小島茂之

July 17, 2012

不服申し立て小島茂師「風化させない」 http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20120717-984650.html
146316de.jpg

6月13日、不服申し立て棄却に残念そうな表情を浮かべる小島茂師 http://www.nikkansports.com/race/news/photonews_nslnc_p-rc-tp0-20120717-984650.html
>小島茂之師(44)が6月10日東京8Rの審議の件に徹底抗戦の姿勢を見せるのは、現在の裁決や裁定委員のあり方に一石を投じたいと考えているからだ。「裁定委員会でも自分を納得させてくれる説明はもらえなかった。裁決にはファンに分かりやすい基準が必要だし、間違った判定があった時は裁定委員会という制度が正しく機能してくれないと」と主張する。
>裁定委員会で申し立て棄却の結論が出た今、これからは裁決基準の明確化や、裁定委員会システムの改善を求めていくことに重きを置く。「今後の競馬界全体のためにも必要なこと。風化させてはいけない話。調教師や騎手、馬主さんにも応援してくれる人は多い。自分が行動し続けることで、大きなうねりを作りたい」と、歩みを止めるつもりはない。
>◆不服申し立ての経緯 6月10日東京8Rで、1着馬ファイナルフォームがゴール付近で急に外側へ斜行し、直後から脚を伸ばしていたランパスインベガスは手綱を引っ張る不利を受けた。結果、完全に2着に上がる勢いを止められ3着に敗れた。
>同馬を管理する小島茂師はレース直後に進路妨害の申し立てをしたが棄却。内田騎手は2日間の騎乗停止となったが、走行妨害には当たらないとしてそのままの着順で確定した。
>同師はこの裁決を不服として、裁定委員会に不服申し立てを行ったが、6月13日に開かれた同委員会では、走行妨害の申し立て棄却の裁決は相当と判断された。不服申し立ては過去にも7件あったが、いずれも棄却されている。
>[2012年7月17日8時29分 紙面から]
JRAは近日中に新裁決方針を発表 http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20120717-984652.html
>現行の裁決基準についてJRA側も満足している訳ではない。小島茂之師の6月10日東京8Rの不服申し立てに続き、先日は中山馬主協会も裁決基準の公開などを要望。多方面からの声を受け止め、JRAも裁決基準の見直しに動く方向性を固めた。審判部の福田正二部長補佐は「今は着順をもって判断ポイントとしていないが、競馬会としても今の基準が未来へ向けてお客様に分かりやすい基準かどうかということも含め、裁決基準の見直しの検討を始めている」と話す。
>今後は「分かりやすいルールづくり」をテーマに見直しが進められていくことになる。審判部審判課の伊藤忍課長も「『難しい』というのは、そのルールが良くないということ。馬券を買っているファンに分かりにくいルールは変えていかないといけない。その点で信頼がないと言われるのであれば、そこを変えていかないといけない」と続ける。近日中にも新たな裁決の方針が発表されることになりそうだ。
>一方、元騎手などの騎乗経験者を裁決委員に加えることについては、従来通りの見解を踏襲した。伊藤課長が「過去の定例会見の中でも言ってきたように、まったく考えていないわけではない。適任者がいれば」と話す。ただ、現時点では完全に利害関係のない人間がいるのか、レースの審議だけでなく通常業務も行うなどの点が障害として考えられる。完全に門戸を閉ざしているわけではないが、実現に向けては、まだまだ課題がありそうだ。
>◆裁決委員 現在14人おり、開催ごとに4人1組のチーム(裁決委員3人、裁決委員付1人)で、裁決に関する業務を行う。本部の審判部(参与、部長、部長補佐、審判課長、公正課長、免許課長)、栗東トレセン(技術参事役、公正室長、上席・主任裁決役)、美浦トレセン(同)で構成され、約20年の開催執務の経験を有する者の中から登用される。現在は裁決委員として平均で5〜10年の経験を積んでいる委員が多い。
>[2012年7月17日8時13分 紙面から]
「透明な」JRA裁決を!ファン9割望む http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20120717-984654.html
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 20, 2012

中山馬主協会が小島茂師を支援 http://www.daily.co.jp/horse/2012/06/20/0005149002.shtml
>10日の東京競馬8Rの走行妨害における不服申し立てを棄却された小島茂之調教師(44)=美浦=が19日、その後の経緯について語った。「(不利を受けたランパスインベガス=3着の)オーナーが所属する中山馬主協会も支援してくれると言っている。22日には調教師会の見解を聞く予定。このままでは(競馬から)ファンが離れてしまう。競馬界全体のためにも、いろいろと動いていきたい」と改めて決意を口にした。
>(6月20日)
中山馬主協会がJRAに「抗議」も、不服申し立て小島師を支援 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20120618-OHT1T00188.htm
>中山馬主協会は18日、10日の東京競馬第8レースに出走したランパスインベガス(3着)が受けた走行妨害について不服申し立てを行い、棄却された小島茂之調教師(44)=美浦=と、同馬のオーナーである西見徹也氏から事情を聞いた。西見氏は、同協会に所属しており、協会からも、JRAに明確な説明を求めていく方針だ。
>西見氏は「今回の件は、調教師、ジョッキー、ファンなど、90%以上が被害者。馬主としても、今後同じことが起きた場合に、大事な所有馬が、けがや精神的なダメージを受けると困ってしまう。フェアな立場で勝負したい」と思いを述べた。また、小島師は「競馬がだめにならないように、立ち上がらなければいけない。馬主協会が支援してくれるのは頼もしい」と話した。
>問題のレースは、内田が騎乗して1位で入線したファイナルフォームが、決勝線手前で急に外側へ斜行。ランパスインベガスと接触した。内田は2日間の騎乗停止処分を受けたが、着順は変更されなかった。被害馬を管理する小島師は、2着の可能性があったと主張し、不服申し立てを行ったが、13日に棄却された。
>「この裁定は、我々も到底納得できない。協会全体で、抗議の声を大きくしたい。JRAには、きちんとした回答を求めたい」と西川賢・中山馬主協会会長。不透明な降着制度に異を唱え、今度は馬主サイドが立ち上がった。
>(2012年6月19日06時01分 スポーツ報知)
東京8R : 須田鷹雄の日常・非日常 http://blog.livedoor.jp/suda_takao/archives/67567543.html
一夜明けても|水上学公式ブログ『白線の内がわ』 http://mizukami-manabu.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-6cd8.html
日曜東京8Rの審議について : 元騎手・坂井千明の乗り役流儀〜騎手にしかわからないこと http://blog.livedoor.jp/sakai_chiaki/archives/53958110.html

これだけオオゴトになってもJRAが非を認めるとは思えない、むしろこういう時こそ組織防衛として身内を庇うのが巨大組織というものだ。でも、それでも上層部に「コイツら(=当日東京の担当裁決委員)何つうアホな事やらかしよってからに」と認識させれば将来的に何らかの改善がなされるかもしれないっつう淡い期待は今回確かに有る、関係者はスジ論で徹底的に戦ってもらいたい。事と次第によっちゃ俺も東京競馬だけ馬券ボイコットを考える、JRAに与えるダメージなど蚊の流す涙に浮かぶ島に付ける船ぐらいしかないのは解ってるが、それでもしたくなる気持ちは小さくない(浜松オートや武雄競輪は今なお決行中である)、引き続き注視したい(`・ω・´)

ウイ・インシスト
ウイ・インシスト

アーティスト:マックス・ローチ
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:1997-03-29
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 11, 2012

 出社するや、同僚が忌々し気に吐き捨てた。
内田博斜行も1着に、小島茂師不服申し立て http://www.sanspo.com/keiba/news/20120611/kei12061105570006-n1.html
>2012.6.11 05:01
>長い審議の末、着順どおりに確定した瞬間、東京競馬場のファンからは大きなどよめきが起こった。問題のレースは10日の東京8R(3歳上500万下、芝1600メートル)。1着馬のゴール前の斜行は、明らかに“アウト”と思われたが、判定はセーフ。これには、被害を被った小島茂之調教師は不服申し立てを行うと宣言した。
>直線で外から伸びて先頭に立ったファイナルフォームが、ゴール前で急に外側に斜行。さらに外から追い込んだランパスインベガスは前をカットされ、鞍上が立ち上がる格好となった。到達順位は1位ファイナル、2位に内で粘ったヒラボクインパクト、3位ランパスだったが、ゴール手前でのランパスの脚いろは際立っており、スムーズに走れていれば2位に上がっていたと思われた。審議の対象はファイナルの内田博幸騎手で、直線で右ムチを使用していたが、ゴール手前で左ムチに持ち替えて叩き、それに馬が反応して、外に寄れた。このことからも降着(1位入線から、被害対象馬のランパスの後ろの3着)のムードが漂ったものの、レース終了から約15分もの時間が経過した午後2時19分に着順の変更はなく確定した。この件について、JRAは最終レース終了後にパトロールビデオを使用して報道陣に説明。青木裁決委員は「被害を受けた場所とゴールとの位置関係を考慮した。今回は被害を受けて2〜3完歩(15〜20メートル程度)でゴール。被害を受けている最中で入線しており、被害が極限に達したものではなかった」と、走行妨害に至らなかった理由を説明した。ただし、内田博騎手に対しては「不用意なムチの使用で、危険性がある」との理由で、開催日2日間の騎乗停止処分を科した。走行妨害の申し立ては棄却された、ランパスインベガスの小島茂之調教師は、裁決についての不服申し立て(レース翌日から2日以内に保証金10万円を支払う)を行うと話した。小島茂師は「もともと私は競馬ファンであり、2着が3着になってしまったということは、ファンに納得してもらえないと思う。(裁定が)ひっくりかえらないのは分かっているが、一石を投じるしかない」と苦しい胸の内を明かした。
>(紙面から)
着順変わらず…小島茂師が不服申し立て http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20120611-965516.html
>小島茂師は「競馬は2着が3着になってもいいギャンブルか。(馬券を)買う人がいなくなる。勝ち馬には申し訳ないが、申立書を提出します」と話した。受理されれば、近日中に裁定委員会が開かれる。
>これに対し、JRAの青木裁決委員は報道陣に「大きな妨害だが致命的ではなく、着順の変更には至らなかった」と説明。「着順はあくまでも1つの要素で、着順が変わるか変わらないかは裁決の判断に影響しない」「致命的の判断基準は『被害を受けた場所とゴールとの位置関係』」と続けた。ただゴール直前で騎手が腰を上げるほどの不利は「致命的」ではないのだろうか? 実際、パトロールビデオが流されるとファンからも大きなどよめきが起きた。後味の悪さと疑問の残る判定だったのは間違いない。
>[2012年6月11日8時24分 紙面から]

同僚は中山に居たが、やはり場内は降着一色ムード、ファイナルから馬券持ってる人は諦めモード。それがセーフの判定となるや騒然となったのだと。にしても、スポニチと報知は「小島茂師が異議申し立てしましたとさ」程度の扱いで済ませちゃってる、これらしか読んでない人は事の重大さにまだ気付いてないのかもな('A`)
6月10日 東京8R (降着なし)


 >「着順はあくまでも1つの要素で、着順が変わるか変わらないかは
  裁決の判断に影響しない」

これ違和感有るなー。妨害の程度に関わらず着順に変更を及ぼしたと思われるなら降着、っつうのが競馬ファンの一般的な認識だと思うんだけど(少なくとも俺はそうだ)。当然だがネットでも誤審(←敢えてこう書く)への非難囂々。直前までは被害馬ランパスのほうが脚色は上、被害を受けて急ブレーキで減速、それで一位ファイナルと同じ33秒9って、これが『致命的な妨害』でなくて何なのか。今年の阪神大賞典で、オルフェーブルがヒルノダムールに対してやった、『明らかに脚色が違うのでセーフ』には当たらない。審判アホか!?

守屋貴光 @yuma_moriya
>着順は裁決の判断材料に考慮しない。あくまで被害の程度で、という趣旨の話でしたが、馬券を買う立場でいえば、着順こそ最大の審議対象だと思います。明らかに、ランパスインベガスは2着でしたからね。
>2012/06/10 17:45:27 Keitai Webでツイート
守屋貴光 @yuma_moriya
>恐らく、あれがあと数メートルから数十メートル被害を受け続けていたら、降着の可能性はあった、と裁決委員は言っていましたが、そこに出席していたスポーツ紙や日刊紙、専門紙記者は、ほとんど納得いってませんでした。
>2012/06/10 17:48:35 Keitai Webでツイート
守屋貴光 @yuma_moriya
>小島茂師にも少し話をうかがいましたが、「馬券を買っていた、ファンからこの業界に入った立場として、異議申し立てをしたが、2着はありましたからね」と。馬券を買わ(え)ないJRA職員とは、あの2・3着で涙を飲んだファンがたくさんいることが、わからないんでしょうか。
>2012/06/10 17:52:47 Keitai Webでツイート
守屋貴光 @yuma_moriya
>これでは、本当に馬券を買ってくれる人いなくなりますよ。と言いました。完歩とか、メートルとか、明確な基準を出してください。過去、審議対象でアウト、セーフだったものを映像で出してください。説明が足らなさすぎる。と言いました。
>2012/06/10 17:57:30 Keitai Webでツイート
守屋貴光 @yuma_moriya
>HPなどで開示して、説明してください。判定は、受け入れるしかないんですが、情報を公開しないからダメなんだと思います。最初に書いた「被害の距離」というのは、一応目安になります。どうなったから、こうなったという詳しい経緯の説明が、圧倒的にファンには届いていません。
>2012/06/10 18:05:22 Keitai Webでツイート
守屋貴光 @yuma_moriya
>小島茂師も、議論や論争、問題提起ができればという意味で異議申し立てをした、という趣旨の話をしていました。審議対象に、着順という要素を最重要ポイントに入れるべく、JRAに言っていきたいです。
>2012/06/10 18:08:57 Keitai Webでツイート
守屋貴光 @yuma_moriya
>ちなみに、加害馬に乗った内田博騎手、被害馬の松岡騎手含め、ほぼ全騎手がゴール後すぐに「アウト(降着)だな」と思っていたそうです。松岡騎手が、落馬等の事故にならなかったのが、唯一の救いでした。
>2012/06/10 18:12:47 Keitai Webでツイート
守屋貴光 @yuma_moriya
>今日の東京8Rの審議に関して、弊紙の久光TMも一緒に説明会に参加していました。レポート等、細かく書いてあるので、そちらのブログも参照してみてください。みなさんの意見、お待ちしております。http://profile.ameba.jp/yuma-hisa/
>2012/06/10 22:27:37 webでツイート
守屋貴光 @yuma_moriya
>昨日の東京8Rの審議に関して、小島茂師がブログで詳細や見解を述べています。理論派で知られる師ですが、至極真っ当な意見だと思います。問題にしていかないと、次の事例があった際も、また波紋を広げるだけでしょうから。http://s-kojima-stable.at.webry.info/201206/article_3.html
>2012/06/11 10:57:29 webでツイート

いやこの小島茂師の理路整然っ振り!そして優馬の守屋さんGJ!…いやホント、これだけ叩かれてる裁決は久し振りだ。少なくとも東京は買えんな当分…って、東京開催秋まで無いからまだ救いが有るけども( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック