太田真一

January 26, 2015

 気が付いたら太田真一がA級に落ちてた。
出走表詳細|KEIRIN.JP
今頃気付いたって、いかに俺が競輪をちゃんと見なくなったかって事の証明ではあるが、それにしてもグランプリレーサーのA落ち緒戦が4番車と来たもんだ。最後に特別(つってもグランプリの他には一度きりだが)獲ったのは11年半前の寛仁親王牌。近年は選手会の仕事に忙殺されてるようだが、いつの間にこんなになっちゃったのか?同県の平原康多がノシ上がって来た時期に、
選手情報:平原 康多 選手プロフィール|KEIRIN.JP
太田もその強さを維持出来てたら、もうちょっと踏みとどまれだろうに。でもって結果は、
レース競走結果|KEIRIN.JP
まあ、S級とA級じゃペースもかなり違うし、自力型よりマーカーの方が戸惑うっつう話もはよく聞く。しかしそれにしても、お客さんも残酷なまでに正直だ。直付けするウマとは10点差、33バンクの中でも直線の短い松戸とはいえ、流れ込みの【1】→【4】が一番人気にも拘らず4.4倍も付く(=一本被りでない)、
オッズ|KEIRIN.JP
そして交わしの【4】→【1】は17.5倍も。さらにそれ以外の太田アタマは全部万車券とは。三連単のオッズに至っては目も当てられないほどに、太田ナメられ過ぎ。
オッズ|KEIRIN.JP
まあ頑張れ、と言うしかないのだが、しかし太田のグランプリ制覇も20世紀の話だとは。そんなに昔の事なんだなあ。

 出走表詳細|KEIRIN.JP
 1 児玉 広志  30 香川 66 S1 3.64
 2 神山 雄一郎 31 栃木 61 S1 3.57
 3 東出 剛   35 千葉 54 S1 3.77
 4 小倉 竜二  23 徳島 77 S1 3.57
 5 金古 将人  27 福島 67 S1 3.64
 6 山口 幸二  31 岐阜 62 S1 3.57
 7 吉岡 稔真  29 福岡 65 S1 3.57
 8 小橋 正義  32 新潟 59 S1 3.57
 9 太田 真一  24 埼玉 75 S1 3.57

 ←[7]吉岡−8小橋、[5]金古−3東出、4小倉、[9]太田−2神山−6山口−1児玉

このレース、俺はオグリュウ→太田で勝負してた。当時、神山はまだ自力も使えてて、それでも番手を回る事が増えて来て、でもまだヨコは不得手なもんだからブロックもかなり荒く、しばしば落車事故を引き起こしてた。とはいえ、それでもヨコはオグリュウの方が断然強い、神山にハタキ落とされない限り【4】→【9】一点で良いわ、と見下ろしで居た。
レース競走結果|KEIRIN.JP
本当に神山ハタキ落としやがったorz
 まあそれはしょうがないのだが、後日、俺がこのレースを落車事故のリスクまで込みで買ってたと言うや、なぜか批判された事がある。流れの中での落車ならいざ知らず、最初から競るとコメントしてるのだからそういう事もあり得ると判り切った話なのに、「そんな推理は邪道だ」と。UCIルール推進派とでもと言うべき勢力が居て、彼らにとっては「競りは競輪の華」みたいな守旧派や、俺のような推理をする手合いが不都合だったから…というのが理由のようだった。そして彼らにとっての『議論』とはひたすら自分達の意見を主張し異論に耳を傾ける姿勢を一切見せず罵倒しまくるという意味だと判ったので、俺は議論する事を諦めた。その後彼らはどうしてるのかと思ったが、しばらくして、その中心人物の一人が「車券を卒業した」とのたまったのには唖然とさせられた。何ともはや ┐(´д`)┌

20/20(トゥエニイ・トゥエニイ)
20/20(トゥエニイ・トゥエニイ)

アーティスト:ジョージ・ベンソン
販売元:ワーナーミュージックジャパン
発売日:2013-07-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック