競輪祭

May 28, 2020

新規感染相次ぎ公共施設を再休館へ 北九州市|【西日本新聞ニュース】 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/611536/
>2020/5/26 20:41
>西日本新聞 内田 完爾
>北九州市は26日、新型コロナウイルスの新規感染者の確認が市内で再び続いていることを受け、国の緊急事態宣言の解除後に順次再開していた公共施設の一部を28日から再び休館することを決めた。屋内施設のうち、小倉城(同市小倉北区)や九州鉄道記念館(同市門司区)など不特定多数の利用が見込まれる43施設が対象。
>同市では23日に4月29日以来となる新規感染者を3人確認し、25日までに計12人の感染が判明。26日も新たに2人の感染が分かった。

言ってるそばから再燃しちゃったよ。こりゃ夏の小倉競馬も厳しそうだな。小倉競輪はドームだからキャパシティ的には余裕綽々、何たって競輪祭は11月だし、席間隔を開けば充分出来るだろう。
3498854_m
けど、無料の一般スタンドでそんな事したら不公平感パンパン、客は納得出来る筈もない。○列目はナンボ●列目はナンボ…って料金設定すれば簡単そうに思えるけどブッチして来るヤツが絶対出るから、その管理の大変さを思うとおよそ現実的ではない。やっぱ年内は難しいかねえ(´-`).。oO
ザ・リターン・オブ・タル・ファーロウ
タル・ファーロウ
ユニバーサル ミュージック クラシック
2007-10-17



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 21, 2018

有川鴻哉が明かす「旅行サービス」での勝算 | CAREER HACK http://careerhack.en-japan.com/report/detail/1000
>2018-08-21
zubora_lp ここ最近、『TRAVEL Now』『LINEトラベル』『DMM TRAVEL』、そしてメルカリも旅行領域発表など各企業の旅行領域への参入が相次ぐ。2018年のトレンドといってもいい。『ズボラ旅』は2018年5月末リリースとその口火を切った。リリース直後から注目を集め、1日で4,000件を超える問い合わせがあり、一時パンク状態に。 http://image-careerhack.en-japan.com/1000/zubora_lp.jpg
>「ウェブサービス型のOTA(Online Travel Agent=ネット専業旅行会社)サイトを訪れた人のうち、約2割が窓口にも足を運んでいる」というデータがあります。つまり「OTAだけでは満たせないニーズがある」ということ。窓口ではどんなニーズを解消しているのか知るため、実際に行ってみたんです。
>すると”ふわっとした希望条件を持っている人“がある程度いることが分かりました。たとえば「夏に家族で温泉に行くならどこがおすすめですか?」とか。OTAウェブサービスを利用するとき、行き先、日程、人数を入力します。その条件が決まっていない人たちが取り残されていた。

旅行好きからしたら「その程度の事すら自分で決められないの?」って思ってしまう、到底信じられない話だろうが、でもそういう人が現実に居るのだから(それも大量に)しょうがない。書店に毎月出てるB5サイズの時刻表、あれのピンクのページにJRの料金計算ルールが出てるが、それも読んだ事ない人の方が絶対に多いだろうし。ウチの社で俺の隣に座ってる人もそうだった事が最近判明発覚し(交通費精算のためにSuica履歴提出したら「何でそんな多いの?!」ってなって、結果、本人は定期券の途中下車だと認識してたのが区間外乗車だった…と判明した)、唖然としたぐらいだし。
 元々乗り物好きだった事に加え、旅打ちなんていう酔狂な趣味を持つようになったため、この手のおまかせ型サイトには無縁だ。まあ、だから偉いとか上だとかいうつもりはないし、実際そうだ。でも、例えば「秋に小倉競輪祭に行くんだけど、ついでに観光したら面白そうな場所って周辺にありますか」とか聞いてみたら、競輪ファンのセオリーからかけ離れたプランが出て来るかもしれない、一概に否定するもんでもなさそうな(´-`).。oO
・・・ホエア・ウッド・アイ・ビー?
ジム・ホール
ユニバーサル ミュージック クラシック
2013-03-13



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 30, 2018

名物500メートルバンク消える? 被災の熊本競輪場、熊本市が縮小検討 - 熊本日日新聞 https://this.kiji.is/373727629226001505?c=92619697908483575
>2018/5/28 16:00 5/29 08:56updated
>c株式会社熊本日日新聞社
images-4 2020年の再開を目指す熊本競輪場。「滑走路」の愛称で親しまれる日本一長い直線のバンクは、縮小も検討されている=熊本市中央区 https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQYyIONEkP4Odd5IjfJ7_K8USpOowHXMrlElAjgSKBV82tTK-z1
>愛称は「滑走路」。日本一長い直線を持つ熊本競輪場(熊本市中央区水前寺)の名物バンク(走路)が、姿を変えるかもしれない。熊本地震で被害を受け、開催中止が続く競輪場の再開に向け、熊本市が縮小を検討しているからだ。
>市は運営に必要な最低限度の復旧をして、2020年の再開を目指すとしている。駐車場の一部売却や収容人数の半減を決め、バンク縮小も俎上[そじょう]に上った。市競輪事務所は「短いバンクの方が維持費は抑えられる」として、333メートルや400メートルも検討するという。
>「滑走路」復活を願うファンは少なくない。西区の黒木啓亨さん(64)は「熊本の『500バンク』は有名。終盤の逆転劇を生むから面白い。縮小すれば他の競輪場と同じになり魅力がなくなる」と力説。開設当時から予想紙を発行するコンドル出版社の武田幸三さん(60)も「往年のファンは500バンク存続を求める声が多い」と代弁する。
>一方、プロ選手の希望は400メートル。選手79人でつくる日本競輪選手会熊本支部が4月に実施したアンケートでは、回答者の約8割が支持したという。
>松尾正人支部長(47)は「全国トップクラスの選手を育てるにも、最高峰のG汽譟璽垢鰺驚廚垢襪砲癸苅娃哀瓠璽肇襯丱鵐が最適」と話す。16〜18年度で計18回のG汽譟璽垢里Δ繊■隠寛鵑400メートルバンクに集中。一部ファンにも「400メートルの方が予想しやすい」という声がある。
>アマチュアスポーツの視点はまた違う。千原台高自転車競技部を指導する中田将次さん(49)は「屋根付きの250メートル木製バンクにすべきだ」と主張。「それが無理なら333メートルにしてほしい。狭い競輪場だからこそ練習できる技術もある」
>国際自転車連合(UCI)の意向で、五輪や世界選手権など国際大会は屋内で板張りの250メートルを会場としている。国内では現在、この規格の競技場は1カ所のみで「国際大会やアジア大会も誘致できる」と強調する。
>競輪事業の再建を模索してきた千葉市は、500メートルバンクの競輪場を、木製250メートルバンクに建て替える計画を公表した。現状では競輪はできないが、全国の競輪を運営する公益財団法人JKA(東京)は「250メートルでも開催できるようルール改正を検討している」と明かす。
>市は9月までに方針を決める考え。新たな競輪場について、コンドル出版社の武田さんは「ファンを含めた関係者の意見を十分に聞いて、家族連れも楽しめる場所にしてほしい」と訴える。(熊本総局・高橋俊啓)

熊本の続報来た。で、選手会は8割が400化を望んだそうだが、「GIを誘致し易い(=熊本は500だから誘致し難い)」って理由、それは違うだろう。同じ九州で、競輪発祥の地・小倉 ━━ 150km離れてるとはいえ新幹線で1本、1時間掛からない ━━ がGI競輪祭を常打ちしてるんだもの、そりゃ地域バランスという事を考えると選ばれ難いだろう(熊本より小倉に近い武雄や別府はGII開催の常連だが、熊本はGIに固執しているようなので)。いっとき、競輪東日本発祥の地として大宮が競輪祭の誘致に動いてたという話があったが沙汰やみとなって、以降「やっぱり競輪祭は小倉」となってしまっている現状では、400に改装したところで一緒だろうに。
 「とにかく地元で走りたい、お客さんにも生でレース観せたい→小さいバンクの方が工期が短くて済む&建設費も維持費も安上がり」っていう理由を上げるなら、400なんて中途半端な事言わずに33とか、いっそ250にしてしまえば良い。「500バンクだと誰もブンブン逃げるなんて事をしない→強い先行選手が育たない」っていう理由でも同様だ。本当に、何で400なの?選手の気持ちが判らん。
 俺的には、やはり熊本バンクのアイデンティティは「滑走路」だと思ってる。500バンク、さらに日本一長い直線であって欲しい。安く上げるためならスタンドなんてなくても構わない。そりゃ投票&観戦環境は快適である方が良いに決まってるが、どうせ「まだ被災から立ち直れてない人も居るのにこんなもんにカネ掛けて」とか言い出すヤツが出て来るに決まってるし、現実問題年間の8割以上は場外発売なんだから、充分な広さと充分な数の椅子がある投票棟、もちろん冷暖房完備で食い物屋もそこにある…これだけクリアしていれば、ホームストレートいっぱいの矩面でオールスタンディング観戦でも文句なんか言いませんって(´-`).。oO
ストレート・ライフ+1
アート・ペッパー
ユニバーサル ミュージック クラシック
2009-06-19



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 09, 2016

2016.12.09 平成29年度 SG&特別G汽廛譽潺▲爛ップの開催日程が決まりました!

決まりましたかそうですか。で、見てったら「え?」っていうのが1ヶ所。スーパースター王座決定戦が川口で12月27→31日なのは例年通りだがその1週間後、年明けすぐの1月6→10日にSG全日本選抜を行うとある。SS組は大晦日に解放され1日前検入り、2日から正月開催走って4日解放の5日が全日選の前検入り…って可能性もなくはないが、常識的にSS組は正月開催出ないでSS→全日選と直行するよなあ?まあこの季節この間隔で機力激変猛悪化って事は考え難い、いっとき一般開催で実験的に取り入れられたリベンジマッチの拡大版と思えばアリか。SSの記憶も新しいところに年末のSSの出走権が早くも1ヶ決まる…ってのは確かに興味を惹くところだ。
 輪界では、小倉競輪祭を1月に開催してた時期があるが、暮れのKEIRINグランプリにピークとなるよう身体を作って来たそれ僅かヒトツキ後にまた特別(=グランプリの出走権が1ヶ決まる)って、何考えとんねん!と選手から猛批判され、ほどなくして元の形に戻ったという歴史があるが、オートはマシンスポーツであるからそういう心配はない。むしろ機力充実期にまとめて走りたいぐらいだろうし。
 また、SGの直前直後には不出走組による一般開催が行われる、それはそれで面白いのだが、看板となる銘柄級選手が居ないのでアピール性に乏しい。それがこういう、1節挟んでSG…って形にする事でそれを1節減らせるのもメリットに上げられるか。SS組の居ない正月開催ってのもファンとしちゃ寂しいが、SS特権として正月ぐらいゆっくり休ませろやってのも一理ある、出走しない代わりに地元で挨拶トークショーだったら負担にならない、ファンだってむしろそっちの方が嬉しい…ってのも多分居るよなと。
 つらつらと考えて来たが、だから問題は間を置かずSGで客の財布が保つか?っていう、その一点に尽きる。確かにメリットは少なくない、また他競技もビッグレースのない空き巣狙いだという事は解るが、それでももうSSに正月開催でガス欠だ…っていう人は少なくないだろうし。果たして吉と出るか凶と出るか、結構なバクチだわな(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 24, 2016

秋じゃ暑すぎる!運動会シーズンが5月で定着しつつある模様 http://sirabee.com/2016/05/21/121791/
>2016/05/21
>東京都教育委員会によると、2015年は都内の小中学校のうち小学校の5割以上が、中学校の9割以上が、それぞれ運動会を1学期中に開催したそうだ。今年も同様の傾向にあるという。
>1学期中の開催は、東京のみならず国内の多くの地域に広まっているようだ。
>運動会の開催が秋から初夏へシフトしつつある理由は、主にふたつある。
>ひとつ目は、「行事の集中を避けて分散化」したいということ。秋すなわち2学期は、運動会のほか学芸会や文化祭、音楽会、合唱コンクールといった校内行事がめじろ押しになる。
>いずれも従来の感覚では秋の開催がふさわしい行事だが、練習などの準備に要する時間と手間を分散するためにも、ひとつくらいは「1学期へ持って行きたい」という学校側の事情が見え隠れする。
>ふたつ目は、気候の変化による9月の暑さ。炎天下の校庭で運動会の練習を重ねると、特に低学年の児童は熱中症に陥るリスクが高まる。数ある秋の行事から運動会だけが初夏へシフトする大きな理由だろう。
>シフトによる分散化は、行事を見学・応援する保護者にとってもありがたいところだ。秋に集中しすぎては、仕事の休みなどを申し出る場合に「度重なると言い出しにくい……」といった遠慮が付きまとう。
sirabee160521undoukai4http://img.sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2016/05/sirabee160521undoukai4.jpg
>アンケートサイト「マインドソナー」を用いての調査によると、「5月の運動会には違和感がある」という人の割合は約38%。3人に2人は秋の開催にこだわっていないことがわかる。 歳時記では秋の季語とされてきた運動会も、5月の開催がすっかり定着しつつあるようだ。
>(取材・文/しらべぇ編集部・前田昌宏)

なるほど納得。創立記念日のような、どうしてもその日でなければ…といったものでない以上、施行時期変更は頷ける。
 まあ春と秋を入れ換えるぐらいなら別に良いが、1〜3月だと何かと面倒だ。3競オートでビッグレースの年間スケジュールが大変更される事がたまにあって、中央競馬は元日スタートの大晦日〆だから問題ないが、それ以外では4月1日からの3月31日〆で一年度だから、あるレースが同一年に2回行われたり、逆に「今年はナシ」なんて事もある。日本選手権競輪は今まで3月開催だったが、今年度からゴールデンウィークに変更されたため今年はダービーが2度も、それも僅か2ヶ月の間に行われたし、2001年度の大幅な制度改正では競輪祭は11月→1月開催に変更されたため、01年には行われなかった。
 もちろん競輪に限らず、他競技でも散見される。オートレースのスーパースター王座決定戦は当初1〜3月と流動的だったが、04年度から年末のビッグレースとして位置付けられたため、04年には1月と12月の2回行われた。いやホント4月1日新年度って制度は何とかならんのかと('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 23, 2014

【高橋昌之のとっておき】朝日・毎日への反論(11) 「反対ありき」のカジノ反対報道は読者を欺いてはいまいか? http://www.sankei.com/politics/news/141022/plt1410220001-n1.html
>2014.10.22 11:00更新
e78ba5d5.jpg
カジノ解禁をめぐる連載を開始した16日付朝日新聞朝刊と、カジノ解禁反対の社説を掲載した13日付毎日新聞朝刊(栗橋隆悦撮影) http://www.sankei.com/images/news/141022/plt1410220001-p1.jpg
>カジノを含む特定複合観光施設(IR)の整備推進に向けた「IR法案」が今国会で本格的に審議されるのを受けて、新聞各紙はこの法案を積極的に報道するようになってきました。しかし、その焦点はカジノ解禁の是非に矮小(わいしょう)化されているうえ、朝日、毎日両新聞をはじめとするカジノ解禁反対論は、法案の内容を無視した「反対ありきの反対論」なので、今回はこれをテーマに書きたいと思います。
>中でも最も強く反対論を展開しているのは毎日です。毎日は13日付で「カジノ法案 解禁ありきに反対する」と題した社説を掲載しました。一方、朝日は法案が提出された先の国会中の6月23日付で「カジノ解禁? 危うい賭けには反対だ」、10月20日付で「カジノ法案 懸念材料が多すぎる」とそれぞれ題した社説を掲載しました。
>朝日は16日付から3回にわたってカジノ解禁の「深層」を探るという企画を連載しましたが、その内容は海外のカジノをめぐる現状や国内の誘致活動を、どちらかといえば言い古されてきた負の側面を紹介しただけで、肝心の「IR法案」についての解説はありませんでした。これでは読者は「日本でカジノができると問題ばかりが起きる」と思い込んでしまいます。そういう意図をもってのことなのかもしれませんが、企画の中で法案の内容に一切触れられなかったことから、私は「できの悪い企画だな」と思ってしまいました。
>一方、読売は17日付で「カジノ解禁法案 弊害の議論が浅薄では困る」と題した社説を掲載しましたが、これはきちんと法案が「ギャンブル依存症の拡大への懸念を踏まえ、日本人の利用制限を政府に義務づける規定を加える」ことなどを紹介しています。主張を掲げるなら、このようにまず事実を踏まえたうえで議論を展開すべきです。
>産経新聞は私が中心となって、カジノを含むIRについて、議連が発足した平成22年から丹念に取材し、議論の内容や法案の全容を詳しく報道してきました。これに対し、他紙は実現性がないとみていたのか、議連が報道陣に公開して議論してきたにもかかわらず、全く取材をせず、報道もしてきませんでした。
>それを法案が国会に提出されてから、慌てたかのように無知な報道を展開するのは、報道機関としていかがなものかと思います。報道するなら、改めてしっかり取材をし、法案の内容や議連の基本的考え方を踏まえたうえで行うべきです。もし今国会で法案が成立したら、反対論を展開している朝日、毎日などは「議論不足」とか「拙速」といった批判を展開するかもしれません。しかし、議論してこなかったのはあなたたちの方であって、そんな批判をする資格はありません。
>大体、朝日や毎日などがギャンブルを「悪」としてとらえる論調を掲げるなら、競馬などの公営ギャンブルやパチンコなども止めるべきだと主張すべきです。しかし、競馬などは自分たちの新聞で予想や結果を掲載しているではありませんか。また、新聞には多くのパチンコ店のチラシが毎日のように入っているではありませんか。ギャンブルに反対するなら、その新聞はこれらを止めるべきです。それを棚に上げて何を言っているのかと言いたくなります。(長野支局長 高橋昌之)

この記事は、直接的には左右のイデオロギー闘争で、その一環としてカジノ論争をネタにしているだけなのだが、それにしてもこのマスコミべき論は痛快だ。

 >ギャンブルを「悪」としてとらえる論調を掲げるなら、競馬などの
  公営ギャンブルやパチンコなども止めるべきだと主張すべきです

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 10, 2014

【甘口辛口】早明は“自分たちは特別”のおごりがあった、といわれても仕方ない http://www.sanspo.com/etc/news/20140910/amk14091005000001-n1.html
>2014.9.10 05:00
>「東京ドーム断念」のニュースに、ホッとしたラグビーファンも多かったのではないか。関東大学対抗戦で唯一会場が未定だった早明戦(12月7日)は結局、秩父宮での開催が決まった。国立競技場が建て替えで使用できず、春に早明両校から東京ドームでの開催希望が出て調整してきたが、主管する関東協会が断念したのだ。
>最後の国立開催で両校が学生に呼びかけた昨年は、約4万7000人の観客が集まった。2万4000人の秩父宮より、4万人以上を収容できるドームなら昨年の流れをつなげると両校の思惑は一致したという。しかし、事は思ったほど簡単ではなかった。
>ラグビー関係者によるとゴールポスト設置には一時的にグラウンドに穴をあけるため、使用するプロ野球全球団の同意が必要だったという。ゴールポストを立てるのはアメリカンフットボールも同じだが、年間5試合以上の使用頻度があるのでその必要はないという。スタンドの構造上、客席の値段設定が難しく採算が合わないことも断念の理由だったそうだ。
>1987年の「雪の早明戦」に象徴されるように天候、風向き、太陽の位置など自然現象がラグビーに欠かせない舞台装置になる。寒さや雨の心配はないが、温々としたドームでのラグビーがどれほどファンの胸に響くだろう。はじめに観客動員ありき…。早明両校には「自分たちは特別」のおごりがあった、といわれても仕方ない。
>今夏、菅平の練習試合では大学選手権6連覇を狙う帝京大に早大は12−49、明大は12−28で完敗した。ドーム云々の前にまずは“打倒帝京”が先決だろう。伝統校の威厳を見せた上で、改めてドーム進出を目指してもらいたい。(今村忠)
>(紙面から)

ドームラグビー実現のアカツキには大きな話題となったろうとは思う。今回は東京ドームの構造的な問題で実現しなかったが、興行面では確かに良いアイディアだし、観戦環境としてもドームの方が快適に決まってる。もっとも、それが全てに優先する訳では決してない。普通に旅行したより、道に迷ったとか電車乗り越したとかのアクシデントが有った時の方が後々思い出深い…っつうのを具現化したTV番組が『水曜どうでしょう』だが、スポーツの試合だって、悪条件が加わる事ですその場がかえって印象深いものになり記憶深く刻まれたり、ゲームそのものの行方に影響したりする事は有る。

 >1987年の「雪の早明戦」に象徴されるように天候、風向き、
  太陽の位置など自然現象がラグビーに欠かせない舞台装置になる

バッドコンディションだから試合がドラマチックになると決まった訳ではないが、それでも基本、スポーツとは外でやるものだ。もともとインドア競技であるバスケットボールも、ゴールを設置してある校庭や公園は珍しいものではない。バレーボールも、「これ外でやっても面白いんじゃね?」つって(多少の相違点は有るが)ビーチバレーが生まれた。「テニス→卓球は逆だろ?」って声も上がりそうだが、そのテニスも、元はインドア競技のアウトドア化から生まれたものだ。
ジュ・ド・ポーム - Wikipedia
話モトイ。多雨地であるなどの興行上の理由とか、屋内化の理屈は解るけど、でもやっぱり外ならでは、の魅力やドラマ性も捨て難い。
 3競オートももちろんそうで、滝澤正光のグランドスラムが掛かった88年の競輪祭は、決勝の発走直前から豪雨に雷、勝負どころでは雨が雹に変わるという悪条件、それも影響したか滝澤は番手から山口健治に差され、グランドスラムは2年間お預けとなった。もし当時、今の北九州メディアドームだったら、滝澤グランドスラム一発ツモだったかもしれんのだ。
 アサデンコウの日本ダービーは、レース直前に雷雨となったため「電光が味方した」と語られた。こういう風に、後世に伝わる時に物語性が乗っ掛って来るのだからして( ´-`)y-~~~

ストーミー・ウェザー
ストーミー・ウェザー

アーティスト:リナ・ホーン
販売元:BMG JAPAN
発売日:2007-09-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 14, 2013

 テレ朝『タモリ倶楽部』は「日本語カバーに果敢に挑んだ外タレの日本語力を検定!!」、初っ端はグラミー賞も獲ってるロサンゼルスのウィーザーというバンド、のヴォーカルが生ピアノ一台だけのスカスカのアレンジでBoAの『メリクリ』を不安定な音程と不安定な日本語で自信なさげに歌うっつう、何とも背筋がむず痒くなる('A`) 日本人が拙い英語で歌ってるのをネイティヴスピーカーが聴いたらこうなるのね、の裏返しだがかなりキツい。マーティ・フリードマンの友人だそうだが何でまたそんな軟弱極まる選曲を?と思うと奥さんが日本人で、聴かされて感激したのだと。解らんわー。で、そんな調子で企画は続いて行くのだが、心底驚いたのがスコーピオンズが『荒城の月』を吹き込んでる事だった。

 蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ(紙ジャケット仕様)
 
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ(紙ジャケット仕様)

 アーティスト:スコーピオンズ
 販売元:SMJ
 発売日:2010-06-23

ミュージシャンがツアー先で現地(日本に限らない)ファンのご機嫌伺いよろしくサーヴィスメロディーを演る、というのはままある。リッチー・ブラックモアは『レイジー』のギターのブレイクソロでNHK『きょうの料理』のテーマ曲を弾き客席を沸かせる。

 ライヴ・イン・ジャパン
 
ライヴ・イン・ジャパン

 アーティスト:ディープ・パープル
 販売元:ワーナーミュージックジャパン
 発売日:2013-07-23

しかしスコーピオンズのそれは明らかにその範疇を超えている、完全にマジだ。リー・モーガンは来日時に聴いた、印象的なエキゾティックなメロディだという事で『月の砂漠』を帰国後吹き込んでるし、

 ザ・ランプローラー
 
ザ・ランプローラー

 アーティスト:リー・モーガン
 販売元:EMIミュージックジャパン
 発売日:2010-04-21

他にもハービー・ハンコックが『りんご追分』に驚倒したなんつうエピソードも有る(CD化はされてないが、東京公演での演奏をFMで聴いた事がある)が、そういうのと同じくスコーピオンズはマジもマジ、大マジメだ。でもって客もシャンシャン手拍子大合唱。これを当時ギター少年だったマーティは「これはドイツ(=スコーピオンズの故国)の曲じゃない、これはアメリカの曲じゃない、本当に他の惑星から来てるメロディって感じですね!あまりに新鮮で、しかもお客さんが思い切り手拍子で歌ってるなんて、もう、言葉解らなくても鳥肌が立つ」日本人には何て事のない、ありきたりなメロディにしか聴こえないんだけどねぇ。
 …でもこの、日本人が当たり前としか思ってないものが外国人には「その発想はなかった」と驚愕させるという事はしばしばあって、事は音楽に限らない、例えば子供騙しでしかなかった漫画の表現技法を発展させ紙の上で映画を繰り広げたjapanese manga然り、莫大な本数の車両を秒単位で制御する鉄道運行システム然り。そういうのを引っ繰るめて「クール・ジャパン」と評価されてると。
 さてそれで3競オートだが、競輪祭の選手紹介時に流れる音楽は正に日本そのものだ。他にこういう日本ぽいのって、意外とないものだ。メロディだけなら浜松オートの、浜松祭りの時期限定のファンファーレが良い線行ってるが、いかんせん野球場の応援で流れるエレクトーンみたいな音色なもんだから凄く間抜けだ。オッペケペー節みたいな。どうせやるんだったらそこまで拘って欲しかった( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 05, 2012

ヤマコウ引退会見「1番車脱ぐ時が潮時」 http://www.nikkansports.com/race/public_race/news/p-rc-tp1-20121205-1055778.html
03d449f6.jpg 涙ながらに引退会見した山口幸二(撮影・酒井清司) http://cache2.nipc.jp/race/public_race/news/img/hr-20121205-101-ns-big.jpg
>2日に行われた競輪祭決勝を最後に、24年間の現役生活に別れを告げた山口幸二(44=岐阜)の引退会見が4日、東京・千代田区のJKAで行われた。しんみりするシーンもあったが、ユニークなキャラが売りのヤマコウらしく笑いが絶えない会見になった。
>唐突感もあった引退だったが、山口自身は昨年からぼんやりとイメージしていた。「去年の高松宮記念杯の準決で深谷知広に離れた。オールスター決勝でも今までなら抜いていた展開で浅井康太を差せなかった」。脚力の衰えを如実に感じさせられたことはショックな出来事だった。それでも、昨年末には深谷知広−浅井の2段駆けを差し切り13年ぶりにKEIRINグランプリ(GP)を制覇した。しかし、それが引退を早めることになった。
>「日本選手権、宮記念杯と新チャンピオンが次々決まっていく。自分はもう、チャンピオンじゃないのに(GP王者の)1番車を着ていていいのか」と葛藤した。そして「1番車を脱ぐときが引退するとき」と決意した。
>引退は山田裕仁に真っ先に報告した。「何をやっても中途半端だった自分が山田を見て、いっしょに走りたいと思うようになった。彼がいなければ今の自分はなかった」。その山田からは「もう、練習せんですむからええなあ」と返され、拍子抜けしたという。
>今後は「自分を育ててくれた競輪界をバックアップできる仕事に就きたい」と話す。「やり切った。後悔はない」。山口の表情はすがすがしい笑顔だった。
>◆山口幸二(やまぐち・こうじ)1968年(昭43)7月29日、岐阜・大垣市生まれ。大垣西高卒。競輪学校62期を在校6位で卒業し、88年9月にデビュー。98年一宮オールスターでG1初制覇。同年と11年のKEIRINグランプリを制覇。通算成績は2040戦397勝。通算優勝は43回(GP2回、G1・1回、G3・13回)。通算獲得賞金は13億7058万5354円。
>◆引退報告会 今日5日、大垣競輪8R終了後、ホームスタンド前で先日の競輪祭でラストランを終えた山口幸二選手の引退セレモニーが行われる。
>[2012年12月5日9時21分 紙面から]
ヤマコウ「限界知った」/独占手記 http://www.nikkansports.com/race/public_race/news/p-rc-tp1-20121205-1055782.html
>2日に行われた競輪祭決勝を最後に、24年間の現役生活に別れを告げた山口幸二(44=岐阜)の引退会見が4日、東京・千代田区のJKAで行われた。名ライターでもある山口が引退の心境をつづった手記を本紙に寄せた。

 >まさか、自分にこんな力が残っているなんて…。競輪祭2次予選、準決勝を戦い終わった後の率直な感想だ。特に2次予選。今まで数え切れないぐらい一緒に走った小嶋のおしり。これがゲイ人気NO・1のおしりかぁ…と思うこともなく、これで見納めかぁ…と思うと自然に力が湧いてきた気がした。
 >そして、想像もしていなかった決勝戦進出。ファイナルは7着に終わったが、かえって自分の限界を知ってしまった。残り1周を切ったところで完全に息が上がってしまったのだ。
 >思い起こせば、山田裕仁の背中を見て24年間戦ってきた。山田に付いていければチャンスはある。そう信じて付いていった。それが現実になった98年、グランプリでの初優勝。山田が俺の手を取って、大観衆の前で祝ってくれた。
 >自分でもこれほど盛大な引退式をするとは思っていなかったけれど、これも山田をはじめ、弟の富生や周りの選手に支えられたからだ。
 >自分は競輪選手を引退することになったが、この魂はこれからグランプリを走る浅井康太や深谷知広、また中部の若手たちが引き継いでくれると思う。24年間、本当にありがとうございました。

>[2012年12月5日9時20分 紙面から]


 >今まで数え切れないぐらい一緒に走った小嶋のおしり。これがゲイ
  人気NO・1のおしりかぁ…と思うこともなく、これで見納めかぁ…
  と思うと自然に力が湧いてきた

全く最後の最後までw ヤマコウといえば俺が競輪覚えた年の、だから人生初のKEIRINグランプリ(=記事にも有った98年)で大儲けさせてもらって以来のファンだが、ヤマコウのヤマコウたる所以っつうか本性を知ってからはますますファンになって行った。けいりんマガジンで不定期連載されてたコラム・ヤマコウスポーツや別冊宝島、LB中洲通信に寄稿された文章の面白さには唸らされた。それはもちろん喋りでも。去年のKEIRINグランプリ@平塚では心情的に応援はしつつでもさすがに無理だよなと買わずに心底後悔したっけ。競輪やる頻度が激減してるため、その後もヤマコウの車券を一度も買う事が無いままこうなってしまったが、今さらどうこう言ってもしょうがない。お疲れ様、そしてありがとう。楽しかったよ(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 04, 2011

 超久々のS級戦投票となった競輪祭決勝だが、どうにか的中。しかし浮きは僅か、結果論だが押さえの三連複が余計だったかな( ´-`)y-~~~
 閑話休題。

ふかしイモ詰まらせ、競輪場で男性死亡 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111204-OYT1T00164.htm
>3日午後3時35分頃、さいたま市大宮区の大宮競輪場サービスセンターで、60〜80歳くらいの男性が倒れているのが見つかった。
>男性は病院に運ばれたが、死亡が確認された。
>大宮署の発表によると、売店で売っているふかしイモをのどに詰まらせ、窒息したとみられる。男性は身長1メートル72、黒色のジャンパーに紺色のズボン姿。
>(2011年12月4日09時17分 読売新聞)

誰も気付かんかったのか?そりゃ独りで来る人居る人は珍しくないけど、普通誰かしら周りに居るもんだろ。競輪祭の場外売りしかも大宮、メチャ寒かったとはいえ昼過ぎには日も出て、少なくとも千人ぐらいおったろうに。時間帯も、準決勝一つ目が終わって二つ目どないしょうかっつう頃。皆車券推理に没頭し「あー酔っ払いが寝とるわ」ぐらいにしか思わんかったのか?にしても、何ともやり切れん。それにさ、大宮競輪場つったらラーメンだろjk。何でまた蒸かし芋…もうね、重ね重ね、何ともやり切れん。とまれ、殉死した一人の車券客に合掌(-人-)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 01, 2010

 病院の待合室のTVがフジで、ちょうど『ごきげんよう』の時間だった。で、今日からのゲスト、響の長友は今125鼠るっつうのも凄いが、ウエストに至っては136造世函N戮佐藤江梨子だったので2ショットみたく近付いてカメラで抜いて「皆さん、同じ人間なんです」と笑いを取っていた。そんな長友の一文字は『細』、別にネタじゃなく「僕もう35なんですけど、さすがに食が細くなって来て、でも痩せないんですよ」一頻り話し、結局歳取ると代謝がね…っつう有りきたりな結論に。
 お笑い芸人と代謝っつう事で思い出したのが藤崎マーケット、東京では『消えた一発屋』扱いだが、大阪に戻りオーソドックススタイルの漫才に戻して頑張ってるらしい。そんな二人が一発当てて全国区となったのはラララライ体操、これで一世を風靡した頃小倉競輪祭の営業の声が掛かり、流れで中継番組のブースにも顔を出す、そこで解説・中野浩一との会話で「凄い体力使うよねアレは」「僕ら最初にこのネタ始めた頃は息上がっちゃって、ネタ終わりでマイク向けられても何にも喋れなかったんですよ。それが段々、やってるうちに喋れる様になって来て」「代謝が良くなったんだ」ネタはさて置き、やってる事自体はちゃんとしたエクササイズだもんな( ´-`)y-~~~
 結局運動だけで痩せようっつうのは無理が有って(体型の方には間違い無く効くが)、やっぱり食事きちんとせなダイエットは出来んですよと( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 31, 2009

 すぐにはヴァージョンアップ出来ないオッサン脳ゆえ懲りずに野球に例えてしまうが、昔は、読売が負けさえすればその相手が阪神だろうが中日だろうが広島だろうが構わんという『アンチ巨人』という人種が一定数居たものだ。で、今回の衆院選民主大勝利もアンチ自民票を得ただけで、民主が公約に掲げた政策や姿勢に共感した人が票を入れたのではおそらくない。というのも、今回投票率が微増にとどまった、それで前回自民300→今回民主308って事は、前回自民に入れたけど今回民主に乗り換えた人が相当数居たって事だ。何ちゅう無定見な('A`)
 酒とタバコは上げる、国民年金は収入の15%払え、出生率低下対策として養育手当充実・の裏返しとして独身者は増税。これらのトンデモ公約実現されたら生活破綻する者が続出すると思うが、それは3競オートの客層を直撃する。ごく僅かの大口客以外は死滅する訳で、取り敢えず地方競馬と競輪はアソコとアソコ飛ぶな、と何ヶ所か思い浮かぶ。では3競オートざまあw アンド同胞支援産業パチV字復活!…となるかっつうと、そこまでは行くまい。
 例えば競輪だと、グレードレースはヒラ開催の赤字を埋める生命線、そのため各場G同士の競合は無しにしたが、現状47場も有る、そこに休日を必ず絡ませるために壮絶過密日程になってしまっている。現体系ではグレードレースが年200日、しかも今年は年度変わりの関係で競輪祭が2度行われてさらにプラス四日。だから2〜3場あぼーんすると日程組みはずいぶん楽になるし、残った場の売上には好影響が見込める。そんなだからホンネは「早くアソコやめてくんないかなー」のチキンレース状態、その施行者の背中を民主不況が最後に一押し、となれば全て丸く収まるという訳だ。地方競馬も、同様の間引き効果は見込める。…いや、もちろんどこにも潰れて欲しくはないですよ。けど、例えば小沢離脱とか無い限りこの政権は4年も(!)続く、となれば開き直って意地でも前向きに捉えるしかないでしょ、と( ´,_ゝ`)続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック