朝日杯フューチュリティステークス

October 23, 2014

【高橋昌之のとっておき】朝日・毎日への反論(11) 「反対ありき」のカジノ反対報道は読者を欺いてはいまいか? http://www.sankei.com/politics/news/141022/plt1410220001-n1.html
>2014.10.22 11:00更新
e78ba5d5.jpg
カジノ解禁をめぐる連載を開始した16日付朝日新聞朝刊と、カジノ解禁反対の社説を掲載した13日付毎日新聞朝刊(栗橋隆悦撮影) http://www.sankei.com/images/news/141022/plt1410220001-p1.jpg
>カジノを含む特定複合観光施設(IR)の整備推進に向けた「IR法案」が今国会で本格的に審議されるのを受けて、新聞各紙はこの法案を積極的に報道するようになってきました。しかし、その焦点はカジノ解禁の是非に矮小(わいしょう)化されているうえ、朝日、毎日両新聞をはじめとするカジノ解禁反対論は、法案の内容を無視した「反対ありきの反対論」なので、今回はこれをテーマに書きたいと思います。
>中でも最も強く反対論を展開しているのは毎日です。毎日は13日付で「カジノ法案 解禁ありきに反対する」と題した社説を掲載しました。一方、朝日は法案が提出された先の国会中の6月23日付で「カジノ解禁? 危うい賭けには反対だ」、10月20日付で「カジノ法案 懸念材料が多すぎる」とそれぞれ題した社説を掲載しました。
>朝日は16日付から3回にわたってカジノ解禁の「深層」を探るという企画を連載しましたが、その内容は海外のカジノをめぐる現状や国内の誘致活動を、どちらかといえば言い古されてきた負の側面を紹介しただけで、肝心の「IR法案」についての解説はありませんでした。これでは読者は「日本でカジノができると問題ばかりが起きる」と思い込んでしまいます。そういう意図をもってのことなのかもしれませんが、企画の中で法案の内容に一切触れられなかったことから、私は「できの悪い企画だな」と思ってしまいました。
>一方、読売は17日付で「カジノ解禁法案 弊害の議論が浅薄では困る」と題した社説を掲載しましたが、これはきちんと法案が「ギャンブル依存症の拡大への懸念を踏まえ、日本人の利用制限を政府に義務づける規定を加える」ことなどを紹介しています。主張を掲げるなら、このようにまず事実を踏まえたうえで議論を展開すべきです。
>産経新聞は私が中心となって、カジノを含むIRについて、議連が発足した平成22年から丹念に取材し、議論の内容や法案の全容を詳しく報道してきました。これに対し、他紙は実現性がないとみていたのか、議連が報道陣に公開して議論してきたにもかかわらず、全く取材をせず、報道もしてきませんでした。
>それを法案が国会に提出されてから、慌てたかのように無知な報道を展開するのは、報道機関としていかがなものかと思います。報道するなら、改めてしっかり取材をし、法案の内容や議連の基本的考え方を踏まえたうえで行うべきです。もし今国会で法案が成立したら、反対論を展開している朝日、毎日などは「議論不足」とか「拙速」といった批判を展開するかもしれません。しかし、議論してこなかったのはあなたたちの方であって、そんな批判をする資格はありません。
>大体、朝日や毎日などがギャンブルを「悪」としてとらえる論調を掲げるなら、競馬などの公営ギャンブルやパチンコなども止めるべきだと主張すべきです。しかし、競馬などは自分たちの新聞で予想や結果を掲載しているではありませんか。また、新聞には多くのパチンコ店のチラシが毎日のように入っているではありませんか。ギャンブルに反対するなら、その新聞はこれらを止めるべきです。それを棚に上げて何を言っているのかと言いたくなります。(長野支局長 高橋昌之)

この記事は、直接的には左右のイデオロギー闘争で、その一環としてカジノ論争をネタにしているだけなのだが、それにしてもこのマスコミべき論は痛快だ。

 >ギャンブルを「悪」としてとらえる論調を掲げるなら、競馬などの
  公営ギャンブルやパチンコなども止めるべきだと主張すべきです

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 01, 2014

第81回日本ダービー(GI)の結果

直線2頭の叩き合いは見応えが有った、けど。

【みんなの反省会】明暗を分けた枠順の差 http://race.sanspo.com/keiba/news/20140601/etc14060118230003-n1.html
>2014.6.1 18:23
a3a20bfa.jpg 内枠からいい位置を取れたワンアンドオンリー。見応えある直線の叩き合いを制してダービー馬に輝いた http://race.sanspo.com/keiba/images/20140601/etc14060118230003-p1.jpg
>デスク 今年のダービーは見応えある叩き合いを制して、ワンアンドオンリーに軍配が上がったね。見事な予想を披露したのは関東競馬エイトの高尾幸司TMだ。◎○△で3連単1033.0倍をゲット。会心のダービーだったんじゃないか?
>関東エイト高尾 おかげさまで。………円になりました
>デスク 税務署対策もあるから金額は伏せておくけど(笑)、とにかくおめでとう。さっそくだけど、レースを振り返ってもらえるかい?
>高尾 レース後のインタビューでノリさん(横山典弘騎手)も言っていましたけど、皐月賞では行き脚がつかなかったんですよね。でも、今回はきちんと出ていたし、ハナからああいう好位からの競馬を狙っていたんだと思います
>デスク もっと後ろから行くもんだと思っていたから、ちょっと驚いたよ
>高尾 むしろ、思った通りの競馬だったんでしょうね
>デスク 2着は皐月賞馬イスラボニータ
>高尾 蛯名さんは「取りに行った分の差」と言っていました
>デスク 外枠から、少しいい位置を狙って行ったもんな
>高尾 そうです。結局、内枠からスッといい位置を取れたワンアンドオンリーとの差が、最後に出たんじゃないですかね。最後まで食い下がっていたように距離は問題なかったですし、しっかりとこの馬の競馬はできていました。レースぶりの何が原因で負けたというより、3/4馬身差は枠順の差だと感じました
>デスク 横山典弘騎手と蛯名正義騎手の叩き合い、見応えあったんじゃないか?
>高尾 そうですね。この叩き合いが見たいと思っていたので、予想コラムに書いた通り、1、2着の固定で馬券を買いました
>デスク いやはや、とにかくお見事だ。さて、関西競馬エイトの門口博光TMも◎○の鮮やかな本線的中。ワンアンドオンリーの橋口厩舎を担当しているし、これも会心の当たりだったんじゃないかな
>関西エイト門口 今年の2戦を見て、東京2400メートルなら…という気持ちは持っていました。橋口先生に聞いても、本当にいい状態をキープしていることが伝わってきたし、◎に迷いはありませんでした
>デスク だろうね。では、レースを振り返ってもらおうかな
>門口 さっきデスクは、ワンアンドオンリーの位置取りに驚いていたようですが、ラジオNIKKEI杯2歳Sも1枠から馬群の中で競馬をしているんですよ。馬混みから馬群を割る競馬もできる差し馬、というイメージでしたから、この枠順も全く気になりませんでした
>デスク 確かに、言われてみればそうだよなあ。もう、後方追走から大外一気というイメージで見てしまっていたよ
>門口 仕掛け気味に5、6番手あたりでしょうか。多少力んでいましたが、そこで馬を我慢させて脚を温存しましたよね。しっかりした脚を持っているとは思っていましたが、馬なりで抜け出したイスラボニータをグイグイ加速してかわしました。状態の良さに加えて、鞍上の好騎乗。うまくかみ合った結果だと思います
>デスク イスラボニータについては
>門口 さすが皐月賞馬、と感じました。正攻法の競馬で、直線まで我慢して、手応えも十分ありました。最後はわずかにワンアンドオンリーの決め手に屈しましたが、堂々としたレースぶりで、前に出られたあとも踏ん張っていましたから。皐月賞馬の力を示す競馬だったと思います
>デスク 3着に伏兵マイネルフロストが入ったね。高尾TMは大威張りだ
>高尾 レース前日に松岡(騎手)に聞いたんですよ。そうしたら「内にこだわる」と
>デスク その通りの競馬だったね
>高尾 外を回す気は全くなかったようですね。結果的に、トーセンスターダムのアクシデント(内ラチと接触して減速)によって、ぽっかりと前があく形になりましたが、もともとしぶとい馬ですし、毎日杯みたいな競馬ができれば…と思っていたんです。本当に、フロスト様々ですよ
>門口 内枠である程度先行できそうな馬…ということで、僕も気にはなっていたんです。青葉賞でも着順ほど差のない競馬をしていましたし、崩れない馬ですよね。しぶとさと、内有利の傾向を生かしたと思います

広々とした(!)東京コースであるにも拘らず全馬イン目掛けて殺到するって倒錯的にもほどが有る、じゃあコース外半分引っぺがしちまえ!と軽口を叩きたくもなる。広いコースをフルに使えるからこそ各馬不利なく全能力を発揮出来る舞台、なんじゃないの?インが伸びないならまだ解るが、外差しが利かないって何考えてんだ馬場造園課は。物凄く好意的に解釈して「道中は前目に付けて直線追い出す競馬出来なきゃ凱旋門賞なんて勝てん」とするなら、じゃあ「外枠不利なアンフェアなコースでGIをやるのは相応しくないから」っつう理由で朝日杯を中山から阪神に移行した事との整合性が取れない。

 http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/188701/>G議日杯FS 来年から阪神開催 http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/188701/
 >2013年09月28日 13時17分
 >JRA2歳牡馬チャンピオン決定戦としておなじみのG議日杯フューチュリティS(中山芝外1600メートル)が、来年から舞台を阪神競馬場に移して行われることが明らかになった。2014年暮れ開催の3週目=5回阪神6日目(12月21日)に、芝外1600メートルで施行される。
 >半世紀以上(今年で65回)暮れの中山で行われてきたこのレースが西に移る背景には、長く指摘されてきた舞台設定の欠陥がある。現行の中山1マイルは発馬後最初のコーナーが急激に曲がる構造で、外枠が圧倒的に不利。枠順が決まった瞬間一定の馬がチャンスをなくす舞台が王者決定戦にふさわしいかという議論は古くからあった。その点、大回りで直線の長い阪神なら枠順の有利不利はほとんどない。
 >この変更に呼応して暮れの阪神最終週に組まれていたG轡薀献NIKKEI杯2歳S(現行芝内2000メートル)は東西入れ替わる形で中山開催に。14年は有馬記念と同日の4回8日目(28日)に芝内2000メートルで施行される。次年の牡馬3冠初戦皐月賞と同舞台で、4か月前の“予行演習”としてより注目を集めそうだ。

先週のハープスターの敗因は距離や落鉄などが挙げられてるが、この外差しの利かない馬場に殺された側面もまた非常に大きい。もういっそ仮柵なんてやめちまえ!とすら思うほどだ( ´-`)y-~~~

イン・ン・アウト
イン・ン・アウト

アーティスト:ジョー・ヘンダーソン
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2013-11-19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 12, 2014

【フェアリーS】3歳以上重賞で初オープン馬ゼロ http://race.sanspo.com/keiba/news/20140110/pog14011005030003-n1.html
>2014.1.10 05:03
>月曜の中山で行われるフェアリーS(13日、芝1600メートル)のメンバーが9日、確定した。3歳牝馬によるGIIIだが、すべて500万下クラスの1勝馬での争いとなり、JRAがグレード制を導入した1984年以降、3歳以上の重賞では初のオープン馬ゼロとなった。
>フェアリーSは、特別登録(28頭)していた唯一のオープン馬カクシアジがシンザン記念に向かったため、収得賞金400万円の1勝馬16頭による争いとなった。
>JRAでは1〜2月に6鞍の3歳重賞が組まれているが、オープン馬が出走しないケースは1984年にグレード制が導入されてから初めて。もちろん3月以降でもオープン馬が出走しなかった重賞はない。
>フェアリーSが2009年に1月へ移行(07年までは12月、08年は施行せず)してから5年はすべてフルゲートの16頭立て。とはいえ、オープン馬の出走は09年4頭、10年2頭、11年2頭、12年4頭、13年3頭と少ない。
>厳寒期でクラシックのトライアルレースが始まる3月まで時間があり、賞金的に余裕のある馬たちは休養もしくは待機しているケースが多いためだ。また、京都で翌週19日に牝馬限定の紅梅S(オープン、芝1400メートル)が組まれていることも関西馬の遠征馬を少なくさせる要因となる。
>今回は下級条件馬のみで実質、500万下と同じだが、GIIIであることに変わりはない。フェアリーS組は10年2着のアプリコットフィズが桜花賞5着、秋華賞3着、11年4着のピュアブリーゼがオークス2着とクラシックや3歳GIで好走。オープン馬がいない運を味方につけたスター候補生が誕生するかもしれない。

出走馬のレヴェルに関係無く賞金は同じ、だから今週のシンザン記念で一番人気必至のミッキーアイルの前走のような、GIより出走馬のレヴェルの高い500万下特別なんつう事も普通に起きる。それはある程度やむを得ないが、でも重賞にオープン馬の出走無しとは、番組編成課は猛省すべきだ。さらにこれを突き詰めると、2歳のローカル重賞やオープン特別で本賞金を加算した馬がその貯金だけでクラシックの出走権を確保する、たとえどんなに頭打ちで、その良績が単なる早熟性からだったとしても、そしてそれ出走枠が埋まってしまい…という問題も浮かび上がって来る。この問題は根が深いが、今年から2歳重賞が4つも増えて、さてどうなる事やら( ´,_ゝ`)

オープン、トゥ・ラヴ [SHM-CD]
オープン、トゥ・ラヴ [SHM-CD]

アーティスト:ポール・ブレイ
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2008-10-08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 22, 2013

 JRA来年度の競馬番組(つっても重賞と全体日程だけだが)がリリースされた。

2014年度開催日割および重賞競走について http://jra.jp/news/201310/102101.html
>2013/10/21
○開催日割について http://jra.jp/keiba/program/pdf/h26-nittei.pdf
00d23884.jpg
>○重賞競走について (詳細はこちら http://jra.jp/keiba/program/pdf/h26-henkou.pdfをご覧ください。)
40311b65.jpg

札幌の新スタンド完成や中山改築着手に伴う日程変更は前から言われていたし、チャンピオンズカップはついこの前触れたばかりなので略。その上での注目点は、まず有馬記念は12月28日&最終日となる事。去年と今年の、有馬翌日(=天皇誕生日)にもう一日…というのは有馬が12月の給料日前となってしまう事から売上減を憂慮した苦肉の策なのだろうが、ファンや競馬マスコミに圧倒的に不評だったし、何より来年の天皇誕生日は火曜だから飛び石開催となってしまう。その昔、中央競馬は地方競馬との取り決めから28日以降に開催する事が出来なかったから、来年の暦だと20(土)21(日)23(火・祝)っつう救いの無い日取りになるトコロだった、地方が譲歩してくれた事にJRAは安堵してるだろう。
 次に、例年9月に行ってた三連休3場三日間開催(←今年は2場三日間だったが)を3月に移行した。今年は台風順延に泣かされたし、秋雨シーズンには欲張らない方が良いとの判断か。でもこの時期もまた、特に中京は雪の懸念が有るんだけども。
 そして一番デカいのは、2歳重賞の大幅変更だ。朝日杯FSは既報通り阪神に移設、阪神で行われてたラジオNIKKEI杯2歳SはホープフルSに名称変更した上で中山に移設し有馬と同日施行。こんなややこしい事せず朝日杯を二千・ラジニケを千六にすれば済んだだけに思えるが、国際グレード格付けとの絡みだからこれはしょうがない。宙に浮いたラジオNIKKEIの冠はオープン特別の京都2歳Sを重賞格上げ(=新設)した上でここに、他に東京のいちょうSも重賞格上げ(=やはり新設)。さてこれでどうなるか。2歳戦の賞金アップは、馬主からすれば資金回収が早目に出来る訳で、ありがたい。早熟血統は生産する側にとって計算し易いし、引退のタイミングが早まる→売買のサイクルも高まる、生産界にとってもありがたい。早熟つってもよほど極端なそれでない限り3歳春ぐらいまでは成長し夏〜秋には完成する(もちろん脚部不安が解消されて…とかは別の話)、だから3歳馬に斤量有利な凱旋門賞を日本生産馬で本気で獲りたいなら2歳戦の充実を…っつう思惑かは判らないが、JRAの施策としても一理有る。使い出しが早くなるという事は3歳春のGIまでにこなすレース数が増えるという事で、だから馬券客にとってはデータ数が増える=買い易くなるという事でもある。
 問題は、2歳デビュー組が早い段階で本賞金を積み増した結果「弱いトコが有って」とか「馬優先主義」とかでの年明けデビュー組は、まず春のGIは賞金不足で出られない点。また、それでなくても2歳のうちに長距離輸送は負担が大きいのに、ホープフルの中山は二度輸送となるから「ダービーを志向してるからこそマイルは使いたくない」という関西馬陣営にとっては、GIとはいえ千六の朝日杯が阪神開催になるのは迷惑でしかない。東西格差是正の一環としてはアリでも、実際関西馬陣営にとっては悩ましいトコロだ。実際これらの影響が出るのは再来年のクラシックなんだけど、さてどうなる事やら( ´-`)y-~~~

ライヴ・アット・ザ・トップ
ライヴ・アット・ザ・トップ

アーティスト:ジュニア・マンス・ウィズ・デヴィッド・ニューマン
販売元:ワーナーミュージックジャパン
発売日:2012-09-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 05, 2013

JCダートがチャンピオンズCに!来年度、名称変更 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20131003-OHT1T00172.htm
>12月に行われるジャパンCダート・G1が14年からレース名を変え刷新されることが3日、分かった。新名称は「チャンピオンズカップ」で、舞台を阪神競馬場から中京競馬場に移し、距離は同じダート1800メートルで行われる。国際招待としての施行を取りやめ、1着賞金は現在の1億3000万円から9600万円に減額されるなど、大なたが振るわれる。
>同レースは2000年に創設。当初は東京・ダート2100メートルで行われた(02年は中山・ダート1800メートルで施行)が、08年に阪神・ダート1800メートルに移行した。阪神開催移行後は、ダート競馬の本場・北米にない右回りが嫌われ、招待レースながら10年以降は外国馬の参戦がなかった。
>形式化していた「国際招待」の冠を外し、左回り1800メートルというダート競馬のスタンダードな舞台に移すことで、より現実に即した形でレースが行われることになる。
>(2013年10月4日06時02分 スポーツ報知)

 >国際招待としての施行を取りやめ

実績馬に声掛けてもどうせ来ないから招待制度撤廃っつうのは解る。何度も何度も何度も何度も書いて来たがダート≠サンド(=ジャパニーズダート)、それでも何とかなると踏んでたアメリカンホースマンも、当時最強と言われてたリドパレスがクロフネにトンコロ食った時点で「アホくさ」ってなって、それから何年経った?JRAもさすがに「何が『ジャパンカップ(ダート)』だ」と。もう面子をクソも有るかと。それは良いが

 >当初は東京・ダート2100メートルで行われた(02年は中山・
  ダート1800メートルで施行)が、08年に阪神・ダート1800
  メートルに移行した。阪神開催移行後は、ダート競馬の本場・北米に
  ない右回りが嫌われ、招待レースながら10年以降は外国馬の参戦が
  なかった
 >形式化していた「国際招待」の冠を外し、左回り1800メートル
  というダート競馬のスタンダードな舞台に移すことで、より現実に
  即した形でレースが行われることになる

ここで「ん?」ってなる。左回りの中京に戻して外国馬いらっしゃい、つっといて招待制度撤廃。まあ規定のレイティング満たしてる馬には渡航費&滞在費をJRAが全額肩代わりする制度(←エリザベス女王杯を快勝したスノーフェアリーが有名例)はそのままだろうけど、それでも賞金減額と合わせて外国馬への処遇ダウンである事は確かだ。で、どうせ外国馬来ないだろ、ってなら別に右回りの阪神から変える必然性は無い。結局、朝日杯フューチュリティステークスを中山→阪神に変更するのに伴い、

 G議日杯FS 来年から阪神開催 | 東スポWeb http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/188701/
 >2013年09月28日 13時17分
 >JRA2歳牡馬チャンピオン決定戦としておなじみのG議日杯フューチュリティS(中山芝外1600メートル)が、来年から舞台を阪神競馬場に移して行われることが明らかになった。2014年暮れ開催の3週目=5回阪神6日目(12月21日)に、芝外1600メートルで施行される。
 半世紀以上(今年で65回)暮れの中山で行われてきたこのレースが西に移る背景には、長く指摘されてきた舞台設定の欠陥がある。現行の中山1マイルは発馬後最初のコーナーが急激に曲がる構造で、外枠が圧倒的に不利。枠順が決まった瞬間一定の馬がチャンスをなくす舞台が王者決定戦にふさわしいかという議論は古くからあった。その点、大回りで直線の長い阪神なら枠順の有利不利はほとんどない。
 >もうひとつの要因は西高東低の勢力図。すでに関西馬優勢の流れは固定されており、阪神施行なら多数の有力若駒の輸送負担が軽減できるという発想だ。「コース面からも、勢力からも妥当な流れでは…」とは某馬主関係者。今回の開催地移動は驚きではあるが、必然の側面もある。
 >この変更に呼応して暮れの阪神最終週に組まれていたG轡薀献NIKKEI杯2歳S(現行芝内2000メートル)は東西入れ替わる形で中山開催に。14年は有馬記念と同日の4回8日目(28日)に芝内2000メートルで施行される。次年の牡馬3冠初戦皐月賞と同舞台で、4か月前の“予行演習”としてより注目を集めそうだ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック