流行語大賞

December 05, 2016

2016年の選考結果|三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2016」 http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/topic/shingo2016/2016Best10.html
>その年の新語や流行語を順位づけする試みは、ほかにも複数あります。その中で、私たちのイベントの特徴と言えるのは、なんと言っても「今後定着しそうなことば」を選んでいる点です。
>一過性のことばのランキングにも意義があるのは否定しません。後で振り返ったとき、それらのキーワードによって、当時の空気がありありとよみがえるからです。でも、私たちの狙いは別の所にあります。
>昔はなかったことばや、ほとんど使われなかったことばが、いつの間にか広まって、日常語として当たり前に使われるようになる。「ことばの定着」という、この興味深い現象に光を当てたいと考えるのです。
>「そう言えば、このことば、自分も今年あたりから特によく使うようになったな」
>今回選ばれた10語の中に、あなたがそう感じることばは、はたして入っているでしょうか。以下、詳しく見ていくことにしましょう。

オッサンばっかの会社だから6位の「スカーチョ」はマジで初耳だし、逆に8位の「食レポ」9位「エゴサ」は今年じゃなくずっと前からあった言葉だろ…と思うが、それでも先に発表されてかなりの反感を買ったユーキャンの新語・流行語大賞に比べれば納得は行く。まあ、人が審査するというシステムを採用してる以上、恣意的な結果になってもそれ自体は非難されるべきではない。セレクトのセンスの良し悪しはともかく。単に人々が口にしたってだけならグーグルやヤフー、ツイッターなどの検索数といった指標があるが、ではその結果が誰にでも納得の行くものかというと、やはりそうではあるまい。コンピュータ万能!とは残念ながら言えない。
 競馬新聞やスポーツ紙の競馬面にはコンピ指数とかCPU値とか能力IDとか、載ってる会社がある一方で載せてないものもある…って事は競馬ファンの大半は特段重視し活用してる訳ではないという事だ。スピード指数とかタイム値とか言われるものは数値化するに際し人の手が大きく介入する、純粋なコンピュータ能力とは言えない。JRAを初めとする競馬会の発表するレーティングや、週刊競馬ブック誌上で発表されるフリーハンデは読めばなるほど納得させられるが、これらも担当者による合議制で、やはりコンピュータとは関係ない。
 AlphaGoだけ見てもコンピュータが人間を越えるデータ処理能力を持っているのは明らかだが、それは膨大なデータ量の勝負になった時であって、例えば馬券脱税裁判の人は確かに大幅なプラスを計上したが、プログラミングして大量のレース数をポートフォリオ組むような買い方だ、特定の狙いレースをバシッと決め打ちするにはまだまだのようだ。…ことギャンブルに限れば、ビッグデータってまだまだ発展途上って事なのかねえ('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 11, 2016

堂本剛が「タモリ倶楽部」に、みうらじゅんの“ナイブーム”検証 - 音楽ナタリー http://natalie.mu/music/news/190285
>2016年6月9日 18:27
>明日6月10日(金)と17日(金)深夜にテレビ朝日系で放送される「タモリ倶楽部」に、堂本剛が出演する。
news_large_L_DSC_5780左よりみうらじゅん、タモリ。 (c)テレビ朝日 http://natalie.mu/media/1606/0609/extra/news_xlarge_L_DSC_5780.jpg
>この回のテーマは「マイブームの生みの親 みうらじゅんのナイブームを振り返ろう」。「マイブーム」の生みの親であるみうらじゅんが世に送り出した「ゆるキャラ」などのブームの影で、まったく流行ることなく埋もれてしまったネタの数々をみうら本人のプレゼンで振り返る。

ハズレを探す方が難しい「タモリ倶楽部」とはいえ、これは大当たりだった。流行語大賞のトップ10にも選ばれた「マイブーム」を提唱したみうらじゅんが、しかし「今これが気になる」と世間一般に発信したのに全くの空振りに終わってしまった、本当にみうらじゅんだけのマイブームとして黙殺されてしまったものを再評価しようという企画。晩秋になると、関西の鉄道駅にある旅行代理店の店頭が一斉に真っ赤に染まる「カニパン(=カニツアーのパンフレット収集)」であるとか、駅売店や文房具店で売られてる紙袋になぜか書かれている英文の存在意義を問う「バッグオブエイジーズ」とかは良いとして、本当に笑ったのは「シンス」。ブティックや飲食店などの創業年を「since○○」って看板に書いてあるのに着目したものだが、

 タモリ「これ例えば、日本語で書くと『創業嘉永七年』とかいう事でしょう。
     それだけ老舗で古くからやってますという割には、どっかの
     イタリア料理店に行くと『since2015』とか、『お前2、3年しか
     やってないだろ!?』と」

まことにごもっとも、「ウチはこんなに長い事この商売やらせてもらってます」って歴史を誇る性格のものなのに、たかだか数年で「since」ってよく臆面もなく書いたな、と。それで一同みうらの撮り貯めた写真を見て行くと「since2016」が出現。「今年だろ!」と総ツッコミ大爆笑。いや本当みうらじゅんの目の付け所の鋭さよ。
 さて、バクチ打ちたる者、「since」と来れば競輪オートの「開設記念」に辿り着く。みんな結構な長さを誇る、一番新しい伊勢崎だって去年のが39周年だったから
伊勢崎オートニュース詳細|伊勢崎オートレース
今年で40年、since1976だ。とはいえ最初の2、3年の頃は「開設記念」つっても他場と歴史が段違い、関係者もちょっと据わりの悪い感じだったろうなあ。だからだろうか中央競馬の新設重賞は「賞」「杯」「カップ」「ステークス」ばかり、「記念」は意図的に避けられてるかのよう。地方競馬だと「ラブミーチャン記念」を筆頭に、結構あるんだけども(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 02, 2015

「2015年 Google検索による流行語ランキング」の大賞は「マイナンバー」。流行語大賞より「こっちの方が納得」と話題に - ネタとぴ https://netatopi.jp/article/1001294.html
>[2015/12/1 22:37]
>Googleは12月1日(火)、「2015年 Google検索による流行語ランキング」を発表。大賞は「マイナンバー」となりました。2015年1月1日から11月30日までの検索ワードをもとに集計したもので、10位までのランキングは以下の通り。

 >大賞:マイナンバー
 >2位:ラッスンゴレライ
 >3位:エンブレム
 >4位:ドローン
 >5位:北陸新幹線
 >6位:あったかいんだから
 >7位:大阪都構想
 >8位:火花
 >9位:おにぎらず
 >10位:モラハラ

>ネットでは、先日発表された、毎年恒例の「現代用語の基礎知識」選の「2015 ユーキャン新語・流行語大賞」よりも、Googleの結果の方が「納得」「しっくりくる」と話題に。
>ちなみに、「2015 ユーキャン新語・流行語大賞」は以下の通りです。選考委員は、姜尚中さん(東京大学名誉教授)、俵万智さん(歌人)、鳥越俊太郎さん(ジャーナリスト)、室井滋さん(女優・エッセイスト)、やくみつるさん(漫画家)、箭内道彦さん(クリエイティブ・ディレクター)、清水均さん(『現代用語の基礎知識』編集長)の7人。

 >年間大賞:爆買い
 >年間大賞:トリプルスリー
 >トップテン:アベ政治を許さない
 >トップテン:安心して下さい、穿いてますよ。
 >トップテン:一億総活躍社会
 >トップテン:エンブレム
 >トップテン:五郎丸(ポーズ)
 >トップテン:SEALDs
 >トップテン:ドローン
 >トップテン:まいにち、修造!

>2つのランキング、どちらにも登場するのは「エンブレム」「ドローン」の2つだけです。
>並べてみると、Googleの流行語トップ10は、確かにどれも日常の会話でよく出てきたり、ネットで検索した覚えがありますが、現代用語の基礎知識の方は、「そんなに流行ったかなあ? というかこれって流行語、なの?」という印象の言葉も。年間を通じてニュースで盛んに報道された「マイナンバー」がないのも不思議です。
>選考委員が全員50歳以上の中高齢者ばかりということもあり、ふだん目にする情報などが、平均的なネット民とはギャップがあるのかもしれません。
>[工藤ひろえ]


なるほど選考委員の年齢ってのはあるかもな。去年、あれだけ流行った「ありのままに」「レリゴー」が選ばれなかった(最初の50案にはノミネートされてた)のは選考委員が誰一人観てなかったから…って噂の真偽は知る由もないが、でもそれで一挙に化けの皮が剥がれた感がしたし、「そもそも一出版社が勝手に発表してるだけで、芥川賞みたく権威あるもんじゃないし」ってみんな気付いちゃった…ってのもある。今年の選考にネットでは「政治色が強過ぎる」ってな批判が強いが、単純にこれが正解なのかもな。
 …と鼻白みつつ、こういう人達ですら認めるものこそが「本物」だ、という物言いも出来る。それぐらい「外野」に届かないと社会現象とは認められない訳で、いかにハードルが高いかって事なのだが、3競オートがそうなるっていったらそれこそ3歳時の有馬記念を獲りこぼさなかったディープインパクトが凱旋門賞までブッコ抜いちゃった、ぐらいでないと…いや、それですら正直怪しいもんだ。競輪選手がオリンピックで金メダル獲っても、その後TVでキャラが認められ引っ張りだこぐらいでないと正直厳しいだ。対世間にインパクトを与えるには正攻法の方がむしろ効率が悪い訳で、それが公報戦略という事になるのだが、広告代理店に予算出すから後はお任せ…じゃなくて、「中の人」がしっかりジャッジ出来るスキルがないといかん訳で。そんな人材はそうそういないよなあ( ´-`)y-~~~

レット・イット・ゴー
レット・イット・ゴー

アーティスト:スタンリー・タレンタイン
販売元:ユニバーサル
発売日:2015-05-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 03, 2013

流行語大賞に史上最多4つ お笑いなし http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/12/02/0006541375.shtml
>2013年12月2日
f2ceb611.jpg
『お・も・て・な・し』のジェスチャーを披露する滝川クリステル=東京會舘(撮影・園田高夫) http://i.daily.co.jp/gossip/2013/12/02/Images/06541616.jpg
>「2013ユーキャン新語・流行語大賞」が2日、都内で発表され、年間大賞には「じぇじぇじぇ」「倍返し」「お・も・て・な・し」「今でしょ!」の4つが輝いた。大賞に4つが選出されたのは史上最多。

 >【トップテン】(※五十音順)
 >アベノミクス
 >今でしょ!
 >お・も・て・な・し
 >ご当地キャラ
 >じぇじぇじぇ
 >特定秘密保護法
 >倍返し
 >PM2・5
 >ブラック企業
 >ヘイトスピーチ


まあどれ落としても反発されたろうし4頭同着、じゃなかった4語同時受賞でも良いか。いかにも日本的な落としドコロだ…とひねくれて見る事もなかろうて、今年は豊作の年だったのは確かだし。で、これを受けてウチの社では「オグリ(キャップ)の毎日王冠かよ」っつう笑い話になったのだが、実際笑えたのは揃いも揃ってオッサン会社だからだorz
 今の若い人には想像も付かないだろうが、昭和の時代は三連単どころか馬連すらなくて、だから単勝・複勝・枠連の3つしか賭式がなかったのだが、例えば単勝百円台の一本被りの馬と単勝万馬券の人気薄が同枠になったとする。で、その人気馬から枠連を買って、然る後に同馬が発走除外になった時、同枠に(たとえどんなに人気薄だったとしても)まだ馬が居るためゾロ目以外は買い戻し対象とはならず(3頭以上同枠の際はそれすら受けられない)、だから「俺こんな脈のない馬買った覚えないぞ!」と泣こうが喚こうが何の救済措置も受けられない。これはさすがにアンマリではないか?っつう訳で「明らかに人気化が見込める馬は最初から他馬と同居させないようにしましょう」という単枠指定制度なるものが生まれた。「主催者による予想行為ではないのか」という批判もあったが、他競技では普通に行われてるし、その他競技より報道量が桁違いに多い中央競馬だったら日曜重賞の人気度は週中には容易に想像出来る。で、単勝支持率が30%を超えると思われる馬を単枠指定する。
 それで89年の毎日王冠だが、イナリワン・オグリキャップ・サッカーボーイ・メジロアルダンの実質4頭立てと言われるほど他馬とは力量差があり、かつその4頭に甲乙付け難い卍巴戦、競馬マスコミの論調もキレイに割れた。4頭全て単枠指定すれば良いのだが、30%ルールからすると3頭単枠指定は出来ても(実例は既に複数回あった)4頭指定は自己矛盾する、どうするJRA?という意地の悪い記事まで出る始末。
 これに対するJRAの出した答は「オグリ1頭だけを単枠指定する」というもの、言われてみればコロンブスの卵っつうかまことにごもっとも。しかしその後サッカーボーイが脚部不安で回避→じゃあ最初から3頭単枠指定しときゃ良かった…ではなく、そもそもレースが8頭立てとなってしまったため単枠指定そのものが全く意味なしという(9頭立て以上で初めて意味を為す制度だから当然だが)、何とも膝カックンな結果を迎えたのだった。レース自体は今なお語られる事も多い伝説的名勝負となったのだが、俺はどうしても週中のドタバタを思い出してしまいちょっと笑ってしまう…のは、当の俺自身も底意地が悪いからだ( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 10, 2011

『新語・流行語大賞』候補60語発表 大賞候補に「マルモリ」「なでしこ」 http://life.oricon.co.jp/2003600/full/
>2011年11月10日 14時28分
■候補60語 一覧はこちら http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20111110/82796_201111100131987001320904336c.gif
513dfd15.gif
>その年話題となった新語・流行語を決定する『現代用語の基礎知識選 2011 ユーキャン新語・流行語大賞』の候補60語が10日、同賞事務局より発表された。2011年FIFA女子W杯で初優勝し、日本中に興奮と感動を与えた女子サッカー日本代表の愛称「なでしこジャパン」や、ドラマやCM、バラエティで大活躍した子役・芦田愛菜と鈴木福が愛らしく踊り老若男女を魅了した「マルマル、モリモリ」などが大賞候補に選ばれている。
>今年は東日本大震災が起こったこともあり、「瓦礫」「がんばろう日本」「3.11」「帰宅難民」など震災関連の言葉や「脱原発」「シーベルト」「フクシマ50」「ホットスポット」「メルトダウン」など、原発事故に関連した単語が多くノミネート。また、震災直後に繰り返し放送され視聴者の目と耳に焼きついたACジャパンのCMからは「こだまでしょうか」「ぽぽぽぽーん」の2語が入った。
>そのほか、全国各地にランドセルの贈り物が届き人々の心を和ませた「タイガーマスク」、マツコ・デラックスやミッツ・マングローブなど、バラエティ番組に強烈なエッセンスを注いでいる「おねえキャラ」、芸人・楽しんごの持ちネタ「ラブ注入」なども大賞候補に挙がっている。
>同賞は1年の間に軽妙に世相を表現している“言葉”、広く大衆の目や口、耳を賑わせた“言葉”の中から60のノミネート語を選出。大賞とTOP10は12月1日に発表される。

もうそんな季節か。まあ今年はとにかく東日本大震災の与えた影響がデカ過ぎる、3競オート重大ニュースもヘッタクレもないわな。や、ドバイワールドカップで日本馬ワンツーとか、各競技でそれぞれに色んな事が有ったけど、今日本のアチコチでレースをやっててそれを観れて買えて…っていうのはちっとも当然な事ではなくて、平和な世の中が有って初めて実現出来るんであって。その事が身に染みて解った。そして俺らが物を売ったり買ったり食ったり飲んだりするのは立派な経済活動の一環であり、もちろん車券馬券舟券を買う行為もそれに含まれる、後ろめたさを感じる必要など微塵もない。そう解ってはいたけど、改めて体感出来た。一生思い出したくない事と一生忘れてはいけない事が提示された、そんな2011年だった…ってまだ終わってないんだよな。総括するにゃ早過ぎるか( ´-`)y-~~~

ア・デイ・イン・ザ・ライフ
ア・デイ・イン・ザ・ライフ

アーティスト:ウェス・モンゴメリー
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2005-09-14
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック