後楽園競輪

July 08, 2021

東京の地下鉄で、改札出てから地上出口までヤケに長い通路のトコがたまにある。「もっと手前に出口造っちゃえば建設費節約出来たのに」ってなもんだがこれ訳アリで、そのココロは高度成長期、網の目のように路線が張り巡らされた都電が交通渋滞の原因だという事になり地下鉄に置き換えられる事になった、その際「駅から遠くなるのは不便だ」という声が少なからず挙がったので、懐柔策として「山手線の内側どこからでも徒歩10分以内にどこかの駅に入れるようにします」という事になり、その10分ルールを成立させるためだけに不自然に長い駅通路が造られた次第。とはいえ地図上にコンパスで半径800m(=徒歩10分)の円を書いただけだから、実際には辿り着けないエアポケットのような場所もそれなりにある。
 前の担当現場で、売りに出てる一番安い部屋が1億という高級マンションに行った事があるが、正にこういう立地だった。具体的な場所は出さないが文京区の、地下鉄2駅利用可で、でもどっちも10分ではギリギリ着けない。片や坂道を上る、もう一駅は街が碁盤の目状じゃないためどう行っても絶妙に遠回りさせられる。周辺はマンションばかりで一番近い商店でも5分は掛かる。でも住民はクルマ前提だからどちらも問題なくて、ひたすら閑静な住宅街。物件の前は道路に段差が着けられてて、スピード落とさないとそこでバウンドしてしまうギミック付き、そんなだからアドトラックなんか間違っても入って来ない。
images
この良好な住環境を守るためなら戦う事も辞さない、という強い姿勢が文京区民の多くにはある。デヴェロッパーもゼネコンも、文京区にはどんな地雷が埋まってるか判らないから戦々恐々としてる…というのは不動産業界有名話。こういう人達が後楽園競輪に反対してたのだから、そりゃもう、ね(´・ω・`)
スウィートホーム
ADAM at
ビクターエンタテインメント
2016-01-20



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 21, 2014

東京地下奇談:野球の熱戦で賑わう球場の地下に競輪場の設備が | 日刊大衆 http://taishu.jp/10034.php"
>2014-08-20 [奇談]
>東京ドームができる前、後楽園球場では都の運営で競輪が行われていた。しかし、当時の美濃部都知事が公営ギャンブル場全廃方針を打ち出したことによって昭和47年、開催休止になっている。
>その後、後楽園休場は解体。競輪の設備は完全に姿を消したかのように見えるが、実はそうではない。
>東京ドームの地下には、今でもしっかり競輪のバンクが収納され、公営ギャンブル再開の日を待っている。
>ただし現実問題としては、東京ドームで競輪が行われる可能性はゼロに近い。昔と周辺環境もずいぶん変わったし、住民も許さないだろう。
>それはドームの建設当時から分かっていた。使いもしないバンクを地下に入れた理由は、競輪再開を期待したからではなく、地下室を再利用する必要があったからではないか、という観測が有る。
>地下の空洞は、埋め戻しても元の硬さには戻らない。杭も打てない軟弱な地盤になってしまう。
>埋めるより、再利用するほうがずっと合理的だ。後楽園には戦前、陸軍の砲兵工廠があった。武器弾薬の製造工場だ。
>そんなところが空爆されたら、大変な被害が出る。地下壕が掘られたとしても、なんの不思議もない。
>というより。むしろ当然の戦略だろう。

競輪ファンなら誰でも知って…はいないか。ガールズから始めましたなんて人だったら初耳かもしれん。っつう事で大衆のこの記事だが、なるほど青天井の競輪場の下には防空壕があった、そこに競輪場よりは重量構造物であるドームを建てるに当たり、防空壕も抱え込んだ設計とした、そこは必然的に何らかを収納する倉庫となるから…と。いや仮説として魅力的かもしれんけど、無理があるっての。
 東京ドームの、野球ファンの評判はお世辞にも良くはない。「ドームラン」と揶揄される、なぜか巨人の攻撃時に限って「え、あれ(スタンドに)入っちゃう(=ホームラン)んだ」っつう現象は、そういう先入観で捉えてるから…と説明出来なくもないが、大飛球が天井に当たる事象が他のドーム球場より多いのは厳然たる事実だ。何せ日本初のドーム球場、前例となる設計物がないから苦心したとは思うが、それでも飛球の上がり方をシミュレートして必要高を確保する事は出来た筈だ。要するに、地下室の部分までグラウンドレヴェルを下げてしまえば必要十分な室内高を確保出来たし、そうすれば客席部分をもう一層造れて収用人員も増やせた、それを敢えてしなかったというのは不自然ではないか。そこまで集客出来る自信がない?何をおっしゃる天下の読売巨人軍が!当時の巨人はダフ屋がゾロゾロ、チケットはプラチナペーパーだった事を思うと、やはり競輪使用を前提として、地下にバンク収用庫を造ったと考える方が圧倒的に自然だ。公営競技全盛期はとうに過ぎていたとはいえ、それでもまだ、競輪は施行者にとっては儲かる事業だったし。
 とはいえ、後楽園で競輪をやりたいと手を挙げる自治体はその後も現れなかった。現衆院議員である石原慎太郎氏が都知事に就任当初(って何年前じゃ)、開催に色気を見せた事はあったが、調査の結果は芳しくなかったと答弁し、それっきり競輪のケの字も口にしなくなった。現行のミッドナイト競輪は無観客だから後楽園でも可能な筈だが、実現の見通しは全くないし、地元・文京区も全く譲歩する気配はない。だからこそバンクは無用の長物と化してる訳なのだが…( ´-`)y-~~~

ホロー・アウト
ホロー・アウト

アーティスト:菊地雅章=エルヴィン・ジョーンズ
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2009-05-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 03, 2011

 寝る前の事だから流れ的には昨夜だけど、日付的には今日のネタだっつう事で。TBSの関東ローカル「E-Girlsが!モンクの叫び」 http://www.tbs.co.jp/monk-sakebi/っつう、視聴者の怒りや疑問をネタとして取り上げる番組が有って、今回は中学生の投稿で、夕方街中に流れるメロディのせいでもっと遊んでたいのに帰らにゃならんのが腹立つ、と。

 Celebration!(DVD付)
 
Celebration!(DVD付)

 アーティスト:E-Girls
 販売元:rhythm zone
 発売日:2011-12-28
 クチコミを見る

投稿自体はこれだけなのだが、「ウチんトコと音楽ちゃうぞ」と番組スタッフの琴線に触れたのか、東京23区のそれを調べてみる事に。俺の住む豊島区は『ふるさと』。荒川区は聴いた事無いメロディ流れて何これ?と思ったら区歌。知らんがな(´・ω・`) これ、区立小学校ではどこでも校歌とワンセットで歌わされたりするのか?だとしても越して来た人間にゃ(゚д゚)ポカーン だっつう。でもって目黒区も区歌。自己顕示欲っつうか何つうか。他には『家路』が1ヶ所、

 コンプリート“ゴーイン・ホーム”セッション
 
コンプリート“ゴーイン・ホーム”セッション

 アーティスト:アートペッパー&ジョージ・ケイブルス
 販売元:ビクターエンタテインメント
 発売日:2007-02-21
 クチコミを見る

チャイムが4区。普通の学校のチャイム…と言いたいが最早「普通」の定義も曖昧なんでくだくだしいが説明すると「キーンコーンカーンコーン♪」、これってウエストミンスター寺院の鐘の音を模したものだったのね。音階だとミードーレーソ(↓)ー、ソ(↓)ーレーミードー。
 一番多かったのは『夕焼け小焼け』、23区中11区。ただし一つとして同じものは無し、オルゴール調だったり「5時半になりました」とかのアナウンスがメインでメロディはあくまでBGMとして扱われてるもの、キーもテンポも違うから「速い速い速い速い速い!」と思わず叫びたくなるものまで。…で、最後に残りし文京区。まるでPVの様なスライドがバックに流れる(←ただ曲だけ流してもTVの絵的に保たないんで、そういう映像を作って画面下に『日本に住むインド人の1割以上が江戸川区在住』とかその区のトリビアをテロップで入れて曲を流してた)が終始無音。スタジオ雛段のE-Girls達も「えっ無いの?」とかザワ付き出したトコにデカデカと『無し』のテロップが。MCココリコ田中の説明によると、かつては有ったが「うるさい」と住民から苦情が来たため廃止されたとの事(因みに、それ以前に流されてたのはやはりウエストミンスター寺院の鐘)。…まあ、さすがは文京区というべきか。後楽園ゆうえんちのジェットコースターの客の歓声が喧しいとクレーム付けた文京区民、今に始まったこっちゃない、筋金入りだ。
 さて、後楽園競輪が廃止されて久しい。もちろん復帰の目は皆無なのだが競輪関係者の中には未だに夢想してる人も少なからず居て、でもこういう手合いを説き伏せられるかっつったら絶対無理でしょ。相手が悪かったと認めてエエ加減諦めなさいって( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック