滝澤正光

July 07, 2021

結婚式もライブ配信で投げ銭時代到来か | パチンコ日報 https://pachinko-nippo.com/?p=37431
>2021-07-05 04:47:38
>テーマ:営業1号
>コロナ禍で厳しい状況に立たされているのがブライダル業界だ。感染防止のために結婚式・披露宴を中止したり延期したカップルは、2020年度は24万組に及んでいることが日本ブライダル文化振興協会の調べで分かった。
>2020年度のブライダル業界は、8500億円の経済損失が発生している。
>コロナ禍でも挙式を行うとなれば、招待客を減らして密にならないようにするため、小規模な披露宴となってしまう。これでは結婚式場としても売り上げが上がらない。
>そこである結婚式場が考えているのがオンライン結婚式だ。結婚式・披露宴をオンラインで配信する。招待したくても高齢で出席できないおじいちゃん、おばあちゃんも晴れの姿を見てもらうことができる。
>オンライン配信の狙いはそれだけではない。
>結婚式の模様を世界中に配信して、“投げ銭”システムを取り入れて、視聴者からオンライン送金してもらう。
>結婚式場が考えているのは面白い結婚式だ。内容が面白ければ投げ銭してくれる視聴者も出てくる。これがカップルのご祝儀となる。
>「芸能界で大物カップルといえば、有吉弘行と夏目三久の結婚です。彼らは結婚式は行わないようですが、ライブ配信したらとてつもない数の人が見るし、投げ銭も相当な金額になることが予想されます」(ブライダル業界事情通)
>芸能人のカップルからライブ中継投げ銭結婚式が始まるかも知れない。

加藤茶の、前の奥さんとの結婚披露宴はTBS【加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ】で中継されたが、何とタブー(←持ちギャグ「ちょっとだけよ」のBGMだ!)に乗せての登場という下世話な趣向だった。今の時代にこれ配信してたら相当な額の投げ銭が飛び交った事だろう。お笑い芸人とかミュージシャンだったら結構簡単にマネタイズ出来そうな…って彼らだったら結婚披露宴でなくても成立するか。
16
それはともかく、オンライン披露宴自体はアリだろう。地方出身者と東京の人間が結婚する運びとなったが式をどっちの地元でやるかでお互いの親が喧嘩となり、中間地点でやる事で一応解決となったのだが、実際に日本地図に直線引いたら槍ヶ岳の山頂になってしまい…という中崎タツヤの漫画を覚えている。二点間の中央である必要は全くないが ━━ 中間地点に、二点を結ぶ直線と直交する線を引けばその線上どこでも二点から等距離となる ━━ それはギャグ漫画だからそうしただけだ。でも槍ヶ岳は論外としても東京出て来るだけでナンボするか、その上まだナンボか包むのか…って人は少なくないだろう。リモート会議の延長でオンライン披露宴なら万事解決だ。二次会コンパで「私達も幸せになりましょう」みたいな人は不満だろうけども。
 ところで、中崎タツヤといえば競輪だ。競馬の話はほぼ(全く?)ないのに対し競輪場の描写や滝澤正光の名前、住んでたのであろう平塚や西湘といった地名が頻出する。漫画家引退後の消息は判らないが、せめて長生きしてもらいたいもんだ(´-`).。oO
Online
Farmer, Art / Raiff, Guy
Pavane
1992-04-01



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 07, 2016

紅白出場の声優・新田恵海「AV疑惑報道」の背景 http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/526748/
>2016年04月05日 16時00分
9445c459abb6e2ab655a1b69128852cb1新田恵海 http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2016/04/9445c459abb6e2ab655a1b69128852cb1.jpg
>昨年のNHK紅白歌合戦に出場した声優アイドルユニットの中心メンバーにAV出演疑惑が報じられた。5日発売の「アサヒ芸能」が、人気アニメ「ラブライブ!」の声優9人で結成されたμ’s(ミューズ)のセンター・新田恵海(30)が、大学生時代にオムニバスの素人AV作品に出演したというもの。
>これが真実だとすれば声優、アニメ業界、ファンが騒然となるのは必至だ。なにしろ、新田がセンターを務めるμ’sは昨年の紅白歌合戦に出場したことでも分かる通り、いまや声優アイドルとしてはトップに君臨するほどの人気だからだ。
>「紅白を経て、3月31日、4月1日に東京ドームでは計10万人のファイナルライブをもって、9人でのライブ活動を実質的に終了させたばかり。それぞれ声優、歌手などとしてソロ活動に戻って新たなスタート切ったところ」(関係者)
>μ’sメンバーとしての活動を実質的に終えた新田は、ファーストソロライブアルバムの発売を5月に控え、ライブ日程も入っているほか、NHKEテレの新番組「テストの花道 ニューベンゼミ」のナレーターとして4日の放送からレギュラー出演しているだけに、AV騒動が本当ならば各方面への影響は計り知れない。
>新田の所属事務所の担当者は4日、本紙にこう語った。
>「そうした(AV出演の)事実はありません。実は、ファンの間でかなり前から『(新田に)よく似た素人AVの人がいる』と話題になり、2ちゃんねるでも話題になっていました。新田本人は『またこれ?』と笑っているほど。ただ、ここまで断定的に書かれて、こちらが何も言わないと認めたことになりますので、今回は事務所としてもホームページなどで正式な見解を出し、雑誌にもなんらかの方法で対応することを検討しています」

俺にとっちゃどっちゃでもエエのだが、シリアスなファンが大層ショックを受けているのはもっともだ(本人や事務所は否定しているが、ヲタ鑑定によると限りなく同一人物であるそうな)。で、記事にもあった、東京ドーム超満員のコンサートの余韻覚めやらぬタイミングで記事化された事に怒ってる人も少なくないようだ。

 >ファーストソロライブアルバムの発売を5月に控え、ライブ日程も
  入っているほか、NHKEテレの新番組「テストの花道 ニューベンゼミ」の
  ナレーターとして4日の放送からレギュラー出演している

だしね。でもそれ、全くの逆で、

 >かなり前から『(新田に)よく似た素人AVの人がいる』と
  話題になり、2ちゃんねるでも話題になっていました』

であるならば、アサ芸はやろうと思えばもっと早くに記事にできた。そして雑誌の売上的に最高のタイミングは記事化の1週前、ドームコン直前に出す事だし、やろうと思えば出来た。大箱中の大箱にしてステータスなドームを明後日に控えてのこの記事だったら、ファンの激震っ振りはこんなもんじゃ済まなかったろう。じゃあなぜそうしなかったか?というと、それでショック受けたファン回避でコンサートガラ空きグッズ大売れ残り…なんてなって損害賠償請求されたら面倒だから、あと逆に、アサ芸本来の読者層からすると声優誰それ?てなもんだから、ドームコン成功させたっていう「箔」がないと記事にし辛いから泳がせとこう…ってのもあるだろう。
 せっかくスクープを掴んでも、それを商業的成功=売上増につなげられなかったら何の意味もない。だから他のメディアの動向に目配りし、他に話題性のあるネタが盛り上がってるうちは「今やっても埋もれちゃう」とペンディングしたりする、最高のタイミングを測ってるのだ。それでなくても今年はSMAPだベッキーだと多いし。
 これは3競オートももちろんそうで、井上茂徳や吉岡稔真、滝澤正光の引退報道は寝耳に水の、かつラストラン直前の、ファンなら来なさい目に焼き付けなさいっていう最高のタイミングで記事化した(←「最高」というのは記事の反響やファンに来場を促したという点で、であるがゆえに車券推理に雑念を生じさせたという弊害ももちろんあった)。あとは…ないか。そもそもスポーツ紙も1面にしないと、外野に届かないもんな('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 10, 2014

【甘口辛口】早明は“自分たちは特別”のおごりがあった、といわれても仕方ない http://www.sanspo.com/etc/news/20140910/amk14091005000001-n1.html
>2014.9.10 05:00
>「東京ドーム断念」のニュースに、ホッとしたラグビーファンも多かったのではないか。関東大学対抗戦で唯一会場が未定だった早明戦(12月7日)は結局、秩父宮での開催が決まった。国立競技場が建て替えで使用できず、春に早明両校から東京ドームでの開催希望が出て調整してきたが、主管する関東協会が断念したのだ。
>最後の国立開催で両校が学生に呼びかけた昨年は、約4万7000人の観客が集まった。2万4000人の秩父宮より、4万人以上を収容できるドームなら昨年の流れをつなげると両校の思惑は一致したという。しかし、事は思ったほど簡単ではなかった。
>ラグビー関係者によるとゴールポスト設置には一時的にグラウンドに穴をあけるため、使用するプロ野球全球団の同意が必要だったという。ゴールポストを立てるのはアメリカンフットボールも同じだが、年間5試合以上の使用頻度があるのでその必要はないという。スタンドの構造上、客席の値段設定が難しく採算が合わないことも断念の理由だったそうだ。
>1987年の「雪の早明戦」に象徴されるように天候、風向き、太陽の位置など自然現象がラグビーに欠かせない舞台装置になる。寒さや雨の心配はないが、温々としたドームでのラグビーがどれほどファンの胸に響くだろう。はじめに観客動員ありき…。早明両校には「自分たちは特別」のおごりがあった、といわれても仕方ない。
>今夏、菅平の練習試合では大学選手権6連覇を狙う帝京大に早大は12−49、明大は12−28で完敗した。ドーム云々の前にまずは“打倒帝京”が先決だろう。伝統校の威厳を見せた上で、改めてドーム進出を目指してもらいたい。(今村忠)
>(紙面から)

ドームラグビー実現のアカツキには大きな話題となったろうとは思う。今回は東京ドームの構造的な問題で実現しなかったが、興行面では確かに良いアイディアだし、観戦環境としてもドームの方が快適に決まってる。もっとも、それが全てに優先する訳では決してない。普通に旅行したより、道に迷ったとか電車乗り越したとかのアクシデントが有った時の方が後々思い出深い…っつうのを具現化したTV番組が『水曜どうでしょう』だが、スポーツの試合だって、悪条件が加わる事ですその場がかえって印象深いものになり記憶深く刻まれたり、ゲームそのものの行方に影響したりする事は有る。

 >1987年の「雪の早明戦」に象徴されるように天候、風向き、
  太陽の位置など自然現象がラグビーに欠かせない舞台装置になる

バッドコンディションだから試合がドラマチックになると決まった訳ではないが、それでも基本、スポーツとは外でやるものだ。もともとインドア競技であるバスケットボールも、ゴールを設置してある校庭や公園は珍しいものではない。バレーボールも、「これ外でやっても面白いんじゃね?」つって(多少の相違点は有るが)ビーチバレーが生まれた。「テニス→卓球は逆だろ?」って声も上がりそうだが、そのテニスも、元はインドア競技のアウトドア化から生まれたものだ。
ジュ・ド・ポーム - Wikipedia
話モトイ。多雨地であるなどの興行上の理由とか、屋内化の理屈は解るけど、でもやっぱり外ならでは、の魅力やドラマ性も捨て難い。
 3競オートももちろんそうで、滝澤正光のグランドスラムが掛かった88年の競輪祭は、決勝の発走直前から豪雨に雷、勝負どころでは雨が雹に変わるという悪条件、それも影響したか滝澤は番手から山口健治に差され、グランドスラムは2年間お預けとなった。もし当時、今の北九州メディアドームだったら、滝澤グランドスラム一発ツモだったかもしれんのだ。
 アサデンコウの日本ダービーは、レース直前に雷雨となったため「電光が味方した」と語られた。こういう風に、後世に伝わる時に物語性が乗っ掛って来るのだからして( ´-`)y-~~~

ストーミー・ウェザー
ストーミー・ウェザー

アーティスト:リナ・ホーン
販売元:BMG JAPAN
発売日:2007-09-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 08, 2014

川崎競輪場でビートたけしが車券購入 http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2014/06/08/0007034239.shtml
>2014年6月8日
7f545b84.jpg 番組収録のため川崎競輪場を訪れたビートたけし(左)と滝沢正光日本競輪学校校長 http://i.daily.jp/horse/2014/06/08/Images/07034240.jpg
>タレントで映画監督のビートたけし(67)が8日、バラエティ番組「たけしの等々力ベース」(BSフジ・毎週木曜日23・00〜24・00)の収録のため、「G3・花月園メモリアルin川崎」を開催している川崎競輪場を訪れた。
>番組の内容は少年のころ欲しかったあんなもの、少年のころやりたかったあんなことをかなえようと「○○に挑戦!」と題して毎回その世界にこだわりを持つゲストを迎え、教えを請いながら、たけしがその道の魅力に浸り、その道を楽しむもの。
>今回のゲストは日本競輪学校の滝沢正光校長(54)。かつてたけしが総合司会を務めた「スーパージョッキー」によく出演した滝沢校長は、番組内で花嫁を募集したところ、ミス日本静岡代表を射止めた経歴があり、その結婚式にたけしが出席した間柄だ。
>「つきあいは古いけど、今回久しぶりに会った。でも相変わらずぼくとつないい人」とたけしの校長評。しかし、肝心な車券購入の件となると「全部ハズれた。3連単ばかり買って、2人は入るんだけど…」と苦笑いしきり。
>それでも「競輪は面白い。残り2周あたりから最後の4コーナー、ゴールまで、迫力がある」と廃止になった後楽園競輪場、花月園競輪場以来の車券購入に、満足そうな表情を浮かべながら川崎競輪場を後にした。
>この番組は8月に放送の予定。

たけしと競輪という事では、監督映画『菊次郎の夏』の舞台の一つとして今は亡き花月園が出て来る。

 菊次郎の夏 [DVD]
 
菊次郎の夏 [DVD]

 出演:ビートたけし
 販売元:バンダイビジュアル
 発売日:2007-10-26

しみじみとした佳作だったが、それで花月園メモリアルに収録日程をわざわざ合わせたのかな。
 花月園競輪廃場後も、残債軽減のために特例で5回だけ開催を認められた(@川崎&小田原)花月園メモリアルだが、それも今回限り。もう5年も経ったのかっつう驚きと、たけし何とか最後に間に合ってくれて良かったなっつうのと。いろいろと、感慨深い( ´-`)y-~~~

ラスト・サマー ページ3
ラスト・サマー ページ 3

アーティスト:ジョージ大塚トリオ
販売元:日本コロムビア
発売日:2012-06-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック