紺野あさ美

June 11, 2011

http://ablog.tv-tokyo.co.jp/konnoasami/2011/06/post-15.html>紺野 あさ美アナウンサー:Announcer Park(アナウンサーパーク):テレビ東京 社外研修3 http://ablog.tv-tokyo.co.jp/konnoasami/2011/06/post-15.html
>2011.06.09 Thursday 5:13 PM
>6月4日、快晴。
>社外研修にて、競馬場に行って参りました!
>引率して下さったのは、競馬実況も担当されている島田アナウンサーです^^

>競馬場に行くのは、人生初。
>想像していたイメージとの違いに驚きました。
>まず、広い!そして爽やか!

>緑がすーっと広がっていて、とても気持ちがいいです。
>また場内の縦と横も長さも想像以上でしたが、高さもありました。

>番組の収録を行っているスタジオは、なんと9階にあります。

>また、お店なども多数入っていましたし、
>内装が・・・なんだかテーマパークに隣接するショッピングモールのような。
>おしゃれな造りになっていたのも、驚きです。

>1レースを見学し、
>2レースでは、実況に挑戦してみよう!ということで・・・

>左が植田、右が私です。

>慣れない双眼鏡を覗く2人。

>頑張って馬の姿を追います。

>事前に表を見ながら、騎手の方の服の色と馬の名前を覚えていったのですが、

>双眼鏡で見ても、色の部分は少ししか見えず・・・。

>また、混戦になっていると見えなくなってしまう馬も・・・。

>そして何より、レース展開が早く・・・、

>やっぱり、難しい!!


>競馬実況をされている方は、本当に凄いです!

>そして、慣れない双眼鏡で凝視し続けた私たちは
>酔ってしまいました・・・・。

>こういう酔いはどうしたら治るんでしょうか。

>目を瞑って、三半規管を正常に戻そうとしている私。

>を、こっそり撮っていた島田アナウンサーから後で頂いた写真が、これです^^;

>見事にダウンしております。

>・・・やっぱり、実況アナウンサーの方は凄い!^^

>その後、いろいろな場所を見学させて頂きました!

>競馬新聞を後ろのポケットに入れると「通」のように見えることがわかりました^^

>競馬通になりきってみる植田と、島田さんです^^

>スカートを履いていってしまった私は通になれませんでした><

>競馬場のあちこちを見学。

>まず、生放送スタジオの見学・・・

>実際の番組進行の様子を、

>先輩、須黒アナウンサーの姿を見て勉強させて頂きます。

>内馬場にも行きました。

>レースが近くで見られます。

>内馬場に向かう途中、たくさんの親子連れを見かけました。

>それも驚きの一つで、

>大人の男性ばかりではなく、女性の方や、ファミリーがたくさん居たんです。
>内馬場には、たくさんの花が咲いていてキレイです^^

>こういったところも、女性の方が足を運びやすくなるポイントなんでしょうね。

>携帯を持って行かなかった私たち。

>島田さんがデジカメで撮ってくださいました。

>「この写真だけみると競馬場かわからないね〜!」と島田さん。

>たしかに・・・^^

>その他にもいろいろな屋台が出ていたり、

>子供が遊べる遊具があったりと、充実しています。

>競馬場って、親子連れで来ても一日楽しめるんですね^^

>とても濃い1日で、内容盛りだくさんなので、
>また次のblogで、後半を書かせて頂こうと思います^^


テレ東の競馬中継で局アナがメインMCだったのは水原時代が最後の筈、今はその座に競馬好きタレント(現在は井森美幸)が収まり、アナは馬名や配当読みといったアシを務める。だからヴァラエティで必須な回し能力とかより、基礎的なアナウンス能力の方が重視される。で、縷々伝えられるところによると紺野は報道志向だそうで、局上層部も「元・モー娘。の肩書きを使うな」と制作部に指示してるそうで、なら、ヴァラエティ要素は多少あるものの基本的にはスポーツ番組である競馬中継、に採用される可能性もなくはない。や、今の須黒が下手とか降ろせ!っつんじゃないです、ただ、こういう話題性持ってる人が競馬中継に来てくれるんであれば、一競馬打ちとして歓迎しますよと。競馬っつうジャンルの対世間アピールになる、それはひいては売上に…ともなるし。もちろんその能力が備わってればっつう前提で、でもテレ東もその辺は慎重に見極めた上で配属するだろうし。
 ところで、紺野あさ美は札幌生まれの札幌育ち、でもこのエントリでも判るように非競馬人。そら札幌時代は馬券買えない歳だったし上京後は忙しくてそれどころじゃなかったにせよ、家族親戚友人関係に紺野に競馬を説いた人は不在だったっつう事で、だから競馬打ち、かつ北海道幻想(=街以外は全部ジャガイモとメロンとラベンダーのでキタキツネと鹿と牛と馬がウヨウヨ、山には熊がおって、どんな川にも必ず鮭がビチビチ遡って来て…みたいな)持つ人の多くが「北海道って物凄く競馬がポピュラーで、文化として認知されてて良いよなー裏山(´・ω・`) 」的な勘違いしがちだけど、全然違うのよと。そこはやっぱバクチですから。

アロハロ ! 紺野あさ美 DVD
アロハロ ! 紺野あさ美 DVD

出演:紺野あさ美
販売元:ZETIMA
発売日:2006-04-12
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 03, 2010

 明らかに鼻風邪。寝込むほどではないのだが、じゃあってんで船橋オートなんか行こうものなら拗らせてエンドレス鼻水やらかすのが目に見えてる、どうせ来週船橋行くんだし今日無理せんでもえーわとパブロン飲んでCS視ながら寝たきり電投。ナイター飯塚でちょっとだけ浮かせて終了。

元モー娘。紺野あさ美、テレビ東京アナウンサー内定を正式発表 http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/80619/full/
>Tweet 2010年10月01日 19時00分
>元モーニング娘。の紺野あさ美(23)が1日、テレビ東京のアナウンサーとして2011年度に入社が内定したとハロー!プロジェクトの公式サイトで発表した。「私、紺野あさ美は、モーニング娘。を卒業し、大学進学を目指す時から目標にしていた『夢』を叶えることができました」と喜びを報告している。

内々定は既に出てたと聞くが今回のはオープンな、公式アナウンス。アイドル出身局アナというとフジの平井以来だが、そのアイドルの格という点で紺野の比じゃないわな。

 >局アナがフリーになると、「フリーのアナウンサー」ではなく
  「タレント」になってしまうわけだ。局を渡り歩きながらニュースを
  読む、ということにはならないのである。
 何もそこまで
 
何もそこまで

 著 者:ナンシー関
 販売元:世界文化社
 発売日:1996-05
 クチコミを見る

アナウンサーって肩書ではあるが、実質的には局所属司会者だわな。今、本当の意味でフリーアナウンサーって言えるのは、独立系U局の自治体広報番組とかを仕切ってたり、俺に身近なトコロでは3競オートでお馴染みの方々がそうだ。中継番組MCから本場イヴェントの司会まで何でもござれの方々も凄いが実況、それも異業種のそれを平気で(本人的には苦労も有るだろうが、オクビにも出さずに)こなしてる方々には畏敬の念を抱かざるを得ない。いやすげーよ、改めて(-人-)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック