世界ふしぎ発見!

December 11, 2013

【F1】来年から最終戦のポイントを2倍に アブダビGPの勝者は50点 http://www.sankeibiz.jp/business/news/131210/bsa1312101026003-n1.htm
>2013.12.10 10:25
>国際自動車連盟(FIA)は9日、来年以降のF1シリーズで、最終戦の獲得ポイントを2倍にすると発表した。総合優勝争いを終盤まで盛り上げるためで、2014年F1シリーズ最終戦のアブダビ・グランプリ(GP)の勝者に通常の2倍の50点が与えられる。(AP)

ヴァラエティ番組のジャンピングチャンスかよ。だったらいっそスーパーひとしくんシステムでも導入してしまえ。得意なサーキットをチームなりドライバーなりが選択、そこだけポイントは倍。レース前に公開だと他チームの潰しが有るかもしれないからレース終了まで非公開で、ゴール後「実は俺スーパーひとしくんだったんだ」みたいな。…まあシーズン終盤は消化試合か否かで観客動員が天と地ほど違うから、っつう興行的理由は解る。来シーズンからJリーグが2シーズン制を採用するのもそういう狙いからだし(目論見通り運ぶかは別の話)。でも、F1ってどのチームが強いかどのドライバーが速いかは開幕から数戦で大体判ってしまって、だから大半のF1ファンにとってはタイトル争いが激しかろうとそうでなかろうと盛り上がりには関係無いし、そもそも運営サイドが思っているほどファンはチャンピオン争いに興味が無いように映る。つってもどうせ再来年ぐらいに「4大GP」とか言って獲得ポイントの高いレース増やすんだろうけど(もちろん裏金積んだトコが選ばれる)。
 っつう訳で競艇競輪オートレースの暮れの大一番に思いを馳せる。オートはSG覇者プラス各地区ランク1位選手は確定、残りの椅子はSGと特別G1の優勝戦に入着すると加算されるSS王座決定戦ポイントの累計上位。ポイント制はモータースポーツの必然なのか。これは解り易いが、各地区ランク1位がSG獲ってない場合、それだけSSポイントで出られる選手の枠が減る事になる。実際問題、川口の選手はSG制覇どころかSSポイント持ってる選手すら一人も居ない事が珍しくないが、それでもこうなのは「売上的には聖地とすら言えるメッカ・川口の地元選手が1人も出ないと盛り上がらない=売上が見込めないから」っつう興行的理由からだ。
 競輪グランプリはG1覇者は無条件確定、プラス残りの椅子を賞金順。これは極めて解り易いが、早い段階でG1獲っちゃった選手が後は緩めてグランプリに向けたコンディション作り…とか、年間通じてのモチヴェーションは?っつう疑問は残る。
 競艇は、賞金王決定戦に出られるのは獲得賞金順、だから今年のようにチャレンジカップ(=賞金王の前に行われる最後のSG)獲ったけど届かない(=賞金王出れない)って事も起きる。そういう、優勝しても賞金王出れないの確定してる選手のモチヴェーションはどうだとか、そういう選手が居ると別の要素が入って来て舟券予想がし辛いとか、SG獲ったらマスコミやファンはSG覇者として扱い方が変わるし「SG○冠!」みたいに持ち上げるけど単に賞金高いレースなだけですよっつう扱いなら『SGの重み』って何なのよ?とか、筋は通ってるがデメリットも有る。
 んー。それぞれ一長一短だわな( ´-`)y-~~~

ブレイキング・ポイント+2
ブレイキング・ポイント+2

アーティスト:フレディ・ハバード
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2008-12-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック