優木まおみ

July 02, 2012

優木まおみ、WIN5で316万的中! http://www.sanspo.com/geino/news/20120702/oth12070205040007-n1.html
>2012.7.2 05:03
0f3ad459.jpg
優木まおみ http://www.sanspo.com/geino/photos/20120702/oth12070205040007-p1.html
>フジテレビ系「みんなのKEIBA」(日曜後3・0〜)で司会を務めるタレント、優木まおみ(32)が1日、番組内で予想した「WIN5」(指定された中央競馬の5レースの1着馬をすべて当てる)で、芸能人として最高額となる316万3270円の高額配当を見事に射止めた。
>最高配当2億円の「WIN5」。過去に2億円も出ているが、なかなか当たらないとボヤく人は多いはず。そんな中、優木は番組内で120点予想を披露、的中させた。
>中京10Rの尾頭橋特別で5頭、福島10Rの猪苗代特別で4頭、函館11R巴賞で3頭、中京11RCBC賞で2頭、福島11RラジオNIKKEI賞で1頭をピックアップ。最初の中京10Rは7番人気のキクノストームが勝つ波乱だったが、これを“的中”させると、対象レースを次々とクリア。最後の福島11Rは1頭のみの予想だったが、その1頭だった(6)ファイナルフォームが2馬身差の楽勝を決めて的中だ。
>「去年の7月から(番組内の予想対決を)始めて、今まで“WIN4”までは結構あったんです」と振り返った優木。同番組では、17日の放送にゲスト出演したお笑いコンビ、サンドウィッチマンが的中(9万8440円)させている。優木は「先々週、サンドウィッチマンさんが的中されたのを隣で見ていたので的中できてよかったです」と“偉業達成”に笑顔を振りまいた。
>だが、放送終了後に馬券を買っていなかったことが判明。WIN5は電話・インターネットでしか投票できず、「金額が金額だけに悔しいです。これからは毎週、きっちりと買いたいです」と、次の的中に向け意欲満々。“勝利の女神”の今後の予想に注目だ。
>(紙面から)

系列局ヨイショ記事、と斬って捨てるのは簡単だが

 >芸能人として最高額となる316万3270円の高額配当を見事に
  射止めた

これは素直に認めるべき。120点買いでも250倍になってるんだし。でも本当に買ってなかったんかね?税金払うの惜しくなって買ってない事にした…や、バレたら生活保護芸人ほどではないにしてもバッシング食らうの必至だもんな、今のご時世そんなリスキーな事はせんか。にしてもJRA一社提供の番組でこれは失礼だろうフジ( ´,_ゝ`)
 こう考えると、BSイレブン競馬中継のTIMや徳光和夫は偉いが一番は土曜テレ東『ウイニング競馬』のキャプテン渡辺、どう考えてもギャラ安いだろうに、そのほとんどをその日の馬券に使う(←リアル馬券を必ず画面アップにする)のは立派だし、バクチ打ちとして、バクチ番組出演者として、視聴者に対して何と誠実な事か!男らしいぞキャプテン渡辺(`・ω・´)!

Captain Marvel
Captain Marvel

アーティスト:Stan Getz
販売元:Sbme Special Mkts.
発売日:2003-08-05
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 12, 2011

 地震で目が覚めた。NHK点けると震源地はチバラキ、てんでチバテレにすると『サブちゃんと歌仲間』orz 東日本大震災で千葉県も結構ヤラレてるため、チバテレは夜のニュースでもかなり詳しく電車運行状況とか給水所とか流してて、その感覚で居たらキム・ヨンジャ熱唱、L字画面どころかスーパーすら入らない。枠買取放送だからしゃあないとはいえあんまりな(´・ω・`)
 まあともかく今日は通院日。立会道路の桜並木は昨日の雨でヤラレた花びらが山盛り、これ結構放射性物質含んでるんだろうなーとか思いつつ病院へ。で、待合室の前で、誰かのケータイから地震警報アラーム鳴って、果たして3秒後ぐらいにユッサユサ。まあ人間慣れるもので、もう震度3ぐらいなら余裕、すっかりアトラクション感覚だ。って、こうしてナメて掛かってるトコに本当にデカいの来られるのが一番危険なんだろうけど。問診では薬を1種類増やす事に。で「お手数ですけど来月また来てください(今までは8週ペース)、地震の関係で」「はあ」診察室出るとなるほど張り紙が、製造工場ヤラレてる薬が有るのと被災地医療に差し支え出るといかんので30日を超える投薬処方自粛せい、と厚労省から来たと。こんなトコにも影響が、とはいえ措置そのものにはいたく納得。次いで血液検査、「さっき揺れた時どんなでした、正に針刺そうとしてる時だったりしたら」「アハハハ、大丈夫ですよ」つくづくここの看護士さんはプロ揃いだ(´∀`)

呪われた?「優木まおみ杯」 http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=13127
>2011年04月12日 11:00
>マイナーリーグ(ボート)からメジャーリーグ(中央競馬)へ活躍の舞台を移した優木まおみ。ボートレースのイメージガール時代の知られざる逸話はいろいろとある。
>過去に多摩川で2回、彼女の名を冠にした「優木まおみ杯」が行われている。前回当コラムで1回目=07年1月の優木杯を制した毒島誠とのツーショット写真を掲載したが、2回目07年10月の優木杯を制した吉原美穂子氏(引退)とのツーショット写真はこの世に存在しない。理由は至って簡単。主役である優木が表彰式に姿を見せなかったからだ。
>こう書くとドタキャンのようにも聞こえるが、そんなことはない。他の仕事が入っており、表彰式欠席は予定通りだという。開催中にすでに告知されていたので、カメコ(カメラ小僧)が大挙して押し寄せ“暴動”になるようなことはなかった。
>それでもこんな疑念を抱いたのは記者だけでなかったはずだ。
>「開催日程は何か月も前からすでに決まっていたはず。メモリアルであるはずの優勝戦プレゼンターの大役以上に重要な仕事って他にあるのだろうか」と。そう考えると、すでに心ここにあらず、であったのかもしれない。
>結局、レース後の表彰式はビデオレターで出演という形になり、ファンの前で「同じ佐賀出身の吉原選手が優勝して私もうれしいです」とのようなことを述べたと記憶している。
>振り返れば、その優勝戦は悪夢のような出来事が起こっていた。1号艇で断然人気の浜村美鹿子氏(引退)が先マイして逃走態勢を築くも、BSで大きくバランスを崩して転覆。後続艇の川崎智幸も巻き込まれそうになり顔面蒼白でピットに戻ってきた。
>大本命の自滅で代わりに浮上したのが大外枠で全く人気のなかった吉原氏。偶然かもしれないが優勝した吉原氏はその1年半後の尼崎女子王座を最後に引退。そして浜村氏も翌年の下関女子王座後に電撃引退。当時、絶頂期でボート界を去ったのは衝撃的だった。
>優木まおみ杯を走った選手が数年後に次々と引退…。口の悪い関係者は「呪われた優木杯」と総括していた。

俺は過去、一度だけ競艇場に足を運び舟券生体験をしているが、それが正にこの優木まおみ杯だった(翌々日だかに本人がプレゼンターとして来場する運びだったから、初回の方だろう)。当時は例の『エロかしこい』というキャッチフレーズ付く前、こういう形でキャンギャルになれるぐらいにそこそこ知名度有ったグラドルだが、世間一般的には( ´,_ゝ`)フーン な存在だった。それで

 >開催日程は何か月も前からすでに決まってい
  たはず。メモリアルであるはずの優勝戦プレ
  ゼンターの大役以上に重要な仕事って他にあ
  るのだろうか

か。今のフジ『みんなのKEIBA』での評判がはかばかしくないのも道理だ、当時からこなし仕事、上っ面だけだったのか( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 01, 2011

山岸舞彩キャスター NHK「サンデースポーツ」に抜てき http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/01/kiji/K20110201000164050.html
>NHKの平成23年度新キャスター発表会見が1日、東京・神南のNHKで行われ、サタデースポーツ、サンデースポーツの山岸舞彩キャスター(23)らが登場した。
>これまでBS1の「Jリーグタイム」などサッカー番組のキャスターを中心に務めていた山岸キャスターは、新年度から松尾剛アナ(43)、小宮山晃義アナ(27)とともにサタデースポーツ、サンデースポーツを担当する。
>「ワールドカップや先日のアジア杯のように、見知らぬ人とここまで感動を分かち合えるのはスポーツ以外にはないと思います。そんなスポーツの素晴らしさを伝えていきたいと思います」と抱負を語った。
>[ 2011年2月1日 16:21 ]

『抜擢』という言葉が使われてる様に、サッカー番組視ん人からしたら「誰?」だろう。一方、山岸を知る人の意見はっつうと、各種掲示板を見ると「肩さん(=山岸を指すネットスラング)大出世」「肩さんオメ」等、総じて好評を以て迎えられている。学生時代スポーツやってたとはいえサッカーは当然素人、でも真面目に取り組んだため短期間で知識を吸収、サッカーファンにストレス感じさせない、認めさせた人だ。多分スポーツ全般でもいけるだろう、これはNHK良い人選(´∀`)
 社会経験ちょっと積めば、その人が真面目に取り組んでるか・上辺だけ取り繕ってるのかっつうのは簡単に見抜ける様になる。3競オートにも中継MCやらアシスタントやらレポーターやら場のマスコットガールやら居るが、この中にもその競技をちゃんと好きになってくれたコも居れば、好きは好きだがそこ止まり・馬券車券を語るトコまでは行けてなかったり、あくまで『仕事』ってスタンスだったり、様々だ。まあその人の趣味嗜好と合う合わないってのも有るから必ずしも努力不足って訳じゃないのだが、好きでもないコを視させられるこっちは良い面の皮だ(好きだけど稚拙な人と、好きじゃないけど見事にこなす人の番組どちらが良いか?っつう問題はまた別の話)。
 フジ『みんなのKEIBA』で、ほしのあきが命名したハシッテホシーノが勝った際番組で大ハシャギ、番組私物化と競馬ファンがネットで叩いたのは記憶に新しい。でも見方を変えると、競馬に全く感心無かった人間がここまでエキサイトするまでにのめり込む様になったのだから競馬の大勝利・ほしのあき良い人ってな風にも取れる訳で。その降板後の優木まおみは完全にこなし仕事ってスタンス、しかも大して上手い訳でなし、他のヴァラエティで視る分には何の問題も無いのだが『みんなのKEIBA』視るたび好感度が下がる。…まあそれぞれだわさ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 09, 2011

 飯塚オート開設記念
2db86ed3.jpg
をCSで観戦も、降ったり止んだりの微妙な走路ではいかんせん手が出し辛い。結果的には完全ケン、しかしいつかこの日が来ると承知してはいたが、MAMI嬢の3月一杯で卒業発表はクるな(´・ω・`)
 一方で、地上波フジ『みんなのKEIBA』がリニューアル初回という、大いに気になる物件も有ったため3時からはそっち優先で…サイケな色使いで発狂しそうなセット、何より人多杉。
e85f11d8.jpg
オッズ&配当読みのオネーチャンが噛みまくりなのは初回だから大目に見るとして、これがスラスラ読める様ならサブMC優木まおみの存在意義が無い。今でも充分薄いのに。つか、そもそも松尾アナ1時間拘束しといて井崎センセ&ヒロシのコーナーにしか活かさないって時点でおかしい。JRAの制作予算削減(独立U局の『中央競馬ワイド中継』がBS11のサイマルになったのもその一環)なら、解説陣+福原アナor松尾の一人だけで充分回せるんだし。
 再度オネーチャンに戻るが、
bdcaf7d9.jpg
1b0e5d63.jpg
このあわやパンチラ(しかもそうならない様計算済み)なセット!…今回フジの目論見は「キレードコロ揃えときゃ見映え良いしスケベオヤジな視聴者食い付くだろ」って事だ?ゲスい発想だわ。それならそれでキャバクラ路線もっと徹底すりゃエエやん。かつての『キャンパスナイトフジ』みたく。大体が、去年まで川合俊一レギュラーだった時点で整合性皆無だし。180度転換。まあフジテレビに期待する方がバカだった、って事だな( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 26, 2010

 年末に向けて迂濶に出歩いて風邪貰ったりしたくない、引き籠りを決め込み大掃除。今から始めても絶対に間に合わないのは自明だが、だからやらなくて良い事にはならない、とにかく掃除&洗濯祭り。で、その手を休めてTVで有馬記念…まあこんなもんか。
JRAホームページ|データファイル 第55回 有馬記念
しかし番組終わりで、思いもよらぬ吉報が!

 みんなのKEIBA - フジテレビ http://www.fujitv.co.jp/sports/keiba/
 >2011年「みんなのKEIBA」は
 >装いも新たに リニューアルします!
 >コンセプトは
 >【ビジュアル勝負で華やかな競馬番組】
 >メインMCに優木まおみ、サポートに福原直英アナウンサーという布陣。

更なるヴァラエティ性強化なようだが、とにもかくにも川合俊一降板キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 競馬を好きでも何でもないの丸解り、何せ今年の日経新春杯の時「お願いテイエムプリキュアの逃げ残りだけはやめて(前年の同レースを逃げ切って3年振りに勝ち星を挙げた)」と大暴言吐いた人だ。去年のエリザベス女王杯で行った行ったの大穴空けた事を受けての発言なのは理解するとして、にしても、特定の馬に対して「来るな」とはMCとしちゃ大問題だろうに。川合がメインMCだった朝の奥様向けワイドショー(これだけやってる分には貶すつもりはない)が大人の事情で終わって、でもその嵌め込み先にされた競馬ファンは堪ったもんじゃない。やっと消えてくれるか、やれ嬉しや(´∀`)
 その後のU局『中央競馬ワイド中継』では赤見千尋が泣いてて、この番組に携わってた期間一番短いやろアータ、と画面に突っ込んだり。そいでファイナル『M-1グランプリ』、やー笑った、スリムクラブ!初めて南海キャンディーズやオードリー見た時の衝撃再来だ。松本人志の「時間がもったいなくないのかなと思いました」って評もごもっとも、手数勝負な風潮への強烈なアンチテーゼは一発一発のギャグの破壊力でそれを乗り越えた。結果準優勝に終わったが大したもんだ。…まあすっかり立ち直って、大掃除再び。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 14, 2010

 ウチに籠って掃除&洗濯祭り。エリザベス女王杯は切り口がいくつも有る、各馬『来て納得消えて納得』の一番タチ悪い、買い難いものだったからハナからやる気無し。にしても実質ラスト400mだけであれだけの着差は決定的、世界の一流は違うな。しかも「内目が荒れてるから馬場の良い外を回ろう」と各馬直線外を回る中一頭だけ内突いて、だ(日本の騎手ってアホばっかなのか?)。フジ『みんなのケイバ』の優木まおみが「私この番組やってこんなに強い勝ち方した馬初めて見ました」ってのは素人っぽいが、言い当ててる。
JRAホームページ|データファイル
その後もボーッとTV、中ではテレ東『もやもやさまぁ〜ず2』までの繋ぎのつもりだった『トコトンハテナ』がツボ。胡麻やアブラナはいざ知らず、大豆からどうやって油取るのよ?っつう言われてみればなるほどな疑問をキッチリ解き明かしてくれた。で、最後に昔ながらの、菜種を炒って圧搾して不純物取り除いただけの油を作ってる会社へ。質が一定になる様、気候に合わせて炒り加減を変えるのは職人芸、っつうかコンピュータ制御とかでなく普通の釜(もちろん馬鹿デカい)で直火炊き。古典的製法つってももうちょっと近代化されてる会社有ると思うけど、またとびきり原始的なトコに行ってる。

 レポーターの浜口順子「(油嗅いで)香りが強い!私達香りしないのが普通でしたから」
 会社の人「これでも昔よりは薄くなってるんですよ、今はそういうお客様も多いですから、炒り方を変えて」

で、スタジオに戻って普通の植物油とその菜種油で作った天ぷら食べ比べ。

 高橋英樹「ん、確かに昔ながら」
 クワバタオハラ・小原正子「(天ツユとか付けてないのに)味が濃いですね」
 高橋「昔は天ぷらって、どこのウチで食べてもこんなだったの」

じゃあ今の天ぷらは素材の味を引き立たせるために…って事なのか。いや、街場の天ぷら屋じゃサラダ油と胡麻油ブレンドしてコクを出してるもんな。コストさえ合えば古典的製法の油で揚げたいのかな。
 …こっから川崎競輪の串天の話にでも繋げようと思ったが、天ぷらって食い物を真面目に語ろうとすると結構な字数になる。といって競馬の、アングロアラブのテンプラは完全に死語だ、アラブ生産自体壊滅状態だし。っつう訳で手詰まり、せめてもの関連付けに西友行って惣菜コーナーでイカ天買って来て、ウドン茹でて晩飯兼晩酌( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 09, 2010

 NHKマイルカップだが、勝ったダノンシャンティは化け物の様な強さだ。外差しの効かない東京コースで一頭だけ大外ブン回して(←他馬から不利受けたくない、という安全策は、裏を返すと余程自信が無いと出来ない)アタマまで突き抜け日本レコードって!そして引くに引けぬ形になって好位追走し、先行勢壊滅な中唯一小差4着に流れ込んだサンライズプリンスも桁違いに強い(そういう馬ですら馬券に絡めない事が有るのが、展開というものだ)。
 にしてもシャンティ、チバ『中央競馬ワイド中継』でMCの長岡さんや日刊競馬・柏木集保も語ってたが速過ぎる、斬れ過ぎる。鞍上アンカツは、NHKマイルC→ダービーとブッコ抜いたキングカメハメハ(←管理厩舎はシャンティと同じ松田国師)を引き合いに出し「キンカメはダービーは自信有ったがマイルは正直不安だった。シャンティはダービーはともかくマイルのここはキンカメの時より自信有る(←前述の安全策の裏付けだ)」と語ってて、イコール二四ドンと来い体勢ではない。でもって最終レースのサブタイトルともなった第1回マイルCの勝ち馬・タイキフォーチュンは、やはり当時衝撃的な勝ち時計を記録したが、それで燃え尽きたのか以後一勝も出来なかった。シャンティも反動が懸念される。
 まあそれはさておき、気が付いた事が有って。フジ『みんなのKEIBA』を注視してたのだがやはり今回もそうだった、レース直後カメラがブースに帰って来て川合俊一が「いやー凄かったですね(井崎)先生」とか振って井崎脩五郎や細江純子が一言コメントし福原アナが「ではVTRです」てなって、福原アナがポイントポイントを挙げて先生らに振る、V終わりでカメラがブースに戻る、ここまでの間優木まおみは一言も喋らんなと。番組起用時、優木まおみは競馬ド素人で、でもまあ「頑張ります」的な事は言ってた。それから数ヶ月、競馬についてちゃんと勉強してたら、競馬好きになってたらそろそろ何かしら言いたくなってる筈で、でもそんな素振りは微塵も見せない。

 ●半可通な事を口にしてイタいと思われたら悔しいから黙ってる
 ●自分は進行に徹するだけ、競馬に詳しくならなくても特段構わない

常識的には後者っぽいよな('A`)
 オートレースにはマスコット嬢を置いてる場が有って、彼女達は芸能人つっても優木まおみ基準だと限りなく無名の存在で、でもせっかく物にした仕事だから頑張ろうと本人なりに勉強し、本当にオートを好きになってくれたから、総じてオートファンの受けも良い。これはオートファンがオネーチャンに甘いっつう事では決してなく、CSのアシ嬢やテレ玉『バッハプラザ』のレポーターで「ナメとんのかオートを」と叩かれた人も居た。で、競馬だが、ほしのあきや若槻千夏は多くの競馬ファンから叩かれた。確かに純粋に競馬番組として見た場合ウザい場面も少なからず有ったが、でもこの2人は本当にズブの素人からスタートしたが本当に競馬を好きになってくれて、あと中継番組ではないが安田美沙子とか今井りかとか、こういう姿勢はオートも打つ競馬ファンとしては好感持てるし「何も競馬ファンそこまで叩かんでも」っつう気になる。で、優木まおみのこのスタンスは競馬ファン目線ではどうなのか?

 ●その競技を本当に好きだけど、あんまり上手くない(or喧しい、
  ウザい)人
 ●番組は完璧にこなすがその競技(ヘタすりゃギャンブルそれ自体)
  を好きでも何でもない人

どっちが好ましいか、は上手くなさや競技バカにしてる度合い次第、結局程度問題で一概には言えなかろう。でもほしのあきや若槻千夏が一方的に叩かれてるのには釈然としないんだよな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 24, 2010

 中山競馬に船橋オートに競輪は立川に花月園とやってた訳だが、入院疲れがモロに来た。なもんでウチで電投、船橋メインに競馬をチラ見。結局一レースも手を出せずに終わったのだが、10Rの事故と11R大木の強烈なタレっ振りに肝を冷やした、

 過去レース結果|オート|ネットスタジアム
 過去レース結果|オート|ネットスタジアム

行けなくて結果オーライだったかもしれん。
 で、『みんなのKEIBA』をようやく視る事に成功(リニューアル第一回は伊勢崎行ってたし、第二回は入院してたし)。…まあ予想通り。優木まおみは『おもいっきりDON!』で生ヴァラエティは経験済、しかもアナウンサー志望だっただけあってキャスター的立ち位置は念願成就、真面目に取り組み、ぎこちなさも多少見せるものの慣れの問題だろう。川合メインと明確に位置付けられているため前任者・ほしのあきの様に前に出てテンション上げて…てな必要も無く進行に徹して、福原アナもさすが、それだけに川合俊一のデクの坊っ振りがより一層際立つ。本当に何でコイツなの?
 まあそれは良い。やはり問題は『うまプロ』(←一応早起きするつもりだったので録画しといた)、危惧してた事は前書いた

 新春競馬の一抹の不安 http://blog.livedoor.jp/ippachi_bakuchiuchi/archives/51324737.html

が、正にその通りの惨状に。てか、今振り反ってるから「ヒドい」って感想となるが、視て最初の印象は「安っ!」だった。だって、おぎやはぎと篠田麻里子(←一応書いとくがAKB48)だよ。前の『みんなのウマ倶楽部』は、ほしのあきと木下優樹奈とアンタッチャブル&おぎやはぎ(1週起き)、プラス東中デイリー報知スポニチ日刊サンスポから予想記者1人ずつ、だった事からしても人件費激減っ振りが半端無い。その前の『うまなで』は東原亜希と安田美沙子と今井りかと麒麟・川島、タレントギャラだけならかなり安いが毎週ゲストが加わるし、企画やコーナーもちゃんとしてて、今の様なビンボ臭さはミジンも感じなかった。それが『うまプロ』、

 ●競馬場で出すジュースのレシピ考えよう→アシの女の子がジュース飲みに行くだけ
 ●競馬応援ソングを作ろう→小木一人でカラオケボックスへ(明らかに同行ディレクターも一人で、D自らカメラ回してる)→大物ミュージシャンという触れ込みで東京03・角田が合流して適当に歌い散らかす
 ●東大競馬研究会現会長(1ヶ月やって黒字にならなかったら降板)による先週予想の反省とメイン予想
 ●有名馬主勝負服の篠田(ピン)に下らない質問
 ●最後に小木と矢作と篠田の推奨馬が一連でテロップ出る(予想根拠は無し)
 ●終わり、って何これ?あー貧乏( ´,_ゝ`)

何より問題は、競馬番組の部分は素人(=東大生)に丸投げ、スタジオのタレントに競馬番組である事を捨てさせた事。さらに前の『うまッチ!』『あしたのG』『うまなりくん』まで遡っても良いが、どんなにハメ外した爆笑V作っても「これは競馬番組だ、競馬番組のワンコーナーだ」っつう意識が作り手に確実に有った。だからこそ、競馬番組でありつつ、競馬に何の興味も無い人にも観賞に耐えるヴァラエティとして成立してたし、それは新たな競馬ファンの開拓にもなったろう。しかしこれは単に競馬シバリが有るだけのヴァラエティ、いや、そのヴァラエティにしたって小木の得意技『理不尽な権力発動』で篠田イジってる部分で辛うじて体裁保ってるが、ヴァラエティとしてのクオリティはチバテレビにも負ける。ここ30年のフジのヴァラエティで最低だと断言する。でもって土曜競馬完全スルーだし。そりゃ重賞無かったし地方もGI無いし海外行ってる日本馬居る訳でなし、にしてもあんまりな。補足しとくが、出演者に罪は無い。番組作りが最低なのだ。取り敢えず、フェブラリーSの週にもう一度視てみるが、それでアカンかったら終了だ。にしても、俺の30分を返せヽ(`Д′)ノ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 05, 2009

広報のおしごと 優木まおみさんが『みんなのKEIBA』MCに!! http://blog.fujitv.co.jp/koho/E20091104002.html
>2009/11/04
>『みんなのケイバ』が来年1月10日(日)の放送から、『みんなのKEIBA』 (午後3時〜4時)としてリニューアルします。
>MCは『みんなのケイバ』から引き続き、川合俊一さん、そして、ほしのあきさんが番組を卒業され、新たにMCとして優木まおみさん が参加します。
>そして、フジテレビで一番の競馬通の福原直英アナウンサーが戻ってきて、3人のMCで競馬の魅力を生放送でお伝えします。
>優木まおみさんは知的なスマイルで、新たな競馬ファンを発掘してくれそうですね。
>僕は缶コーヒーのCMでOL役を演じている優木さんの癒しの笑顔にノックアウトされています。
>また、『みんなのウマ倶楽部』は来年1月9日(土)の放送から、『うまプロ!』 (毎週土曜深夜25時5分〜30分)に。
>この番組は競馬場名物のフードやグッズ、競馬好きのアイドル“ウマドル”など競馬の発展に繋がるあらゆるものをプロデュースしていきます。
>MCはおぎやはぎとAKB48の篠田麻里子さん。
>アシスタントには壱岐尾彩花さんが参加します。
>来年1月からフレッシュな顔ぶれが加入し、生まれ変わるフジテレビの競馬番組にご期待下さい。
>投稿:でいこ | 10:55 | でいこ

いや期待出来んわ('A`) 特に『うまプロ!』の方。
 まず『みんなのKEIBA』だが、優木まおみについては前書いたので繰り返さない。一方、福原アナなら安心だ、大プラスポイント。何たって過去『うまなりくん』で、さとう珠緒と爆笑問題の2人を相手に自分の真っ当な予想を披露してたのだから。自称じゃない、紛う事なきCX一の競馬通だ。しかし番組開始時『芸能界でも有名な競馬通』って触れ込みだった川合があのテイタラク、そこが手付かずなままじゃねぇ( ´,_ゝ`)
 でもって『うまプロ!』だ。この番組内容だと、スポ紙6社の記者予想ガチ対決は継承されなさそう。これ使えるコーナーだったんだけどなあ。でもって番組前半のオチャラケ企画も、ほしのあきに木下優樹奈にアンタッチャブル&おぎやはぎ(1週起き)と来ればもう外し様が無い人選、競馬に何の興味も無い人にも観賞に耐えるヴァラエティとして成立してたし、それは新たな競馬ファンの開拓にもなったろう。しかるにこれは、ねぇ…。まあ、まんま『みんなのウマ倶楽部』に篠田いきなり放り込んだら完全空気だから変えざるを得ない、てのは解るけども。非常に不吉な予感がするんだが…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック