遠隔

April 06, 2012

パチンコ台から突然火が 横浜のパチンコ店で火災 開店直前 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120406/dst12040611540009-n1.htm
>2012.4.6 11:52
>6日午前9時ごろ、横浜市西区南幸、パチンコ店「クラブニューヨーク横浜西口店」2階部分から出火。3階建て延べ約480平方メートルのうち、2階と3階部分計約320平方メートルを焼いた。
>神奈川県警戸部署と消防によると、開店直前で店内に客はおらず、従業員4人も避難してけが人はなかった。消防車約20台が出動して消火活動に当たり、約1時間40分後に消し止められた。従業員は「2階のパチンコ台から突然火が出た」と説明しているという。
>現場はJR横浜駅西口近くのデパートや飲食店などが密集する繁華街。周辺は煙が立ち込めるなどして一時騒然となった。

営業時間前の2階からの出火だから「こんな店燃えちまえ!」と客や同業他者等から放火されたのではない。社内の誰かが火を着けた可能性は有るが「台から火が出た」と証言した従業員が嘘を付く理由が無い、現時点では断定出来ないが、実際その通りなのだろう。台から発火というのは一見奇異に感じるが、実は年内にも起きている。

【店長日記】業界騒然!パチンコ台出火問題 http://www.sanspo.com/pach/news/120201/pcf1202010500000-n1.htm
>2012.2.1 05:00
>ここ最近のパチ業界の一番の話題は、やはり大一のパチンコ台の出火問題だ。出火と言っても、伝え聞く話では全国に数万あるなかの2台が煙を出したとか。人的被害はなかったようなので、その点は良かっただろう。私としてはこの分、今後はぜひ起死回生となるような抜群の機種を作ってほしいと願うばかりだ。
>パチンコは電気を使うし、台は木材やプラスチックを使って作られている。なので出火は可能性のない話ではない。
>今回の件では、我々に対して営業マンが頑張って対応したと思う。補償金額は最低ラインだけど、誠意は感じられた。だが、ホールによってはかなり酷い罵声を浴びせるところもあったとか。営業マンは表舞台で動くだけに辛いところだろう。
>(紙面から)

モーターが加熱し扇風機や洗濯機から出火する話はたまに聞く。テレビから出火した話も聞いた事が有る(放熱口から入り込んだ綿埃がショートを引き起こしたとか)。パチンコ台は球を動かすモーターや液晶TVを内蔵してる、他の家電製品と同等以上の確率で出火しない方がむしろおかしいぐらいだ。横浜の件もこのメーカーかどうかは判らないが。
 ところで、もし店がサマ…遠隔を仕込んでて、それが発火したと推測してみる(この店が仕込んでたと言ってるのでは断じてない、くれぐれも誤解無きよう)。メーカーが何十万球何ヶ月とテストした電圧制御系パーツより制度は当然低い(だろう)し、取付精度だって雑な筈。とすれば、発火し易そうに思える。でもって現場検証でバレたアカツキには当然検挙だ。…遠隔仕込んでた店は今んなって慌てて取り外したりしてるんだろうか('A`)?

ファイアー・ミュージック
ファイアー・ミュージック

アーティスト:アーチー・シェップ
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2010-02-24
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 20, 2011

パチンコ台改造で社長ら逮捕 放火5人殺人の店も捜索 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110720/crm11072014200012-n1.htm
>2011.7.20 14:15
>パチンコ台の当たりが出る確率を自由に操作できるように不正改造して営業したとして、大阪府警保安課と此花署が、大阪市此花区四貫島のパチンコ店「Ciao(チャオ)(旧crossニコニコ)」など系列3店を風営法違反(遊技機の無承認変更)容疑で家宅捜索し、経営者の中尾広志容疑者(50)=同区四貫島=ら幹部2人を同容疑で逮捕していたことが20日、捜査関係者への取材でわかった。
>同店は、2年前に発生した客ら15人が死傷した放火殺人事件の被害店舗。府警は中尾容疑者らが収益を上げるため、客数などに応じて当たりの確率を変えて営業していたとみて調べている。
>逮捕容疑は平成21年6月、系列店3店のうちの1店舗で、パチンコ機「CR大海物語スペシャル」など12台に、当たり確率の設定を変えるICチップを不正に取り付け、府公安委員会の承認を受けずに営業したとしている。府警は3店からパチンコ台など計約60台を押収した。
>府警は改造を請け負った男(56)も同容疑で逮捕しており、パチンコ店の依頼で不正改造を請け負うグループが存在するとみて調べている。
>業界関係者は「客の多い時間帯に大当たりが出るように設定すると全体の客寄せになる。経営が苦しい小規模店ではパチンコ台の不正改造の需要がなくならないだろう」と解説する。

放火自体は当時ネタにしたが、この記事のキモは

 >業界関係者は「客の多い時間帯に大当たりが出るように設定すると
  全体の客寄せになる

これって、裏ROM仕込んで出る様にした台をサクラに打たせ「この店は出る」と錯覚させる手口じゃなく、この店は遠隔して客にサーヴィスしてたからパクられたって事だ。台メーカーやホールは今まで「そんな手間掛かる事w 」と一笑に付してたが、確実に有ると立証されてしまった訳で、改めてパチ業界ダメージ大だ。
 バクチやるに際し一番重要なのは「イカサマしてませんよ」と開示する事で、だから3競オートの選手は前検日から開催最終日まで宿舎に缶詰め、ケータイも管理サイドに提出し、外部との連絡は一切断たれる。TV中継で地下馬道や敢闘門が映る、その時カメラにアピールしたりしたら「要らん誤解招く様な事(=八百長が仕組まれてて、視聴者にサインを送ってるんじゃ?と邪推されかねない)すな!」と注意される。カジノのトランプは一定ゲーム数こなすと破棄し、新しいカードを使う。対してパチは、手打ち時代はともかく今はホールが全台のデータをコンピュータ管理してて、だから客からしたら「遠隔操作で特定の客を勝たせる・負けさせる様出来るんちゃうか?」と疑心暗鬼に陥るだけの余地が有る、ブラックボックスなシステムになっている。だからこそパチ業界は、本音はともかく建前上は、業界挙げて全力で否定して来たのに。台無し。…いやこれ、ボディブローみたく効いて来るんじゃないか('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック