桜花賞

May 17, 2021

JRA「フルゲート割れ」皐月賞(G1)と「最高峰」日本ダービー(G1)の差が広がる一方!? 同じクラシックでなぜここまで「格差」が広がったのか - GJ https://biz-journal.jp/gj/2021/04/post_218464.html

これについては古くから言われるトコロ。俺ですらこのブログでネタにした事あるほどだから、確かに問題は問題だし由々しき事態ではあるけども、競馬マスコミが大上段に構えて言うほどの事じゃない。まあギャンブルジャーナルを競馬マスコミとして扱って良いのか?っていう問題は置いといて。
 その上で。

【日本ダービー】フルゲート割れの危機回避…牝馬サトノレイナスなど最終登録馬18頭発表 | 東スポのJRAに関するニュースを掲載 https://www.tokyo-sports.co.jp/horse/jra/3167658/
>2021年05月16日 17時43分
b9a7e658919f01ad8bdd26e19e114045 14年ぶりの牝馬Vを狙うサトノレイナス https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2021/05/b9a7e658919f01ad8bdd26e19e114045.jpg
>競馬の祭典・第88回日本ダービー(30日=東京競馬場、芝2400メートル・フルゲート18頭)の最終登録馬が16日、JRAから発表された。当初は登録段階からフルゲートを割る恐れもあったが、なんとかギリギリ18頭がエントリーした。

比較対象であるトコロの、その日本ダービーがこのテイタラク。賞金ランク最下位のバジオウが1600万、400万の馬が「ダメで元々で一応登録だけしてみました」ってのすらいないし、牝馬サトノレイナスに至っては無敗の桜花賞馬ソダシに恐れをなしての(?)ダービー登録でやっとフルゲート。結構決まり悪いよな、あんな記事書いちゃったギャンブルジャーナルは…って、恥の概念なんてないんだろうけども( ´,_ゝ`)
Journal October
Darling, David
Ecm Import
2000-06-06



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 09, 2020

狙え ダービー制覇 上毛かるた由来の馬「ココロノトウダイ」|上毛新聞ニュース https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/192091
>[2020/02/08]
143064-attachment 2勝目を挙げたココロノトウダイ号と記念撮影する(左から)藤田騎手、星野さん、丸山騎手ら=昨年11月、福島競馬場 https://www.jomo-news.co.jp/file/article/91/192091/143064-attachment.jpg
>ライトカラカゼ(雷と空風義理人情)、ヘイワノツカイ(平和の使徒つかい 新島襄)、ココロノトウダイ(心の燈台とうだい 内村鑑三)―。群馬県民になじみ深い「上毛かるた」の読み札にちなんだ名前の競走馬で、日本中央競馬会(JRA)最高峰のレースを目指す競馬関係者がいる。名付け親は馬主で高崎市の金属加工会社社長、星野寿市じゅいちさん(81)。「群馬にちなんだ名前の馬が活躍し、群馬を盛り上げられたらうれしい」と期待を膨らませている。

「ライトから風」じゃなかったのか。しかし星野さん、三条出身の群馬材住とあっちゃ実に馬と縁深い。2013年桜花賞馬アユサンの馬主だったのか。
 俺は群馬生まれじゃないし住んだ事もないから上毛カルタの存在は知ってても読み札まではさすがに知らなくて、でもこの記事でちょっと興味を惹かれた。普通に良記事だよな( ´∀`)
ミスター・ソウル
ジョン・ライト
ユニバーサル ミュージック
2014-05-07



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 14, 2019

 お笑い芸人のカズレーザーはクイズ番組でもお馴染みの存在。実際アタマ良いし。でもってテレ朝【タモリ倶楽部】のクイズ企画でクイズ王こと伊沢拓司と共演したのに触発されたのか、
IMG_20191025_223831
その後クイズ研究会を発足させクイズ番組常連の芸能人らと研鑽し、かつツイッターで毎日3問出題してフォロワーと遊んでもいる。
簡単簡単…とは言うものの。前述の通りカズレーザーは毎日3問出題し、何日か通して見ると解るがそのレヴェルは決して低いものではない。だからこれがクイズとして成立しているという事は、競馬って、競馬ファンが思っているより遥かにマイナーなものである…という現実を突き付けられてる事に他ならない。3競オートの中では段トツの規模を誇る競馬、さらにその中でもブッ千切りの中央競馬であってすら、だ。現実はまことにもって厳しい(´・ω・`)
マイナー・ムーヴ
ティナ・ブルックス
EMIミュージック・ジャパン
1996-11-26



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 24, 2019

 闇営業問題だが、毎年恒例の正月番組【クイズ正解は一年後】どうなるんだ?「亮さんチーム」だから居なかった編集は出来ないし。マジで心配。まあそれはともかく。

京都競馬場整備工事について JRA
>2019年6月24日
>JRAでは、京都競馬場開設100周年を迎える2025年の記念事業の一環として、スタンド改築をはじめ、厩舎、馬場を含めた施設全体の一体的整備工事に着手することとしましたのでお知らせいたします。
>3.京都競馬の開催休止期間
>2020年11月から2023年3月(振替先の競馬場は未定)

結構な長期に渡る休催だが、差し当たって2021・22年の開催がどこに振り替えられるかが焦点だ。同じ関西の中央4場である阪神が最優先になるのは論を待たないが、単純に全部阪神でやったら芝が傷むどころの騒ぎじゃない、特にGI桜花賞を思うと可能な限り阪神の負担を軽くしたい=中京と小倉にも割り振りたい。しかし一方で、売上面を考えると小倉の開催日数増は最小限にとどめたい。

課題も多い夏競馬 出走馬の質低下、膨らむ開催費用: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO20282640T20C17A8000000/
>2017年8月26日 6:30
>ローカル場での開催は、売り上げ規模が小さくなる割にコストもかかる。出走馬の輸送費用はJRAが負担するが、遠隔地での競馬となるため、調教拠点である美浦(茨城県)、栗東(滋賀県)の両トレーニングセンターから競馬場への競走馬の輸送にかかる費用は増す。ローカル開催はコストパフォーマンスが悪い。
>(関根慶太郎)

京都で施行されるGIの、天皇賞(春)と菊花賞を小倉二八か三三(それぞれ新設)で・エリザベス女王杯を小倉二千で・マイルチャンピオンシップを小倉千七で…などと主張する人はさすがに居ないだろう。
pic_course_heimenzu http://www.jra.go.jp/facilities/race/kokura/course/img/pic_course_heimenzu.gif
春天の舞台となる三二は阪神しか施行不可能で、
pic_course_heimenzu http://www.jra.go.jp/facilities/race/hanshin/course/img/pic_course_heimenzu.gif
でもそれ以外のGIの距離は中京でも可能だ。
pic_course_heimenzu http://www.jra.go.jp/facilities/race/chukyo/course/img/pic_course_heimenzu.gif
だからレギュラーシーズンでいうところの4・5回京都はそっくり中京に移管出来る…が、暮れの第三場開催の中京(=GIチャンピオンズカップがある)まで3開催ぶっ通しというのは好ましくないだろう。夏競馬で阪神開催に開きがある事を思うと【4回京都→阪神】【5回京都→中京】ではないか。
 問題は春季、っつうか冬季の1・2回京都をどうするか。この時期は第三場開催として1回中京・1回小倉をやっているから、中京&小倉W開催とすればそれで解決…というほど単純ではない。
 一つは、それやるとGI高松宮記念の頃に中京の馬場どうなってるのよ?と。もう一つは、昭和の時代から競馬やってるジジイは、きさらぎ賞が中京開催だった事を知っている。それがなぜ京都に移管されたかというと、この時期の中京は降雪順延が少なくないから。そりゃ京都でも阪神でも小倉でも降雪順延はあるが降雪量が中京はハッキリ違ってて、2回京都を中京に移行したくはないだろう。とすれば【1回京都→中京】【第三場開催の1回中京→小倉】は良いとして【2回京都→阪神】【1回阪神→中京】とするか。桜花賞トライアルが中京になってしまうが、それを言うなら中山のトライアルだっておかしいって事になるから大した問題とはなるまい。そしてもちろん【3回京都→阪神】。これで一応問題ないと思うと予想してみたが実際はさて(´-`).。oO
イン・プレイズ・オブ・ドリームズ
ヤン・ガルバレク
ユニバーサル ミュージック
2014-04-23



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 10, 2017

 桜花賞の前日発売、10時45→50分にソウルスターリングの単勝に3000万以上の買いが入っている。
IMG_20170409_201744
他の時間帯にも百万単位の買いは結構見受けられるが、さすがに一桁違うのは他になく、だから少なくともこの3000万は一人の人の投票だろう。結果的にはお気の毒さまご愁傷さまだが、しかし手口としてはなるほど納得だ。
 大口買いの悩みはチョウチン買い付けられてオッズ下げられたら困るって事、だから人気薄の馬で勝負するなら締め切りギリギリまで買わないで、払戻金発表されて「しまった異常投票入ってたのか」と思わせるのがベストだ。対して、人気馬に行く場合は50万ずつ60回とか30万を100回とかに分散させ、他の投票に埋没させて「大口なんか入ってません」って見せるのがセオリー。しかしそもそも1番人気と判ってる馬だったら、前売り開始早々にドカンとブチ込んで1.1倍とかにしてしまって、他の大口入れようと思ってたライバルに「これじゃ買えんわ ┐( ´〜`;)┌ 」と気持ちを削いでしまう方が有効だ。残念な結果に終わったとはいえやるじゃん、バクチ打ちとして尊敬出来るもの(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 06, 2016

オーストラリア総選挙、投票所にはソーセージの香り http://jp.reuters.com/article/idJPKCN0ZK08O
>2016年 7月 4日 1:32 PM JST
downloadfile-17月2日、オーストラリアの総選挙は恒例のソーセージの香りとともに投票が行われた。オーストラリアでは投票が義務付けられていることから、投票所でソーセージサンドイッチが提供され、有権者にとって大きな楽しみとなっている(2016年 ロイター/Jason Reed ) http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160704&t=2&i=1143981130
>[シドニー/メルボルン 2日 ロイター] - 提供は、学校や慈善団体などが手掛ける。「スナグ」と呼ばれるソーセージの焼ける香りただよう投票所の場所を表示する、専用ウェブサイトが立ち上がるほどの人気ぶり。
>今回の選挙では、オランダ、インド、シンガポールの在外公館なども含め、過去最多のスナグ屋台が設置された。

オーストラリアでは投票が義務付けられているばかりか、この記事にはないけどサボりに対する罰則もあるそうで、だからこその「わざわざご苦労サン、ソーセージでも食ってって」なんであって、投票率向上のために物で釣るってのとは違う 。とはいえ、表面的には同じであるから、日本でやるんだったら何が良いだろう?って考える事に意味がない訳ではない。
 ひと昔ふた昔前なら酒タバコだったろうが、先の参議院選挙から選挙権が満18歳に引き下げられて、だからこれらは不可。飲食物は好き嫌いやアレルギーとの兼ね合いがあるから ━━ まあオーストラリアは上手く行ってるようだから必用以上に心配しなくても大丈夫なんだろうけど ━━ 汁ものは良くないだろうし、手づかみ出来て手や口、服を汚し難いもの…あんパンとか饅頭とかか?冷めてもイケるし。
 まあ飲食物に拘らなければ…つってもまさかポケットティッシュって訳にも行くまい、ショボ過ぎる。せめてテレ朝「ミュージックステーション」の出演者が貰える非売品の箱ティッシュ(×5ヶ)ぐらいでありたいが、デザイン的に言うほど簡単じゃないよなあ。嵩張るし。
 っつう訳で3競オートだが、先着入場者にちょっとしたプレゼントが渡される事がある。ブツはいろいろだが、数年前まで、浦和競馬では桜花賞の際に桜の苗木をプレゼントしてて、でもそんなモン貰ってどうしろと言うのか。いや植えるしかないんだけど、って庭付き一戸建てでなきゃ無理だ。「どっか適当なトコ植えてください」って自治体に寄贈したくても受け取ってもらえるかどうか。かくて「ウチ庭ないんで(>_<) 」と拒否る手合いが続出したのか、いつの間にかなくなった。アイディアは素敵だったんだけどもねえ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 10, 2016

 去年の桜花賞、前走きさらぎ賞というのがどうしても引っ掛かりハープスターを軽視した俺としては、やはり前走クイーンカップなメジャーエンブレムの評価は落とさざるを得ない。…結果はガミだったが、丸損よりはマシだし、メジャー絶対でないという自分の判断の正しさが立証できたのだからまあ一応良しとしておくべきか。でも、にしても、やってくれたねえルメール。
 出負けして、それでもハナを主張するのでなく好位で折り合うのは戦法としては王道っつうか正攻法。でもそういう経験をそれまでした事ない馬が、ぶっつけ本番でやるとなると当然ながらリスキーだ。でもって内ピッタリ回って距離ロスなく走れてはいるものの、馬群のポケットにはまってしまい、動くに動けず。

 JRAホームページ|データファイル|競走成績データ
 >ハロンタイム 12.4 - 10.7 - 11.7 - 12.3 - 12.0 - 11.4 - 11.3 - 11.6

スローとまでは言わないがハッキリ中弛みの、最後の瞬発力勝負だ。メジャーの強みは息の長い末脚、前を全部潰して後ろに差させない、あるいは自ら逃げて後続に脚を使わせて…ってのが本来の得意戦法なのに、「メジャーが負けるとすればこういうケース」ってのに自分からハマってっちゃうという。
 それで今回の教訓として、外国人騎手も絶対ではないという事だ。いやそんなもん当たり前だろと言われそうだが、例えばミルコ・デムーロがダート戦だと連対率が落ちるとかのデータはもちろん知ってるが、外人ジョッキーがアカラサマにヘグるというのは滅多に見掛けないから、つい錯覚してしまうのだ。機械ならぬヒトなのだから「上手の手から水が漏る」「弘法も筆の誤り」てな事もあるだろう。我知らず舶来信仰日本蔑視的姿勢に陥っていたのだな、と。反省せねば(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 13, 2014

 半年前の記事に今頃気付いたってのもマヌケな話だが。

あの2000年桜花賞馬の馬主は暴力団の大幹部だった(1)妻を「表向きの馬主」としてJRAに登録 http://www.asagei.com/21856
Posted on 2014年4月8日 9:57 AM
>00年のGI・桜花賞馬であり、その後のオークス(GI)でも2着に入ったチアズグレイス、共同通信杯や毎日杯(ともにGIII)を制したチアズシュタルク、そして京都牝馬ステークス(GIII)を勝ったチアズメッセージ──。
>8つの重賞レースを勝ち取った「馬主」が、その財産を巡って骨肉の争いとなっている。発端は今から約4年半前に遡る。
>「09年8月8日は私にとって忘れたくてもとうてい忘れられない日になった。私一人を残して、自宅から妻と子供3人が忽然と消えたんです。最初は誘拐にでもあったのかと思い、警察にも捜索願を出したんですが見当違いでした。金に目がくらんで預貯金を全て持って行方をくらましたんです」
>興奮冷めやらぬ様子でこう語るのは、兵庫県在住の岡本秀雄氏(80)である。個人で「所有」した競走馬は244頭。獲得賞金と競走馬の売買で得た収入は40億円以上あったとされ、少なく見積もっても、金銭の管理をしていた妻は約14億円の預金を持って消えたというからただごとではない。
>岡本氏は程なく、被告人たる妻の居所が不明のまま、財産返還の民事訴訟を起こした。裁判では、岡本氏が「馬主」としての賞金を得た過程が明らかにされたが、同時に「結婚17年目の81年11月に協議離婚した」ことが語られた。そして、実はこれが戸籍上で別姓となる「偽装離婚」だったということも──。
>岡本氏は専業主婦の妻を「表向きの馬主」としてJRAに申請、登録させた。一方で、夫婦関係は内縁という形で継続させていた。
>なぜそんなことをする必要があったのか。理由は岡本氏の「過去」にある。現在はカタギになっているが、かつて、「大阪戦争」で山口組と抗争事件を起こした松田組の大幹部だったからだ。岡本氏は地方競馬で競走馬を所有していたが、博徒という過去があることからJRAの馬主免許登録審査は通らず、自己名義で馬を持つことができない。JRAが定めた個人馬主登録審査の「馬主として適格でない基準」の項目には、次のように記されている。

 >〈【1】暴力団員【2】暴力団員と親交があると認められる者、又は過去に親交があったと認められ競馬の公正を害するおそれがあると認められる者〉

>さる競馬サークル関係者は当時を回想する。
>「チアズと冠した馬の実際の馬主が岡本さんだというのは、競馬界では公然の秘密だった。トラックマンですら知っていることだったから、JRAもうすうす認識していたのでは‥‥」
あの2000年桜花賞馬の馬主は暴力団の大幹部だった(2)グルとなって財産をむしろ取った? http://www.asagei.com/21857
Posted on 2014年4月9日 9:57 AM
>さらにコトを複雑にしたのは、訴訟代理人を依頼した大阪府内のT弁護士が、岡本氏が不利となる「背任行為」を繰り返したことだった。
>「妻とTは昔から面識があったので、疑心暗鬼にもなった。私の利益ではなく、妻の利益になる行動をしたのは許せない」
>どうやら妻とT弁護士が「グル」となって、岡本氏の財産をむしり取ったのではないかというのだ。
>こうした事態を招いた根幹には、馬主の「名義偽装」問題がある。岡本氏が正式な馬主登録者で、自分名義の口座に賞金が振り込まれていれば、いくら身内といえども、口座から勝手に金銭を引き出せば横領罪に問われかねない。だが、「馬主」が妻だったため、獲得賞金の振込口座を三女名義に変更されたことさえも、裁判を通じて初めて知った事実だった。
あの2000年桜花賞馬の馬主は暴力団の大幹部だった(3)共有馬での「名義人隠し」はよく見られる? http://www.asagei.com/21858
>Posted on 2014年4月10日 9:57 AM
>裁判と岡本氏の告白によって明らかになった「名義偽装」。競馬サークル関係者は声を潜めてこう話すのだ。
>「20年以上前はヤクザが一般人の名義を借りたり、調教師が裏で馬主になったとの噂も耳にしました。暴対法の施行以降、JRAの審査は厳正になりましたが、調べようがない部分もある。書類上、不備がなければ、排除する理由がないのです」
>さらにこの関係者は、名義偽装の具体例をあげた。
>「91年の天皇賞馬プレクラスニーです。表向きの名義人はいましたが、事実上のオーナーが広域組織の親分であることは、競馬サークルで知らない者はいなかった。管理調教師も、バックルにその組織のマークが入ったベルトを堂々としていましたからね。その親分は週末は競馬場に来て、記者席に座っていました」(JRA関係者)


そういや「チアズ」の馬って見なくなったなと思ったら、そういう事情があったとは。

 >「書類上、不備がなければ、排除する理由がないのです」

疑わしきは罰せず、は民主主義の鉄則だからねえ。JRAとしても苦慮してるのだろうが、極論を言えば、仮に名義貸しであったとしても競走馬の現役時代にノートラブルであれば実害ゼロだから…と開き直る手もある。繰り返すが、決定的な証拠を出せない=馬主申請を却下するだけの合理的な理由を堤示出来ないのであれば、どんなに疑わしくてもどうしようもない。くれぐれもノートラブルにお願いね、と暗黙の了解で済ませてしまうのが精々だろう。もちろん、競馬関与禁止者が裏にいるというのは由々しき事態であるのだけども('A`)

THE OWNER OF THE RIVER BANK
THE OWNER OF THE RIVER BANK

アーティスト:Cecil Taylor
販売元:Enja Records
発売日:2003-10-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 04, 2012

AKB前田敦子、『総選挙』の出馬辞退を発表 涙ながらに告白 http://www.oricon.co.jp/news/music/2009646/full/
>2012年04月04日 15時05分
9cc6ea6e.jpg AKB48・前田敦子(C)ORICON DD inc. http://www.oricon.co.jp/news/photo/2009646/1/
>先月25日にAKB48からの卒業を発表した前田敦子(20)が4日、6月6日に開催される『第4回選抜総選挙』について「辞退させていただきたいと思います」と明かした。SNS『Google+』の本人のページとYouTubeのグループ公式チャンネル上で、本人自ら涙を見せながら発表した。

2ちゃんねる等のネットでのヲタさん達の反応見てると、この選挙でトトカルチョをやりたくはなるが、現実問題、オッサンばっかのウチの社では参加者が集まらずに不成立だろうな。ヲタも確かに居る一方、未だに誰が誰やら言いよる手合いもまだ半分近くおるし。かくいう俺は、何度か書いたが、ヴァラエティタレントとしては買っている。CDやらDVDの類には一切手を出してないし、これからもそうだろうが。
 まあそれは良いが、今週の日曜、桜花賞当日の4月8日は、メンバーの高橋みなみの誕生日だそうだ。やっぱ旬な時事ネタだし…と考えてみると該当馬が居た。美浦『南』に位置する『高橋』裕調教師の管理馬アラフネ。…しかし出走権は2/3の抽選待ち。このオーディション(?)をクリアしたアカツキには、面白い存在だろうと前述ヲタ同僚。まあ、何にせよ明日の枠順発表待ちだな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 25, 2011

【皐月賞】入場人員、前年比119% http://www.sanspo.com/keiba/news/110425/kba1104250506005-n1.htm
>2011.4.25 05:03
>第71回皐月賞(24日、東京11R、GI、3歳オープン国際、せん馬不可、定量、芝2000メートル、1着賞金9700万円、1〜4着にダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権=出走18頭)24日の東京競馬場の入場人員は、8万940人。昨年の皐月賞当日の中山競馬場と比較すると、前対年比119・0%とアップした。この土日は、3月6日以来、関東圏で久しぶりに行われた競馬とあって、競馬再開を待っていたファンが多く駆けつけたようだ。それに対して皐月賞の売り上げは、対前年比79・9%の151億3553万300円だった。

ギャロップの表紙コピーに『東日本に競馬が帰ってきた!』と有った様に関東エリアでは一月半振りの本場開催、ファンに飢餓感が有ったばかりかもう一生観れないかもしれない東京での皐月賞、それが入場者数の表れだろう。対してこの売上はいかにも淋しいが、桜花賞より大幅に改善している

【桜花賞】売り上げは前年比72・7% http://www.sanspo.com/keiba/news/110411/kba1104110505007-n1.htm

事を思えばヨシとするべきなのか。競馬そのものが抱える問題が無いとは言わないが、今はとにかく社会情勢、周辺環境が悪過ぎる('A`)

WIN5払戻金、81万280円 http://www.sanspo.com/keiba/news/110425/kba1104250505003-n1.htm
>2011.4.25 05:01
>5つのレースの勝ち馬をすべて当てるJRAの新馬券『WIN5』(5重勝単勝式)が24日、インターネット投票限定で始まった。100円につき最高払戻金が2億円の“夢馬券”の第1回は、1、3、3、3、4番人気と人気サイドの馬が勝ち、払戻金は81万280円だった。
>配当が低かった印象もあるが、全レースで上位人気馬が勝ったことを考慮すれば、むしろ魅力のある馬券だ。
>指定された5レースの勝ち馬は、京都10Rツルマルレオン(単勝350円)、東京10Rケイアイドウソジン(610円)、新潟11Rラインブラッド(単勝550円)、京都11Rゴルトブリッツ(単勝510円)、東京11Rオルフェーヴル(単勝1080円)。5頭を100円から単勝ころがし(払戻金のすべてを次のレースで購入、配当の100円未満は切り捨て)した場合、手にする金額は54万4320円。「WIN5」が26万円以上も“お得”な計算だ。
>WIN5の売り上げは約3億円の予想を大幅に上回る7億2793万1700円で、関心の高さをうかがわせた。
>ちなみに1番人気((15)→(10)→(3)→(2)→(4)3万7482票)で決まった場合の払戻金は、1万4340円。無投票の組み合わせは全88万4520通りのうち36万223通りもあった。いつ2億円が飛び出すのか。毎週、日曜日が楽しみだ。

こちらは明るい話題。何せ1、3、3、3、4番人気馬の単コロで8100倍だもの。少なくとも感覚的には、ある一ヶレースで8100倍の配当狙うより遥かにハードルが低い様に映る。麻雀で『満貫上がるよりザンク2回上がる方が楽』てな物言いが有るが、それ的な。…とか思ってたら、競馬ライター・須田鷹雄氏がズバリ獲ってたのね。

さるさる日記 - 須田鷹雄の日常・非日常 http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=70345&log=20110424

夢が広がりんぐ(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 31, 2009

 日本ダービーが不良馬場で行われたのは、実に40年振りの事なんだそうな。
回顧 http://jra.jp/datafile/seiseki/g1/derby/result/derby2009.html
ダク踏んでるだけでも水飛沫が上がってるの、TVで視てても判ったもんな。それにしても勝ちタイム2分33秒7の上がり39秒7って!JRAが馬場高速化に注力して来た中で、20年前みたいな時計だ。それだけ悪い馬場じゃ斬れ味もヘッタクレも有ったもんじゃない。NHKマイルやオークス同様、一頭離して逃げてる馬が居るから錯覚してしがちだが番手以下は平均〜スロー。実質楽逃げのリーチを、好枠利して終始マークしたロジユニが交わしただけ。一見すると、淡白なレースにも映る。でも実は、昭和のダービーってこんな感じだったのよね。

 ●TV馬が玉砕先行
 ●ハラ括って直線一気を狙っても掲示板の下止まりがせいぜい
 ●差し馬も意図的に前目の競馬なのでジリジリしか伸びない

っつう中での叩き合い。『ダービーポジション』とか『ダービーは一番運の強い馬が勝つ』なんて言葉が有った時代のダービーを彷彿させたな、と(ペースはともかく見た目が)。ここんトコ昭和競馬ばっか懐古してたら、正にそうなるとは( ´-`)y-~~~
 それにしても、いろんな事を考えさせられた。近年『三冠という概念の形骸化』的な論を語られる際は菊花賞が俎上に乗せられる事が多いが、この皐月賞もかなりキてるなと。
 牝馬路線は桜花賞:千六・オークス:二四と全くの別物、だから春の二冠のハードルも高いし、ハナから一方に絞る陣営も珍しくない。対して牡馬路線は、皐月賞が二千だからダービーとの関連も牝馬路線とは比べ物にならんくらい高い。しかしローテーションを逆算すると、

 ●皐月賞→ダービーの間に一度使うと押せ押せになっちゃうし疲労残りも心配
 ↓
 ●でも東京コースを一度経験させときたいし
 ↓
 ●じゃあ2月の共同通信杯使うか
 ↓
 ●皐月賞へのローテ微妙だし冬場から使い詰めになるし
 ↓
 ●なら京王杯2歳ステークスか東京スポーツ杯2歳ステークスを
 ↓
 ●若駒に長距離輸送(←関西馬は)課すのも二の足を踏むよなぁ

…てのが昔のホースマンの思考体系だった。ところがGI格付NHKマイルが新設。当初はダービー翌週だったのだが、マル外にダービーへの道が開かれると同時に開催週も前倒しされ今の時期に。で、やっぱダービーって特別なものだ。それが最大目標であるが故『そもそも皐月賞に拘らんでも思想』が生まれ出す。皐月スルーしてたっぷり休んでNHK→ダービーなら理想的ローテだし、これだって二冠には違いない。ダービートライアル青葉賞に到っては皐月賞から中1週、ハナから皐月賞など眼中に無い馬が居る事をJRA自ら認めちゃってる。じゃ皐月賞の価値って?今の調教師は恐らく普通の重賞としか捉えてないだろう。
 今年の皐月賞・NHKマイル・ダービーの掲示板を占めた馬が全取っ替えんなったのは全てが異なる(しかも特殊な)内容だったためだが、しかしそれだけが理由ではないなと。現状に則すなら、皐月賞を千六で施行しNHKと一本化しちゃえばスッキリはする、けど、伝統ってモンも有るしねえ…('A`)

4月の思い出 クレフ・セッション1953 第2集
4月の思い出 クレフ・セッション1953 第2集

アーティスト:アル・ヘイグ
販売元:Absord Music Japan
発売日:2010-01-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック