秘密のケンミンSHOW

June 26, 2020

豊橋カレーうどんは「名古屋めし」か? 「言葉も食文化も違う」「そもそも名古屋で食べられない」などさまざまな意見 | ねとらぼ調査隊 https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/32229/
>2020/06/26(公開)
>テレビ番組で、愛知県豊橋市のご当地グルメ「豊橋カレーうどん」が“名古屋めし”と紹介されたのを受けて、SNSで議論を呼んでいます。
>発端となったのは、6月25日に放送された「ダウンタウンDX」の企画。福岡・大阪・愛知・東京のご当地芸能人が、地元のあるあるネタやグルメを紹介するという内容で、愛知県の代表が進化系名古屋めしの1つとして豊橋カレーうどんを紹介しました。
>これに対して、SNSでは番組放送中からさまざまな反応が見られ、日が変わってからも大きな話題となっています。

同じく日テレの【秘密のケンミンSHOW】でも非常にしばしば言われる事だが、っつうかこのブログでも何度か書いたが、何かしらの文化を語る上で都道府県って括りは雑過ぎる。「名古屋県」って間違った言葉があるくらい知名度として名古屋>>>愛知県だから、こういう企画で「名古屋メシ」ってネーミングになってしまうのもやむを得ないけど、尾張と三河は完全に別の国だし。
また豊橋競輪行きたくなった。有人開催まだかなあ(´-`).。oO
Local Color
Allison, Mose
Ojc
1991-07-01



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 09, 2016

 なか卯の幟が目に留まった。
image
調べたら一月前から始まってたメニューのようで、
《予告》6種の具材で彩り鮮やか 「なか卯」の【海鮮バラちらし】新発売 | お知らせ | 丼ぶりと京風うどんのなか卯 http://www.nakau.co.jp/jp/news/124
今まで気付かなかったっていかに茫として過ごしてたかっていう事だが、とにかく、なぜ今回引っ掛かったかというと「ばら寿司」=「ちらし寿司」というのが俺の認識で、だから「ばらちらし」ってネーミングおかしくね?と。…っつう訳で調べてみると、いろいろとグシャグシャで大変な事になっていた。
 まず、ちらし寿司というのは「おにぎり」に対する「おにぎらず」みたいなもので、寿司ネタ(!)を寿司飯の上に散らしたものであるそうな(海鮮丼は、寿司飯ではなく白米なので、明確に違う料理)。ここでもう、俺の認識と存在を異にする。ちらし寿司ってこういうモンじゃなかったのか!?

だからそのまま食っても良いけど醤油を回したり、小皿に醤油とワサビを盛って…ってイヤイヤイヤイヤイヤ!サブちゃん嘘吐いてたってか!?と吼えまくりたいが、とにかくこの永谷園仕様こそが、本来はばら寿司と呼ばれるものであると。
 で、永谷園が真犯人かどうかは判らないが、とにかくこれでちらし寿司=ばら寿司って情報が拡まってしまったため、以後、サブちゃんちらしのつもりで寿司屋で注文したら「思うてたんと違う!」とか、サブちゃんタイプのちらしを前に「ちらし寿司ってのは本来はね…」とウンチク語りたがるウザ野郎出現とか、現場では対応に苦慮するケースも少なからずあったらしい。そういう苦慮の策として「ばらちらし」という呼称が生まれた…という流れなんだとか。なか卯がそういう経緯踏まえてそうしたとか、社内会議でクレーマー対策に先手打ったとか、その辺の事情は外野には伺い知れないが、とにかく企業活動としては全然おかしくないんだな、と。
 ところで、俺が初めてばら寿司の存在を知ったのは、旅打ち先の玉野競輪だった。みんなばら寿司とウドンをセットで頼んでて、客が受け取るのを見て「ああ、ちらし寿司の事こっちじゃこう言うんだ」と。結構前の事なんで、当時は『秘密のケンミンSHOW』なんてやってなかったし、絆創膏の呼び方とか
bansoko-101736 全国でこんなに違うバンソウコウの呼び方 | ロケットニュース24 https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2011/06/bansoko-101736.jpg
上靴と上履きどう違うとか、
tomomi_140827uwabaki01 「うわぐつ」って言葉が通じない? 日本の「うわぐつ」「うわばき」分布図完成! - ねとらぼ
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1408/27/tomomi_140827uwabaki01.jpg
ホント知らなかったから、旅打ち先で地道にフィールドワークして行くしかなかったんだよな。旅打ちは大人の修学旅行ですわ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 03, 2014

風俗に関する素朴な疑問…本土から離島にデリヘル嬢は呼べるのか|週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/03/37981/
>[2014年11月03日]
>伊豆大島は、伊豆半島から南東25kmに位置する島である。伊豆半島は静岡県にあるが、伊豆大島は行政区域上では東京都であり、住所も「東京都大島町」。れっきとした“都内”だ。
>ということは、「都内全域出張」をうたうデリヘルなら、伊豆大島にも女のコを派遣してくれるのではないだろうか。そんな考えから生まれたのが今回の企画だ。
>まず、伊豆大島に行き、宿にチェックイン。その後、以下の条件にひとつでも該当する店に片っ端から電話をかけた。
>(1)出張可能エリアが都内全域。(2)「その他の地域についてはお問い合わせください」と併記されている。(3)「全国出張」をうたっている。(4)出張可能地域が表記されていない。
>だが、ほとんどの店が「難しいです」とのこと。
>うん、そりゃそうだ。トラブルが起きても、すぐに駆けつけられない場所だし、そもそも「伊豆大島に派遣できますか」なんて言うヤツを疑うのは当然だ。「可能かも」と言ってくれる店もあったが、数日前の予約が必要だったり、伊豆大島に滞在する間までに都合がつけられなかったり。結局、60店と交渉したがすべて失敗。
>だが、電話をかけ続けると、新橋・五反田エリアの「顔面騎乗位専門店・ロデオマニア」という変わったコンセプトの店で「女のコに了承をもらえれば大丈夫だと思います。結果がわかり次第折り返します」と前向きな反応が返ってきた。
>そして数分後、「大変お待たせいたしました。女のコがOKしてくれたのでデリバリー可能です」との電話が。マジかよ!
>ちなみに、お店でナンバーワンの女のコが来てくれるらしい。料金は交通費込みで9万円!と高額だが、このときばかりは「お願いします」と即答した。
>翌朝10時45分、僕はホテルで女のコを待っていた。高速船が港に到着するのは10時半、そこからホテルまでは徒歩数分なので、もうすぐ会える。と、思っているとドアをノックする音。緊張しながら開けると、僕の前に現れたのは、事前にHPで見た写真そのままのかわいい女のコだった。
>彼女の名は、りの(24歳)ちゃん。笑顔が魅力的な愛嬌(あいきょう)美人である。
>部屋に入るなり彼女が発した言葉は「この状況は何?(笑)」であった。
>僕が週プレの企画だと明かすと、「そうなんだ!」と納得した様子。有名人のお忍びでの風俗遊びや、単なるイタズラなど、スタッフの間ではさまざまな臆測が飛び交っていたそうだ。
>そして、シャワーを浴びた後は、待ちに待ったプレイタイム。
>その後はふたりで食事と観光。そして、あっという間に帰りの船船の時間になってしまった。一緒に船に乗り、本土に到着した後、最寄りの駅まで歩いて、別れた。
>知らない土地で長い時間一緒に過ごしたからか、どうしても寂しさを感じてしまう。『ウル○ン滞○記』の出演者って、こんな気持ちなのだろうか。人間って顔騎された後でもこんな気持ちになれるんだね。
>(取材・文/小林佳)
97767f53.jpg 船に乗ってわざわざやって来てくれた、笑顔がまぶしいりのちゃん http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/2014/10/816a18526bc285490cd8634d13eb7f80_7309d20ef8b526f09bf5c04ceaba41f2.jpg

馬鹿馬鹿しくも素晴らしい。「『都内全域』って謳ってる店は伊豆大島にも来てくれるのか?」って疑問に行き着くのはそれほど難事ではないかもしれないが、でも、考えても普通やらないよ。嬢を呼ぶために9万、プラス自身の滞在費ったら結構な額だ、超高級店でお大尽遊びも出来たろう。それか、普通の風俗店だったら何回行けた?経費で落とせるかも知れないが、一時的とはいえエラい出費だ。でも、それでも遂行する実行力やお笑い能力、エンタメ精神は本当に凄いし、俺には心底羨ましい(←プレイ内容の事を言ってるのではない)。いや本当に感動した。
 「走ってるクルマがみんな品川ナンバー」とかしばしばネタにされるように伊豆大島は確かに東京都で、しかしこれがネタとして成立するのは「東京都だけどやっぱり離島」だからだ。とはいえ、日テレ『秘密のケンミンSHOW』視てると解るけど、食にしろ方言にしろ、文化の境界線は都道府県の境界とはほとんど一致しない。これは自分の土地勘あるところなら誰でも実感出来ると思うが、土地勘なんて大袈裟でなくても一度でも行った場所で印象的な事があれば「ああやっぱりね」ってなるものだ。俺は旅打ちで結構あっちゃこっちゃ行ってるからそういう経験が人より多く、だから比較的読めるけど、それでもやっぱ面白いもんな(´∀`)

ワンダーランド
ワンダーランド

アーティスト:小林桂
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2001-10-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 25, 2011

フジテレビが埼玉を山梨に“引越しさせ”非難殺到 http://news.livedoor.com/article/detail/5964460/
>2011年10月25日11時24分
>今朝、フジテレビでの「とくダネ!」でありえない事態が発生したと話題になっている。
>文部科学省の汚染マップをパネルで紹介した際、なんと埼玉県と山梨県が入れ替わってしまったのだ。この異例の事態にネット掲示板は騒然。

 >「局内で誰か気付よ」
 >「ひどいテロップだ」
 >「またフジテレビ」
 >「お前らだって慶尚北道と忠清北道の差わからんだろ。これは
  しかたないこと」
 >「日本人がいないと理解するには十分な出来事」

>とアンチ韓流派からの批判にますます火に油をそそぐ事結果になってしまった。
166320dc.jpg
『怪しいお米セシウムさん(←これもフジ系列局だ!)』には作り手の明確な意図が有るのに対し、素で間違えてる分だけ問題の根も深い。フジ→富士山→山梨県って流れからしても絶対間違っちゃいかんトコでしょが、日本の象徴でしょが。不適切な交友関係から芸能界を引退した司会者の番組で『おバカ』ブームを作り出した局とはいえ、当の局も真性バカだったんじゃシャレんならんわ('A`)
 方向音痴とは別の、地理に弱い人というのは非常にしばしば見聞きする話で、バブルの頃は「四国4県言ってみ」てのが盛んに使われた。また実際これを正答出来ないのも少なからず居て、ヘタすると47都道府県きちんと答えられるだけで天才扱いされかねない勢いだ。でもこれも、単に位置関係とかこういう地形だからこういうのが名産品となるとか、精々その程度で、地理に強いっつうのとはまた違う。本来は、そこの文化的背景まで踏み込んで学ぶべきもので、でも自分の親類縁者の居住地でないトコまでそうするのは本当の好き者だろう。日テレ『秘密のケンミンSHOW』が高視聴率だっつうのもそれを裏付ける、知らなくて、かつ知りたいんだよな。で、旅打ちやってると、この手の役に立たない知識ばっか豊富になるからネタに困らなくて良いですよ…と一くさり。世のバクチ打ちよ、もっと旅打ちしようず(`・ω・´)!

バカ日本地図―全国のバカが考えた脳内列島MAP
バカ日本地図―全国のバカが考えた脳内列島MAP

著 者:一刀
販売元:技術評論社
発売日:2004-09
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 19, 2011

 録画してた番組をまとめ見、ツボったのはフジ『笑っていいとも』、テレホンショッキングのゲストがピースだった。吉本のゴリ押しと揶揄する声も有るし、綾部は結構なウザキャラだが、去年のキングオブコント2位である様にネタ自体は面白い、俺は好きだ。
 で、二人の出会いだが、吉本の養成所だそうだ。元々別のコンビだったのが、綾部のが解散、又吉のコンビも解散ぽくなり個人的に仲の良かった綾部が又吉の相談に乗ってやってたのだと。結局又吉の相方も辞め、「この後どうする」「京都行って仏門に入ろうかと」「いやお前ちょっと待て」でバツイチ同士コンビ結成となったそうな。とはいえ、組んでネタやるというのは個人的に仲が良いから簡単というものでもない、

 綾部「僕関東でコイツ(又吉)大阪じゃないですか、例えばね、お仏壇って
    関東だったら長谷川じゃないですか、関西だと」
 又吉「♪お仏壇の浜屋〜(音階はミミミソソソ↑ドレド〜)」
 綾部「合わないんですよ何話しても。それに『東京で(活動)やってるんだから
    標準語話してくれ』って言っても『いやそれは出来ない』って。
    だから学校ネタだったら転校して来たとか、親子ネタなら大阪の
    叔母さんトコに預けられてたとか、要らん設定要るんですよ」

なるほどねえ。しかし日テレ『秘密のケンミンSHOW』でも、CMネタはさすがに出来んもんな。あ、お仏壇の長谷川は♪ミミミレレド〜↓ミソソソ〜、ね。
 世は広告不況、しかしそもそもは広告を出す方が苦しいからであって。チバテレの船橋競馬のCMは地味に続いてるが、テレ玉の浦和競馬や伊勢崎オートのCMはめっきり見なくなった。3競オートのローカルCMといえば、別府競輪の男達はまだ健在だろうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 20, 2009

山形、富山、青森…各地で視聴率30%超 日テレ『秘密のケンミンSHOW』 http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2009112002000063.html
>2009年11月20日 朝刊
>特定の地域の人しか知らない習慣、食べ物などを全国に紹介する日本テレビの「秘密のケンミンSHOW」(木曜午後9時)。関東地区でも16〜18%台の日がある高視聴率番組だが、地方での人気ぶりはこんなものではない。
>山形放送では今年九月十日の放送が34・1%を記録。これは山形での今年度上半期の民放番組のトップで、NHKを含めても「天地人」に次ぐ二位の快挙。この回は「ヒミツのごちそう」コーナーに、山形の「餡(あん)かけソーメン」が取り上げられた。
>富山の北日本放送では、番組内の人気コーナー「連続転勤ドラマ 辞令は突然に…」が富山編だった五月七日に33・0%を記録。青森放送でも「辞令は〜」が青森編だった今年五月十四日が34・3%。青森にはフジ系列がなくチャンネル数が少ないという事情はあるが、30%超えが何度もあり、九月十日は37・5%に達した。
>くまもと県民テレビでは、東京在住の県民が喜ぶ情報を紹介するコーナー「東京ケンミンニュース」で熊本が取り上げられた昨年十一月十三日に30・9%を記録。「辞令は〜」が熊本編だった今年四月二十三日も28・9%の高視聴率だった。
>山形放送の担当者は「山形の県民性として郷土愛が強いのでは。それに、日本海側と内陸では文化が異なり、県民同士でも再発見がある」といい、「三世代、四世代の同居率が全国トップクラスで、家族そろってテレビを見る習慣が残っていることも、人気が高い理由」と分析する。
>実は、番組スタート当初、別の部署にいた中島プロデューサーは「ネタが続かないのでは」と心配していたという。ところが、尽きるどころか次々と強烈なネタが出てくる。テレビに触発された一般人からの「こんなのもあるよ」というネタの提供が増え、特にオンエア後は投稿が集中するそうだ。
>「この番組で、知られることなく埋もれたかもしれない文化が、全国に広がるかもしれない。大層なことを言うようですが、世界遺産番組と同じ気持ちで作っています」

地方文化考える時、都道府県って括くりは雑過ぎて使えない。でも、それを逆説的にでも証明したという点でもこの番組の貢献度は高いよな( ´-`)y-~~~
 俺の人生初愛知は旅打ちの豊橋競輪で、
96fe4804.JPG
87a8d43d.JPG
当時、予備知識が何もないから愛知県=名古屋、みゃあみゃあ言葉にエビフリャー、喫茶店のモーニングがアホみたいにオマケ付きで…ってのをイメージしてて、それが全然違ってて驚いた。モーニングは普通だし、てか、せっかくだからと競輪の前に隣町は豊川稲荷行ったら、
9781a99c.jpg
2d3dc9d7.JPG
駅からの道すがら、町内会の掲示板に「よく見りん!」こりん星か!…ってこれ何で写真撮って来んかったかなあorz とにかく、今でこそ愛知県って括くりだけど、昔は尾張と三河で別の国だったと。後で調べたら、鰻の境界線も豊橋だったのね(関東式・関西式のどちらの鰻の店もある)。
 まあ、そういう事解るのも旅打ちのおかげだ。世界レヴェルでは目にも見えんような日本も、人間目線だと充分にデカい。福山競馬場では尾道(=福山の隣町)ラーメン食ったが、広島ラーメンっていうのもはまた別なんだそうな。広島県も、安芸と備後は別の国と。体感するためにも一度広島競輪行ってみたいんだけどねえ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック