吉田豊

March 05, 2016

【藤田菜七子JRA初陣】根本調教師も認める“菜七子マジック” http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/514610/
>2016年03月05日 16時33分
eba8890666899f90bf36d2e6d2e1e02aJRAデビュー戦で2着に入った藤田菜七子 http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2016/03/eba8890666899f90bf36d2e6d2e1e02a.jpg
>JRA16年ぶりの女性ジョッキー・藤田菜七子(18=美浦・根本)が5日、中山競馬場で中央ファンに初お目見え。初騎乗・初勝利こそならなかったが、直線猛追の2着で場内を沸かせる堂々のデビューを果たした。
>「前が開いたら馬がハミを取って伸びてくれた」と語るように、坂を上がるとグングン加速。最後は単オッズ1・9倍の1番人気ペニーウェディングに4分の3馬身差まで迫ったのだから、スタンドのボルテージが最高潮に達したのも当然だ。「重賞級の声援が突然聞こえてびっくりした」と勝利ジョッキー・吉田豊が語った通り、最後まで主役だった。
>「最後はガムシャラで、正しい姿勢やムチの使い方ができなかった。2着は馬のおかげだし、自己採点は40点」と振り返る愛弟子に対し、「40点じゃ2着に来ないよ。70点あげていい」と温かい言葉をかけたのは師匠の根本調教師。続けて「川崎の競馬もそうだったが、彼女が乗ると馬の伸びが違う。それがセンスじゃないですか」と“菜七子マジック”を称賛した。
>決して話題先行でないことを知らしめた中央初舞台。「2着は悔しかった。まずは初勝利を目指して頑張りたい」。その言葉が現実となる日もそう遠くない…訪れた多くのファンがそう実感したはずだ。

根本師、この日のテレ東『ウイニング競馬』に出演し愛弟子のレースを解説したのだが、VTRを視ると、2コーナーで内ラチに接触し馬が一瞬立ち上がってるし、向こう正面でもアブミが当たるか何かして馬が驚いてる。直線は外に出して、でも中山の短い直線を思えば絶望的な位置取りで、そこから持って来たのだから、そりゃ大歓声も挙がるだろうというものだ。つうか、菜七子は2番人気だが、勝った吉田豊は単勝1倍台の断トツ人気だから、菜七子に目もくれなかった本命党が「差されたらエライこっちゃ」と必死で応援する訳で、それでも朝の2Rで重賞級の声援とは大したもんだ。レース後、吉田豊が菜七子に「惜しかったね」と声を掛けたそうで、根本師は「お前(=吉田豊)が惜しくしちゃったんだろう!」と半ば本気で怒って笑いを取っていた。
 ぶっちゃけ、16年振りのJRA女性騎手だとかそれが可愛いとか、それだけだったら大した事はないしブームだって早番収束する。ある種の女性差別とすら言えよう。でも、競艇やオートの女性選手もそうだが、男社会の中、男に伍して戦って(競輪は男女同じレースで戦うという事がない)、バクチの駒(←あまり好きな表現ではないが)として優秀である(少なくとも今のところはそうだ)という点には何よりも価値がある。最後まで諦めずに追ってくれる騎手が、馬券買ってる側からしたらどれだけありがたいか。まだ1週だけで決め付けるのは早計だが、同期の男ジョッキーも他の見習い騎手も、みんな菜七子に負けんな(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック