十文字貴信

August 08, 2012

自転車3000万円から柔道ゼロまで 格差がありすぎるメダル報奨金 http://www.j-cast.com/2012/08/08142300.html?p=all
>2012/8/ 8 19:51
>ロンドン五輪で日本選手のメダルラッシュが続き、選手らに支給される報奨金の格差が話題になっている。
>「ビッグパフェを食べたい」。柔道女子57キロ級で日本選手初の金メダルを獲得した松本薫選手(24)は、報奨金の使い道を聞かれ、こう繰り返した。
>これは、JOC(日本オリンピック委員会)から金メダリストに支給される300万円のことだ。銀・銅メダルなら、それぞれ200、100万円が支給される。
>ところが、競技団体の全日本柔道連盟からは、どの色のメダルを獲っても報奨金の支給はなしと決まっている。報道によると、日本選手がメダルを獲るのは当然という理由からだそうだ。
>松本選手は、報奨金総額の少なさに皮肉を言ったのではなさそう。だが、ネット上では、「柔道かわいそす」「プレッシャーばっかりでモチベーション上がらんわ」などと、ほかの競技に比べてどうなのかと疑問も出ている。
>というのは、自転車競技は競輪選手会から金メダルなら3000万円、などと高い報奨金が出るところがあるからだ。
>金メダルの報奨金をみると、陸上、バドミントン、卓球が、競技団体からそれぞれ1000万円と比較的高い。
>脚光を浴びるサッカーは、日本サッカー協会からの報奨金が、金150万円、銀100万円、銅50万円に留まる。しかし、金を目指す「なでしこジャパン」について見ると、試合ごとの勝利給が1人10万円から30万円にアップされており、報奨金もW杯優勝時と同じく、金なら1人500万円に積み増すとも報じられている。とすると、JOCの分も合わせて、なでしこ選手は、念願の金を獲得できれば、1人1000万円超ももらう計算になる。
>レスリングも、女子の吉田沙保里、伊調馨両選手が3連覇を達成すれば、300万円から1000万円に報奨金が増額されるとも報じられている。
>スポンサーからの報奨金が弾むケースもあるようだ。
>競泳では、日本代表公式パートナーのGMOクリック証券が、金メダルなら3000万円を支払うと発表して話題になった。銀・銅メダルならそれぞれ、300、100万円にまで下がる。もし、北島康介選手が2種目で3連覇していれば、JOCの分と日本水泳連盟の報奨金200万円も合わせて、7000万円もの大金を手にしていたわけだ。
>柔道と同じように、報奨金が低いとされるのが体操だ。
>日本体操協会では、額は公表していないとしているが、スポーツ紙によると、金50万円、銀30万円、銅20万円が支給される。これは、世界選手権と同額だ。そうだとすれば、お家芸とされている事情があるのかもしれない。
>体操男子の内村航平選手(23)は、個人総合で28年ぶり金の快挙を達成しただけに、ネット上では、「うわっ…体操の報奨金低すぎ…」「50万って夢がないなw」との声が上がっている。
>ただ、所属のコナミが特別ボーナス支給を検討していると報じられている。また、トヨタ自動車などのCM出演からの収入もあり、実際には、50万円を大きく上回る収入がありそうだ。

こういう記事で厄介なのは●JOC●各競技団体(全柔連やJKA)●選手が所属してる会社や個人スポンサー、から出る報奨金を一緒くたに扱ってる点だ。

北島、2冠で6000万円!超ニンジン作戦で金量産だ http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/04/10/kiji/K20120410003014690.html
>日本水泳連盟は9日、競泳のロンドン五輪代表選手27人を発表。オフィシャルパートナーのGMOクリック証券から金メダル1個獲得につき、選手に3000万円(リレーの場合は4分割)の協賛社賞が贈られることが決まった。銀メダルなら300万円、銅メダルなら100万円の大盤振る舞いで、男子平泳ぎで3大会連続2冠を狙う北島康介(29=日本コカ・コーラ)はメドレーリレーと合わせて最大6750万円のボーナスを手に入れることが可能。競泳ニッポンは超高額の“ニンジン作戦”で金メダル量産を狙う。
>景気の悪いこのご時世で、超太っ腹のビッグボーナスだ。業績好調のGMOクリック証券は昨年の世界選手権でも金メダリストに300万円の強化費支給を約束したが、五輪では一気に10倍の3000万円に増額した。過去にも個人のスポンサー企業が数千万円のボーナスを出したり、自転車競技でプロの競輪選手の給与補償の意味を含めて高額のボーナスが出たケースはある。だが、特殊な事情のある自転車以外で、全選手を対象にこれだけ高額のボーナスが用意されるのは、日本オリンピック委員会(JOC)関係者も「過去に聞いたことがない」という。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 26, 2010

 仕事帰りに整体に寄って、施術してもらってる間気持ち良くなって眠くなって来たら「眠いですか」と訊かれ、面倒なので「昨日ちょっと早起きしたもんで」と適当に返したら「まさか!」と期待満々な二の矢が。引っ込み付かなくなって「そのまさかです」と預け、後は適当に相槌打ってた。大体、こちとら本田を初めとする選手達が今どこのチームに所有権が有るかも知らんニワカなのだからして。…そんなのが今舞い上がってる連中の大半を占めている以上、今回の快挙でJリーグ人気復興!みたいな事にはおそらくならない。従前から熱心にJを応援してた人ほど戦前「岡田じゃアカンて」だったのであり、今ハシャイでるミーハー連中は「岡田批判してた奴ら土下座しろ!」なんだから、両者が合流すると考える方がおかしい。
 古い話だが、競輪選手の十文字貴信がロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲って帰国後、出走する競輪場は十文字一目見たさにかなりの客が押し寄せたと伝えられている(当時俺はまだ競輪に手を染めてなかったので、伝聞)。で、そのブームが一過性のものに終わった事から、日自振(現JKA)の中の人達は「競輪が初心者に取っ付き難いものだったから彼らに定着しなかった、新たな顧客層を取り込めなかった」と大いなる勘違いをし(あるいはわざとその様にミスリードした?)、その結果がUCIルールの漸次導入だったが、結果は芳しくない。そりゃそうだ、「ビジネスチャンスをものに出来なかったのは、競輪が初心者に取っ付き難いものであるのが主因である」と言うなら是非窺いたいものだが、やはり全くのノーマークな存在であったのがオリンピックで一躍脚光を浴びた、そしてシンプル極まりないルールであるフェンシングは何故今もマイナーなままなのか?
 取っ付き難い云々は何の説明にもなってない、ブームで踊るニワカはただ勝ち馬に乗って騒ぐのだけが目的で、だから対象は何だって良いのだ。そして彼らは移り気で、だから十文字だって、単に時の人だから物見遊山で競輪場に来たのであり、競輪にも自転車競技にも元々そんな関心無かったし「これを期に競輪覚えたろ一儲けしたろ」なんて考えはサラサラ無かったのだ。ルール云々は的外れ、あるいは恣意的にその方向に誘導しようとしたのならそれは全くの詭弁だ( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 11, 2010

世界弓道:仏が初代王者「七人の侍」に魅せられ http://mainichi.jp/enta/sports/general/news/20100511k0000e050058000c.html
>弓道初の国際大会となる第1回世界弓道大会がこのほど、東京・明治神宮内の中央道場で開かれた。
>海外で弓道は、欧米を中心に人気を集めている。日本滞在中に弓道に触れた外国人や海外勤務の日本人愛好者が普及に努め、4年前に「国際弓道連盟」が設立された。現在、日本を含む17カ国が加盟している。
>第1回世界大会の団体戦は、男女を問わない3人1組が、各4射で的中した数を競った。フランスは準決勝で、12射全部を当てる「皆中」を見せ、観客からスタンディングオべーションを浴びた。
>国内選考を勝ち抜いて大会に臨んだフランスのメンバーは、弓道歴約30年というトラック運転手のミッシェル・デュポン(50)、06年に競技を始めたコンピューター技師のマルク・ベルタン(35)、女性のパトリシア・スタルデール(55)。
>18歳の時に見た映画「七人の侍」で弓矢に魅せられたというデュポンは「(心技体の)三位一体の追求が弓道にはある」と魅力を話す。ベルタンは空手などの経験があり、「もっと精神力を高めようと思って弓道を始めた」と言う。スタルデールは群馬県太田市に在住していた94年に弓道を始め、「作法は美しい」と話した。
>一方、迎え撃つ立場だった日本は、まさかの予選敗退。全日本弓道連盟の岡崎広志・常務理事は「海外で弓道はスポーツではなく、精神鍛錬として取り入れられている。日本には『手本を見せないといけない』などの邪念があったのではないか。海外勢から逆に弓道を教えられた気がする」と話していた。【百留康隆】
>毎日新聞 2010年5月11日 13時21分

向こうにはアーチェリーっつうモンが既に有って、その上でジャポネスクに惹かれて敢えて弓道の世界に踏み入れて来た訳でしょ。そういう人達相手にアッサリ、決勝どころか予選で敗退って…('A`) あ、日本は層が薄くて弓道上手い人はアーチェリーに引き抜かれる、とかなのか?にしても、日本人って根本的にスポーツ向いてないのんちゃうか。もうどんな競技であれ、世界の場でメダル取る人って無条件尊敬に値する気がして来た。

【Sports Watch】テリー伊藤「相当、谷さんは図々しい」 http://news.livedoor.com/article/detail/4762254/
>2010年05月11日11時23分 / 提供:Sports Watch
>10日、国民的アスリートとして知られる柔道家・谷亮子が、民主党から参院選比例代表に立候補することを発表した。
>柔道家、2児の母、政治家――、3役を担うという決意を語る谷にはさっそく賛否が集まっている中、日本テレビ朝の情報番組「スッキリ!!」(11日放送分)では、テリー伊藤がコメントした。
>「柔ちゃんは、日本スポーツ界のアイドルじゃないですか。(谷に賛否が集まることで)彼女自身が戸惑いを感じると思うんだよね。世間の冷静な目を。でも、会見を聞いていると、相当、谷さんは図々しいよね。そういうためらいを全然見せないでしょ。この図々しさは、政治家に一番必要な部分。鈍感力はありそうな気はするんですよ」と、谷の適性に触れたテリーだったが、兼務については、「基本的に30歳過ぎて、問題意識のある人は、誰でも選挙に出ていいと思っている。ただ、もし僕が出るとしたら、他の仕事を辞めてでも全力投球する」と否定的な見方を示した。

あ、いや前言撤回!谷って、日本人全てが自分の事を応援してくれるっつうヤミクモな自信を常に持ってるんだよな(それって何の根拠も無いのに)。そこが癇に触る人間もおるのに。まあ好意的に解釈すれば、素直な人達だけに囲まれて純粋培養で育ったって事なんだろうけど、あまりにも、ねえ。今にして思えば競輪選手の十文字貴信、巧い事逃げれて良かったなあ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 25, 2010

【杉山茂樹コラム】弱いモノいじめはやめよう http://news.livedoor.com/article/detail/4567462/
>2010年01月25日12時27分
>観戦チケット代を払って、スタジアムに足を運ぶファンも数少ない。毎年、札幌の大倉山で行われるジャンプのW杯に詰めかける観衆はごくわずか。スタンドはいつもガラガラだ。大観衆の中で行われるヨーロッパで行われるW杯のような盛り上がりはない。スタンドが観客で埋まるのは、冬季ではフィギュアスケートぐらいではないか。
>夏季五輪の競技である陸上や競泳も、スタンドにやって来る観戦者は数少ない。日本選手権でも、関係者プラス家族ばかりが目に付く。普段から、陸上競技ファン、水泳ファンでいる人はどれほどいるだろうか。
>長年、熱烈なファンを貫いている人なら、小言を言う権利はあるのかもしれない。待遇の悪いアマチュア選手に対しても、その不成績を嘆くことは許されるかもしれない。しかし、にわかの五輪ファンはそうはいかない。そこに多少の税金がつぎ込まれているからといって、威張ることはできない。それは人の趣味にケチをつけているようなものだ。
>弱いモノいじめはやめましょう。バンクーバー五輪を前に、僕は一言、そう言っておきたい。

この記事の主眼は、バンクーバー五輪を前にマスコミが(それが商売だからとはいえ)誰も彼もメダル候補に祭り上げ、選手への過大な期待を無知な国民にさせてしまう事への警鐘であるが、個人的にキたのは

 >札幌の大倉山で行われるジャンプのW杯に詰めかける観衆はごくわずか。
  スタンドはいつもガラガラだ。大観衆の中で行われるヨーロッパで
  行われるW杯のような盛り上がりはない

 >夏季五輪の競技である陸上や競泳も、スタンドにやって来る観戦者は
  数少ない。日本選手権でも、関係者プラス家族ばかりが目に付く。
  普段から、陸上競技ファン、水泳ファンでいる人はどれほどいるだろうか

の部分。そうなのよね頑張ってメダル獲ったところで、マスコミの扱いが変わらん事にはどもならんのよね。スケルトンの越、アーチェリーの山本先生はおろか金メダリストの陸上為末、芸能スキャンダルで雲隠れした(とされる)北島康介etc.この辺りにしたって、ねえ。
 アトランタ五輪で競輪の十文字貴信がメダル獲った事で、帰国後十文字の出る競輪場は結構沸いたらしいのだが、今にして思えばそれは『超大物・田村亮子(=旧姓)に見初められた競輪なんちゅうマイナースポーツ、の中でも全く無名の若者一遍見たろヤジの一つも言うたろ冷やかしたろ』的な下卑た人達だったのだろう。競輪初心者が殺到しこれを契機に新規車券客の開拓が出来た…っつう話はかなり調べても出て来ないし、ウチの社で競輪やり出す奴が出て来るのはもっとずっと後の事、十文字キッカケではない。ましてやそのブームは一年保たなかった訳で。日本人が飽きっぽいのは今に始まったこっちゃない。
 選手が世界のステージでバッカンバッカン勝ちまくればブームになる、っつうのは競技や選手側の幻想に過ぎない。不人気競技をどう人気化するか、は結局は広報とか宣伝とか、代理店やマスコミの力をどう利用するかっつうトコに行き着く訳で( ´-`)y-~~~

ソニック・ブーム
ソニック・ブーム

アーティスト:リー・モーガン
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:1998-03-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック