総理大臣杯

December 23, 2014

 「久々に浦和(競馬)でも行くか」ってな腹積もりだったのだが、大掃除前の軽い準備掃除…と手を出したら大変な事になってしまい、外出そのものを諦める事態に。それでも合間に賞金王決定戦だけはTVで視たが、衝撃の結果にただただ驚愕。

茅原悠紀が初のグランプリ制覇! 賞金1億円獲得 http://race.sanspo.com/boatrace/news/20141223/btrnws14122316390018-n1.html
>2014.12.23 16:39
c35481df.jpg 6コースからグランプリを制し、一躍スターダムへとのし上がった茅原悠紀。レース後には男泣きを見せた http://race.sanspo.com/boatrace/images/20141223/btrnws14122316390018-p1.jpg
>ボートレースの「第29回SGグランプリ(賞金王決定戦)」優勝戦が23日、平和島12Rで行われ、6コースからスタートした6号艇の茅原悠紀(27)=岡山支部、99期=が1周1Mで差しを決めて1着。賞金1億円を獲得した。茅原は初のSG制覇。
>2万939人の大観衆が見届けた、14年ぶりの首都決戦。制したのは唯一の二十代・茅原だった。6コースから最内を突いて、バックで一気に先頭まで浮上。「うっそ〜!? と思いました。何が何だか分からなかった…」。自身5度目のSGファイナル、初の頂点がいきなりグランプリなのだから無理もない。
>表彰式では「ボートレーサーになって本当によかったと、心から思いました」と涙をこらえきれなくなった。とはいえ若き1億円レーサーは泣いてばかりではない。賞金の使い途を聞かれると「ランボルギーニ」と笑顔で即答した。
>底抜けに明るく涙もろいニューチャンピオン。90期台の大会Vはもちろん初だ。年間獲得賞金ランクでは菊地に700万円あまり及ばず2位となり、来年以降の宿題もできた。「本当の賞金王はまだまだ先だなと思っています」。新時代の扉をこじ開けた27歳。ここから真の王者への歩みが始まる。(高山直樹)

それにしても「ボートレースグランプリ」って言われても全くピンと来ない、のは多分俺がジジイだからなんだろう。何かにつけボートレースつってるから「競艇やろ」てな違和感もさすがに薄れ、スンナリ入って来るようにはなったけども、それでも「グランプリ」は馴染めん。そもそも和訳したら「大賞」だし。モーターボート大賞かっつうの。
 全日本選手権は昔からダービーと呼ばれてたし、笹川賞も競艇版オールスター的言われ方はしてたから良いとして、総理大臣杯が「クラシック」って言われてもEテレの音楽番組かよ?モーターボート記念が「メモリアル」って、ねえ?と。そしてその延長線上に「グランプリ」。何だかねえ('A`)
 まあこれは既に競艇に対する知識があるからで、全くのズブの素人が一から競艇始めよう!ってならこっちの方が解り易いかもしれん。もっと極端な話、初心者からしたら、中央競馬の数有るGIで一番認識し易いのはスプリンターズステークスだろうし取っ掛かり易い…って事にもなる。キャリアあるファンからしたら「もうちょっとちゃんとした、GIらしい格式のある名前にしろよ」ってなるんだけど。嗚呼キャリアギャップよ( ´-`)y-~~~

ネーム・オブ・ザ・ゲーム
アーティスト:フィル・アップチャーチ
販売元:ポリスター
発売日:1992-12-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 15, 2011

ボートレースは3月末まで中止 大震災の影響を考慮 http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/race/news/CK2011031402000055.html
>2011年3月14日 紙面から
>日モ競によると、今月いっぱいの開催を取りやめた最大の理由として「東日本大震災による影響を考慮した」ことを挙げ、「被災者の皆さまにはボートレース関係者一同哀悼の意を捧げますとともに、一刻も早く復旧されることをお祈り申し上げます」との声明を発表。関係者は終日、対応に追われた。
>日モ競広報課は「代替開催を含め、現在話を詰めているところで、今後どのようにするのかはまだ協議中」と話し、総理大臣杯を時期をずらして今後行うのか、あるいは開催そのものがなくなってしまうのか−などの方向性は現時点で定まってはいない。

 >今月いっぱいの開催を取りやめた最大の理由として「東日本大震災による
  影響を考慮した」

何ともフワッとした言い方だな中日スポ。

3月末まで全ボートレース中止! http://www.daily.co.jp/general/2011/03/14/0003864993.shtml
>11日の東日本大震災による影響で電力会社から、投票系のシステム及び映像関係にかかる電源関係について、安定した供給ができないとの報告を受けた。そのため、このまま開催した場合、集計関係に影響を及ぼす可能性があり、安全公正なレースができないと判断した。
>全施協の岡田英典事業部長は「被害の状況をかんがみて、常識的に判断しました」とコメントした。
>(2011年3月13日)

デイリーは

 >「被害の状況をかんがみて、常識的に判断しました」

やはりフワッとしてるが、電力事情を中止理由に挙げた。

3月開催すべて取りやめ…「総理大臣杯」も中止 http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2011/03/14/kiji/K20110314000420500.html
>中止の決め手となったのは停電問題。同競走会は「東京電力から輪番停電を実施すると発表されており、全国の集計機器が集まっている笹川記念会館(東京都港区)も停電になる可能性がある。もし1時間でも停電になれば、その影響は半日以上に及ぶ。公正かつ安全なレースができないと判断し中止することにした」と説明した。
>[ 2011年3月14日 06:00 ]
SG総理杯も!ボート今月中は全場中止 http://hochi.yomiuri.co.jp/gamble/boat/news/20110314-OHT1T00041.htm
>大地震の後、場内の施設を専門家に依頼して総チェック。問題はない、とのお墨付きを得た矢先だった。しかし“高いハードル”も待っていた。東京電力が打ち出した節電の一環、輪番制による送電ストップだ。戸田ボートであっても例外は認められるはずもなく、競技運営、舟券発売業務等を考えればクリアすることができない問題だった。
>(2011年3月14日06時00分 スポーツ報知)
大震災の影響で3月末まで中止 総理杯も http://nikkansports.co.jp/race/public_race/news/p-rc-tp1-20110314-748113.html
>東京電力福島第1原子力発電所の炉心溶融も想定される事故が起こった。それを受けた政府が、電力の安定供給が困難であることを発表。事態の深刻さに日本財団、日本モーターボート競走会、日本モーターボート選手会、ボートレース振興会、全施協の関係団体トップが集まり協議した。そして、震災被害が甚大なこと、電力不足のため安全公正なレースができないとの判断から、今月14日以降に予定されていた全国24場すべてのレースを、31日まで中止すると決定した。
>SG総理大臣杯を施行する戸田競艇組合は、16日の開幕を控え、12日に震災による施設への影響を調査、現場レベルでは開催に支障がないことを確認していた。しかし原発事故などを受け、上部団体へ判断を打診。同組合関係者は「このような状況で中止はやむを得ないこと」と話している。
>[2011年3月14日11時56分 紙面から]

スポニチ報知日刊も電力事情。戸田の施設に問題は無いが…と。でも何年前だったか、暮れの賞金王決定戦で、締め切られた後場外発売してた三国の機器トラブルで集計出来ず発走30分以上遅れなんて事が有ったけど、それで三国にペナルティなんつう話は寡聞にして知らない。ぶっちゃけ、そういう事態になっても12箇所ぐらいなら対応可能、発走間隔長めに取っときゃ済む話じゃね?
 だから本音は、同じく報知の

 >批判の声が挙がっていたことも否めない。大震災が起こったのが
  11日午後2時46分。都内の多摩川では素早く、それ以降の
  レースを中止したが、続行したところもあった。海に近いエリアで
  レースをしていることが多いボートレース。政府が発している津波警報に、
  自治体である主催者が率先して目を向けさせるべきじゃないのか…
  こう言った声が出たのも確かだった

あとスポニチの

 >≪地震発生翌日、統制取れず…≫地震発生の翌12日は開催予定の
  17場のうち多摩川、平和島、福岡の3場が中止にしたが、残る
  14場は予定通りレースを開催。各場の対応が異なり、ボート界全体の統制が全く取れていなかった。これについて競走会は
  「電話の不通などにより情報が錯そうし、対応が主催者任せに
  なってしまった。その結果、一貫した対応ができなかった」と説明した

これで叩かれたのが堪えた、ってのが実情だろと。地方競馬でも開催してる場は有ったが、競馬はまだしも波と闘う競技やるのはナンボ何でも不謹慎じゃね?と。サザンオールスターズのTSUNAMIが放送自粛される様な過剰反応だとは思うけども。

3/31までオートレースの開催を中止とします http://autorace.jp/news/2011/0314_info/
>3/11に発生した東北地方太平洋沖地震による電力供給不足を鑑み、オートレースの開催は
>平成23年3月31日まで中止することとなりましたのでお知らせします。
>なお、4月以降の開催については今後の状況を踏まえて改めて判断することになります。

オートも電力事情を理由に挙げた。でもこれだと、競艇共々、施設面で問題無くとも電力事情が改善されない限りいつまでも開催出来ない事になるよ、少なくとも東日本では?原発何基もヤラレてるのに1ヶ月2ヶ月で復旧する訳無いじゃないのさ。

地震発生に伴う平成23年3月31日までの競輪開催の中止について http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/news/2011khn/03/news20110314_02.html
>配信日:2011年3月14日
>東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、全競輪場の平成23年3月31日(木)までの開催を中止することとなりました。
>なお、4月以降の開催については、今後の状況を踏まえ、関係者と協議のうえ決定いたします。

競輪は具体的な理由を挙げずボカした。これが正しいやり方だよな。

3月27日(日)までの中山競馬の開催中止について http://jra.jp/news/201103/031501.html
>2011/3/15
>東北地方太平洋沖地震の影響により、中山競馬場での安定的な競馬施行に支障が生じるおそれがあることから、
>3月19日(土)、20日(日)、21日(祝・月)、26日(土)及び27日(日)の中山競馬の開催は中止いたします。

JRAは、中山は出来ないが他場はやりますと。この発表では触れてないが中山はスタンド損傷、あと来場者の交通手段が確保出来ない事から中止もやむを得ないが、毅然とした態度だ。
 開催中止や自粛について文句言うつもりは無い。が、売上やファンの事を思うといつでも開催再開出来る様フリーハンドを可能な限り確保しなければならず(そもそも3競オートは戦災復興目的で興されたもの、むしろ積極的に開催すべきものだ)、その点で競艇とオートの文言はいかにもマズかったなと( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック