加藤茶

August 17, 2011

加トちゃんニンマリ「あんたも好きね〜」 http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/08/17/0004376340.shtml
>今年6月に45歳年下の23歳の女性と電撃再婚したタレント・加藤茶(68)が16日、神奈川県・小田原競輪場で開催された開設記念レースでトークショーと表彰式のプレゼンターを務め、競輪ファンから「あんたも好きね〜」と自身のギャグを交えてキツ〜い祝福を受けた。同競輪場のイメージキャラクターを務めるカトちゃんは、左手薬指に指輪を光らせてにこやかに登場し、“中高年の星”らしく幸せそうな笑顔を見せていた。
>公営競技の中でも最もヤジがキツいと言われる競輪ファンを前にしたトークショー。司会者から冒頭で結婚を祝福され、花束が贈られるやいなや「加トちゃんおめでとう!」の声に交じり「あんたも好きね〜」と自身の持ちネタで年齢差婚を冷やかす声があちこちから飛んだ。
>真剣に予想トークを行った際も、なぜかファンの合いの手は「あんたも好きね〜」。そのたびに加藤は「それは、もういいから」と照れ笑いを浮かべた。
>だが、多くの男性がうらやむ“快挙”を成し遂げた「中高年の星」。キツい声援にも、しっかり応じた。「4回目の結婚はダメだぞ〜」との掛け声には「4回目はできない。2回目ももたないのに」と下ネタで切り返した。
>また、最前列にいた幼稚園児ほどの少女に「年取ったおじいちゃんが、お嫁にもらうかもよ」と声をかけ、年齢差婚ネタを自ら持ち出した。ネタ披露を求める声には「リクエスト?ちょっとだけよ」とおなじみのギャグで応え、沸かせた。
>45歳差婚を実現させたのは、68歳という年齢を感じさせない若さ。この日は若さを保つ秘けつについて「陽気に暮らすこと。『一日一笑』。競輪に負けても陽気に帰る。そうすれば次の日当たるよ。ただ無理して買っちゃだめよ」とアドバイス。集まった多くの中高年男性も、加トちゃんのトークで陽気に笑え、“ちょっとだけ”若返ったようだ。
>(2011年8月17日)

目に浮かぶなー(´∀`) 加トちゃんは競輪より競艇で有名、それもバリバリ買いまくる事で知られるが、

 >若さを保つ秘けつについて「陽気に暮らすこと。『一日一笑』。
  競輪に負けても陽気に帰る。そうすれば次の日当たるよ。ただ無理
  して買っちゃだめよ」とアドバイス

これは解る。負けはきちんと悔しがりきちんと反省する事で初めてバクチ打ちとして成長出来るのだが、一方で負けを引き摺らない、「あー今日楽しかったー(´∀`) 」と切り替えられるという事も大事だ。3競オートの選手にしたって、少なくとも一流と呼ばれる人ほどそういうメンタル面のセルフコントロールが出来てると聞く。とまれ新婚さん、お幸せに(*´∀`)σ)っ´д`)プニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック