井崎脩五郎

August 18, 2021

週刊文春、中づり広告を終了へ 「一つの文化だった」:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/amp/articles/ASP8J71RKP8GUTIL00D.html
>赤田康和
>2021年8月17日05時30分
AS20210816002147_comm 週刊文春の8月12日・19日合併号の中づり広告。右トップで五輪閉会式の「計画」をめぐる特報を、左トップで有名俳優をめぐる記事を告知している https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20210816002147_comm.jpg
>「週刊文春」が8月26日発売号を最後に電車の中づり広告を終了する。
>中づりは、通勤時に興味を持った会社員らが駅の売店で雑誌を購入するという「すぐれたビジネスモデル」(週刊文春の加藤晃彦編集長)だった。
>だが、ニュースの鮮度が短期間で下がりやすいネット時代には合わなくなりつつある。
>週刊文春の誌面の校了は火曜夜だが、中づりは日曜にほぼ完成させ、月曜夜に校了する必要がある。そのため火曜の時点で、重大な事件が発生したり、スクープをつかんだりした場合、誌面に入れられても中づりには間に合わない。(赤田康和)

TBS【噂の!東京マガジン】冒頭で、井崎センセイこと井崎脩五郎さんが『見出し評論家』として出演し一説ぶってたが、地上波では終わってしまった。番組そのものはBS-TBSに移行して続いているそうだが、このコーナーはどうなるんだろうか。
 まあそれはともかく、雑誌がとにかく売れなくなっている。

 JR赤羽駅のAI無人店舗を体験してみた:17日から2ヶ月の実証実験 - ITmedia ビジネスオンライン https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1810/16/news133.html
 >2018年10月16日 17時34分 公開
 >[斎藤健二,ITmedia]
 >入り口でSuicaをかざし店舗に入る。店内には飲料や菓子などが並んでおり、棚から自由に商品を取って出口に向かう。出口のディスプレイには商品の合計金額が表示され、改札のようにSuicaをかざすと電子マネーで支払いが済んで終わり。こんな店舗の実証実験が、東京都北区の赤羽駅ホームで始まる。
 
 >JRグループが今回の実証実験に期待することは、人手不足への対応と、採算性が厳しくなっているキヨスクの再生だ。無人化することで人件費がかからないため、これまで採算が取れないため店舗を作れなかった場所でも運営が可能になる。「新聞雑誌、タバコの売上が減っている。採算性が難しくなっている」(JR東日本スタートアップの柴田裕社長)

新聞もだ。今日び、通勤電車の行き帰りで日経やらスポーツ紙やら夕刊娯楽紙を読んでる人というのを全くといって良いほど見掛けない。10年ぐらい前までは、GIレースの前日ともなれば結構な割合でいたものだが。今はコロナ禍で各施設が開いてないから余計そうだというのもあるけども(´・ω・`)
Triple Scoop
Alexander, Monty
Concord Records
2002-03-26



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 13, 2017

立川末広のウケ狙い馬券が…まさかの大当り「井崎脩五郎 競馬新理論」 | 日刊大衆 https://taishu.jp/detail/28150/
>2017年06月12日 08時30分 公開 [週刊大衆2017年06月26日号]
1394458714330400 https://img.taishu.jp/images/contents/27/4127/1394458714330400.jpg
>6月3日(土)の東京第7レース。競馬風俗研究家の立川末広が、勝ってきた第7レースの馬券をみんなに見せて回っていたのだ。男性カメラマンは「くだらないけど面白い」と大笑いしていたし、テレビ局の女性ADは、顔は笑っていた。
>どんな馬券だったかというと、3頭ボックスの3連複1点勝負。投資金額100円。

 >15番 タマモシルクハット
 >13番 メイプルキング
 >16番 バナナボート

>馬券と一緒に出馬表を見せて、タマモシルクハットの「タマ」、メイプルキングの「キン」、バナナボートの「バナナ」、この馬券をバカ笑いしていたのである。
>メイプルキングは2番人気だったが、タマモシルクハットは7番人気、バナナボートは6番人気という人気薄。もちろん、立川末広にしても、ウケだけを狙って100円買っていたのである。ところが――。
>逃げたバナナボートをゴール前でかわして、タマモシルクハットとメイプルキングが1、2着し、この3連複、的中してしまったのである。8990円。ホント、世の中不思議だなあ。


三連複なんだから馬番通りに【13】【15】【16】と並べるのが普通だけど、それだと「キン●マ」になっちゃう ━━ 言葉としては正しいけどシモが生々しくなる ━━ から敢えて「タマキン」にしたんだろうか。しかしそんな事より、これだけで獲られちゃうのがなあ。うー。グヤジーヽ(`Д´)ノ!!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 26, 2016

16.12.25 第61回有馬記念(GI)の結果

同僚と話し合ったが、結局一番人気の馬連(4.4倍)、一番人気のワイド(2倍)、二番人気の三連複(10.5倍)にどんだけブチ込めるかっていう度胸比べだったなと。こんな付くって、大金持ちにとっちゃそうそうない美味しいレースだった訳で、だからそれまでに大金持ちになれてなかったのが俺達の直接的な敗因だ。
 強い先行馬が先行してまえば他馬は手も足も出ない、穴党にとってはしょうもないレースだった。とはいえそれは穴党なればこそだし、っつうか昭和ジジイとしては、有馬記念っていうのは本命馬が信じられない凡走をして場内騒然ってのを何度も何度も見て来てるので、経験則としてどうしても人気馬を疑ってしまう。習性といってもいい。しかしそれもこれも、昔の感覚や常識に捉われてるから裏目ってるのであって。
 昭和の時代 ━━ だからもちろん大昔だ ━━ の名馬・ミホシンザンが5歳(=旧年齢表記)の秋シーズン、毎日王冠→天皇賞(秋)→ジャパンカップ→有馬記念と全て3着に終わった辺りが契機となって、ホースマンの意識が変わり出す。みんなが獲りたいGIを簡単に獲れる筈もなく、だから一戦ごとの消耗も激しいし、って事はよほど飛び抜けた馬でもない限り全部獲るのは無理だ→どこかに捨て試合を作らないといけない…と。その後、JCに外国から有力馬が出走したがらない事に危機感を抱いたJRAはJCの賞金を積み増す策を採ったため、各馬陣営はJCに重きを置き、秋天や有馬は「行き掛けの駄賃」的扱いとなって行く。なら、そこで有力視されてた人気馬がまだ八分の出来だったり既に出涸らしだったりで凡走しても全然おかしくない→だから有馬は穴に…というのが、有馬は一筋縄で行かない説の論拠だ。
 しかし。東京中日スポーツで毎週火曜、井崎脩五郎さんがコラムを連載してて、後付け的中ヨタ話が多いのだが、週末のレースのデータを出して展望する事もあって、今週がそうだった。曰く、JC至上主義で有馬が空白化した事の反省か、JRAは有馬の賞金も積み増して今年はJCと同じ1着賞金3億円とした。だからか各馬、JC→有馬が最大の目標…という使い方をしてるようで、現にこの秋3戦してるのはサトノノブレスただ1頭(夏競馬を使ってた組は、その後2ヶ月競走間隔を開けて一旦緩めている)。ならここは過去の有馬と違って、有力馬の凡走は考え難いのではないか…と。なるほど秋天で勝っても1着賞金1億3千万、片やJC有馬は3億&2着でも40%の1億2千万。距離2000mに魅力を感じて秋天勝負!って馬以外は誰だって秋天を捨てて2400のJC→2500の有馬に注力するよなあ。果たして結果はその通りに。データは蓄積すればするほど良いって思ってしまいがちだけど、現状に即してないデータはむしろ邪魔、敢えて捨てないといけないのだな。反省(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 03, 2016

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「2走前の内容を評価ゼーヴィント本命!」 | 「アサヒ芸能」の風俗情報 http://asageifuzoku.com/h/post/20938/
>2016/07/01
>毎週末出演している「みんなのKEIBA」(フジテレビ系)のオンエア前には必ず打ち合わせが行われるのですが、その際、必ず井崎先生が爺ネタならぬ時事ネタを披露。
>つい先日はAKB48の総選挙後。井崎先生も大好きな指原さんがみごと連覇を達成したことで「今日はサシ馬で決まり」と。そのあとに〈ホソエちゃんはサシコではなく、サセコですが〉と付け加えるのかと思っていると、なぜかスルー。よってみずから「私はサセコですが、何か?」と発言すると、
>「そうそう。でもホソエちゃんは、競馬学校の時は非売品だったんだよ。卒業後は特売品になっちゃったけど。バージンからバーゲン」との返しに、その場は大爆笑!
>しかしながら、よくよく考えてみると、確かに競馬学校時代はウブで処女だった私が、卒業後に騎手となり、レース中に生命の危機を感じたことで解禁!
>「そうそう。卒業後はサセコからサスコになり、今ではササレナイナイコに。これぞまさに、悲しき女の3段活用だぁ〜」と口にすると、周囲はドンビキ‥‥。

 >〈くだらないシモネタやダジャレを考える暇があったら、予想を当ててください〉

>そんな声なき声が心に聞こえちゃいました。
>というわけで、今週末から福島競馬が開幕。その福島で行われるラジオNIKKEI賞は2走前の内容がよかったゼーヴィントに期待をします。それでは皆さん、週末は競馬場、もしくは「みんなのKEIBA」でお会いしましょう。ホソジュンでしたぁ。


そら引くわ。身内のバカ話ならいざ知らずTV番組の打ち合わせで、それも酔ってるならまだしもシラフの女性がドシモって。一歩譲ってゲスい深夜ヴァラエティならいざ知らず、競馬中継というスポーツ(!)番組なんだから。百歩譲って、仮に居合わせたスタッフが個人レヴェルではウハウハだったとしても、周りに他の社員居たらホイホイ乗れないでしょうよ。俺は下ネタ大好きだしそれを口にする女性に好感を持つけども、ここは言ったり書いたりして良い場か?という事には慎重に気遣いするもの。
 それにしても、ホソジュンって現役時からこんなだったのか。ネットですらそういう噂は流れて来なかった、上手い事ヤってたんだなあ…って、実は周知の事実だったけどそういう情報の需要がなかっ y=ー( ゚д゚)・∵ターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 18, 2015

ぐっさん 異例の“アサヒ移籍” http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/378275/
>2015年03月17日 16時00分
9ebd05d5.jpg「クリアアサヒ 糖質0」をPRする山口 http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/03/aff2bf407a5be26fb1e711fa9992a95d.jpg
>お笑いタレントの山口智充(46)がアサヒビールの新商品「クリアアサヒ 糖質0(ゼロ)」のCMキャラクターに抜てきされ、16日に都内で行われた同商品の新CM(17日から全国でオンエア)発表会に出席した。
>山口はCMにも使われている歌とダンスをノリノリで披露しながら軽快に登場。しかし出演経緯に話が及ぶと、「競合他社のCMに9年間出演していた私に熱心にオファーをくれたアサヒビールさんには本当に感謝しています」と真剣な表情に。異例ともいえる起用への頭が下がる思いをうかがわせた。

いや本当に異例も異例だよな。単に競合他社ってだけじゃない、商品自体がモロに競合するものだし。せめて大晦日終わりで4月1日O.A.スタートとか、1シーズンは空けるのが礼儀っちゅうもんなんじゃないの?業界的にはセーフなのかもしれんけども。たとえ判断を下したのは事務所であっても、何かあった時に矢面に立たされるのはぐっさん本人なんだし。
 昔、TBS『リンカーン』のレギュラー9人からぐっさん1人だけ降板っていう謎のキャスティングがあって、以降ヴァラエティからパッタリ姿を消しちゃって、CMタレント(記事の『のどごし生』と『味の素』)になったって印象が強いんだけど、これって東京だけなのか?まあとにかく、芸人としてのぐっさんってしばらく見掛けなくて、だからこそCM界のシキタリみたいのは大事にしなきゃ、してあげなきゃいけないと思うんだけど。
 それにしても、移籍にしろヘッドハントにしろ、それなりのリスクはあるよな。夕刊フジでカジノのコラムを週イチで連載してる片山さんは、一昨年秋まで日刊ゲンダイの競馬面で関東本紙予想を担当してた人で、でもゲンダイ退社後半年は何の音沙汰もなく、外野からすると消息不明となっていた。女子アナがフリーになってもその後1年間は他局の仕事は受けないのが不文律なんて話は見聞きするが、そのシステムに倣ったのか?塩崎利雄さんも、諸事情で東京スポーツを辞めた際は、ケイシュウNEWSに移籍するまでの間に浪人期間があったと著作で述べている。同時進行小説『止まり木ブルース』をゲンダイ紙上で連載開始した時点ではまだケイシュウに所属してて、これはホースニュース在籍時に既にフリー活動をとしていた井崎脩五郎パターンだ。ダービーニュースからゲンダイに移った鈴木和幸さんや、ダービーからケイシュウに移った故・大川慶次郎さんの時は、自粛(?)期間は有ったんだろうか?まあ、知ってどうなるものでもないけども('A`)

オン・ア・クリア・デイ
オン・ア・クリア・デイ

アーティスト:菅野邦彦トリオ・プラス1
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2009-05-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 12, 2012

田中オーナー 柴田善を絶賛/エ女王杯 http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20121112-1045785.html
><エリザベス女王杯>◇11日=京都◇G1◇芝2200メートル◇3歳上牝◇出走16頭
>単勝7番人気のレインボーダリア(牝5、二ノ宮)が重賞初制覇をG1の大舞台で果たした。
>メガネスーパーの前社長・田中由子オーナー(66)にとっても初のビッグタイトルとなった。ヴィルシーナとの熱い攻防に「久々に興奮しました」とゴール前では声も出たと振り返った。「善臣君が『タフで一生懸命で真面目に走る。タイトルを取らせたい』と言ってくださっていました。馬の力を信じて乗ってくれるのは、馬主にとって本当にうれしいです」と振り返った。
>馬主歴は22年。メガネスーパーの創業者だった田中八郎氏と夫婦で馬主をしていたが「一昨年、主人が亡くなって…」と同オーナー。もともと八郎氏が所有していたゴールデンダリアは10年新潟大賞典を勝っており、「その時も善臣君が乗ってくれました。縁がありますね」と柴田善騎手に感謝を述べた。
>[2012年11月12日8時38分 紙面から]

メガネスーパーとか田中八郎とか、もう懐かし過ぎる!少なくとも20世紀からプロレスファンだったらこの2つのワードは鮮烈に記憶されてなければならない。全日本と新日本の2つしかなかったプロレス界がこんにちのような形になったのは(良い意味でも悪い意味でも)この人の成果だ。や、それはもちろん結果論でこの人に悪意は全くなかったんだけど、当時プロレスマスコミの中で圧倒的だった週刊プロレスから猛烈なバッシングされた事や、氏の意図を正しく理解せず単にタニマチのように思ってたレスラーも少なからず居た事も有って、SWSは短い期間で崩壊、氏はプロレス界から去る。

 >馬主歴は22年

22年前のその年こそがSWSの旗揚げとなった1990年だ。ご主人がプロレス・奥さんが競馬で、後日プロレスから手を引いたご主人も競馬に…って流れだろうか?それとも、既に馬主でその上でプロレスも…なのか?うーむ( ´-`)y-~~~

ユニット・ストラクチャーズ
ユニット・ストラクチャーズ

アーティスト:セシル・テイラー
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009-09-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 28, 2011

佐藤健、井崎脩五郎に説く「競馬は簡単じゃない」〜JRA『CLUB KEIBA』新CM http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2000219/full/
>2011年07月28日 05時00分
>俳優の吉高由里子、佐藤健、桐谷健太がイメージキャラクターを務めるJRA『CLUB KEIBA』の新CMが完成し、競馬評論家の井崎脩五郎氏が出演していることが28日、わかった。井崎氏は、3人がレース終了後に訪れた居酒屋の客として登場し、隣の席に座った佐藤から「蝶ネクタイとしかしてわかるわけないね。競馬ってそんなに簡単じゃないもん」とダメ出しをされる。
>CMは、自分の思い入れのある馬について佐藤が熱く語るというストーリーで、一緒に飲みに来ていた2人だけでなく、隣の席にいる井崎にまで話しかけてしまうというもの。井崎と気づかずに競馬について熱弁を奮う佐藤と、井崎に気づいた2人がオロオロしながら佐藤に気づかせようとする姿が笑いを誘う。
>新CM「CLUB KEIBA/熱弁」篇は、8月1日より全国放送開始。

井崎脩五郎の何が凄いって、非競馬ファンにも顔が知れてる上に、こういうオファーを平気で受けちゃう、受けれる事だ。リアルにこのシチュエーションになったら胸ぐら掴んで「表に出ろ」ぐらいの啖呵切っても全然おかしくない人だって居る(敢えて誰とは言わないが)、笑って受け流せる業界人は極めてレアな筈だ。…しかしまあ、馬券が当たろうが外れようが評価が変わらない(むしろ当たると怒られる)っつう、この人のポジションの特異さつったら、ねえ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 14, 2010

 手元に87年の『小説競馬必勝法/井崎脩五郎(双葉社)』が有る。
c97cd423.JPG
86年の、ギャロップダイナの有馬記念にまつわるいくつもの偶然を採り上げたものだが、この中に『千の箱の実験』というエピソードが出て来る。要約すると、

 ●外観から中身の判別が付かない箱を千人に渡し「ダイヤモンドの入ってるのが1ヶ有ります。出て来たら差し上げます」
 ↓
 ●浮き足立つ者も現れるが、大半は「どうせ千人に一人じゃ('A`) 」てな冷めた反応を示す。
 ↓
 ●別サンプルで「5ヶ」「10ヶ」と増やして行けば、当然色気を持ち出す人も増えて行く。
 ↓
 ●そして33ヶになると、千人全員が希望を持つのだと。

時代的背景やプレゼントの金銭的価値、サンプルの人種、性別、年齢、年収などによって結果は左右されそうに思うが、とにかく千分の33という数は基本であるそうだ。

 >有吉は考えた。
 >千のうち、三十三の当たりか。
 >競馬だったら、どうだろう。
 >千人が百円ずつ馬券を買ったとして、売り上げは十万円。
 >これを適中者三十三人で山分けすると、一人三〇三〇円か。
 >いや、待てよ。
 >これに二五パーセントの控除がかかるわけか。
 >三〇三〇円から、二五パーセントを控除すると、いくらになるか。
 >有吉は暗算してみた。
 >二二七〇円……か。
 >そうだ。たしかに二二七〇円で間違いはない。
 >頭に浮かび上がったその数字に、有吉は、一瞬のうちに痺れた。
 >中央競馬会は、年間の平均連勝配当が、昭和五十年以来、ずっと
  二千二百円台にぴったりとおさまってきているのだ。
 >(そうだ、去年なんか、そのものずばり、二二七〇円だった)
 >有吉は、配当まで演出されているのかと思った。
 >平均配当をちょうど二千二百円台にコントロールしておくことが、
  ファンの馬券に対する購買意欲を誘うのだ。
 >そうに違いない。
 >平均配当がそれくらいの競馬を続けることが、ファンの購買意欲を
  もっとも喚起するのだ。欲を出させるのだ。

補足すると、低配当なレースは当たり易いから、いわゆる銀行レース大好きな大口客にはありがたいが、一攫千金を狙う庶民には「こんなん夢ねぇ、totoや宝くじの方がエエわ」と愛想尽かされ逃げられてしまう。逆に、一昨年の春のGIシリーズのように百万馬券連発なんてなった日にゃ、庶民は大喜びで参加する一方で「理屈も何も有ったもんじゃない、こんなん真面目に考えんのアホくさ」と大口客は逃げ出す。小銭客も大口客もが食指をそそられる、最も売上を見込めるヴォリュームゾーンというのが有る筈だが、それはナンボぐらいの配当の時か?という命題に、千分の33の法則を当て嵌める訳だ。ただ一人が総取りのものより、的中者が増えて行くに連れ興味を持つ人の割合も増える。そして千分の33で参加者全員が興味を持つのだから、それ以上易しくする必要はない。
 補足ついでに書くと、8枠連複は最大で36通り。ただし実際には少頭数のレースも有るし、そもそものフルゲートが16頭に満たないコースも有るから、競馬会が変な作為を加えない限り、確率は自ずと千分の33に近付くという訳だ。馬番連勝複式の導入をJRAが頑なに拒んでた際「馬連は高配当が出るので射倖心を煽る」と余計なお世話的配慮コメントを発していたのはもちろん方便で、売上を伸ばしたい=射倖心を煽りたい→それには8枠連複が最適、というのがJRAの本音だったろう。
 しかし8枠連複には同枠取消問題という極めて大きな瑕疵が有り、それから解放された馬連は競馬ファンに圧倒的好評を以て迎えられた。ところが競馬マスコミは高配当の方のみにスポットを当て、ミスリードされた競技団体の行き着いたのが三連単…という訳だ。
 これらは売る側の論理。客側からすると、控除率が賭式ごとに違わない限り、より複雑な賭式(具体的には三連単)の方が有利に決まってる。昨日付で書いたが、JKAはどうやら競輪で三連単の発売を縮小したいように見受けられる。そしてそうであるならば、愚策というしかない。というのは、他競技も足並み揃えて三連単撤退する訳ではないからだ。松山や富山や静岡のような、近隣に競合施設がない場はともかく、それ以外の大多数の場では客をみすみす他競技に転向させるだけだろう。まあ、近々行われる討論会とやらの結論も同じになると思うけども( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック