笑神様は突然に・・・

January 02, 2015

 年末年始はTVの番組編成もイレギュラーになりがちで、だから新聞も雑誌も全く判らんのだが、レコーダー弄ってるうち番組欄に「坂上忍」「ボートレース」っつうワードを発見、一応録画だけはしておいたのだった。

笑神様は突然に・・・|日本テレビ http://www.ntv.co.jp/waragami/backnumber/201401.html
>笑神様は、真夜中に・・・お正月放送決定!
>元日、1月1日(水)23:30〜24:25放送です。
>新年から濃い〜内容です!!
>出演者

 >○プロレス
  >藤波辰爾/長州力/武藤敬司/蝶野正洋/博多大吉/神奈月
 >○ボートレース
  >坂上忍/蛭子能収/宮川大輔/ノブコブ徳井
 >○笑神撮影隊
  >中川家/次長課長/ムーディ勝山/坂口杏里


実際の内容はこれとはずいぶん異なる(サイトにアップしたのはいつだったのか?)。お目当ての競艇は第一部だったし、しかも坂上忍以外全取っ替えというヒドさ。とはいえ、30年来の親友だという金山一彦に芸人のグランジ・佐藤大、撮影担当が次長課長・河本準一という顔触れそのものに不満はない。
 さて、ロケ当日9時半。河本が、3人の居る江戸川競艇近くの食堂に入ると、既にテーブルにはジョッキが並び、4月出産予定の金山家のH事情だとかのモロシモ話を始め出す。「もうアニキ2人が半端じゃないス」と気後れする佐藤を「今年はもう、何としても大が売れて、奴(=交際中の女芸人である椿鬼奴)にオンブに抱っこじゃなく、『大が売れたから奴が付いて来た』と言わせたいんですよ」と河本がプッシュ。すると坂上が「そしたら、今日勝ったら結婚して良いよ。今日負けたらダメだよ、まだまだって事だよ」頷く一同。
そして河本が「行きますか」とロケを促すも、既に酔いが回ってる坂上は「嫌だ!」。酒飲みたるもの、少しでも飲んでたいのだ。芸能界内力関係が歴然としてるから河本も逆らえない。

 坂上「1レース何時?」
 スタッフ「10時55分締切です」
 坂上「まだ大丈夫じゃん、15分に出て、買う所まで10分でしょ、じゃあ20分(今現在は10時5分)まで飲めるじゃん」
 金山「いやいやいや、15分まで(ぐらいで切り上げて競艇やろう)」
 坂上「嫌だ!ジャンケン!(金山負ける)勝ったー!じゃあ20分にここ出るから(それまで飲もう)」

もう本当にダメ人間過ぎるw それでようやく時間になって、一同江戸川に歩を進めるも「ボートの事聞きたいけど誰も言わないし、誰もカメラを意識しないし!」河本も愚痴る事ったら。まあとにかく江戸川はプラチナルーム。

 河本「カズさん(=金山。は舟券歴)何年ですか」
 坂上「今日初でしょ」
 金山「初」
 河本「えっ?」
 坂上「今日初。だから、キンキン(=金山)は、今日は安産祈願で来てるの」
 金山「そうそうそう」
 坂上「健康な子が産まれるために勝負に来てるの」

この、いかにもなバクチ打ちならではの理屈の付け方たるやw っつう訳で焼酎で祝杯挙げて迎えた1レースは、いきなり1マークで3号艇が転覆して全滅。続く2Rは舟券歴の長い坂上・佐藤が「1を捲れ!あ…」と外すも、金山が「俺買ってるよ!4→1」と叫ぶ。初当たりの祝儀で昼飯代わりに焼鳥と豚煮込みを振る舞い、これに合うのは…っつう事で坂上は焼酎ロックのトリプルを注文、もう完全にアツくなっている。そして4Rで大勝負、「もう4→1→3来たら本当にロケやめよう。ソープ行こう!」しかし最初の1Mで坂上絶叫歯噛み意気消沈。喫煙所で「所詮遊びで来てるんだからさ、今日だって、これでTVカメラが入ってたら、そりゃ話は違うけど」現実逃避w
 5Rで大勝ちしたが負け分を取り戻すまでには至らない坂上を尻目に、金山が7戦5勝と絶好調。そんな金山を佐藤が「僕、何も(教えるような事)言ってないですよ。勝手に自分で舟券(予想して)買い始めて、勝手に当ててますからね」河本も「そう、ほんで一回教えたら、もう全部自分で出来るようになってるからね。能力ハンパない」そういう佐藤自身は、ここまでチマチマ買ってやや負けという、TV的見せ場が全くない状況。見かねた河本が「ちょっとデカいの行こうよ」と促すと「河本さん。俺そんなカネねえっすわ」鬼奴にオンブに抱っこ、などと言われる若手芸人が坂上のように太く張れる訳もないから当たり前。バクチ好きであっても(好きだからこそ)ここまで堅実に張ってたのだがジリ貧…という状況に河本が意見、ここから事態が急展開する。

 河本「だとしたら借りるべきだよ。結婚したいんだったら」
 金山「そうだよ」
 河本「(席を離れてた坂上に)忍さん、大ちゃんがお話が有るって」
 坂上「何?」
 河本「ちょっと座ってもらって良いスか」
 佐藤「坂上さん。(帽子を脱ぐ)今日、あの、勝ってプロポーズって事なんで、デッカイ勝負したいなって思うんスけど。…10万貸してもらっていいですか」
 坂上「10万円、あると思います。(数える)ハイ10万」

いともアッサリ渡す坂上に、佐藤も「…良いんスか?」このやり取りに河本が「『(闇金)ウシジマくん』やってんのか」と突っ込み、座も、ワイプで抜かれてるスタジオも大爆笑。そして坂上は一変真顔になり、こう続ける。

 坂上「俺はカネの貸し借りが大嫌いなんで、あの、結婚祝儀(の前払い)です。もらっていいんです、これで当ててプロポーズしてくれれば」
 佐藤「…指輪、買います!」
 坂上「じゃあ祝儀で。頑張ってください」

ええ話や(っд`)・゚・。 これを受けて佐藤は、さらにも増して真剣な表情で「僕、一回向こう(=カメラ居ない、一人集中出来る場所)行って本気で予想したい」と座を離れる。TVにロクに出れない若手がカメラに映らないトコに行きたいって、普通だったらマジ説教だろうが、今は「今回はとにかく当てるのが優先、大ちゃん頑張れ!」だからみんな優しい。そして熟考に熟考を重ねた渾身の予想は1→3、1→6、いざ運命の8R!
 
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 
みんな真剣に「大に結婚して欲しいな〜」と応援してた、のだが3が痛恨のスタートミスで捲られ、6の懸命の追い上げも3着まで。落ち込む佐藤。

 坂上「結局、奴さんとは遊びだったっていう事だw 」
 河本「本当、そういう事になりますよw 」

しかしこのままでは引き下がれない佐藤は、坂上に「10万円、今度は貸してください。お願いします」まさかの土下座。すると坂上は「次は河本くんが『あげる』って言ってる」とキラーパス。

 坂上「(ここまでの流れを河本が作ったんだから)当然でしょw 」
 河本「何回結婚するんだよ後輩…吉本多いぞ、お前後輩が!」

今度こその9R勝負は3→4一点。
 
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 
しかし…佐藤は打ち拉れ、ため息一つ。

 坂上「まあ、でも…」
 河本「もう充分だと思います」
 坂上「そうだね」

という苦い雰囲気の中、「4→1!ハイ、僕勝った」と明るい声で喜びそれをぶち壊す金山の空気の読めなさ加減と来たらもうw 現実は残酷だ。
 それでVが終わってカメラがスタジオに返って来て、河本が「このロケの夜8時頃に鬼奴が『本当にスイマセンでしたあっ!!』って電話掛けて来て、『ど、ど、どうした』『ウチのが何かエライ事して』」スタジオ大爆笑。内村が「正月からカネを借りる人間を見るっていうね」と締めてコーナー終了。
 しかし「貸すんでなく祝儀だ」と渡す坂上と「指輪買います」と見得を切る佐藤のやり取りはバクチ打ち的には最高の見せ場で、番組もそういうカメラ割りやBGM付けて演出してるのに、スタジオのウッチャンは「何美談みたいにしようとしてんだよ!」「格好良くねえよ!」と突っ込みまくり。そうなんだよな、ギャンブルやらない人間からしたら「競艇で一攫千金より本業のお笑いで売れる方目指せよ」ってのが普通の発想だもんな。でもってTVの前の視聴者のほとんどはギャンブルやらない人達なんだから、ウッチャンはそっちサイドに立って突っ込みを代弁してやらなくてはいけない。
 それでもまあ、佐藤が勝ったらまた見方も変わったかもしれないけど、「祝儀せしめてバクチでスッて、さらに先輩にタカってそれすらもスるって!サイテー ┐(´〜`)┌ 」ってなっちゃうよな。…うん、佐藤が勝てば万事良かったんだよ、そしたら「見上げたバクチ打ちカップルだ」ってなって、周囲の見る目にも一変したのに。惜しかったなあ(´・ω・`)

アウトロウズ
アウトロウズ

アーティスト:ジェレミー・スタイグ / エディ・ゴメス
販売元:Enja
発売日:2014-07-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック