笑い飯

December 20, 2009

 M-1グランプリはまあ順当な結果だったのではないか。出演順に泣かされたナイツは後の方の出番だったらノンスタともっと際どかったんじゃないかって程度で、それ以下はハッキリ差があったし、2本目のネタも出来の差は歴然としてた。にしても笑い飯、2本目あのまま野球で行くのかと思いきやチンポジか…('A`) 刹那、「ないな、パンク一発ツモだな」と思ってしまった。「鳥進一」「手羽真一」の被せで爆笑させられた笑い飯の1本目のネタは、大会史上初の100点満点を島田紳介に出させたが、それによって自身への2本目のハードル上げちゃった感もある。つっても自信あるネタ2本作れなかった時、良い方をどっちに持ってくかってのは賭けだ。前の演者がソコソコ止まりで600点代皆無だったらチンポジを一本目に持って来る事も出来たかもしれんが、そうならなかった以上やむを得ないか。にしてもよりによってチンポジ…他にもネタあったろうに( ´,_ゝ`)
 これで思い出したのが『バランス相撲』ってゲーム。俺の子供時分、トミーポケットメイトっていう、カセットテープのケースサイズでシリーズ化されたゲームがあって、その中の1つだ。赤と青の麻雀牌サイズのウエイトが6ヶずつとシーソーから成り、それぞれのウエイトには横綱〜前頭二まである、もちろん番付が上の方が重いが外見からは判らない。で、向き合って、いっせのせで牌を乗せる(印字が相手に見えない向きで)→重い方が勝ち。シンプルそのもの。ところでこれ、前頭二は、前頭二同士の取組でない限り必ず負ける。そこで前頭二は相手の横綱にぶつけ、残りの取り組み全てで相手より一枚だけ強いのを戦わせれば、トータルで5勝1敗する事が出来る。で、「給食のオカズでも遠足のオヤツでも好物から食う奴だから最初に横綱か大関持って来るだろ」とか読み合いする訳だが、時には前頭一で勝っちゃって「しまった!あ、いや(・∀・)ラキー 」みたいな事も起きる、その駆け引きが実にスリリングだった。これでカネ賭けたら漫画『カイジ』で使えるかもしれん。
 まあ結局ね、順番って大事ですよ…ってトコしかバクチ話と共通してない、コジツケにもほどがあるな。スマソorz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 16, 2009

 年末の重大イヴェントの一つとして完全に定着したM-1グランプリ。今年も日曜が今から楽しみだが、第1回の時は見ていない。今でこそ島田紳介のプロデュース能力の非凡さは広く知られているが当時は『ヘキサゴン』も始まる前、「何で紳介が?」「これでひと商売ってか( ´,_ゝ`) 」みたいに感じたのを覚えている。俺が見出したのは2回目からだが、この時も暇だったとか他に視るモンないし…みたいな感覚だったような。

 M-1グランプリ2002完全版~その激闘のすべて・伝説の敗者復活戦完全収録~ [DVD]
 
M-1グランプリ2002完全版~その激闘のすべて・伝説の敗者復活戦完全収録~ [DVD]

 販売元:R and C Ltd.
 発売日:2003-12-17
 クチコミを見る

まあとにかく、その2回目で笑い飯が全国に名を挙げるシンデレラストーリーを体現する訳だが、ネタ中の『I(はぁと)NY』のTシャツ買うつもりが間違って『ザ・めしや』のTシャツ買ったっつうギャグが、笑いつつも首都圏にそんな店ないから「ああ大阪にはそういうチェーン店あるのね」と漠然したものだった。
 評論家の故・ナンシー関は町山広美との対談集『隣家全焼』で

 隣家全焼
 
隣家全焼

 著 者:ナンシー関
 販売元:文藝春秋
 発売日:1998-07
 クチコミを見る

 >子供って自分の生活してる圏内が全世界でしょ。円の中心は自分だと
  思っているわけ。でも、中学ぐらいかな、円の中心はどうもココじゃなくて
  東京ってとこらしいって気づいてショックを受けた覚えがある。
 >テレビって東京の地理をすごいコンセンサスとして扱ってんだよね。
  昭和20年は終戦の年とかいうのと同じに、当然みんな知ってることとして
  山手通りがどうしたとか、渋谷と新宿の位置関係をふまえなきゃ
  通じないような話をするでしょ。

と発言している。ナンシーは青森出身だが、これは富山でも和歌山でも宮崎でも、地方出身者にとって同じ感覚だろう(少なくとも俺はそうだ)。で、ザ・めしやのギャグは、それの大阪(いや本社どっか知らんけど)ヴァージョンという事になる、関西在住お笑い好きとっちゃローカルギャグの全国化、関西ナショナリズムの第一歩、喜ばしい出来事かもしれない。とはいえ、笑ってもらえた(=ギャグが通じた)から良いものの、ローカルネタである事に変わりはない。U字工事のネタが北関東ローカル過ぎて解らん、と批判されるのと一緒で、本来は反則技だ。
 さて、かく言う俺は一度だけザ・めしやを見た事がある。玉野競輪の旅打ちで夜行バス0泊3日岡山行き、その岡山駅から直行バスが出てて、その車窓からでっかい看板が見えて「あれか!」と。…何か嬉しかった(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック