蛭子能収

October 10, 2019

蛭子能収「葬式に行くのは、お金と時間のムダ」 「自分の葬式にも来てほしくない」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) https://president.jp/articles/-/30186
>PRESIDENT Online
>2019/10/10 11:00
>蛭子 能収
>漫画家
>10年くらい前に妻と自分の葬式について話をしたことがありました。そのとき妻と決めたのは、自分の葬式は大々的にしたくないということ。
>この考え自体はむかしから持っていたのですが、このとき「葬式は身内だけでする」とはっきりと決めてしまいました。
>よく葬式とは別に行われる「お別れ会」みたいなものもしない考えです。
>まあ、知り合いの漫画家さんたちが「どうしてもやりたい」というのなら、それは単なる飲み会だから勝手にやっていただくのは構いません。でも、僕はこの世にいないし、すでにもう死んでいるので、死体から飲み代は出てこないと思ってほしい。
>なぜ、こんなことを前もって宣言するのかというと、僕はむかしから「他人から時間もお金も奪いたくないし、自分自身も奪われたくない」という考えを強く持っていたからです。
>もっと言えば、そうした考えは僕の振る舞いともう一体化していると言えるのかもしれない。たとえば、いまの妻と付き合いはじめたころ、僕はデートしていても食事はワンコインかワンプレートで食べられるものにして、終わったらさっさと解散して、すぐにひとりでギャンブル場へ行くようなことをしていました。
>「自分が時間とお金を奪われたくないから、他人の時間とお金も奪いたくない」
>これはもう僕の本質的な部分から出てきたことで、それゆえ「葬式は身内だけ」「お別れ会はしない」という考えにも自然につながったのでしょう。

自分の葬式は必要ないという考え自体は解る。
kouden_goreizen
解るんだけど蛭子さん、貴方ギャンブルやるじゃないの。モロにカネの奪い合いじゃないのさ。「麻雀やカジノなんかは目の前に居る相手からカネを取るけど3競オートやパチはそうじゃないから罪悪感がない」なんて物言いがあるけど蛭子さん、その麻雀もやってる ━━ ばかりか逮捕までされてる(!) ━━ し。死生観とか、そういうのは解るんだけど、そこだけはどうしても引っ掛かるんだよな('A`)
IT'S ALL IN THE GAME
ERIC ALEXANDER
HIGH NOTE
2009-03-07



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 31, 2018

【ボート】多摩川は食べなきゃ損 メニュー充実度は全場でナンバーワン/競馬・レース/デイリースポーツ online https://www.daily.co.jp/horse/2018/08/30/0011590434.shtml
>2018.08.30
f_11590435 多摩川の名物といえば牛炊。蛭子能収さんも大好物 https://i.daily.jp/horse/2018/08/30/Images/f_11590435.jpg

事あるごとに書いて来たが、レース場の食い物はホント大事。いやレース場に限らず日常生活だってそうだ、人間の三大欲求の一つなんだからして。適当に選んだランチがハズレだったら午後の仕事テンションだだ下がりになるのは当たり前というものだ。ましてやレース場だったら?主目的はもちろんカネ儲け、バクチだが、遊びに来ている=レジャーである事は絶対に間違いない。であるならば、ゼニカネゼニカネ言いながら少しでも安いものを味は二の次…って人ももちろん居るだろうが、それでも美味いに越した事はない。
 どこの施行者も「レース場にいかにして人を呼ぶか?」っていう至上命題に対して、イヴェントを開くとか選手会も協力するとかやってるけども、「周辺住民から『メシ食いに(レース場)行こうぜ』ってなるぐらい頑張ってくれ」って飲食店に積極的に働き掛けてもらいたいもんだ。動員策としてむしろそっちの方がよっぽど手っ取り早いんじゃないか?って気がするんだが。レース場周辺が住宅地だったら「ちょっとコーヒー」ってだけでも需要は少なくないだろうし(´-`).。oO
ナイト・フード
ジャコ・パストリア ブライアン・メルビン
アブソードミュージックジャパン
2001-09-29



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 09, 2018

平成ノブシコブシ“ギャンブル飯”懸けて蛭子能収らと勝負 - お笑いナタリー https://natalie.mu/owarai/news/281100
>2018年5月7日 16:01
>明日5月8日(火)放送の「有吉弘行のダレトク!?」(関西テレビ・フジテレビ系)にて、平成ノブシコブシが「勝ったらダブルでおいしいギャンブル飯ツアー」と題したコーナーに登場する。
>ノブコブは、小柳ルミ子、蛭子能収、貴闘力と共に公営ギャンブル場を訪問。東京・ボートレース多摩川でハムカツとアジフライ、東京・中山競馬場でモツ煮込みとソーセージブリトーといった“ギャンブル飯”を狙う彼らはどんな予想を展開するのか。

録画してたのを視たが、
IMG_20180509_151320IMG_20180509_151300
どこからツッコんで良いものやら。まずナタリー、中山は千葉県だヽ(`Д´)ノ!…まあ東京ディズニーリゾートも東京ドイツ村も千葉だけども。俺だって千葉県民だった時期、親には「千葉だって東京だ」って言ってたけども。
 で、ギャンブル飯は良いんだけど、一番のポイントは「貴闘力にギャンブルやらせて良いのかよ?」と。
元貴闘力が明かした赤裸々すぎる「ギャンブル依存症人生」が衝撃すぎると話題に - AOL ニュース https://news.aol.jp/2016/02/08/takatoriki/
まあ本人がオファー受けたんだったら…ってエクスキューズは一応成り立つけど、それにしたってねえ。基本的には一生治らない、依存症(ギャンブルに限らない)って病気をナメてないか関テレ。もし貴闘力に今後何かあった時、責任取れるんだろうな('A`)?
ザ・トーキョー・ブルース
ホレス・シルヴァー
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2008-09-26



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 02, 2018

大鶴義丹「勝負事で一番好きなのはカード!」麻美ゆまのあなたに会いたい! | 日刊大衆 https://taishu.jp/detail/31535/
>2018年02月01日 17時00分 公開 [週刊大衆2018年02月05日号]
1517312938538255 https://img.taishu.jp/images/contents/35/31535/1517312938538255.jpg
>ゆま「ギャンブルは、けっこうされるんですか?」
>大鶴「以前、福島のテレビに出ていた頃は、よく白河市にある“場外”で遊んでいました」
>ゆま「場外?」
>大鶴「あ、馬券売り場のことね。競馬はいいよね。100円から賭けられるから、ちびちびと遊べる(笑)」
>ゆま「競馬かあ。そういえば以前、このコーナーで蛭子能収さんに登場してもらったとき、蛭子さんは“馬は信用できない”とおっしゃっていましたよ」
>大鶴「アハハ。そういえば、玉ちゃん(玉袋筋太郎さん)は自転車が好きなんですね。玉ちゃんに言わせると、公営の博打にハマりだすと、最後はボートか自転車に行くと言っていたね」
>ゆま「なんでですか?」
>大鶴「自転車やボートは倍率が低いんです。要は、堅いレースが多いんだね。本物のギャンブラーは100円を120円、130円と、倍率は低くても確実に“取れる”レースを狙うんです。対して、競馬は大穴が出やすい。蛭子さんが“馬は信用できない”と言うように、何が起こるか予測がつかない分、外しやすいけど当たるとデカいんだよね」

他のギャンブルをやる人が競馬をクサす時の常套句に「競馬なんて他人が乗って畜生が走るもんだろ」というのがあるが、蛭子さんの主張もそうだ。あと、阿佐田哲也がエッセイだったか小説の登場人物の台詞だったか、「競馬はギャンブルではない」ってのもあった。曰く、不確定要素が多過ぎて「読み」の介在性が低いと。阿佐田哲也の愛した競輪と比べるとそれは確かにそうで、競馬「も」やる者として、まことにごもっともと認めざるを得ない。
 その上で、では競馬は穴狙いこそが王道なのか?というと、そうとも言い切れまい。三連単やWIN5のようにブワッと投網を広げなければならない賭式は確かにあるが、一方で「単勝○番人気の馬を機械的に購入した際の回収率は」みたいな記事を検索するだけでも、やはり人気(=支持率)は正直な、決して無視出来ないファクターである事は自明だ。そりゃ競輪よりそれは低い、それは認めた上で、でも皆無とか無視出来るほど薄い関連性という訳でも決してない。っつうか、そういうものが皆無だったら、そもそも競馬はこんにちのような人気化は決してしてないだろう。ある程度だけでも理詰めで近付けるものでないと完全な「当てもの」になっちゃう、それじゃ宝くじなんかと一緒だし('A`)
アニマル・ダンス
ジョン・ルイス&アルバート・マンゲルスドルフ(p/tb)
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-01-23



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 28, 2017


新大関・高安、“嫁取り”よりも熱い「ボートレース愛」 | 日刊大衆 https://taishu.jp/detail/28291/
>2017年06月27日 06時00分 公開 [週刊大衆2017年07月03日号]
1498460186400649 https://img.taishu.jp/images/contents/27/4127/1394458714330400.jpg
>「高安は大のボートレースファンなんです。彼が育った旧鳴戸部屋(元横綱・隆の里)は酒、煙草と馴れ合い相撲に厳しいことで知られていましたが、ギャンブルには大らかでしたからね。当時からレースにはハマっていたようです。現在所属する田子ノ浦部屋は江戸川区にあり、好都合なことに(?)レース場から目と鼻の先。その散財が相当な額で、結婚のネックなのでは、という声まで上がるほどです」(相撲記者)
>それゆえか、大関昇進後の初イベントは6月8日に行われた江戸川ボートレース場でのトークショー。高安と同い年で、白百合女子大卒の“お嬢様レーサー”としても人気の富樫麗加と対談した。
>「大関になると、月給は関脇時代から約65万円アップの234万7000円。軍資金も増え、さらにレースにのめり込むのではと心配になりますね(笑)」(前出の相撲記者)

(´・∀・`)ヘー 江戸川ねえ。でもって「散財」とな。失礼ながら、蛭子能収サンよろしく買い目カンニングして違う目を買えば、美味しい思いを出来そうに思える。何せ目立つから、居たら余裕で逆張り出来る。競艇客にとっちゃウェルカム…なんてあんまりナメた事言ってると張り倒されるかもしれんな。クワバラクワバラ…っつうかまず本業の相撲をちゃんと応援しろって話だわな( ´,_ゝ`)
真夜中のビッカート
エド・ビッカート
MUZAK,INC.
2016-08-17


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 27, 2016

「ローカル路線バスの旅第24弾 山口・錦帯橋〜京都・天橋立」の正解ルートを考える。中国山地横断のベストルートは? http://tabiris.com/archives/localbus24/
>2016/09/25
>テレビ東京系列の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第24弾が放送されました。
>第24弾の目標は、山口県岩国市の錦帯橋から京都府宮津市の天橋立まで、路線バスを乗り継いで3泊4日で到達する、というものです。例によって、この正解ルートを検証してみましょう。

 >▽1日目
 >錦帯橋09:00→09:20岩国駅10:00→10:22和木駅→徒歩1.9km→大竹駅11:20→11:45玖波駅13:03→13:27大野庁舎13:31→14:19広電阿品駅15:30→15:43阿品台北16:10→17:11広島バスセンター 17:48→19:31西条駅19:46→20:41竹原駅
 >▽2日目
 >竹原駅06:35→07:38三原駅08:03→08:26登山口08:40→08:55尾道駅 09:00→09:47福山駅11:35→12:30笠岡駅13:15→13:38乗時→徒歩4.0km→寄島総合支所 15:35→16:18新倉敷駅16:50→17:02倉敷芸術科学大学 17:30→18:00倉敷駅18:45→19:40岡山駅
 >▽3日目
 >岡山駅10:00→11:34津山バスセンター13:25→14:20馬桑→徒歩8.5km→那岐駅17:05→17:18智頭駅17:25→18:15鳥取駅19:30→20:30岩井温泉
 >▽4日目
 >岩井温泉09:43→10:12湯村温泉13:15→14:33八鹿駅14:50→15:15出石15:25→中藤16:01→徒歩5.0km→岩屋上18:27→18:59与謝の海病院19:32→19:40天橋立ケーブル下

>ということで、無事ゴール。今回は成功です。
localbus24 ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第24弾・山口・錦帯橋〜京都・天橋立 【出演者】太川陽介、蛭子能収、熊切あさ美 【ナレーター】キートン山田 http://tabiris.com/wp1/images/2016/09/localbus24.jpg
>最初の大きなポイントは広島バスセンターでの選択です。ルイルイは三次方面か三原方面かで迷い、窓口で相談のうえ、三原方面に向かって竹原に泊まることを選択します。
>このとき、三次方面に向かっていたらどうなっていたでしょうか。その場合、吉田(安芸高田市)に泊まることになります。

 >▽1日目
 >広島17:45→19:16吉田出張所(泊)
 >▽2日目
 >吉田出張所06:45→07:31三次駅前

>三次では、東に向かって中国山地を縦走するルートを取るか、北に向かって出雲方面へ抜けるルートを取るかの選択を迫られます。
>番組内で、ルイルイに「庄原」を一つの目標に定めていたような発言がありましたので、まずは庄原へ行くルートを検証してみましょう。

 >▽2日目
 >三次駅前07:38→08:15庄原08:38→09:06西城中野12:02→13:18三坂神社前→徒歩6km→新屋17:30→17:59生山駅19:20→19:47根雨駅前(泊)
 >▽3日目
 >中町(根雨駅近く)07:06→08:08米子駅09:00→09:50下市入口→徒歩9km→赤碕駅11:41→12:40倉吉駅13:10→13:55鳥取空港14:25→14:45鳥取駅16:05→17:15湯村温泉18:15→19:33八鹿駅(泊)
 >▽4日目
 >八鹿駅07:37→08:02出石09:24→10:26中藤→徒歩5km→岩屋上12:22→12:54与謝野の海病院13:07→13:18天橋立ケーブル下

>「庄原ルート」では、午後早い時間に天橋立に着くことができます。ただ、途中に6kmと9kmの徒歩を挟み、実際ルートよりも徒歩距離が長くなっています。そのため、これが正解といえるかは微妙です。
>次に、三次から北を目指すルートを考えてみます。

 >▽2日目
 >三次駅前12:09→12:57赤名13:10→14:10たたらば壱番地16:07→三刀屋バスセンター16:41→17:17雲南市立病院(泊)
 >▽3日目
 >大東駅前(雲南市立病院からすぐ)06:58→07:49松江駅07:55→08:58(米子)市役所前09:04→09:50下市入口→徒歩9km→ 赤碕駅11:41→12:40倉吉駅13:10→13:55鳥取空港14:25→14:45鳥取駅 16:05→17:15湯村温泉18:15→19:33八鹿駅(泊)
 >▽4日目
 >八鹿駅07:37→08:02出石09:24→10:26中藤→徒歩5km→岩屋上12:22→12:54与謝野の海病院13:07→13:18天橋立ケーブル下

>こちらは、三次から木次、出雲大東(雲南市)を経て松江に抜ける、というルートで、「雲南ルート」としておきます。中国山地を路線バスで越えられる貴重なルートで、三次を午後出発しても、前述の庄原ルートと同じ時間に鳥取に着くことができます。
>広島以降の徒歩は、下市入口〜赤碕駅の日本海側9kmと最後の岩屋上への5kmのみで、比較的歩かなくていいルートです。
>雲南ルートは三次を昼過ぎに出ればいいので、1日目に広島に宿泊しても間に合います。トータルで考えて、バランスが良く余裕もあり、「正解ルート」の一つではないかと思われます。
>ところで、庄内ルート、雲南ルートのいずれにしても、米子に出てしまうと、下市入口〜赤碕駅の9kmの徒歩を免れることができません。ルイルイはこの区間を、第8弾(京都〜出雲大社)を逆方向で通っており、「米子〜鳥取は徒歩が長い」ということを、記憶していた可能性があります。
>今回の番組で、ルイルイは、「倉吉や鳥取を目指す」姿勢を示している場面が多く、松江や米子を目指す姿勢はあまりみせていない印象を受けました。ひょっとすると、過去の記憶が影響して、米子〜倉吉間を避けていたのかもしれません。(鎌倉淳)


今回の起終点は非常に選択肢が多岐に渡り、本記事はそのほとんど全てを綿密に考察しているが、そこは略した。広島市内の経路選定を上手くやればこの雲南ルートでもっと早く、24時間早着する事も可能だそうで、しかしそれにしても、番組が想定していた作為解が過去の企画で通った9km(=2時間近く)歩かされる区間を使うため、ルイルイにその忌まわしき記憶が残ってれば避けたくなる…というスタッフの意地の悪さこそがキモだなと。でもいろんな所に行ってルイルイの経験値が上がってしまってるため、難易度調節としてルイルイの裏をかくしかなくなってしまった…という言い方も出来る。番組作りとはかくも難しい。
 それにしても、9年もの長きに渡って(来年は10周年!)続くのだから大した人気で、それはルイルイ&蛭子コンビの人柄や相性だったり、普通の旅番組ではまず行かない日本の普通の田舎が見れるとか、後は単純にどっちに行くんだゴール出来るのかといったスリルetc.まあこの番組の何に魅力を感じるかは人それぞれだろうが、俺的には、このネット時代に昭文社の都道府県地図と聞き込みだけという、ほとんど徒手空拳での奮闘ぶりが凄い!って点だ。あれってオートや競輪を新聞なし、出走表だけで予想するようなもので、しかしそれはこちら側の脳内データバンクにそれなりに蓄積があって、最低限の事しか載ってない出走表でも情報を補足出来るからやれる事で、全くの初心者だったら「参考書(=専門紙やスポーツ新聞)をケチるな!」となる。まあルイルイも、記事にあるように脳内データバンクに蓄積されてるとはいえ、やっぱりあの地図だけで進路を決めるってのは凄いよなと。大したもんだわさ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 22, 2016

「松本家の休日」競艇で100万円獲得目指す「タレントパワー出すで」 http://natalie.mu/owarai/news/202604
>2016年9月21日 13:04
>明日9月22日(木)深夜の「松本家の休日」(ABC)にて、ダウンタウン松本一行が大阪の住之江競艇場を訪れる。
news_large_0921_matsumotoke_001「松本家の休日」で住之江競艇場を訪れる一行。(c)ABC http://natalie.mu/media/owarai/2016-09/0919/extra/news_large_0921_matsumotoke_001.jpg
>これまで番組内で展開された「松本家の一攫千金シリーズ」で彼らは競艇や競馬に挑んできたものの無残な結果に終わってきた。このたび「ボートレースの聖地」とも呼ばれる住之江競艇場でリベンジを狙い、資金の11万円を「100万円にしよう」と意気込む。競艇に詳しい蛭子能収や村上ショージのレース予想を入手して真剣に予想し「タレントパワーを出すでー!」という松本だが、果たしてリベンジに成功するのか。

このシリーズ好っきゃなあ番組。前の競艇編では買った選手が転覆失格というミラクル起きて、
昔の名前で出ています:酒とワラwの日々
そっちの方が美味しかったんだけども。
 まあとにかく11万を100万にするのって、感覚的には競艇じゃかなり難しい。競馬競輪オートだったらまだ脈はあるが、関西ローカルの低予算番組だから尼崎or住之江競艇か阪神or園田競馬しか選択肢がないんだよな(岸和田や京都向日町競輪、京都競馬は遠い)。うん、ワンチャンあるとすればやっぱ園田だよなあ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 12, 2016

ニコ生やYouTubeの有名配信者たち、パチスロでの違法賭博疑惑が浮上 http://tanteiwatch.com/58572
>2016.09.11ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ
>ニコニコ生放送やYouTube等の有名配信者たちが、賭博行為に及んだのではないかという疑惑が浮上したとの情報が、読者から寄せられた。「シバター」と名乗る配信者が発案した「第1回〜究極の総取り企画〜全取りすんのかい!!せんのかい!!」という企画が、2016年9月9日に大阪府大阪市のパチンコ店で行われた。
>有名配信者たちがパチスロに挑むという企画だが、それが賭博行為に該当するのではないかというのだ。一例として、「横山緑」と名乗る配信者は、「1位が全部没収なんだよ」と発言。「いくらね、2000枚とか3000枚出しても、トップとらなかったらね、その勝ち分が全部とられちゃうんだよ」、「勝てば40万とか50万もらえるらしいんで」。大金を獲得して、子供のミルク代やおむつ代等に充てたいと、横山は述べた。
023http://tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2016/09/023.jpg
>企画終了後にも、横山は次のように語った。「一番勝った人が、我々のね、なんと、あり得ないけど、総取り。勝ち金額を全部総取りできるというですね。勝った人、多分60万くらい。だって9人いるから、5〜60万にはなるんじゃないの、総取りだから」。結果は、「よっさん」と名乗る配信者が1位になった。また、宿泊先からの配信でも横山は、よっさんが受け取ったのは「総額50万以上だな、あれは」と語った。
033http://tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2016/09/033.jpg
>参加者が一定の金額を支払って賭博行為に及ぶこと、すなわち、参加者たちが相互にリスクを負うことが、賭博罪が成立する条件となる。本件の場合、パチスロに使う金額は各自で負担した模様だ。例えば、「これで負けたら、マジでもう、ちょっと心が折れるわ。いくら?12万ぐらい」と横山は述べた。企画後の配信でも、「もし9万円負けたままで帰ることになっていたならば、妻に報告できなかった」という趣旨の発言をしている。
>9月10日、当サイトでは当該のパチンコ店に連絡を取った。店によると、ネット上で騒動になっていたことは知らなかったそうだ。参加者たちがパチスロに使った金額の出所や、「1位になった者が勝ち金額を総取り」の真偽を尋ねたところ、同店では把握していないという。主催者は「G&M」であり、企画の詳細に店側は関与していないというのだ。パチンコ店とG&Mの関係については、回答を得られなかった。
043http://tanteiwatch.com/wp-content/uploads/2016/09/043.jpg
>やがて、企画に参加した配信者たちのページから、当日の配信内容のタイムシフトが削除されていった。すると、「企画に違法性があったからではないか」という憶測が飛び交った。
>※モザイク加工は当サイトによるもの

これ視てみたかったなあ。絶対面白いに決まってるもの。発案者の企画の秀逸さと行動力、人脈力、そして参加者の勇気には最大級の称賛を送りたい。しかしそれはそれとして、こりゃアウトだよ。まあ実際パクられるかどうかは判らないけども。
 まず、建前としてバクチそれ自体が違法だというのがある。一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまる時は日常的娯楽の範囲内であり、処罰するほどの違法性がない…とは刑法に但し書きされてて、例えば日テレ『ぐるぐるナインティナイン』のコーナー「ゴチになります!」は食事とお土産のオゴリだから財産性のない、言わば『消えもの』だからセーフ。フジ『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「男気ジャンケン」 も換金性に乏しいものばかり、額がデカいし本来の演者じゃない局アナが払わされたりしてる辺りちょっと微妙だが、それでも大きな問題とはなってない。対してこの「究極の総取り」は、モロにキャッシュのやり合いだ。それでも本人達にとって端下金だったら「一時の娯楽云々」と言い逃れも出来ようが、「妻に報告出来ない」なんて言ってるようじゃ明らかに大金だわさ。蛭子能収が賭け麻雀で逮捕された(マークされてたのではなく、フリー雀荘に踏み込まれた時たまたまそこで打ってたってだけ)時のレートは200円だったが、これって明らかに力量差があるとか3人通して1人をイカサマにハメようってんじゃない限り、2時間打って10万負ける事などまずない。それが優勝者50万以上だってんじゃ、もう言い訳のしようがないわ。
 重ねて書く、企画としちゃ非常に優秀な、面白いものだ。でも、だからこそ、もう一歩踏み込んで、これを合法的には流せる仕組みを考えなければならなかった。そこが何とももったいない('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 12, 2016

蛭子能収、野球賭博に持論「合法にしてもいいんじゃないか」 http://www.cinematoday.jp/page/N0081001
>3月10日23時00分
mainギャンブルについて語る蛭子能収 https://img.cinematoday.jp/a/N0081001/_size_640x/_v_1457649178/main.jpg
>漫画家でタレントの蛭子能収が10日、都内で行われた『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』の大ヒットイベントに出席し、野球賭博に関して持論を展開した。
>「みんなが楽しくやっているならそろそろ(賭博を)合法にしてもいいんじゃないか。それはそれで俺はいいと思います」と語ると、「俺も賭けマージャンで捕まりましたよ。みんながやっていることなのに。会見もしましたよ。テレビも謹慎になりましたよ。15、6年前かな」と自身の体験を苦笑いで述懐した。
>一方、「ギャンブルなんかで食えるとおもっているような人、大きな間違い。ギャンブルで食えるわけがない」とギャンブルに依存し過ぎな人に対しては厳しいコメントも。ギャンブルを正業にする行為には否定的なようで「学校を卒業した人はきちんと働いて、最低でも自分の食べる分は自分で稼いでほしい」とぴしゃり。最後に最近勝ったギャンブル話を問われると、途端に頬をゆるめ、「5か月くらい前に競艇で、人生一番の高配当を当てました。100円で27万円の配当でした」と嬉しそうに自慢していた。(取材・文:名鹿祥史)

なるほど蛭子さんのバクチ観はそうですか。FXや株で食ってる人は確かに居るし、脱税裁判になったような競馬で食ってる人すら存在する、

 >「ギャンブルで食えるわけがない」

これには異議を唱えたい。蛭子さんは「勝っても負けても、今日一日楽しく遊べたのだからヨシ」というスタンスかもしれないが、ほとんどのバクチ打ちは「食おう」「食って行けると俺が証明してやる」と臨んでるんだし。
 とはいえ、

 >「みんなが楽しくやっているならそろそろ(賭博を)合法にしてもいいんじゃないか」

これには完全同意。極端にレートが高いとか、関係性から参加を強要されてるとかだったら別だけど、目の前の相手とヤッタリトッタリしてる分には外野に迷惑かけてる訳でもあるまい、好きにやらせてくれよ…と心底思う。そりゃ世間体の良いものじゃないっていうのは承知してるけども(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 10, 2015

NHK総合「探検バクモン」にて、2週にわたりボートレースに密着! 〜ボートレース戸田を舞台に、日高逸子選手・魚谷香織選手らが出演〜 http://www.boatrace.jp/news/2015/07/053240.php
>2015年07月07日
>「探検バクモン」は、普段入れない場所に潜入し、外からはうかがい知れないディープな裏側を探し出す番組です。今回の企画では、ボートレース戸田の場内やピットを潜入するとともに、爆笑問題による独自の切り口で女子ボートレーサーにも迫っていきます。
>●番組名
>『探検バクモン』
>●放送内容
>・前編(入門編)7月8日(水)22:55〜23:20(25分)NHK総合・全国
>・後編(情熱編)7月15日(水)22:55〜23:20(25分)NHK総合・全国
華丸、ブラマヨ吉田、大悟らアメトーーク!でボートレースのイメージ向上 http://natalie.mu/owarai/news/153241
>2015年7月8日 15:47
316067bb.jpg「アメトーーク!」に出演する「ボートレース芸人」たち。(c)テレビ朝日 http://natalie.mu/media/owarai/2015-07/extra/news_large_0709_ame.jpg
>明日7月9日(木)の「アメトーーク!」(テレビ朝日・ABC系)に、「ボートレース芸人」として博多華丸・大吉の華丸、ブラックマヨネーズ吉田、千鳥・大悟、平成ノブシコブシ徳井、グランジ佐藤、怪獣すーなかと、蛭子能収が出演する。
>同じレースでも競馬などと比べて、とっつきにくいイメージを持たれがちなボートレースが今回のテーマ。「イメージアップだっ!! ボートレース芸人」と銘打たれ、ボートレース芸人たちがその基本情報や魅力、「あるある」などを紹介していく。
>ボートレースのことをあまり知らないFUJIWARA藤本と本仮屋ユイカもスタジオに登場。2人やMCの雨上がり決死隊とともに、ボートレース芸人たちの語りに耳を傾けよう。
>テレビ朝日 2015年7月9日(木)23:30〜24:30
ABC 2015年7月9日(木)24:46〜25:48

面白かった。特に『アメトーーク!』はフロント4人が持ち味をフルに出してて(後列は空気だったが)、良かった。しかし俺が一番注目したのはそこではなく、片やNHKの教養番組・片や民放ヴァラエティって違いはあれど、芸人がMCを勤めるプライムタイムの人気番組が二日連続で競艇をテーマに取り上げたって事だ。
 一昔前(もう本当に一昔前の出来事になってしまったが)、例えば浜崎あゆみが新曲をリリースする際、TV雑誌から女性ファッション誌に到るまで表紙独占!なんて事があった。あれはもちろん事務所が各出版社と何ヶ月か前からそういう調整をしてるから出来る事なのだが、昨日一昨日の競艇番組もおそらくそうであったろうな…と考えるのが自然だろう。どっちかの企画が競艇に来た時点で「良い機会だからもう一つぐらいどこかないか」と他に競艇取り上げてくれる番組ないか動いた結果なのか?それとも本当に偶然両番組から企画が来て、その上で「せっかくだからO.A.日合わせられませんか」と局と調整させたのか。いずれにせよ、これは競艇の『中の人』の成果だ。いや単にお笑い好きなだけなのかもしれないが、それでも、漫然と構えてるだけの人より遥かに優秀である事は確かだ。…いや本当、他競技打ちとして、競艇ファンが羨ましいわ。広報とか啓蒙といった事をよく解ってる。こういう才覚の持ち主がJKAとかJRAとかにも居ればねえ。無いものねだりではあるけども( ´-`)y-~~~

Take Double
Take Double

アーティスト:Clark Terry
販売元:Philips
発売日:1986-01-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 31, 2015

マスコミ関係者、夜の街の人が暴露する「違法ギャンブルにハマるタレント」とは? http://www.cyzowoman.com/2015/03/post_15505.html
>2015.03.30
>坂上忍の競艇、和田アキ子のパチンコなど、ギャンブル好きを公言する芸能人は数多く存在する。しかし、現状日本には賭博罪が存在しており、公営ギャンブルをのぞく賭博行為は、法律違反となる。そしてこの法律を犯す、グレーゾーンすぎる芸能人とは――。
>芸能人にも多くのファンを擁し、衛星放送では専門番組も放送されている麻雀。お金を賭ける行為は当然違法であり、とかくある芸人の掛け方は常軌を逸しているとうわさだ。
>「お笑い芸人、IのJさんがウチのキャバクラに来たとき、女の子と麻雀の話で盛り上がったんです。それで『今度一緒に打とう!』という話になったようなんですが、『できれば30万は持ってきてね』とサラッと言われてしまい、すぐさま断ったとのこと。一体どれだけ高レートで遊んでいるんでしょうね」(キャバクラ店スタッフ)
>かつて蛭子能収が賭けマージャンで逮捕された際には、1,000点200円のレートだったといわれる。しかし30万円の負けとなると、約10倍近いレートが予想されるが……。
>同じく芸人では、近頃こんな人物が意外な場所に姿を見せているのだという。
>「ピン芸人のKが、都内のターミナル駅周辺の『カジノ』に、度々訪れているようなんです。国内でのカジノ営業は違法なので、いわゆる裏カジノと呼ばれるもの。入店した時点で問題になります。天然キャラだと思っていたKですが、実は生粋のギャンブラーだったのか、はたまた本気で“天然”だったのか」(飲食店関係者)
>Kは女グセの悪さで痛い目を見た過去もあるが、まったく懲りていないのだろうか。そして同じく、裏カジノで目撃されているのは、あの女性タレントだ。
>「バツイチのSです。かつてカジノ通いのウワサが流れた際に、Sは徹底否定していたものですが、一部メディアは動かぬ証拠を押さえているとか。現在は子育てなど環境の変化もあったため、カジノ通いも控えているかもしれませんが、火のないところに煙は立たないということですよ」(週刊誌記者)

裏カジノは論外にしても、これ書いたライターは全くギャンブルやらないのか、やるけど麻雀はやらないかだ。
 記事に出て来る、蛭子さんが逮捕された当時の周囲の反応は「こんな低レートでしょっ引かれてツイてない」ってのがほとんどだった。西原理恵子の『まあじゃんほうろうき』には、ギャンブル雑誌向けに良い企画はないか聞かれ「デカピンで(賭けて)打ったら読者もドキドキすると思う」と答えるエピソードが有る。

 まあじゃんほうろうき (4) (バンブーコミックス)
 
まあじゃんほうろうき (4) (バンブーコミックス)

 著 者:西原 理恵子
 販売元:竹書房
 発売日:1994-11

これがイケるかどうか試し打ちしようとなり、そこでは「これって、後ろに手が回るぐらいのお金(=レート)かな」「ちょうど捕まっちゃうぐらいのお金だね」「(別な意味でもスリル満点)」という会話まで交わされる。そしてこの企画で一本まるまる出来るまで、いろんなゲストを招き実際打っているのだが、
 デカピンでポン!!
 著 者:西原 理恵子
 販売元:白夜書房
 発売日:1995-09

デカピンってのは千点千円だからハコ食ったらマイナス3万、プラスするところのウマがワンスリーだったらもう3万で、あっという間に6万円。一晩調子悪かったら30どころか帯(=百万円の束)ヤラレても全然おかしくない。で、これが「ちょうど捕まっちゃうぐらいのお金」だ。

 >「『できれば30万は持ってきてね』とサラッと言われてしまい」
 >蛭子能収が賭けマージャンで逮捕された際には、1,000点200円の
  レートだったといわれる。しかし30万円の負けとなると、約10倍近い
  レートが予想されるが……

10倍ったら「デカリャンピン」だけど、それだったら30万ぽっち(!)屁の突っ張りにもならない。それこそ蛭子さんの「200円東風戦」にしたって、徹マン一晩負け倒したら…って思ったら心配性の人はそれぐらい持って来るっての。知らずに書いてるとはいえ、どうにもレヴェルの低い記事だ。
 にしても、芸能ゴシップ記事のイニシャルトークって、下世話だけど楽しいよな。麻雀記事のIのJはすぐ判った、ギャンブル本を出してて俺も2冊持ってる人だ。バツイチの女性タレントSも多分アレだな、と想像がつく。問題は、天然キャラで女グセの悪さで痛い目を見た過去もあるピン芸人K、ここが判らないのが何とも悔しい('A`)

ダイアル・S・フォー・ソニー
ダイアル・S・フォー・ソニー

アーティスト:ソニー・クラーク
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009-12-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 19, 2014

ブラマヨ吉田 連日の“営業”ツイートで「第2の坂上忍」狙い|日刊ゲンダイDIGITAL http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/155053
>2014年11月19日
fc226304.jpg道のりは険しい/(C)日刊ゲンダイ http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/155/053/eba63189db25eac8ea7e2cf624ce268b20141118125811243.jpg
>「ブラックマヨネーズ」のブツブツ顔のほう、吉田敬(41)が売れっ子タレント・坂上忍(47)のポジションを狙っているともっぱらだ。
>もっとも、狙っているのは死に体のフジ系昼の番組MCではなく「ボートレース芸人」の座。
>根っからのギャンブル好きで、大手パチンコメーカーの専門チャンネルで冠番組を持っているが、「昨年度までMCとして起用されていた地上波の競輪番組が、今年度は契約更新されなかった。後輩の若手芸人にレース場に誘われて以来、ボートレースにハマったこともあり、趣味と実益を兼ねた“ボートレース芸人”への鞍替えを模索しているとのことです」(放送作家)。
>連日のように自身のツイッターにボートレースネタをアップするのは、吉田なりの“営業”だが、その道は険しい。JLC(日本レジャーチャンネル)で冠番組を持つ坂上や、専門誌「競艇マクール」の表紙イラストやコラムを担当、自身の名前を冠した大会を開催する蛭子能収、カトちゃん、作詞家の喜多條忠といった「重鎮」がひしめいているからだ。
>「それでも吉田の地道な活動は実を結び、某放送局がボートレース関連の出演オファーを出したそうです。結局、所属事務所サイドとギャラで折り合いがつかず流れてしまいましたが、本人はお笑い芸人としての行く末を心底案じている。いかにボートレースで食べていくかに腐心しています」(前出の放送作家)

いつの写真だよ!ゲンダイは、特に芸能人は、恐ろしく古い画像を平気で掲載するけど、よっぽどライブラリー無いんだろうな。社名とは裏腹に現代感覚皆無な紙面ではあるけども、それでも、ここまで名が体を表さない会社も珍しい。
 それは良いが、ブラマヨは記事にも有るように、過去何度も地上波の競輪特番をやっている。
ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部が今年もグランプリを盛り上げます!
ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部が一年ぶりに復活!グランプリ2012事前特別番組のお知らせ
ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部によるグランプリ2011事前爆笑番組について
ニュース|KEIRIN.JP 日本テレビ系列全国ネットで「ブラマヨの自転車王決定戦」が放送されます!
この手のヤツって、意欲は認めるが地上波ヴァラエティとしてはつまらないものがほとんどなのだが、一連のブラマヨものに関してはさすがの腕前、深夜(岸和田全日本選抜のは日曜夕方だったが)なら充分合格点を与えられるクオリティを有していた。

 >「昨年度までMCとして起用されていた地上波の競輪番組が、
  今年度は契約更新されなかった」

そりゃこれの視聴率とか売上貢献度とかは高くはないだろうけど、見切っちゃうのはいかにももったいない。JKAも、もうちょっと長期的視点に立たんと。しかもだ、

 >「後輩の若手芸人にレース場に誘われて以来、ボートレースにハマった」

よりによって商売敵の競艇に持ってかれるって、大失態もいいトコロだろう。そりゃ吉田は大阪出身だけど、この画像のM-1グランプリを優勝した05年から東京を活動拠点にしてるし、家も東京だ。それでも【競艇>競輪】なのか。さらにダメ押しで、そのブラマヨ番組に出てた他の芸人達からも、その後、競輪エピソードが全く出て来ないのがまた何とも。
 何にせよ、このエピソードは競艇関係者狂喜乱舞ものだ。対世間へのアピール度という点で手駒は多いに越した事はない、ブラマヨ吉田は芸人としてはもう中堅だが、それでも記事に挙げられた芸能人の中では最年少な訳で、平気年齢引き下げに見事成功した事になる。…いや、だから「若い人に受け入れられなければ業界に未来は無い!」とか論理展開する気は毛頭ないけど、つくづくもったいない('A`)

黒い聖者と罪ある女
黒い聖者と罪ある女

アーティスト:チャールズ・ミンガス
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2003-05-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 18, 2014

蛭子能収のゆるゆる人生相談「夫がスマホゲームばかり」 http://jisin.jp/serial/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/social/10801
>2014年11月17日 07:00
>長崎県に生まれ、看板店、ちり紙交換、ダスキン配達などの職業を経て33歳で漫画家になった蛭子能収(67)が、本誌読者からの相談に答える!

 >【Q】「49歳の夫がスマホでゲームばかり。食事中もリビングでも、運転中も!しかも課金で毎月3万円も払っています!それが原因でいつもケンカに。どうすればいいのでしょうか?」(未希歩さん・47・農業手伝い・愛知県)
 >【A】「相手がゲームしている間は自分は自由でいられる」(蛭子能収)

>オレの息子もゲームが大好きですが、クリアするだけで、何がおもしろいんですかね?オレは勝ってもお金が入ってこないゲームは、ゲームじゃないと思っていますからね。負けてばかりの競艇だって、いつかは勝つ可能性もあるわけですよ。競艇をやればいいのに……。
>まあ、でも、この奥さんも、別れてやり直すには、ちょっと遅すぎるから、我慢するしかないですね。それに暴力を振るう男よりはいいんじゃないですか。オレの女房は一時期、パソコンでやるゲームにはまって、オレなんか、コンビニまで課金用のカードを買いに行かされましたよ。まったくバカなことをしていると思ったけど注意はしませんでしたね。
>だって、ゲームをしていないときは、オレのことを怒るからね。だから、その間は、叱られずにすむと思って熱中させていました。


蛭子さんはもう「人間のクズ」として広く浸透してて、だからTVと視聴者に限ればだが「この人は何を言ってもやってもOK」というコンセンサスが出来てしまって、それって凄く羨ましい。と同時に、よりによってこの人に人生相談かよっていう。まあ、だからこその説得力も生じるってのも有るけど、

 >オレは勝ってもお金が入ってこないゲームは、ゲームじゃないと
  思っていますからね

いかにも蛭子さんだ、「ゲームじゃない」なんだもんなw 「ギャンブルじゃない」ですらない、【ゲーム=ギャンブル】になっちゃってる。「100%ではないものに対して、その可能性に賭ける」っていう時点でギャンブルだ…って事なんだろうけど、その境地に達するだけでも蛭子さん凄いわな。いや皮肉でなくマジで( ´-`)y-~~~

アウトロウズ
アウトロウズ

アーティスト:ジェレミー・スタイグ / エディ・ゴメス
販売元:Enja
発売日:2014-07-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 29, 2014

蛭子能収に人生相談「ギャンブル好きの夫が借金を…」【蛭子能収】 http://jisin.jp/news/2639/7350/
>2014年06月27日 07:00
>【蛭子能収のゆるゆる人生相談】

 >【Q】ギャンブル好きの夫は、私に内緒で200万円もの借金が。最近は仕事中でもネットで競輪、競艇をやっているようです。賭け事をやめてほしいのですが、なにかいい知恵はありませんか?(よしまなさん・46・美容師・東京都中野区)
 >【A】“借金してギャンブル”は確実に地獄行き!

>実は、オレもちり紙交換の仕事をしていたころ、競艇で必ず勝つ方法を見つけて消費者金融で10万円を借りようと思ったことがあるんです。そのときは奥さんの承諾書がなかったから借りられなかったんですが、よく考えたらギャンブルに必勝法はないんですよね。
>当時は、熱くなっていたから気がつかなかったけど。
>賭け事は勝ったときの印象が強いけど、どんなにうまい人でもトータルで考えたら確実にマイナス。だからギャンブルは必ず負けるものなんです。まして借金をしてまでやることではないんです。
>オレの兄貴も競艇が好きで、毎週、自分の使える金額として2千〜3千円を持って楽しく遊んでいますよ。ご主人と使える金額を相談して、その範囲内で遊べるようにしたほうがいいですよ。借金してギャンブルをすると確実に地獄が待っていますから。


 >ギャンブルに必勝法はないんですよね

実際バクチをやる人ならでは、の説得力だな。

 >賭け事は勝ったときの印象が強いけど、どんなにうまい人でも
  トータルで考えたら確実にマイナス

3競オートより控除率の低い、パチやFXや株式投資ですらコンスタントに利益を上げるのは簡単ではない。ごく少数とはいえ勝ち組は確かに居る。でもそれは本当にごく僅かで、数学的には、株やFXなら手数料・3競オートなら控除率の分だけ必ず負ける…という蛭子さんの言い分は正しい。いや本当、身の回りに借金だ前借りだっていうダメ人間が居るからねえ…って俺の周辺環境もアレだよなっつう(´・ω・`)

LOST IN THE STARS
LOST IN THE STARS

アーティスト:KEN PEPLOWSKI
販売元:Nagel Heyer
発売日:2002-09-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック