藤田伸二

June 25, 2013

藤田伸二(番長ジョッキー)「間違いだらけの日本競馬界」 JRA批判の近著は6万部超のベストセラー http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36125
>2013年06月24日(月) フライデー
99900bc5.jpg 「間違っていることは、間違っていると言いたい」と語る藤田。ファンのためにも、競馬界の真実をこの本で伝えたいという http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/8/6/600/img_86d55e8b93f42c4df9674b02729e8894127054.jpg
>「正直言って、ジョッキーにもう未練はないんですよ。いつ引退してもいいって思ってる。それが、いつになるかは分からないけど、やめる時は突然決めることになるでしょうね」
>彼の口から飛び出した静かな言葉には、ある種の犒莪姚瓩籠もっていた。
>騎手・藤田伸二(41)。'91年のデビュー当初から、武豊に次ぐ21年連続重賞勝利を飾り、ダービーや有馬記念、天皇賞など数々のG汽織ぅ肇襪魍容澄それだけではなく、特別模範騎手賞2回、フェアプレー賞17回という前人未到の表彰歴からも分かるように、騎乗に対する姿勢で高い評価を受けている名ジョッキーだ。
>その風貌や、ストレートな言動から猗崢好献腑奪ー瓩琉枳召鮖つ藤田が、このたび新著『騎手の一分』を上梓。現在6万部を記録している。
>「引退」の二文字が浮かんだとき、これだけは言っておきたいと思った―。藤田がそう語る新著は、競馬界の危機的状況を綴る、衝撃的な内容になっている。
>「今の競馬界は、ジョッキー自身にとって魅力を感じられなくなっている。その証拠に、この30年間でJRA所属の騎手は半数近くまで減ってしまった。なにも、体力的な理由で引退する人だけじゃない。昨年はまだ20代後半の若手騎手が8人も辞めたんです。そのうえ、騎手を育成する競馬学校の応募者も最盛期の2割以下。このままでは、日本競馬界が衰退するのは目に見えている。その原因は、すべてJRAにあるとオレは思うんです」
3e6f6abb.jpg 今年のダービーではメイケイペガスターに騎乗した藤田(右)。'96年に、フサイチコンコルドでダービーを制覇している http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/7/2/600/img_721f042574536eeb745df2b467022bbf152698.jpg
>競馬界が危機的状況に陥っている原因としてまず藤田が挙げるのが、「エージェント制度」だ。
>「勝てなくなると『アイツは腕が落ちた』ってよく言われますよね。でも、競馬で勝つには強い馬に乗るのが必須条件。どんな天才騎手だって、弱い馬では勝てないのが現実なんですよ。だからこそ、騎手は強い馬に乗せてもらえるようになるために、自分で厩舎を回って頭を下げて営業し、朝早くからの調教にも参加して信頼関係を築いてきた。それが、'06年にエージェント制度が導入されたことで状況が変わってしまったんです」
>エージェント制度とは、騎手と契約を結んだ仲介者(エージェント)が、馬主や調教師からの騎乗依頼を受け、騎手の騎乗馬を調整するシステムのこと。そもそもは、騎乗依頼が殺到して自分で管理しきれなくなった騎手がエージェントを利用したことに端を発する。
>「JRAとしては良かれと思って制度化したのかもしれないけど、これが大きな弊害になっている。というのも、エージェントのサジ加減で騎乗できる馬が左右されてしまうから。現在20人ほどいるエージェントのうち、大半が競馬専門紙の記者で、それぞれ馬主や調教師と密接な付き合いがあるわけだけど、有力馬の馬主や調教師に食い込んでいるエージェントと契約しないと、強い馬は回ってこないんです。だったら、有力なエージェントと契約すればいいと思調教師や調教助手などを通じて乗る馬をまわしてもらっています。ただ、それで乗鞍が減少したのは事実。
>最近、武豊さんの勝ち星が減ったと言われているけど、それもまさにエージェント制度の影響ですよ。それは腕が落ちたからではなく、豊さんのエージェントより力があるエージェントが他の騎手と契約しているからでしょう」
>その武は、5月26日、日本ダービーでキズナに騎乗し、自身8年ぶりとなる勝利を飾った。メイケイペガスターに騎乗した藤田は11着に終わったが、レース後、武に祝福の言葉をかけたという。
>「もちろん、参戦する以上はオレも勝ちたかった。でも、勝ったのがダービージョッキーにふさわしい豊さんで、心から嬉しかったですね。ましてや、外国人騎手じゃなくて良かったなって」
>藤田がこう言うのには深いワケがある。近年、日本競馬界では外国人騎手の台頭が目覚ましい。それまでコツコツと調教し騎乗してきた日本人騎手から、来日した海外のトップジョッキーに乗り替わるケースが増えている。現在、外国人騎手は3ヵ月間の短期免許での騎乗がルールとなっているが、近い将来、通年で騎乗できる道が整備される見込みだというのだ。
>「豊さんはじめ、一流のベテラン騎手は、馬の状態や次のレースを考えながら乗っている。でも、一部の大手クラブの馬主やエージェントが、目先の勝利だけを考えて外国人騎手に乗り替えさせれば、馬の調子にも関わるし、日本人騎手はお払い箱になってしまう。そうやって日本人騎手が減れば、ますます外国人騎手の騎乗数が増える。だったら、もう競馬学校なんて必要ない。安易に外国人騎手に乗り替えられるようじゃ、若い騎手が夢を見られなくなってしまうし、若手を一から育てようという調教師もいなくなる。
>そんな現状を見ると、近年、JRAが叫んでいる犢餾櫺臭瓩辰董結局は外国人騎手を山ほど受け入れることなんじゃないかと思ってしまうんです」
>外国人騎手の登録について何か打開策はないのかと尋ねると、藤田からは次のような答えが返ってきた。
>「現状では難しいでしょうね。だって、大手クラブが外国人騎手の身元引受人になっているケースが多いから。今の競馬界で、大手クラブや一部の有力馬主の影響力は絶大なんです。なかには乗り替わりなどに注文をつける馬主もいる。もちろん、キズナの生産牧場社長の前田幸治さんのように、騎手の指名は調教師に任せて、一切口を出さない人もいますよ。オレが前田さんの所有馬に乗せてもらった時は、騎乗方法も任せてくれました。オレは大手クラブや馬主を批判しているワケじゃないし、外国人騎手が嫌いなワケでもない。外国人騎手だって、賞金など魅力的な面があるから来日するんでしょうしね。あくまでも問題なのは、この現状をJRAがどう考えているのかということなんです。
8346b0fd.jpg 北海道は藤田の生まれ故郷でもある。親しい騎手仲間と一緒に、札幌で飲むこともあるという http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/2/c/250/img_2ccfbba09bc03df5f7ece0fce6fb10a955457.jpg
>馬場についても納得できない面がある。日本の馬場は芝が短く固い高速馬場。コースレコードを出すためかもしれないけど、この馬場では馬の脚が痛んでしまう。犢餾櫺臭瓩鯡椹悗垢覆蕁▲茵璽蹈奪僂稜肋譴里茲Δ房任鮨ばして馬脚を大切にするべきです」
>藤田は、他にもJRAに訴えたいことがあるという。その一つが裁決制度だ。
>「実は、レースをジャッジする裁決委員は、騎手未経験者ばかり。レースをしたことがない人に正しいジャッジができるとは思えない。審議の際は、被害騎手、加害騎手の両者を裁決室に呼んで事情を聞くシステムなんだけど、結局、判定を下す権限があるのは裁決委員だけ。ならば、最初から裁決委員だけで決めればいい。つまり、自分たちでは分からないから、事情聴取しているんじゃないかと思うんですよ。あまりにも納得がいかない裁決が多いから、裁決委員の世話にならないためにも、オレは人一倍フェアプレーにこだわってきたんです」
>現在は、家族とともに札幌市に住み、レース時のみ、各地の競馬場へ移動する生活を送っている藤田。引退後のプランはまだ定まっていないという。
>競馬界を牽引し続けてきたトップジョッキーの最後の訴えを、JRAはどのように受け止めるのだろうか―。

この藤田の主張を「時代の変化に対応出来なかった者の恨み節」と斬って捨てる事は出来る。俺も全ての主張に賛同する訳ではない。が、過去に著作多数、その評判も良かったとはいえ、この出版不況の折に6万部売れるだけ藤田の主張は受け入れられているという事実は、潜在的にしろ今のJRAに不満を覚える競馬ファンがそれだけ居るという事だ。特に、若い騎手が騎手という職業に希望を見出せなくなって来ている点だけ見ても、JRAの病巣は深い。どうにかならんもんかねぇ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 03, 2011

日記・コラム 武豊オフィシャルサイト 毎日考えなければいけないことばかりです http://sports.nifty.com/take/cs/diary-column/diary-list/201103/1.htm
>2011年03月03日
>騎手会長としては看過できない重要な案件も急浮上してきていて、毎日考えなければいけないことばかりです。
>そうです、お察しの通り、幸英明騎手が行なった裁決に対する不服申し立てのことです。問題のレース(阪神2日目6レース)のとき、ボクは中山で騎乗していましたが、すぐにパトロールビデオで確認して裁決内容に対する違和感を感じていました。彼は、妨害をしたとされる内側の馬に対して、むしろかばいながら進路を取っており、外側から押圧されて仕方なく手綱を控えているのがわかるからです。それを一方的に加害者扱いされたのですから、不服申し立ての手続きをした気持ちもよくわかります。しかし予想された通りに、申し立ては「理由がなく、これを棄却する」の一文だけで門前払いと同じ扱いにされてしまったわけですが。
>1月にボクが騎乗停止の処分を受けたときも、その裁決に納得していたわけでは決してありませんでした。ただ、不服申し立ての制度を使おうと思わなかったのは、そうしたところで裁定委員会のメンバーは同じ側に立つ人たちで変わりがないことを知っていたからでした。しかし今、幸騎手の勇気ある行動を見て、まずはこの制度で本当にいいのか? を考え直すべきではないかと思っています。
>幸騎手がこの件をスポーツ仲裁機構に持って行くというのであれば、騎手会長としても武豊個人としてもできる限りの応援をしようとも考えています。これは裁決委員の皆さんと対立するというのではなく、制度そのものがこのままでいいのかを考え直すいい機会だと思うからです。
>個人的には、あの1月の騎乗停止のときに「これがアウトだとおっしゃるなら、今後もこの基準で行なってくれるんですね」と、捨てゼリフとも取られかねないことを言ってしまったのが、その後の騎乗停止連発につながってしまっているような気がして、暗い気持ちにもなっているところです。
裁定委員会|藤田伸二オフィシャルブログ「藤田伸二の男道」 http://ameblo.jp/fujitashinji/entry-10818993550.html
>2011-03-03 13:00:00
>結局、幸ただ1人対競馬会役職員5名の「幸を落ち着かせる会」にすぎないのか…
>今回の騎乗停止処分には、被害馬に乗っていた俺の意見も、もちろん必要であろう!
>レース後、俺はパトロール室に呼ばれ裁決委員から被害の大きさについて、説明された訳だが…
>もちろん、俺と謙一の間に「一瞬」のスペースがあったのは事実である!
>が…俺達騎手には暗黙の了解と言うか、危険防止の為に入ってはいけないスペースも存在する。今回、幸は「入ろうとしたが、止めた。そして控えざる得なかった。そこで俺と接触した。」と言うことだ。
>そこで俺は裁決に、確かに被害はあったが、「たいした事ではない!」と言い切りパトロール室をでて、幸に「大丈夫やで〜。」と伝えた。だが結果は騎乗停止となり、周りはア然となった…
>実に重すぎる制裁だ!!
>パトロール室を出る時に裁決委員は一言…
>「後はこちらで決めるから!」と確かに言ってたが、まさかのジャッジに、まだ納得のいかない幸がいるパトロール室を覗き、裁決委員に俺は「ウソやろ〜?」と言いに行ったが覆る訳もなく確定した。
>正直、確かに多少の被害はあったが、俺に言わせればアウトかセーフで言うと完璧に「セーフ」である。
>裁決委員は今回、良いか悪いかは「悪い」に判断をしたのだろう…
>暗黙の了解のスペースに入ろうとした幸本人も戒告か、僅かな罰金は覚悟していた。しかし騎乗停止にまでなると納得いかない幸の気持ちが、とても良くわかる。そのレースを見ていた、ほぼ全員が幸に同情してたのも事実だった。
>これが、現場での一部始終である。
>さて、今回幸が意義申し立てした事は正当だと思うし、幸じゃなくても起こしてたに違いない!!
>今年はユタカさんの騎乗停止も不可思議なジャッジだったし、この辺りで本気で話し合わないといけないだろう…
>そこで、今回の裁定委員会に興味をもったのは元騎手である岡部さんが参加してると聞いたからだ!
>幸も騎乗経験者が加わる事で大いに期待してたんじゃなかろうか…?
>気になって幸本人に内容を聞いてみると…
>結局、岡部氏は援護の言葉、意見一つなかったらしい。最終的には幸を退室させ役職員だけで棄却する形だったらしいのだ。
>そりゃ、過去これまで5件の申し立ても、すべて棄却される訳だわな。
>色々なプロスポーツがありますが、審判となる人間には免許を持つことは当たり前で審判をジャッジする人間も当然いるのが普通である!
>だが今の裁決委員には、レースに騎乗経験者もいなくて、もちろん彼らをジャッジする人間もいない現状だ。
>人事異動でコロコロと代わるジャッジメントではなく、本当のプロばかり(騎乗経験者)の裁決委員を作って頂けたら、ファンも関係者も納得すると思うのだが…
>皆さんは、どう思うだろうか?
>今回の幸の騎乗停止処分は本当に残念でならない。覆らなかった裁定委員会だが起こしただけ、価値はある!と思っている。
>すべては今後の競馬会の為になるだろうし、1騎手としての意見でもある。
>これを期に、みんなで立ち上がりたいね。

それこそグリーングラスの有馬記念とかまで遡っても良いが、不可解な裁定っつうのは昔から有って、でも昨秋の外人ジョッキー(敢えて誰とは言わない)辺りからずっと燻って来た審判に対する不信(「何で先週のアレがセーフなのに今回アウトなの?」…あるいはその逆)は騎手や競馬マスコミや、もちろん競馬ファンの間にもずっと蓄積されてて、それが今回顕在化し遂に爆発した。
 俺は競馬「も」やる人間で主戦場はオートだが、このブログで何度もネタにしてる様に浜松の車券はもう3年ぐらい、ただの一枚も買ってない。SGであってもだ。理由はあまりにも不可解な裁定が多過ぎるから、こっちの見立て違いで外したのなら反省するし、買った選手が他の選手に反則食らって外れたのなら己が不運を呪う、しかし審判の不可解な裁定のせいで紙クズにされたら場に火ィ着けてやりたくなるぐらい腹立つ、表現が不穏だけど。で、毎年4月になるたびレースをチェックし、そういう事象が起きると「ああまだ審判移動してないのか」と。同様の事は松戸や高松競輪でも個人的に有って、でもこっちは無事移動した様で、今は普通に打ってるけども。
 で、オートや競輪の審判は各地の競技会から出てて、だから基本施行者サイドの人間で、基本同地専業だ(他場のビッグレースのをお手伝いみたい、な事は有るが)。ところがJRAは一括施行だから審判もローテーション制、東京と中山で違う(ex.昨秋のジャパンカップと朝日杯)ぐらいならまだしも、同一場の先週と今週ですら裁定が甘い・辛いなんて事が起こる。これじゃ買えんて、浜松だけボイコットとかの自衛手段が取れないんだから。俺この一年で中央競馬の購入額激減してる、おっかなくて手ェ出せないもの。
 一対一でなく複数の人間が加害者・被害者である事も多いし同じ事象は二度と起きない、全ての人間が納得する裁定を下せと言うのは現実的ではない。しかし、だから放置して良いという事はもちろん無く、差し当たっての解決策としては各審判の担当場を固定する事だろう。抜群のコントロールを誇った元巨人の江川卓は「〇〇さん(=その日の主審)は低目を(大き目に)ストライク取ってくれるから」なんてトコまで踏まえてピッチングを組み立てたっつう逸話が有るが、同様に「小倉(←例えば)はメチャメチャ厳しく取られるからな〜」とか各騎手が把握してる方がレースもやり易いし安全だろう。買う側だって、場によって裁定にバラツキが有っても、まだこの方式の方が納得行くというもんだ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 17, 2010

 日テレ『しゃべくり007』のゲストはサバンナとファンキーモンキーベイビーズ。まあファンモンは置いといてネタにしたいのはサバンナの二人、どちらも先輩から愛されてるのが良く解る。八木はコンビではツッコミなのにピンだとスベリ芸人扱いで皆容赦無く冷たくあしらう(←のも愛だ)し、高橋はテレ朝『アメトーーク!』でもやったマジカルワード「ホンマっスか〜」の用法を説き、太鼓持ち芸人アゲインで本領を発揮する。

 上田「相手によって使い分けるんだよね?」
 高橋「例えば、この中だと名倉さんは正面から誉めると『んっ』って
   なると思うんですよ『名倉さんホンマ天才っスねー』」
 名倉「そうか(警戒感アリアリ)」
 高橋「だからこういう人には直接言うんじゃなく誉め言葉を『溢す』んです、
   例えば飲み会とかで『失礼しますちょっとトイレ行って来ます(席を立つ)
   ハー今日楽し』」
 名倉「あコレ嬉しいな、確かにそうやわ」
 上田「逆にストレートに言った方が良い人も居るんだよね」
 高橋「この中だと有田さんですね、(酔った体=ていで)今日の
   飲み会このままCSで番組に出来ますやーん」
 有田「あコレは有るわ」
 高橋「地上波じゃちょっとわざとらしいけどCSだとリアリティが」

この後が真の見せ場だったのだが、それはこのブログ的バクチ話と繋がらないので略。まあとにかく、こういう芸風つうか太鼓持ち根性を「ヤらしい」つって眉をひそめる人は居るだろう。でも、周りから好かれてなくてもその実力だけは認めざるを得ない、って程の芸なんてそれこそン十年に一組クラスしか居ないだろう。つか、今目の前に居る人間の機嫌も取れないで、どうしてTVの向こう側の人間を笑わせられようか。かつては幇間も一つの職業だったのだ。
 まあ結局、標題よろしく愛されるのも芸のうち、って事だ。で、3競オートの選手にも、何やっても「しょうがないな〜」とかで許してもらえる得なタイプが居る。常に戦う姿勢を見せてくれてるから負けても納得…っつうんじゃなく、キャラで許されるタイプ。オートだと東小野正道が筆頭。アニキこと竹谷隆や有吉辰也もかなりだが、いかんせん露出量の少なさから広く伝わってるとは言い難いのがネック。競輪は、選手数の多さからするとナンボでも好素材が居そうだが、人数の多さに埋もれてしまいハッキリしない。取り敢えず、三宅伸に加藤慎平は間違い無い。競馬は…藤田伸二の著書やブログ読むと解るが、そういうタイプでないと騎手に向いてないんちゃうかっつうぐらいの底無し揃い。うん、競馬の勝ち( ´-`)y-~~~

競馬番長のぶっちゃけ話
競馬番長のぶっちゃけ話

著 者:藤田 伸二
販売元:宝島社
発売日:2009-09-10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 03, 2009

WSJS騎乗馬決定!武豊×アドマイヤは約2年半ぶり 12月2日17時22分配信 サンケイスポーツ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091202-00000517-sanspo-horse
アドマイヤミリオンに武豊騎手/WSJS騎乗馬決定 12月2日18時18分配信 netkeiba.com http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091202-00000004-kiba-horse

見出しだけ見ると「すわ、豊とアドマイヤ電撃和解か!」と思ってしまうが、ワールドスーバージョッキーシリーズに参戦する豊が、たまたまアドマイヤに当たっちゃっただけじゃねえか。ヤフーニュースの人『釣り師』だな。

藤田伸二オフィシャルブログ「藤田伸二の男道」Powered by Ameba みんなが… http://ameblo.jp/fujitashinji/entry-10402728481.html

藤田…アンタ凄ぇよ…物怖じしないねえ…漢(おとこ)だ…(((((゚д゚)))))ガクガクブルブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック