山下洋輔

July 09, 2017

【産経抄】日本の無防備なまでの寛容さ? 共産党躍進の不思議 7月8日 - 産経ニュース http://www.sankei.com/column/news/170708/clm1707080003-n1.html
>2017.7.8 05:04
clm1707080003-p1 http://www.sankei.com/images/news/170708/clm1707080003-p1.jpg
>▼日本の現状は、世界的には稀有(けう)な事例らしい。歴史資料収集家の福冨健一氏の著書『共産主義の誤謬(ごびゅう)』によると、先進国で共産党が躍進しているのは日本だけで、欧米では消えつつあるという。米国や英国、ドイツ、イタリアなどでは共産党は国政の場に議席を持っていない。
>▼「どうして日本には、共産党があるの?」。福冨氏が、諸外国の若者たちを国会議事堂に連れて行くと、決まって驚くのだそうだ。確かに、共産党は憲法違反だとして1956年に解散させた西ドイツ(現ドイツ)のような国からみると、日本の無防備なまでの寛容さは不思議なのだろう。

普通の日本人の感覚からすると共産党=万年野党でしかないが、しかし学校の社会の授業で教わった知識だけでも、共産主義の何たるかを考えると欧米の感覚の方が確かに正しいわな。
 俺にとっての共産主義の認識はピアニスト・山下洋輔のエッセイから得たものだ。70年代後半、ヨーロッパツアーを2ヶ月ほどやるのが年中行事となってて、当時は世界中の情報がネットで得られるような時代じゃないから友人である西ドイツ(!)のレコード会社の社長にブッキングエージェントになってもらい、観光地じゃないから普通の日本人が存在すら知らないような街までサーキットして回る中での異文化経験を綴ったものだが、そこには当然「東欧」諸国でのライヴもある。その中のエピソードで、東ドイツ(!)に向かう電車の中でそのドイツ人マネージャーが折り畳み式の碁盤を広げるや、鉄道警察がスッ飛んで来て「バクチは禁止だ」と大怒られするクダリがある。もちろん賭けるつもりなどない、ましてや対局も始まってすらないが、それでもダメなものは問答無用でダメなのだ。権力側の人間である警察はもちろんだが、外国人旅行者向けホテルは西側との玄関口であるから、邪悪な自由民主主義に染められないようなバリバリの愛国者・筋金入りの共産主義者でなければ従事出来ない…とはドイツマネの談。
 ことほど左様にギャンブル禁止を党是とするのが共産主義というもので、だから日本のカジノ解禁に対しても反対派の急先鋒。それでいて公営競技従事員組合を支持もしているのだから ━━ 「弱い立場の労働者の権利を守る」というのが建前だが ━━ はダブルスタンダードというか二枚舌というか、首を傾げてしまう。その昔、長嶋茂雄が「共産党の世の中になったらプロ野球が出来なくなる」と発言したのは単なるチョーさん語録、お笑いエピソードとして扱われてるけど、あながち大袈裟でもないんだよな(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 24, 2015

高須院長 カジノで大勝ちし、即金で送迎車のロールス購入 http://www.news-postseven.com/archives/20150523_323964.html
>2015.05.23 07:00
e776fa60.jpg【 カジノで大勝ちした話を語る高須院長】 http://www.news-postseven.com/picture/2015/05/IMG_4059.jpg
>高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、ここ数年何度も話題になっているカジノの合法化についてうかがいました。
>* * *
>──ちなみに、高須院長は海外に行かれたときにカジノで遊ぶことはあるんですか?
>高須:40年近く昔、マカオの友達に会いに行ったときなんかは、特にやることもないからカジノで遊ぶんだけど、けっこう儲かっちゃうんだよ。
>──そんな簡単に!?
>高須:いや、本当に。僕は細かく賭けたりなんかしないもん。ルーレットとか大小とかをやるんだけど、1回そのとき持っている全財産を賭けて、当たっても外れても終わり、みたいな賭け方だからね。ルーレットでは赤か黒かに全財産を賭ける。
>──まさにギャンブラーですね。
>高須:結局丁半博打がいちばん効率いいからね。で、あるときけっこう儲かったんだけど、そのころは現地通貨を日本円に替えられなかったんだよ。
>──勝ったお金はどうしたんですか?
>高須:ちょうどカジノからホテルに帰る送迎用の車が、ロールスロイスのシルバーシャドウだったんだけど、「この車、いいなあ」なんて話していてね。それで「売ってもいいですよ」って言われたから、「この現金でどうだ?」ってカジノで儲けたお金を見せたら、そこで売買が成立しちゃった。
>──すごい話ですね!
>高須:ただ、シッピングするのに200万円くらいかかって、車検を通すのにも300万円くらいかかって大変だったけどね。たしか車体だけだと現金500万円くらいだったんだけど、結局払ったのは1000万円くらいかな。当時、正規で買ったら2000万円くらいの車だったと思うから、その時点では悪い買い物ではなかった。
>──「その時点では」というと?
>高須:日本に運んできて受け取るときに、ぼくの秘書が運転したんだけど、いきなりぶつけちゃって、そこでまた修理代が何百万円もかかっちゃった。
>──それはまた災難ですね。
>高須:その後も故障が多くて困ったよ。もともとマカオの海岸沿いを走ってたから、潮でやられちゃってたみたいで。もう、保持するのも大変だから、そのロールスロイスを頭金にして、リンカーン・コンチネンタルに買い換えようと思って、査定してもらったら100万円にしかならないって言われてね。いやあショックだった。最終的には、全然お得な買い物にはならなかった…。まあ、カジノで儲けたあぶく銭で買った車だったから、仕方なかったのかもしれないけどね。

さすが克っちゃん、豪快さんだ。
 外為法は国によって事情が異なるが、日本だって昔はいろいろと大変だった。遥か昔、プロレスのシリーズ最終戦は沖縄で行うのが通例だったが、これはアメリカンレスラーに支払うギャラの、ドルに持ち出し制限があったため。当時はアメリカ領だった沖縄ならヤミでドルを出し入れ出来るという次第だ。これを解消したのは何と力道山、アメリカに招聘された際のファイトマネーを受け取らずプロモーター預けにしておいて、日本に招聘するレスラーには「○○(←預けてたプロモーター)から貰ってくれ」と。これでシリーズファイナルを東京や大阪で行えるようになり、興行上もプラスになると同時に、アメリカンプロレス界からも「リキのビジネスは信用出来る」となった。
 持ち出し規制とは違うが、ピアニスト・山下洋輔はエッセイで何度か触れてるが、東欧諸国で仕事をした際のギャラがいわゆる「東ガネ」な事があって、その処遇をどうするかはミュージシャン永遠の課題なのだそうだ。自身は、付き人兼通訳兼ガイド(という名目で、体制側に都合の悪いものに触れないようにする見張り役)の学生カップルを自分達が泊まってる外国人旅行者用ホテルのディナーに招待し、ワインリストの一番高いヤツを3本空けた事があるという。その日のうちに出国しなければならなかったテナーマン(実名を挙げられてはいなかったが、ジョニー・グリフィンである事は明白)は、飛行機のシートベルト着用サインが消えるや立ち上がり、罵詈雑言と共に札束を機内にブチ撒けたという。使ってしまえるのなら、その方がよほどマシという訳だ。なら、克っちゃんの「ロールス買っちゃえ」も道理だな。パチンコの貯玉よろしくカジノ預けにしといて、次遊びに来た時のプレイ代に…ってのも芸がないしねえ。結果的には賢い買い物とはならなかったが、こうしてゼニ取れるエピソードとなったのだから、まあ上出来の部類ではないかと( ´-`)y-~~~

フィンガー・ポッピン
フィンガー・ポッピン

販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2015-07-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 25, 2010

ナタリー - 森山直太朗の本当の姿をさらけ出す未発表曲集リリース http://natalie.mu/music/news/40996
>2010年11月25日 10:41 541
>森山直太朗がニューアルバム「レア・トラックス vol.1」を12月15日にリリースすることが決定した。
>アルバム「あらゆるものの真ん中で」からわずか6カ月で発売されるこの作品は、これまで事情により収録されなかった楽曲をレコーディングした未発表曲集。すでにライブで披露された「タカシくん」「あなたがそうまで言うのなら」「どうしてそのシャツ選んだの」「うんこ」を含む11曲が収録される。
>過去の作品には表れなかった知られざる直太朗の姿が堪能できる、異色の内容になることが期待できそうだ。

 >収録曲
 >01. あなたがそうまで言うのなら
 >02. どうしてそのシャツ選んだの
 >03. 友達だと思ってたのに
 >04. トイレの匂いも変わったね
 >05. 取れそうなボタン
 >06. タカシくん
 >07. 結婚しようよ
 >08. うんこ
 >09. 臆病者
 >10. まかないが食べたい
 >11. ここにきてモーツァルト


何じゃこりゃ。記事のうんこで笑ってたけど、こうして全曲名眺めてみるとジワジワ来るな。ふかわりょうのネタ『相手にダメージを与える一言』を思い出したり。気になって調べてみたら前作の収録曲名も

 >1.何処かで誰かが
 >2.ラクダのラッパ
 >3.花鳥風月
 >4.昨日の君と今日の僕
 >5.雨だけど雨だから
 >6.グングルパーニャ
 >7.優しさ
 >8.四月になれば
 >9.夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている
 >10.人のことなんて
 >11.アメリカにいるみたい
 >12.トルコの人形
 >13.知らないことが多すぎる

 あらゆるものの真ん中で
 あらゆるものの真ん中で
 アーティスト:森山直太朗
 販売元:NAYUTAWAVE RECORDS
 発売日:2010-06-09
 クチコミを見る


これだけならアリでも『うんこ』経由だと、メンヘラというか狂気っつうか、何かの萌芽のようにも思える。普段日本語の歌を能動的に聴く事は全くないんだけど、これは興味が湧いて来た。ちょっと聴きたくなって来た。
 かつて山下洋輔は「曲名は『これこれの曲をやろう』と共演者に伝えるための符丁のようなものに過ぎない」と発言した。アンソニー・ブラクストンはやはり表題音楽否定派なのか逆に拘り抜いた結果なのか、レコードの収録曲名にベンゼン環や分子構造式のようなもの(=曲名)が並んでた。ライヴで曲名紹介どうしてたんだろうか。MCなし、演奏だけ聴け!っつうステージだったのかな。
 まあとにかく、名は体を表す。メーカーが新商品を発売するに際し、そのネーミングにことのほか気を遣うのは、それが売上に大きく影響するからだ。そいでバクチ話だが、十数年前、JRAが重賞を多数の新設した、そのネーミングセンスが非常な不評を託った。特にアンタレスステークスとかマーメイドステークスとかは施行条件がなかなか固定化されなかった事もあり、キャリアの長いファンから「どんな重賞やら思い浮かばん」とブーイングを浴びた。一方で秋華賞は「もうちょっと何かなかったか」「センスわりー」。今の若いファンは『JRA』『ウインズ』で競馬に入って来てるから特段感想もなかろうが、やはりキャリアあるファンは「ウインズぅ?…ピンと来ねえなあ」だった。『場外発売』という言葉が今なお生きてる事もあり、中高年ファンは未だに『場外』だ。『メイクデビュー』や競輪の『共同通信社杯春一番』『SSカップみのり』は嘲笑の的になった。
 何を今さらなこっちゃだが、とにかくネーミングは消費動向に与える影響大ですよ、っつう話だ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 24, 2010

日本、オランダに敗退 得点シーン直前にハンド疑惑 http://news.ameba.jp/weblog/2010/06/70790.html
>6月20日 21時01分
>19日、サッカーW杯南アフリカ大会の予選・日本VSオランダ戦は1-0でオランダが勝利した。この試合、では後半8分、ファン・ペルシーがペナルティエリア内からスナイデルにパスを出し、これを受けたスナイデルのミドルシュートが決勝点となった。
>だが、このシーンについて、ファン・ペルシーがハンドをしていたのでは? と指摘する声がネット上には出ている。
>YouTubeの動画を見てみると、ゴールシーン直前のファン・ペルシーは確かにハンドをしているようにも見える。結果的に審判が笛を吹かなかったため、これは今さら変更できる話ではないが、ネットでも同様の声が多数だった。
>2ちゃんねるには「オランダの1点目が明らかなハンドであることが発覚!!」というスレッドが立ったものの、「今更なに言ってもなw」「審判が取ってないんだからハンドじゃねんだよボケ」「もう終わった事なんだからグダグダ言うな これからの事を考えろ」「試合中にとられなかったらもうそこで終了だろ」「試合後に言っても何にもならん」「終わった事でごちゃごちゃ言うなよ」など大人な対応の他、「終わった事でごちゃごちゃ言うなよ」など大人な対応の他、「こいつは本物のタッチマン(ダッチマン)だな」とファン・ペルシーに新たなニックネームをつける人も登場した。

最後のダジャレは頂けないが、そんなシーンもあったのか。ふーむ。まあ3競オートだって「あれが失格ってか!」「え、あれセーフなの」ってのは随分あるしな( ´-`)y-~~~
 そいでラスト1試合、日本はデンマーク戦をドローでも1次リーグ突破。逆にデンマークは、日本に勝つ事が必須条件。キックオフは日本時間木曜27時半、つうか金曜3時半。ネット見てると「何とか寝ないで頑張る」って人が多いようで、でも何で発想転換出来んかと思う。木曜は全速帰宅し酒でも睡眠薬でもかっ食らって9時ぐらいに寝てしまって、まだ日も明けぬ早朝3時に起きてTV視て、そのまま始発に近い電車で通勤通学してしまえば良いのだ。

 >私達は、演奏のある日は酒を飲まないことにしている。しかし、
  大体、今日は演奏のある日なのか。それは、他のグループの奴らは
  午後七時だの八時だのに始めて、後は一晩中飲んで騒げばよい。
  奴らは確かに、今日、演奏するのだ。
 >だが、おれ、いや私達はどうなのだ。午前四時というのは、その晩の
  内なのか、それとも一夜明けた次の日の朝なのか。前者なら、
  深夜喫茶ハイミナールジャズ、後者なら、牛乳配達お早うジャズと
  覚悟はできているのだ。早く返答せえ。
 >すると、ドラムスの小山彰太が、「これは当然、朝一番の魚河岸
  仕事です。だから今から浴びる程ビールを飲んで早寝をし、午前三時に
  さわやかに目を覚まし、そのままステージへ駆け登って、一発
  ブチカマシましょう」と態度を決めてくれた。そうと決まればこっちのものだ。
 『ピアニストに御用心!/山下洋輔(晶文社)』

まあこれは9時5時の人のみに有効なのであって、10時半出社20時半帰社の俺にはどう足掻いても無理だ。金曜仕事に絶対差し障りが生じる。
 ところで、前ネタにしたが、前回ドイツや前々回の日韓大会と比べて今回、明らかに盛り上がりに欠けている。日本戦の視聴率凄いとか言ってるが前二回はさらに凄かったんだし、試合後騒ぐ若いコ達も一回りスケールダウンしてる。ウチの近所の西友じゃFIFA公認球を700円で、ザクミ(=マスコット)のキーホルダーに至っては100円で投げ売り。…これ、1次リーグ突破したらプレミア付くかな。どうせ安いし、一応「投資」してみるべき…かなあ('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 14, 2009

日本人が2日連続入賞の歴史的快挙なのに (ゲンダイネット) http://news.www.infoseek.co.jp/entertainment/story/14gendainet07027840/
>●CS放送
>世界的には大きな話題になっている「ツール・ド・フランス」。日本ではほとんど報じられないので、先週の続報を。
>ツール106年の歴史で初めて日本人が10位入賞を果たした。それも2日連続の快挙。いや、たまげた。
>まず、第2ステージで新城幸也(ブイグテレコム)がゴールスプリントで惜しくも5位。新城はステージ優勝を狙ったそうで、喜ぶどころか、悔しがったから、二度ビックリ。続く第3ステージ。別府史之(スキル・シマノ)が8位ゴール。スカパーの解説者は両日とも「歴史的瞬間」と声が震えていた。
>それと、復活した“鉄人”ランス・アームストロング(アスタナ)が早くも本領を発揮。第4ステージのチームタイムトライアルで所属するアスタナが勝ち、総合2位。第7ステージ時点でトップから8秒差の総合3位。ターミネーターみたいだ。週末の第8、第9ステージは2000メートルを超える山岳ステージ。308チャンネルで放送。
>(日刊ゲンダイ2009年7月11日掲載)
>[ 2009年7月14日10時00分 ]

こういう、世界的に人気なのに日本ではまだ人気化してないもの(or人)って、多々ある。で、そういうのを部外者に説明する時「世界では…」と、『世界という権威』を使って説得しようという姿勢が、俺には物凄くビンボ臭く思えて、ヤだ('A`) じゃあ世界中で人気ある訳じゃないけど日本国内だけでは大人気なもの(or人)は『下』なのかと。違うだろと。例えば俺が山下洋輔の音楽を好きなのはヨーロッパで熱狂的人気を誇ってるからではないし、が〜まるちょばのパフォーマンスを好きなのも『Newsweekが選ぶ100人の日本人』に選ばれてるからではない。で、世界が認めた、という価値観が唯一の評価軸であるならば、美空ひばりも松田聖子も桑田佳祐も福山雅治も山下洋輔より下!という事になってしまうし、あきれたぼういずもクレイジーキャッツもコント55号もザ・ドリフターズも中田カウス・ボタンもツービートも、やはりが〜まるちょばより下になってしまう。もちろん、そんな筈はない。
 物の価値観を決める物差しは一つではない。例えば競馬で、全馬券客の物差しが一つだったらオッズが成り立たない。「楽に逃げられれば」「調教動いた」「鞍上強化で」「脚抜き良い馬場で」「前崩れの展開になりそう」など、物差しが客の数だけあるからバクチとして成り立つのだし。音楽や芸の話と同じ事だ。まあ『何であれ物差しはただ一つであるべき主義者』というのも現実には居て、これは要するに視野狭窄に陥ってるのだが、当人は自覚がないし指摘しても頑として認めない。困ったチャンだわな('A`)
 話モトイ。ツールドフランス。記事に出て来た日本人選手には頑張って欲しいと思うが、俺は競輪競技は好きだがロード種目を面白いとは全く思わないので、単に同胞意識から来る応援でしかない(そして多くの国民もそう思ってる、からこそ現状不人気種目なのだ)。で、前述の通り、価値観つうのは多様化するものであって、だから俺はその事をヤマシイとか気が引けるとかは当然だが思ってない。競輪と自転車競技で、どっちが上とか下とか思ってないのだ。だから競輪選手が仮にツールドフランスやオリンピックや世界選手権のような場でバリバリ活躍したとして、それは凄いと尊敬はするが、それが競輪人気復興に繋がるとも、当然だが全く思ってない。単に世間の耳目を引きたいだけなら、はんにゃ金田辺りに「競輪面白いですよ」か何か言わせた方が遥かに早いし、効果的だし。うん、そんな風です( ´-`)y-~~~

イン・ザ・ワールド(紙ジャケット仕様)
イン・ザ・ワールド(紙ジャケット仕様)

アーティスト:クリフォード・ジョーダン
販売元:Pヴァイン
発売日:2006-12-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 09, 2009

 棋士の藤沢秀行が亡くなった。競輪打ちには名の知れた大豪で、競輪に限らずバクチ全般、また酒に女にとエピソードも多い。豪放磊落を地で行く人だったそうで、でもそれは虚勢を張ってただけで実際は自分に脆いタイプの人だったのではないか?っつう気がする。人と居ると間が保たないから酒に走りアルコール依存症に…とか。自分で存れた、自身を取り戻せたのは碁やバクチの局面に対してるその瞬間だけだったんじゃないか。いや全くの直感だけど。
 この前亡くなった忌野清志郎もそうだが、時代的にも人脈的にも結構近いトコ見てるのに俺はちゃんと出会う事なく終わっちゃったなと。せめて碁打てりゃねえ…手元の本に何か、触れられたエピソードが無いか探してみたが、『風雲ジャズ帖の逆襲/山下洋輔(東京書籍)』に一行出て来るのみ。

 風雲ジャズ帖の逆襲
 著 者:山下 洋輔
 販売元:東京書籍
 発売日:1995-09
 クチコミを見る

この本はどういう趣向か、著者の周辺人物は全て当て字や読みも変えてあって山下文学初心者にはいささか取っ付き難いが、自身は『野暮舌』として登場する。

 >この後、さらに交友が続き、野暮舌は片岡九段に競輪を教えてもらう
  ことになる。住んでいるところが多恥川市と知って片岡さん「そういう
  所に住んでいて競輪をしないのはもったいない」とのお言葉。
 >大きな記念レースの招待券を用意してくださった。その日、特別
  観覧席のロビーに連れていってもらうと、その一角にはあの伝説の
  藤沢秀公名誉棋聖を始め、有名棋士がずらりと揃っているという光景。
  野暮舌と保志さん、互いに袖をつつきあいながら、「あ、秀公だ」
  などと小声で興奮する。この日、片岡九段の「競輪は団体競技です」
  から始まる適切な指導とビギナーズラックで、野暮舌、数千円分を勝った。
 >終わって、大群衆と共に押されるように多恥川駅まで移動した。
  駅ビル内の居酒屋で乾杯。やがて片岡さんの音頭で反省会がはじまり、
  それぞれが買ってあった専門新聞と赤鉛筆を出して記憶をたどる。
  片岡九段は最後のレースで究極の読みを的中させ、レース展開が
  その通りになったという。しかし、ある選手の一瞬の動きで着順が
  数センチ入れ替わった。その結果を冷静に反芻していたが、さすがに
  色白の頬は紅潮していた。話される言葉の中になにやらケイリンという
  ものにまつわる様々な深淵な世界がちらりと垣間見られるのだが、
  それ以上の理解には到達できぬ、野暮舌、保志の初体験コンビなのだった。

さらにこのエピソードの後半には、こんなクダリが。

 >冗談半分にせよそう言う片岡九段からは、一瞬「勝負師」の姿が
  立ちのぼる。考えてみたらこの方の住む世界は、単なる表現の世界
  ではなく、相手を倒し、殺し、自分が這い上がらねばならない、勝負、
  武芸、の世界なのだった。真剣勝負に臨む片岡九段の姿は、我々に
  見せたことのない凄みを帯びるのだろうと、野暮舌恐れつつも実感したのだった。

こういう人達が引き付けられるサムシング、何物かが競輪にはあるのだろう。面白いのは、将棋も、羽生を初めとして競輪打ちが多い事だ(競輪のビッグレースの中継番組のゲスト等にしばしば登場する)。両競技は脳の使う部分が違うというが(碁は女流棋士も男に伍して戦えるが将棋は棋力の男女差が大きく、プロ棋界で男が女に負けるとそれだけで大ニュースとなる)、囲碁=競輪・将棋=競艇とか明快に棲み分けるのでなく、それぞれが競輪に魅せられている(もちろん他のバクチに手を出してる人も多いだろうが)。
 さて、いみじくも片岡は競輪を団体競技だと山下に説いた。この本の初版は95年9月。それから14年、競輪のルールや競輪を取り巻く環境も随分変わった。今の輪界は片岡にはどう映っているだろうか( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック