそこまで欲張っちゃイカンわな、っつうかそこから先は競馬クラスタが本来の仕事をせにゃならんのだ。…いやしかし本当、望外の喜びというのはあるんだなあ( ´-`)y-~~~

バット・ビューティフル (チャールス・マクファーソン&スティーブ・キューン )
バット・ビューティフル (チャールス・マクファーソン&スティーブ・キューン )

アーティスト:チャールス・マクファーソン&スティーブ・キューン
販売元:ヴィーナスレコード
発売日:2015-05-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 10, 2014

ミキティにゆうこりんも登場? アイドル×競輪コラボで互いのファンが意気投合!|週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/10/40380/
>[2014年12月10日]
>アイドルファンと競輪ファンが意気投合という奇跡(?)が生まれたのは7日、開催された「第1回IDOL☆PARADISE」だ。
>“男のギャンブル”というイメージの強い競輪だが、現在は女性たちが競う女子競輪「ガールズケイリン」が行なわれている。今回の「第1回IDOL☆PARADISE」は東京オーヴァル京王閣(けいおうかく)で開催された「オールガールズレース」の応援イベントである。
>この日はゲストで男装アイドルとして活躍する「風男塾(ふだんじゅく)」のほか、今年デビューした「Luce Twinkle Wink☆」と「Ange☆Reve」が登場。昼から夜の最終レース直前まで、レースの合間にライブを行なった。
>当然、彼女ら目当てにアイドルファンたちも集まるが、舞台はフェンスの向こう側に広がるバンク(コース)の中央。これには赤園虎次郎(風男塾)も「レースをするコースの真ん中で歌わせてもらうなんて不思議な感じ。でも距離があるので、もっと近づきたい」と苦笑い。
>しかし、彼女らのパフォーマンスが始まれば、ファンは大盛り上がりだ。さすがドルオタ! どうであろうと、どんな条件だろうとアイドルを応援する姿勢は常に全力である。
57ec1a76.jpg この距離感……。それでも一生懸命、声援を送るアイドルファンと我関せずといった感じの競輪ファンたち http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/2014/12/889d9a7547a01cdf9cfd2059c68fc22b_5e3260513a20204879dff5fb47af7c08.jpg
>もっとも、一方の競輪ファン(99%おじさん)は、初めて目の当たりにする(?)アイドルファンたちの熱狂する姿に「すげーな、あれ」としらけムード。しかし、レースが始まれば野次以外にも「ミキティ(森美紀選手)、頑張れ!」「ゆうこりん(明珍[みょうちん]裕子選手)、おまえに懸けてるぞ!」と、こちらも熱狂的に応援する声が響き渡る。
>アイドルファンと競輪ファンがライブとレースで入れ替わり、互いを遠巻きに見ている光景はシュール。互いに興味のない分野であり、決して交わることもないかと思われたが、意外にも競輪ファン(もちろん、おじさん)に歩み寄ったのは10代半ばの風男塾ファンだった。おじさんたちが馬券を託している選手を一緒に応援し始めたのだ。
>彼女らに聞いてみると「最初は悪ノリでやってみたけど、始めたらおっちゃん達が『いいぞ、声出せ!』ってノってきたんですよ。アイドルを応援する気持ちでやってたら楽しくなってきて、おっちゃんも『次、この選手ね』ってリクエストしてくれたし」と楽しんでいたらしい。アイドルと競輪、何かに熱中して応援することで彼ら彼女らは繋がったのだ!
>ちなみに、ほかにもこの日いたアイドルファンのなかには「陸上競技とかと一緒で、スポーツとして見ていて面白い。100円、200円でできるから“ゲームセンター感覚”でやってみた」と実際に車券を買って楽しむ人の姿も。彼女らが色とりどりのケミカルライトを片手に握りながら車券を買う不思議な光景も見られ、味わい深いものがあった。
>(取材・文/週プレNEWS編集部)

この手のイヴェントって、バクチオヤジ(含む俺)同士・ドルヲタ達の間だけでは広まるもののそこ止まりで、外への拡がりというものはおよそなかった。それが今回、週刊プレイボーイなんつうメジャー媒体にこうして取り上げられた訳で、エポックメイキングというか画期的というか、とにかく「バクチにもアイドルにも興味ないよ」っつう人達にも伝わる事となった。だからどうしたと言われると困るが。
 2ちゃんねるの地下アイドル板を見ると解るが、パチや競馬のスレッドが必ずといって良いほどあるように、ドルヲタとバクチ打ちの親和性は意外に高い。京王閣から至近の多摩川競艇ではバニラビーンズが定期的にアイドルイヴェントをやってるし(俺は競艇はやらないが、スポーツ紙の広告欄でしばしば目にするので知っている)、冠協賛競走でアニヲタやドルヲタが「痛レース」やり出したのは、もう10年以上前だ、一昨年の江戸川競艇では指原莉乃協賛競走が【3】→【4】→【5】で決まるなんつう奇跡も起きた。同年春の『AKB競馬部』は、やる前はみんな懐疑的だったが、ノメリ込んだ小嶋陽菜が競馬番組のレギュラーにまでなった。昨春の共同通信杯競輪@福井では、イヴェントに来場したSKE48のメンバー(このイヴェントには不参加だが)の実父である選手が出場してたため、ヲタが「お義父さーん!」と大声援を送るという美しい光景が展開された。船橋オートでも、去年ぐらいまではしばしばアキバ系アイドルと呼んでイヴェントをやってた。川崎競輪の今年のマスコットは、川崎ご当地アイドルだ。
 …などと列挙してみたものの、ドルヲタにしてみりゃ、車券買ったり売店でビール買ったりするのは推しを呼んでくれた事に対する儀礼的なものに過ぎない。仮に本腰入れて車券買って1万スッたら「CD10枚買えた=握手10回出来るた」ってなってしまう、だからそういう本末転倒なまでにノメリ込むという事はない。車券オヤジだって、アイドルに入れ上げるカネが有るならまず車券を…となる訳で、だから今回週プレに取り上げられたからといって今後どう展開して行くのかというと、もう皆目判らない。まあとにかく、革命的事象であったという事は確かなのだが( ´-`)y-~~~

Major Jazz Minor Blues
Major Jazz Minor Blues

アーティスト:Larry Coryell
販売元:Savoy Jazz
発売日:2003-05-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック