背取り

March 06, 2021

ガレージセールの掘り出し物に5300万円? 永楽帝時代の茶わん競売へ 国際ニュース:AFPBB News https://www.afpbb.com/articles/-/3334804
>2021年3月4日 12:55
>発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]
img_87baac6958b11520b959418c51e5348997897 米ニューヨークの競売大手サザビーズで競売に掛けられる15世紀の中国の茶わん。サザビーズ提供(2021年3月3日撮影)。(c)Handout / SOTHEBY'S / AFP https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/7/810wm/img_87baac6958b11520b959418c51e5348997897.jpg
>【3月4日 AFP】米国のガレージセールで35ドル(約3700円)で売っていた小さな茶わんが、50万ドル(約5300万円)相当の「掘り出し物」だったことが判明した。15世紀に中国で作られた希少な骨董(こっとう)品だという。
>繊細な花が描かれたこの磁器の茶わんは、米コネティカット州で匿名の購入者が手に入れ、競売大手サザビーズ(Sotheby's)の専門家に鑑定を依頼。写真を送った後に現物を持ち込み、詳しく調べてもらった。
>陶磁器の専門家によると、茶わんは明王朝の第3代皇帝・永楽帝時代(在位1402年〜1424年)に宮廷のために制作されたものだという。
>ニューヨークのサザビーズで中国関連の美術品を統括するアンジェラ・マカティア(Angela McAteer)氏は「同様の茶わんは、世界で(これまでに)六つしか知られていません。とても希少な一群です」とAFPに語った。(c)AFP

この匿名の購入者って壮絶な目利きだよなあ。いやもちろんこれ一本釣りじゃなく、山ほど買い込んだのを一式鑑定依頼して
「あわよくば +(0゚・∀・) + ワクテカ + 」
なんだろうけども。
 しかしガレージセールなんて1$商品がゴロゴロしてるもの(偏見か?)、35$なんて値付けするのも相当に強気というか強欲というか沙汰の限りだし、だからもう買う方も買う方だ。お互い
「しめしめ、高う売れた」
「しめしめ、エエ買い物出来た」
だったんだろうな。いやその前段階として
「ちょっと高ない?」
「いやこれもう値打ちもんでっさかいに」
ってなやり取りがあったかもしれないし。ただもう今回は、買い手の勝ちだったと。価格交渉という腹の探り合い、実にもうバクチだわさ(´-`).。oO
アメリカン・ガレージ
パット・メセニー・グループ
ユニバーサル ミュージック
2016-10-26



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 26, 2020

ブックオフで一番高い本を探す :: デイリーポータルZ 谷頭和希 / 2020.08.25 16:00 https://dailyportalz.jp/kiji/finding-expensive-book-in-bookoff
>ブックオフの本は200〜300円で買えるイメージがある。
bookoff_02 文庫・新書は100円〜200円の棚もある。私はこの棚の周辺で、いつも迷ってしまう https://img.dailyportalz.jp/8215/9805/3114/bookoff_02.jpg
>安い価格の本が並ぶ中、別の棚に目を向けてみる。
>そのとき、私は"彼ら"のざわめきを聞いた。
>そう、ブックオフに眠る高い本たちである。彼らのざわめきが、見つけて欲しそうに私にささやきかけるのだ。
bookoff_03 ざわめきが聞こえると思う https://img.dailyportalz.jp/4315/9805/3108/bookoff_03.JPG
>ブックオフに高い本はあるのか。
>その疑問は、確信に変わった。
>”彼ら”は、いる。本が広がる棚の中にしっかりと。
>私たちに発見されるのを待っているのだ。

Amazonでブックオフから本を買った事があるが、それはブックオフ各店の在庫が一括管理された状態でAmazonに公開されているというだけで、実在庫としての本(現物)は各店で売られている、それは各店で買い取ったものがそのまま同店に並べられている…という事のようだ。
 Amazonで探せる、オープンにされているのだから【背取り】もヘッタクレもないが、しかしブックオフでその店の高値本探しとは面白い事を考え付いたものだ。地方競馬の、その地での一番馬はコイツだ!みたいなものか。イヤこんな喩えは地方競馬に失礼か(´-`).。oO
マッチブック
ラルフ・タウナー
ユニバーサル ミュージック
2016-10-26



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 27, 2020

その出品、違法かも フリマアプリで摘発相次ぐ: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61712910Q0A720C2SHJ000/
>2020年7月26日 2:00
>警視庁は5月、ファッションブランド「コム・デ・ギャルソン」の古着3点を仕入れてネットオークションなどで転売したとして、20代の男を古物営業法違反(無許可営業)容疑で書類送検した。服の売買自体は違法ではない。ただ、男の売り方には問題があった。
>男はこのブランドを展開する会社の社員で服の相場に詳しく、高く売れる古着をフリマアプリや実店舗で仕入れ、ネット上での転売を繰り返していた。約3年間に約450点の古着を転売し、200万円を超える利益を得たとみられる。
>古物営業法は主に盗品の売買防止が目的だ。中古品の売買などを「営業」する場合は都道府県公安委員会の許可が必要で、無許可営業は3年以下の懲役などの罰則がある。警視庁は男の売買回数や利益額などから「営業」にあたると判断。男は「ばれなければ大丈夫だと思った」と供述した。

【背取り】の古着ヴァージョンか。やり口自体に問題はないが額とか歴があり過ぎるとそれは個人的取引の範疇を超える、「それは仕事でしょ」と。
 競馬の脱税裁判でも、購入頻度が高ければ高いほど仕事とか業務と見なされるけど、それによって事業として認められて外れ馬券が経費として認められるから大幅に納税額が下がる、すなわち儲けになる。この辺の立場の違いたるや(´-`).。oO
ハンバ・カール!
ダラー・ブランド
MUZAK / freedom
2019-11-22



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 19, 2019

約400万円の価値になった「ハリポタ第1巻」。20年前は1ポンドだった…… | TABI LABO https://tabi-labo.com/291751/wt-amazingvalues
>2019/07/18 TABI LABO編集部
>イギリス・スタッフォードシャー在住のとある女性。彼女は20年前、旅行用の本を古本屋で購入しました。たった1ポンドだったその本は、誰もが知る『ハリー・ポッターと賢者の石』(シリーズ第1巻)でした。
>時を経て……この本の価値が気になったのか、彼女は競売人を自宅に招き査定してもらいます。
>で、なんと3万ポンド(約400万円)以上の価値があると判明!
>これぞ“棚からぼたもち”。この週末は、私たちも古本屋へ行って“宝探し”をしてみる!?

この結論付けは無理がある。この人は適当に入手したものが後付けで価値が上がったってだけ、古本で言うところの【背取り】でもなければ「まだ誰にも知られてないけどコレは絶対に面白い、後世に評価される=価値が上がる!」といった目利きでもない、単なる偶発的ラッキーに過ぎない。
ELL75_yousyohondana20120620_TP_V
能動的カネ儲けの手段としての古本屋訪問推奨記事、としてはかなり弱いよなあ( ´,_ゝ`)
ザ・コール・ポーター・ソング・ブック
オスカー・ピーターソン
ユニバーサル ミュージック
2016-07-27



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 17, 2019

玩具収集、陶芸… 定年後の年金不安は「趣味で稼ぐ」で補える | マネーポストWEB https://www.moneypost.jp/558524
>2019年7月16日 7:00
minicar_image 趣味のミニカー収集でもお金儲けにつながる? https://img.moneypost.jp/wp-content/uploads/2019/07/minicar_image.jpg
>「趣味」をお金にすることに成功している人は少なくないのだ。
>ミニカーコレクションという長年の趣味を利用して儲けを狙うのは今年62歳になる森永卓郎氏(経済アナリスト)。
>「ユーザーが私物を出品するフリマアプリ『メルカリ』を欠かさずチェックしています。ミニカーの本当の価値を知らない人が、驚くほど安い価格で出品することがある。そうした“お宝”のゲットが狙いです」
>時には20万円の価値があるレアミニカーが1000円で出品される。そんなお宝をすかさず手に入れたら、オークションサイトの「ヤフオク!」に出品する。
>「欲しい人が複数いれば、値段がどんどん吊り上がります。1000円で入手した品物が20万円で売れればほとんどまるまる儲けになります」(森永氏)
>これはミニカーに限った話ではない。衣服やカメラ、釣り具など趣味だからこそ培われた「目利き力」で稼げる可能性はある。
>※週刊ポスト2019年7月19・26日号

古本に於ける「背取り」であるとか、このブログでも何度かネタにして来たが、自分もそういう事が出来るかも…という出来事があった。
 何気なくヤフオクを眺めてて「アレ?」と。ヤフオクの落札履歴って120日しかないので記録としては残ってないが、今年の始めにソニーのウォークマンプロフェッショナルWM-D6Cを2万円で落札した。その頃の相場は2万円台後半だったからなかなかな取引出来たわい…とニヤニヤした記憶がある。ところが、今や結構な額となっている。
 ここ数年、ヤマハやパナソニックが80年代のオーディオブームの夢再び!という訳ではないが高級オーディオの新製品を出したり復刻ヴァージョンを出したりしているが、カセットデッキだけはさすがに無理だ。あれだけの稼働部品がある精密機器、それも大して台数捌けるとも思えないものに新規投資なんてメーカーもさすがに出来ない相談だ。一方で、近年カセットテープが静かなブームに…的な記事を散見するようになって来たが、そのカセットを再生するデッキに良いのがない。ジジババ向けテープレコーダーじゃなくてちゃんとしたオーディオのカセットデッキとなるともうティアックしか製造してなくて、それだってオーディオマニアからすると初心者〜中級者向けのレヴェルのものでしかない。かくて80年代のカセットデッキが、程度の良いものだと(タマ数極少だが)とんでもないプレミアが付いてて、その波に乗れてしまったようやくなのだった。いや売る気はサラサラないけど、それにしても判らんもんだわさ(´-`).。oO
Dave Brubeck デイブブルーベック
Dol
2018-11-27



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 04, 2017

 ジャズなんつうマイナー音楽を昔から聴いてたので、若い頃は中古レコード屋に通い詰めたものだ。だから中古のものや中古屋、中古品売買といった事に何の抵抗もないのだが、ネットオークションはどうも馴染めず、手を出さずに今まで来た。が、この前ネタにした事もあり、試しにヤフオクを覗いてみると確かに安い。商品の真贋さえしっかりしていれば ━━ これこそが最大のポイントなのだが ━━ 充分に価値がある。
 で、前、普通に音楽活動してる人が弾くようなちゃんとしたギターがハードオフで売られてた…とネットで話題になってたのを思い出した。本来なら楽器屋で売ってるようなのが、ハードオフが価値を正しく理解してなくて激安で…とは幸か不幸かなってなかったが、これ、古本市場で言うところの「背取り」が他のものでも出来る可能性があるって事だ。であるならば、フリマアプリならもっとあるだろう。という訳で、取り敢えず自分の知識を使えるカメラを検索してみたが、まあビックリするぐらい安い。もちろんオークションであるから、パッと見安いと目を付けてた商品も締め切り間際にはそれなりの額になってるのだが、それでも中古カメラ店の相場よりは安い、背取りどころか普通に物欲を刺激されるほどだ(←本末転倒)。かつて手が出なかった高級機がこんなに安く…おかしい。フィルムカメラはそうでもないが、デジカメは全般に、そりゃ安物コンパクトはしょうがないが高級機も一眼レフも結構な値崩れをしてる。
 改めて調べてみると、スマホのおかげでデジカメは減少の一途、カメラメーカーも対応に苦慮してる。
ニコン「DL」発売中止でTwitterに悲鳴広がる 赤字拡大に「大丈夫か」の声も - ITmedia NEWS http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/13/news115.html
リコー、カメラ事業から撤退するとの報道を否定 http://news.mynavi.jp/news/2017/04/12/300/
だから趣味性の高い機種であってもデジカメそのものが先細り、それが相場に反映している…という事のようだ。こりゃ背取りどころじゃ全然ないわ。これで一財産なんて甘い甘い。自省( ´,_ゝ`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 16, 2015

買取価格に驚愕! 歌詞パクリ問題を指摘されているCDを「ブックオフ」に持っていったらこうなった!! http://rocketnews24.com/2015/12/15/679435/
>佐藤英典
imagehttps://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/nukumori.jpg
>以前の記事で、演歌歌手平浩二さんのCDが回収されることについてお伝えした。2015年5月に発売したシングル『愛・佐世保』のカップリング曲『ぬくもり』が人気バンドMr.Childrenのヒット曲に酷似していたため、発売元の徳間ジャパンが回収を発表したのだ。
>これを受けて、ヤフオク! ではCDの出品が相次いでいる。販売価格1204円(税抜き)に対して、ヤフオク! の価格は5000〜7000円をつけており高騰している状況。そのCDをブックオフに持って行ったら果たしていくらの値がつくのか?
>買取カウンターに行って、「これをお願いします」と差し出した。スタッフはこのCDについて、知っている様子はない。
>「少々お待ちください」と言われ、その場で待つことに。スタッフは何やら専用の端末を使って、CDの価格を調べているようだ。回収が発表されたから、レアモノになっていると思うのだが。ひょっとすると、店頭在庫がなくなってしまったCDショップもあるだろう。ということは、定価を超える可能性も考えられるのだが……。しばらくすると、スタッフはこう言った。
>スタッフ「お待たせしました。20円です」
>え? ヤフオク! で8000円とかついちゃってるんだよ! 入札が20件を超えてる商品もあるんだよ! それが20円ってマジッ!! 20円で売っても仕方がないので、持ち帰って改めて聞くことにした……。
>参照元:ヤフオク!
>Report:佐藤英典
>Photo:Rocketnews24
▼ヤフオク! では高騰しているというのに……
imagehttps://sociorocketnews.files.wordpress.com/2015/12/nukumori22.jpg

わはははははははは。ブックオフならさもありなん。
 古本の世界に「背取り」っつう言葉がある。好事家の間では評価の高い本が、その価値を知らない(のも無理はない)一般の古本屋に安く売られてる事がままあって、そういうのを買っては専門書を扱う古本屋に持ってって高く売り、差額を稼ぐ行為だ。かつては「知る人ぞ知る」程度だったのだが、ネットで転売する事がポピュラーになった今ではごく当たり前なものとなり、そんな中ではブックオフは「宝の山」とまで呼ばれている。それは雑誌書籍に限らずCDでも、記事のような結構なプレミアが付いているものでも平気で買い叩かれ、また遺品処理などの理由から言い値で売っちゃう事も少なくない、それが「ブックオフ相場」で店頭に並ぶから、もう鵜の目鷹の目なのだ。
 まあ需要と供給の不一致を擦り合わせるのも立派なビジネスだ、批判されるには当たらない。大げさに言いえば「相場師」だ。転売ヤーもみたく堂々とやられるとカチンと来るが、この程度だったらまあ可愛いもんだっつう事で(´∀`)

宝島
宝島

アーティスト:キース・ジャレット
販売元:ユニバーサル
発売日:2015-09-29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 06, 2015

なぜ? 地方から東京に中古車を買いに来る人が増加中 http://nikkan-spa.jp/806930
>2015.03.02 車,雑学
>― 木村和久の「オヤ充のススメ」その60 ―
1836b0c9.jpg http://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2015/02/3652350.jpg
>地方からわざわざ、東京及び首都圏に来て安い中古車を買うのが、今や常識化しつつある。そんな話をして、にわかには信じがたいと思うが、すでに私は、田舎の石巻に住んでいる兄貴のために、過去10年で3台中古車を買って納入している。
>なんでそんなことをするのか? それは田舎の中古車市場の相場が、結構割高だからだ。田舎は車がないと生活できない。電車やバスが頻繁に走ってるわけではないからね。必然的に車を使わなければならない。流れているタマは、軽自動車が多いが、それが結構高いのだ。そもそも流通量が少ないし、確実にさばける人気車種を売りたがるので割高になる。実感で言うと田舎のほうが、東京より1.3〜5倍、ひどいと2倍ぐらい高いイメージがする。
>けどネットで首都圏の中古車を検索すると、結構お値ごろなのが、沢山出ている。これは旅費や輸送費を出しても、首都圏に行ってくるまを買った方が、安いのではないか。そう思ってはや10年になった。
>実際、過去に買った車を紹介しよう。10年落ちアコードが約12万円、走行6万キロ台、最近はブルーバードの10年落ちで、走行2万キロ台の4駆限定車が約30万円。ブルーバードは見た目はピカピカで、おやじ臭いのを除けば満点だ。これは当たりだったね。
>田舎は生活や通勤で乗るから、年間2〜3万キロは走る。アコードは2年しか持たなかった。ブルーバードは、4年ぐらい持ちそう。地方におけるくるまはしょせん消耗品だ。通勤定期みたいなもんだから、コストを取らないといけませんよ。
>実はお値ごろの車は、すぐ売れるので、めげずに似たような車を探す。これ大事です。
>そうこうしているうちに、何回目かのアプローチで在庫ありで、見に行って、兄貴に写真送って決めてもらう。
>というか、もっと驚くのは、宮城から取りに来ますと言っても、中古屋さんは平気な顔してるんだよね。「地方のお客さん多いよ、来週福島からお客さんくるから」って言うわけ。ネットが普及したおかげで、今や情報格差がなくなってしまった。新幹線に乗ってくれば輸送コストは、1万〜2万円で済む。それで地方の約半額で買えるなら、やらないテはない。
>そんなわけで、中古車は首都圏の安いのを買うに限る。マジで田舎の業者が、買いに来てますからね、今やそういう時代になってしまったんですな。

 >■木村和久(きむらかずひさ)■
 >トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

なるほどねえ。もちろん地方にもクルマ好きの、拘りのマイカーを有する人は当然居るが、文字通りにゲタ代わりに使う人の方が圧倒的に多く、そういう人にとっちゃ安くて丈夫が何よりで、車種なんて二の次なんだな。クルマが趣味の範疇に属する地域と生活必需品である地域とで相場ギャップが有る、そして少なくともその用途に限れば、タマ数の豊富な都会に買い出し(!)に来る価値も十二分にあると。
 逆に言うと、地方に住んでいながら拘りのマイカーを手放さざるを得なくなった人は、地元じゃなく都会の業者に売った方が得だって事だ。まあ、本やレコードを中古屋に売り買いするのが当たり前だった昭和オッサンからしたら、高く買ってくれそう・安く売ってる店を探すなんつうのは基本中の基本ではあるんだけども。今でも古本市場では「背取り」なんつう言葉が現役なぐらいだ、店選びを横着しちゃイカン。そしてこれが高じたのが「転売ヤー」という訳か。んー( ´-`)y-~~~

ブルー・バード
ブルー・バード

アーティスト:デイヴ・パイク
販売元:SOLID/TIMELESS
発売日:2015-03-18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 24, 2014

 昨夜の『タモリ倶楽部』は冒頭からタモリが派手に言い間違え、進行役のインパルス板倉はテーマのあまりのマニアックさ(しかも守備範囲外)にパンク状態。「今回は『回し』が他に居るから気楽にガヤで良いんだ」と収録を楽しみにしてた伊集院光は、現場入りするや「板倉クンいっぱいいっぱいだから助けてあげて」と言われたとこぼし意気消沈という、この番組史上でもなかなかにハードコアな回となった。
 そのテーマとは切手の満月印。消印イコール割印だから、葉書なり封筒なりと切手に跨がるよう、切手からするとオフセンターになるよう捺すのが基本で、でも何せ昔は手作業。こなし仕事でベッタンベッタンやってるうち、消印の中に有る文字全てが切手にかぶってるものが稀に出現する、それが珍重され、コレクション価値が付くようになったのだと。元はアメリカで始まったものだそうな。
 それで番組登場の切手商の社長、まだ大学生だった頃に旅行先の上高地の郵便局の消印が「上高地(季節)」と通常の消印に使われない文言が有る事に気付き、手持ち千枚の切手全てに満月印を捺したところ結構な高値で捌け、学生としては充分な儲けが出て、かくてこれを生業にしようと思い立ったのだと。
 それまで何の価値もなかったものが突如として価値を見出来され、結構な高値で取引される…という事は有り得る。一昔二昔前、突如沸き起こったスニーカーやスウォッチのブームでは、一財産築いた人も居ると聞く。今はネット時代、そんな美味しい話はそうそう転がってはいないか、ブックオフなどの均一本の中に埋もれてるプレミア本を安く入手しネットオークションに出す『背取り』はまだ有効であるらしい。
 そういった、ちょっとした儲け口が現れた時にスッと動ける行動力と身軽さ。これって「言うは易し」で、実践出来る人は意外と居ないものだ。羨ましい( ´-`)y-~~~

ザ・ユニーク
ザ・ユニーク

アーティスト:セロニアス・モンク
販売元:ユニバーサル
発売日:2012-10-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック