藤井聡太

October 08, 2020

サイバーエージェント、日本のスポーツベッティング市場規模を7兆円と推計 | 株式会社サイバーエージェント https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25267
>サイバーエージェント |2020年10月 7日
>プレスリリース株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、日本においてスポーツベッティングが解禁された場合の市場規模の推計を行い、年間最大7兆円の売上推計となったことを発表いたします。
>新型コロナウイルス感染拡大に伴い、緊急事態宣言下において多くのプロスポーツ公式戦が延期や中止となり、再開した現在でも試合会場への入場制限が設けられるなど、これが長期化すればスポーツ産業における収入への影響も懸念されております。当社ではこれまで、サッカーからプロレス、ダンスに至るまで、様々なスポーツにおいて支援を行う一方、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」を通じて幅広いスポーツコンテンツを配信し、新たなファン層の獲得やメジャー化などに貢献してまいりました。このような背景の元、スポーツ産業における新たな収入源の可能性を探るため、当社ではスポーツベッティングが日本で解禁された場合の市場規模を推計いたしました。
>現在、日本国内でスポーツベッティングは解禁されていないものの、アメリカの一部州や、イギリス、イタリア、スペインなど様々な国でスポーツベッティングは認められており、スポーツ産業の収益源の一つとなっているほか、多くの人がスポーツへ関心を持つきっかけとなり、スポーツ振興に大きく貢献しております。今回、当社が推計した日本の市場規模においては、スポーツベッティングの実績をもつ主要国の実績から推計式を作成し、日本の人口及びGDP統計を当てはめることで推計いたしました。その結果、投票券の総売上額においては年間最大7兆円の市場規模となり、これは、国内ですでに親しまれている中央競馬の2019年実績売上の2倍以上の市場規模となります。今後スポーツベッティングが全面的に解禁された場合、選手や団体など、スポーツ産業の新たな収入源となる可能性が見込まれます。

実現したらエライ事だぞ。今の中央競馬の倍以上、3競オートが束になっても全く歯が立たないスケールの商売仇が現れる事になるんだからして。
 これまで3競オートに見向きもして来なかった層だけで7兆円なら問題ないけども、さすがにそんな筈がない。今現在3競オートの客で、なおかつサッカー以外の非ギャンブルスポーツの熱狂的ファンという人は少なからずいる、そういう人達の流出は ━━ たとえ一時的なものにせよ ━━ 避けられない。「イヤあらゆるスポーツの中で競艇が一番面白い!」なんて人だって、いざ箱根駅伝やF1日本グランプリで賭けれるとなったら少しは手を出すだろうし。
653138_m
事はフィジカルスポーツに限らない、マインドスポーツであるところの囲碁将棋麻雀ポーカーetc.にeスポーツまで加えたらどうなるか。藤井聡太の将棋に賭けれるとなったら凄い事になるぞ。3競オート、特に最も売上規模の小さいオートレースの中の人は、近況好調である事に浮かれてないで、危機感を持って注視して欲しいもんだ。
 で。改めてパチは物凄いな…としみじみする。今なお市場規模20兆だもんな。ピークの30兆から随分下がったとはいえ、それでもこれなんだから。衰えたりとはいえ、すげえ(’A`)
オッズ・アゲインスト・トゥモロー
ザ・モダン・ジャズ・カルテット
EMIミュージックジャパン
2011-12-21



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 24, 2017

羽生善治三冠、中学生棋士・藤井聡太四段の新記録に「すごいことをやってのけた」|将棋コラム|日本将棋連盟 https://www.shogi.or.jp/column/2017/04/post_145.html

凄いなこの中学生は。どこまで行くんだ。
 さて、どんなジャンルであれ20年に一人ぐらいの頻度でとんでもない大物が出現するが、それを歴代スターホースに準えようとか、デビュー以来の連勝記録を坂本勉に置き換えたり…とかいう話ではない。将棋好きの同僚曰く、今は奨励会の段階で、昔とは比べ物にならないぐらいレヴェルが上がっているのだという。これはおそらく時代的なものであろう、既存のプロ棋士はプロになってからコンピュータを研究に使い出したが、藤井世代は今の、伸び盛りの時点で既にコンピュータを駆使している。この差は極めて大きく、だから同世代が続々プロデビューしたアカツキにはドラスティックな世代交代が起きるんじゃ…と。
 で。コンピュータがこれだけ進歩している。もちろん天気予報が結構外れるように、自然相手だと歯が立たないが、対人という事ではチェスも囲碁も将棋も、既に肩を並べるところまで来ている。然るに3競オートは…と。特に競馬は、スポーツ紙も専門紙もコンピ指数だ能力IDだレーティングだと各紙掲載してる割りには、もちろん馬券予想に重用している人も居るが少数派だし、的中率や回収率がヒトのそれより優れているという話はついぞない。こっちの世界でも、新しい世代が ━━ 馬券買える歳になって ━━ 台頭するのを待つしかないのかねえ…って、なればなったでギャンブル性の暴落って事になるのか。上手く行かんなあ('A`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック