永井清史

August 08, 2012

自転車3000万円から柔道ゼロまで 格差がありすぎるメダル報奨金 http://www.j-cast.com/2012/08/08142300.html?p=all
>2012/8/ 8 19:51
>ロンドン五輪で日本選手のメダルラッシュが続き、選手らに支給される報奨金の格差が話題になっている。
>「ビッグパフェを食べたい」。柔道女子57キロ級で日本選手初の金メダルを獲得した松本薫選手(24)は、報奨金の使い道を聞かれ、こう繰り返した。
>これは、JOC(日本オリンピック委員会)から金メダリストに支給される300万円のことだ。銀・銅メダルなら、それぞれ200、100万円が支給される。
>ところが、競技団体の全日本柔道連盟からは、どの色のメダルを獲っても報奨金の支給はなしと決まっている。報道によると、日本選手がメダルを獲るのは当然という理由からだそうだ。
>松本選手は、報奨金総額の少なさに皮肉を言ったのではなさそう。だが、ネット上では、「柔道かわいそす」「プレッシャーばっかりでモチベーション上がらんわ」などと、ほかの競技に比べてどうなのかと疑問も出ている。
>というのは、自転車競技は競輪選手会から金メダルなら3000万円、などと高い報奨金が出るところがあるからだ。
>金メダルの報奨金をみると、陸上、バドミントン、卓球が、競技団体からそれぞれ1000万円と比較的高い。
>脚光を浴びるサッカーは、日本サッカー協会からの報奨金が、金150万円、銀100万円、銅50万円に留まる。しかし、金を目指す「なでしこジャパン」について見ると、試合ごとの勝利給が1人10万円から30万円にアップされており、報奨金もW杯優勝時と同じく、金なら1人500万円に積み増すとも報じられている。とすると、JOCの分も合わせて、なでしこ選手は、念願の金を獲得できれば、1人1000万円超ももらう計算になる。
>レスリングも、女子の吉田沙保里、伊調馨両選手が3連覇を達成すれば、300万円から1000万円に報奨金が増額されるとも報じられている。
>スポンサーからの報奨金が弾むケースもあるようだ。
>競泳では、日本代表公式パートナーのGMOクリック証券が、金メダルなら3000万円を支払うと発表して話題になった。銀・銅メダルならそれぞれ、300、100万円にまで下がる。もし、北島康介選手が2種目で3連覇していれば、JOCの分と日本水泳連盟の報奨金200万円も合わせて、7000万円もの大金を手にしていたわけだ。
>柔道と同じように、報奨金が低いとされるのが体操だ。
>日本体操協会では、額は公表していないとしているが、スポーツ紙によると、金50万円、銀30万円、銅20万円が支給される。これは、世界選手権と同額だ。そうだとすれば、お家芸とされている事情があるのかもしれない。
>体操男子の内村航平選手(23)は、個人総合で28年ぶり金の快挙を達成しただけに、ネット上では、「うわっ…体操の報奨金低すぎ…」「50万って夢がないなw」との声が上がっている。
>ただ、所属のコナミが特別ボーナス支給を検討していると報じられている。また、トヨタ自動車などのCM出演からの収入もあり、実際には、50万円を大きく上回る収入がありそうだ。

こういう記事で厄介なのは●JOC●各競技団体(全柔連やJKA)●選手が所属してる会社や個人スポンサー、から出る報奨金を一緒くたに扱ってる点だ。

北島、2冠で6000万円!超ニンジン作戦で金量産だ http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/04/10/kiji/K20120410003014690.html
>日本水泳連盟は9日、競泳のロンドン五輪代表選手27人を発表。オフィシャルパートナーのGMOクリック証券から金メダル1個獲得につき、選手に3000万円(リレーの場合は4分割)の協賛社賞が贈られることが決まった。銀メダルなら300万円、銅メダルなら100万円の大盤振る舞いで、男子平泳ぎで3大会連続2冠を狙う北島康介(29=日本コカ・コーラ)はメドレーリレーと合わせて最大6750万円のボーナスを手に入れることが可能。競泳ニッポンは超高額の“ニンジン作戦”で金メダル量産を狙う。
>景気の悪いこのご時世で、超太っ腹のビッグボーナスだ。業績好調のGMOクリック証券は昨年の世界選手権でも金メダリストに300万円の強化費支給を約束したが、五輪では一気に10倍の3000万円に増額した。過去にも個人のスポンサー企業が数千万円のボーナスを出したり、自転車競技でプロの競輪選手の給与補償の意味を含めて高額のボーナスが出たケースはある。だが、特殊な事情のある自転車以外で、全選手を対象にこれだけ高額のボーナスが用意されるのは、日本オリンピック委員会(JOC)関係者も「過去に聞いたことがない」という。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 10, 2011

 休養理由を色々取り沙汰されてたアンタッチャブル柴田、ようやく復帰の報。
アンタ柴田11カ月ぶり復帰 美女と格闘 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110109-722388.html
>昨年2月1日から無期限休養中のお笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣(35)が、11日放送のTBS系「美女アスリート総出演 炎の体育会TV2011」(午後9時)で約11カ月ぶりに仕事復帰することが7日、分かった。柴田の休養理由について、所属事務所は「体調不良が理由。復帰の見通しは立っていない」としていたが、一部情報では女性問題なども浮上していた。
>同番組は、男性芸人たちがガチンコで美女アスリートと各種目で勝負する内容。柴田は同バトルで、美女格闘家で知られるRENA(19)とシュートボクシングで対決する。昨年12月29日に収録を終え、番組関係者によると「以前とあまり変わらない、元気な様子でした」と話している。昨年8月には、お笑いタレント村上ショージの公式ブログに登場し、ゴルフをする元気な姿を見せていた。
>[2011年1月9日11時30分]

(´・∀・`)ヘー どんなんかなー、と番組調べてみたら

美女アスリート総出演 炎の体育会TV〜2011 http://www.tbs.co.jp/program/honootaiikukaitv_2011.html
>男性芸人が本気で勝ちに行く!
>リアルガチスポーツ対決バラエティー!!
>勝負に芸人が勝てば美女アスリートからキス!
>美女アスリートが勝てば、好きなものを芸人が自腹でプレゼント!

>対決は美女アスリートの専門種目でハンデは種目毎に決定する。
>芸人は試合前に猛特訓を決行し、本気で勝ちに行く!
 
>ラストバトル「シュートボクシング」
>女子アスリート
>・RENA
>男性芸人
・柴田英嗣(アンタッチャブル)
>・品川祐(品川庄司)
>・今田耕司

これか。TBSだからあんまり期待しない方が良いとは思うが、その1ヶ前の企画が

>5thバトル「競輪」
>女子アスリート
>・石井寛子
>男性芸人
>・団長(安田大サーカス)
>・玉袋筋太郎(浅草キッド)
>・中田敦彦(オリエンタルラジオ)
>・ガリ中島(テンゲン)
>・つぶやきシロー
>・岡安章介(ななめ45°)
>・我が家
>・デンジャラス
ガールズケイリン・石井寛子選手と自転車好き芸人がケイリン対決! http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/news/2011khn/news_201101.html
>配信日:2011年1月7日
>1月11日(火)21時からTBSテレビで放送される特別番組内において、ガールズケイリンで活躍中の石井寛子選手と、自転車好き芸人10人とが京王閣競輪場でケイリン対決を行います!
>石井選手は自転車好き芸能人たちを捲りきり、見事1着でゴールを通過することができるのか?!

ふむ。一昨年だったか、京王閣で永井清史とこの辺の連中がやったよな。
永井清史選手と自転車好き芸能人が競輪場でガチンコ対決! http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/news/index_news/index_news20081226_04.html
>配信日:2008年12月26日
>12月28日(日)21時から日本テレビで放送される特別番組内において、北京五輪ケイリン種目銅メダリストの永井清史選手(岐阜・88期)と、自転車好き芸能人の鶴見辰悟さん・オリエンタルラジオの中田敦彦さん・安田大サーカスの団長とが京王閣競輪場でガチンコ対決を行います!
>永井選手はハンデをもらった自転車好き芸能人を捲りきり、見事1着でゴールを通過することができるのか?結末は意外な展開に!!
>番組タイトル名 メダリストVS芸能人!中居正広のザ7番勝負どっちが勝つのSP

日テレだったか。この時もトコロも同じ京王閣だが、永井2周・芸能人1周半のハンデ戦でなら永井完敗に決まってる(当時は不甲斐無さに憤慨したものだが、冷静になってみると実質30番手ぐらいから2周先行だから勝てる筈が無い)。で、今回の石井は女子とはいえ、番宣番組視たらノーハンデ。芸人10人と合わせて11車立ての、大外枠からの2周戦。これなら石井楽勝だろ?…まあ明日は、寄り道しないでダッシュ帰宅するか( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 18, 2008

 行って来ましたトリックスター。
TRICKSTAR|TRICKSTAR GP
Keirin JP第一回「自転車スプリントGP『トリックスター』in 丸の内」の結果について
>配信日:2008年5月18日
>財団法人JKAならびに、財団法人日本自転車普及協会は、東京丸の内に位置する「丸の内仲通り」において、第一回「自転車スプリントGP『トリックスター』in 丸の内」を2008年5月18日(日)12:00〜13:45に開催いたしました。
>延べ6000人の観客が見守るなか、8名の自転車競技トップアスリートが競い合い、決勝は永井清史選手と長塚智広選手のともに北京五輪日本代表選手同士の対決になりました。
>接戦になりながらも、アテネ五輪銀メダリストの長塚智広選手が見事、初代チャンピオンに輝き、準優勝は永井清史選手という結果になりました。
33aae918.JPG
f4a7815d.JPG
出ました大本営発表!盛況は盛況だったけど、150m走路の両サイドに人が並ぶと300m、これは電車15両分。ここに6000人乗ると混雑率250%超、ってどんなラッシュよ。実際には走路に面する半分ぐらいしか観戦エリア設けてないし、無関係な歩行者のための通路を確保せにゃならんからエリアの奥行も取れん。ならもっと混んでなきゃオカシイけど、俺が余裕で最前で撮れるのが実情。
58fa6fb0.JPG
大体が、たかが2時間足らずのイヴェントで動員数を『延べ』で発表する事自体おかしい。これ一レース毎の観客数の合算だろ。いやそれでもこんな多く感じなかったけどな。フライヤー撒いた枚数か?
 輪界で一番弁の立つ長塚、大本命と目されてたため最初2試合の解説を務め、選手としても何度もマイク向けられる、その言葉は

 ●競輪は動→動の競技、対してこれは静→動の競技だから、競輪の
  練習しかしてない選手にはキビシイ
 ●正直、200ぐらい有った方が能力をより発揮出来る
 ●でもバンクと違って一直線なのでゴールが物凄く遠く感じる

と。最後のは新潟の直線千m競馬初体験の騎手みたいな錯覚か。にしても、客としちゃ大いに不満の残るイヴェントとなった。まず速さを体感出来ない。速さ、スピード感てのは本来前後より横に走るトコを見た方が得易いもんだ。新潟の千みたく距離置いてヒナ段有れば掴み易いけど、それがオールスタンディング。で、この日のベストタイムは唯一12秒台を出した永井の準決勝、これは400バンクの上がりより遥かに遅い。それだけ0スタートの難しさ、これで抜きん出てる長塚の強みという事でも有るが、だから競輪客がその速さを体感したかったらゴール位置に陣取るしかない。
32213c6e.JPG
しかしこれだと遠くから(横でなく前後方向に)近付いて来る来た来た来たゴール、ってこれじゃねえ('A`) 一応ヴィジョンがスタート位置に設置されてるけど、狭い一方通行路の両サイドに街路樹ビッシリ、その中のコースは人垣に埋もれ、それで150m先のヴィジョンなんか見れるかっつの。選手と違って客は遠目が全く利かない、だから全貌掴みたければヴィジョンに、スタートに近い位置で(スピード乗らないけど)選手が通り過ぎるの横目で見ながらヴィジョンに見入る事になる、ってこれ何しに現場来てんだか。
d42661e8.JPG
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック