阿佐田哲也

February 02, 2018

大鶴義丹「勝負事で一番好きなのはカード!」麻美ゆまのあなたに会いたい! | 日刊大衆 https://taishu.jp/detail/31535/
>2018年02月01日 17時00分 公開 [週刊大衆2018年02月05日号]
1517312938538255 https://img.taishu.jp/images/contents/35/31535/1517312938538255.jpg
>ゆま「ギャンブルは、けっこうされるんですか?」
>大鶴「以前、福島のテレビに出ていた頃は、よく白河市にある“場外”で遊んでいました」
>ゆま「場外?」
>大鶴「あ、馬券売り場のことね。競馬はいいよね。100円から賭けられるから、ちびちびと遊べる(笑)」
>ゆま「競馬かあ。そういえば以前、このコーナーで蛭子能収さんに登場してもらったとき、蛭子さんは“馬は信用できない”とおっしゃっていましたよ」
>大鶴「アハハ。そういえば、玉ちゃん(玉袋筋太郎さん)は自転車が好きなんですね。玉ちゃんに言わせると、公営の博打にハマりだすと、最後はボートか自転車に行くと言っていたね」
>ゆま「なんでですか?」
>大鶴「自転車やボートは倍率が低いんです。要は、堅いレースが多いんだね。本物のギャンブラーは100円を120円、130円と、倍率は低くても確実に“取れる”レースを狙うんです。対して、競馬は大穴が出やすい。蛭子さんが“馬は信用できない”と言うように、何が起こるか予測がつかない分、外しやすいけど当たるとデカいんだよね」

他のギャンブルをやる人が競馬をクサす時の常套句に「競馬なんて他人が乗って畜生が走るもんだろ」というのがあるが、蛭子さんの主張もそうだ。あと、阿佐田哲也がエッセイだったか小説の登場人物の台詞だったか、「競馬はギャンブルではない」ってのもあった。曰く、不確定要素が多過ぎて「読み」の介在性が低いと。阿佐田哲也の愛した競輪と比べるとそれは確かにそうで、競馬「も」やる者として、まことにごもっともと認めざるを得ない。
 その上で、では競馬は穴狙いこそが王道なのか?というと、そうとも言い切れまい。三連単やWIN5のようにブワッと投網を広げなければならない賭式は確かにあるが、一方で「単勝○番人気の馬を機械的に購入した際の回収率は」みたいな記事を検索するだけでも、やはり人気(=支持率)は正直な、決して無視出来ないファクターである事は自明だ。そりゃ競輪よりそれは低い、それは認めた上で、でも皆無とか無視出来るほど薄い関連性という訳でも決してない。っつうか、そういうものが皆無だったら、そもそも競馬はこんにちのような人気化は決してしてないだろう。ある程度だけでも理詰めで近付けるものでないと完全な「当てもの」になっちゃう、それじゃ宝くじなんかと一緒だし('A`)
アニマル・ダンス
ジョン・ルイス&アルバート・マンゲルスドルフ(p/tb)
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-01-23



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 23, 2014

 こんなのやってたのか。

伝統博打・手本引きの疑似体験イベントに潜入 ≪ 日刊SPA! http://nikkan-spa.jp/643802
>2014.05.21 雑学
>東映の実録ヤクザシリーズではおなじみの賭場の光景。が、昔ながらの博徒が廃れつつある昨今の裏社会にあって、この手の賭場が開帳されることはほぼなくなったという。そんな折、日本伝統博徒である手本引きの再現イベントが実施されることを知った。主催するのは、東京・秋葉原にあるアミューズメントカジノ店「アキバギルド」。早速、同店へと向かった。
6a3af555.jpg 盆ゴザの上で札束が飛び交う本格的な演出 http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2014/05/DSC_0952.jpg
>カジノテーブルが取り除かれた店内の一角には畳が敷かれ、コの字型に白い布をかぶせた盆ゴザが用意されている。普段はメイド服のディーラーたちもこの日は着物で、白いサラシに片肌出しという本格衣装。手本引きには目木、繰り札、張り札などの専用道具が必須だが、この日のために専門の職人さんに作ってもらったという凝りようだ。
>1から6までの数字が書かれた6枚の札から親が任意の1枚を選択。子は「親が何を選んだか?」を読み、1点から4点までの様々な張り方で勝負する――というのが、手本引きの簡単なルール説明。1点賭けの“スイチ”は「賭けたお金の4.5倍が戻ってくる」とわかりやすいが、2点賭け以上は張り札の置き方や賭ける札束を置く位置などを変えることで配当が違う。
>「映画の女優さんの演技を見たりして、胴(親)の立ち振る舞いについては研究しました」(みやひ)
>そう、今回の手本引きイベントで胴を務めるのはすべて、普段はメイドの女子ディーラーたち。疑似ゲームとはいえ、女のコたちとの真剣な腹の探り合いは熱くなりそう……ということで記者も挑戦してみることに。
>手渡された15万円をどこまで増やせるか? というのが今回のルール。すでに150万円にまで増やしている人もいるから恐ろしいが、まずはヤマポン(3点賭けの一種。本命の数字だと2.8倍が戻り、抑えの2点がくれば、「種」といってチャラとなる)で1万円ずつを様子見。増えたり減ったりを繰り返しつつ、勝機が見える。
153efe66.jpg 目木を動かす瞬間、一同の視線は胴の指先に集中する http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2014/05/DSC_0886.jpg
>ゲームの醍醐味、昔ながらの賭場の雰囲気は十分に味わうことができた。同店では、この手の不定期イベントも3か月に1度の割合で開催しているとのことなので、遊んでみたいという人は、お店のホームページをチェックしてほしい。<取材・文/スギナミ>

 >【アキバギルド】
 >住:東京都千代田区外神田3-15-7第二丸信ビル8階
 >電:03-3255-7155
 >営:15:00〜22:30(土日祝は13:00〜)
 >料:サービス料金700円(ドリンク付き)メイド指名2000円。
 >各種カジノゲームが楽しめる同店の情報はhttp://www.akibacc.com/


手本引きといえば、阿佐田哲也の著作でつとに有名。

 手本引 - Wikipedia
 >ギャンブル小説家の第一人者であった阿佐田哲也は、「世の中には
  三千種以上のギャンブルがあるが、面白さでは一位がホンビキ、
  二位が競輪だろう」と手本引きを高く評価するコメントを残している

今回こうしてアミューズメントカジノがイヴェント化させたが、どこかに阿佐田哲也記念館みたいなトコがあったら、体験コーナーみたいなの作ってアトラクションやるのも楽しそうだ。
 ところで、阿佐田哲也が2位に評価した競輪も、作品に取り上げる事で競輪の普及に高く寄与したのだが、かつて立川で開催の冠として阿佐田哲也杯というのが行われてたのだが、いつの間にか中断(廃止?)されてしまった。これ、穿って考えると「手本引が滅亡寸前(←Wikipedia参照)って事は、アンタに評価されてる競輪もこのままじゃアカンやないの」→「ゲンが悪いから冠やめるわ」なのか、それを推し進めた結果「だからルールから何から変えたの、アンタが愛した競輪とはもう別物なんだよ」なのか。…んー(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 26, 2014

井上「歴史的な一戦」逃げ切り勝ち 初の国際ルール適用 http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/01/26/kiji/K20140126007464030.html
df0f35ff.jpg ゴールする1着の井上昌己(1)、2着の稲村成浩(5)、3着の十文字貴信(4) Photo By 共同 http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/01/26/gazo/G20140126007464170.jpeg
>国際ルールを適用しての国内男子初の競輪「ケイリンエボリューション」が26日、福島県のいわき平競輪場(2025メートル、5周)で7選手によって行われ、アテネ五輪チームスプリント銀メダルの井上昌己(長崎)が2分49秒0(上がり11秒7)で勝った。
>払戻金は人気の長塚智広(茨城)が5着に敗れて車連単が(1)―(5)で3710円、3連単が(1)―(5)―(4)で3万6200円だった。レースの売り上げは約1億9千万円。
>ファンの声は「ラインを組む競輪と違って、脚力のある選手が勝つので面白い」と「予想しづらいので買えない」に分かれていた。
>[ 2014年1月26日 18:17 ]

通常の競輪ルールであってもルーキーチャンピオンのように全員自力型なレースの予想なんか俺には出来ない、こういうレースの車券買う人ってどうやって予想組み立ててるのか?「ラインという概念が初心者に解り難いから新規ファンの開拓が出来ない」とはUCIルール推進派の言い分だが、ラインという概念をひとたび会得するとこれほど面白く、また賭け易いものはない、だからこそ文豪・阿佐田哲也が惚れ込み「ギャンブルの王様」と言わしめたのだし。それを否定されちゃねえ。
 何よりネックなのは、そのエボをやるのが現役の競輪選手である点だ。競輪(≠エボ)をやってる選手が「今日はエボてす」ってなっても競輪の癖や走り方が抜けなくて…てな事にならんのか?と、どうしても疑心暗鬼に陥ってしまうのだ。たまたま流れの中で同県選手が前後になっただけでも「ホレ見ろラインじゃねえか!」となるし。
 もう口にするのも忌々しいSS11だが、彼らが「競輪と競技の両立は難しい」と訴えたように両者は明らかに違う競技で、だからエボを開催するんだったらキッパリ分離した方が良い。選手自身に「自分はエボの方が良いです」「今まで通りで」と選ばせて、エボを選んだ選手は以降エボばっかり走らせる。選手登録は今まで通りJKAで構わないし、年度変わりで転向出来るようにしても良いだろう、とにかくエボ選手はエボ専で行け!と。で、UCIルール(≒エボ)推進派の中には「下位級選手が多過ぎるのが競輪施行者の負担になってる、チャレンジレースの賞金を削減するなり選手数を減らすなりしろ」と主張する人が少なくないが、だからエボも、競走体系や賞金体系も既存の競輪と別立てでやれば、その人達も文句はなかろう。もちろん俺だって文句はない。車券売上高が反映された賞金体系なら施行者も飲むだろう。ちなみに、このエボと前後レースの売上は
オッズ|KEIRIN.JP
オッズ|KEIRIN.JP
オッズ|KEIRIN.JP
直前のレースから微増も、枠複と枠連が発売されないためトータルでは僅かにマイナス、直後のレースでは段付き。

 >「予想しづらいので買えない」

この人達、決して無視出来ない数だったって事だ。頑張れUCI推進派 m9(^Д^)
【追記】
コンドル出版 | 小倉、熊本競輪情報を鋭くお届けする、地元競輪専門紙! | 競輪歴54年のコーナー http://www.condor-s.com/keirin54.php
>平成26年1月26日
>平記念3日目は本当につまらないエボリューションがあったのはマイナスでしたが、準決勝3番の盛り上がりで21億を越えた事もあり、3日間で51億強は大成功。
>大騒ぎをした「KEIRIN」は期待通りに本当につまらないレースでした。身内が大宣伝した面子もあり、ガールズのこけら落しと一緒で関係者を総動員させた結果が、1億9千万の売り上げ、その前の8Rより600万ダウン。こんなレースをファンに車券買わせては罪でしょう、2度とやらない事を祈ります。

この言われっ振りよ(ノ∀`)

エヴォリューション
エヴォリューション

アーティスト:ジョン・ルイス
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2014-02-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック