三連単

July 26, 2020

マーケティング齧った人なら誰でも聞いた事があるであろう、シーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)の提唱したジャムの法則。ヒトは選択肢が多くなり過ぎると少ない時よりも判断を下し辛くなり、小売業だとかえって売上減を招くというものだが、これは結果が独り歩きしてて、確かにある局面ではそういう事になりますよというだけで、どんな条件下に於いてもそのようになる訳では決してない。
IMG_20201011_133057
3競オートの世界では?三連単という、選択肢が多いイコール高額配当の出易い賭式が導入された事によって客の資金回転が悪くなり ━━ デカいの獲った客がそれを次以降のレースに投入せず帰ってしまうので ━━ トータルでの売上が減少したという事実はある。しかし一方で、ではガチガチのアタマ鉄板とか一騎打ちとかいうレースの売上が伸びるかというとそうではない、というのもまた歴史が証明している。顧客動向って難しいのよね(´・ω・`)
チョイス
ズート・シムズ
ユニバーサル ミュージック
2018-10-17



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 31, 2018

競輪トピックス|KEIRIN.JP
>2018/03/29 レース情報
>7車立て12レース制のFII開催の実施について
平成30年6月より、日中とナイターの時間帯ですべてのレースが7車立てで12レース制のFII開催を試行実施することとなりました。
>概要は以下の通りです。
>1. チャレンジ戦(A級3班戦)5レース・A級1・2班戦7レースの合計12レース制で実施し、全レース7車立てとなります。
>2. 概定番組(A級1・2班戦はこちら、 A級3班戦はこちら)、賞金及び競走得点は、ミッドナイト競輪と同様です。
>3. 平成30年度上期における実施場、日程等は以下のとおりです。
20180330_02http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/news/2018khn/03/images/20180330_02.jpg

何だこりゃ('A`)? しかも何で6月と8月だけなの?7月の開催スケジュール見ても、デイ開催・ナイター開催のFII戦なんて普通にあるし。
開催日程|KEIRIN.JP
車券買う上で、7車立てと9車立てでは予想メソッドに違いがあるから、両者が同一開催に混在するのは悩まされる…っていうのは正直ある。でもそれを拡大解釈すると、例えばオールS級開催にガールズやエボリューションが入ってる、それも将来的には全レース7車立てにするの?となってしまうし。
 まあ、解らなくもない。三連単という賭式のおかげで車券客の資金回転率が著しく悪くなった(=売上減を招いた)、しかし今さら三連単を廃止など出来っこない、となれば車立てを減らすしか…というのは道理だ。単純な確率の問題だけでなく、9車立ての8番手から捲るのと7車立ての6番手から捲るのでは成功率が段違い、後手踏まされた本命選手も巻き返し易いから車券も本命サイドになり易い。
 けど、9車立ての3・3・3っていう三分戦こそがバランスが良い!っていう旧来型競輪ファンの美意識というか、車券的食指の動き易さとか一捻りした車券の妙味とかいうのも実際ある。また、7という素数を採用する事で勝ち上がりが判り難くなる、8車立てとか6車立てって手はなかったの?ってのもあるし。
 …全否定するつもりはさらさらないけど、やっぱ釈然としない部分は残るんだよなあ('A`)
セヴン・ステップス・トゥ・ヘヴン(紙ジャケット仕様)
マイルス・デイビス
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2006-09-27



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 13, 2011

「すき家」防犯対策強化 深夜帯を複数勤務体制に http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/10/13/kiji/K20111013001813900.html
>牛丼店「すき家」を展開する「ゼンショー」は13日、防犯対策強化の一環として、深夜時間帯の1人勤務体制を順次解消することを決定した。
>ゼンショーを統括するゼンショーホールディングス広報室の発表によると、警察庁から12日に防犯体制強化の要請を受けた措置で、今年末までに全店舗の60%を、来年3月末までに全店舗を目標に、深夜帯を複数勤務体制にするという。
>今年1〜9月、全国の牛丼チェーン店に対する強盗事件は未遂を含め71件発生し、うち9割がすき家に集中。警察庁や各都道府県警は繰り返し防犯強化を求めていたがほとんど改善がみられず、12日にゼンショー責任者を同庁に呼び文書で要請していた。
>[ 2011年10月13日 17:37 ]

さすがのゼンショーも突っ張り切れんかったか。昼の時点ではまだ強気な姿勢だったのに。

「すき家」の強盗被害9割! 警察庁、異例の防犯対策強化を要請 http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/111013/cpb1110131106002-n1.htm
>2011.10.13 11:04
>ゼンショーの広報担当の話「店舗ごとに異なる事情に併せて必要な防犯対策を講じている。防犯対策の強化の一方で、強盗が重罪であるという意識付けを図ることも必要だと思う」
警察庁が指導、「すき家」ゼンショーの経営姿勢 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111013-OYT1T00613.htm
>今回の指導について、ゼンショーの広報担当者は「経営を度外視してまで防犯に取り組む必要があるのか考えたい」と発言。防犯カメラの設置などの対策を進めていると説明した上で、「複数の夜勤がいた店が被害に遭った事件もあり、従業員を増やしたところで強盗は防げない」と同庁の指摘に疑問を投げかけた。また、出入り口付近にレジを設置していることについては、「客が出入りしやすい場所なので配置している。変える必要があるか検討したい」と話した。
>(2011年10月13日14時10分 読売新聞)

 >防犯対策の強化の一方で、強盗が重罪であるという意識付けを図る
  ことも必要だと思う
 >複数の夜勤がいた店が被害に遭った事件もあり、従業員を増やした
  ところで強盗は防げない

「お前らももっとパトロールとかしろよ」と警察に逆ギレ的態度。企業の社会的責任、立場っつうもんが有るだろが。

 >経営を度外視してまで防犯に取り組む必要があるのか考えたい

凄いなこの言い草。…と呆れつつ、純粋なゼニカネ判断としては決して間違っていない。鉄道会社がホームドアを設置しないのも(莫大な投資が必要なのに収益面でのプラス効果はゼロ)タクシー会社が任意保険に加入しないのも(営業車は保険料が非常に高く、ある程度台数抱える会社なら無保険━━もちろん自賠責は強制加入だが━━で事故の都度実費処理した方が安く付く)、理屈というか姿勢としては同じだ。ゼンショーだけが叩かれているのは犯罪を放置、容認、ばかりか誘致さえするかの様な姿勢、従業員を危険に晒している事、一人回しは客が続く限り店内清掃もトイレ休憩も出来ない事等(=ブラック企業?)の問題からであって、純粋にソロバン勘定だけなら筋は通っている。
 車券馬券だって同じ事が言える。三連単100万円なんつうと凄いが、それを獲るために自分はどう買うかをシミュレーションすると、買い目がやたらに増えて回収率では三連複や二連単を下回ったり、外した時のダメージがデカかったりで、必ずしも好結果を生まない事が非常にしばしば有る。目的は最大結果であるからして、もちろん絞って三連単獲れるならそれに越した事はないけど、無理に三連単に拘る必要は無いんだよな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 14, 2010

 手元に87年の『小説競馬必勝法/井崎脩五郎(双葉社)』が有る。
c97cd423.JPG
86年の、ギャロップダイナの有馬記念にまつわるいくつもの偶然を採り上げたものだが、この中に『千の箱の実験』というエピソードが出て来る。要約すると、

 ●外観から中身の判別が付かない箱を千人に渡し「ダイヤモンドの入ってるのが1ヶ有ります。出て来たら差し上げます」
 ↓
 ●浮き足立つ者も現れるが、大半は「どうせ千人に一人じゃ('A`) 」てな冷めた反応を示す。
 ↓
 ●別サンプルで「5ヶ」「10ヶ」と増やして行けば、当然色気を持ち出す人も増えて行く。
 ↓
 ●そして33ヶになると、千人全員が希望を持つのだと。

時代的背景やプレゼントの金銭的価値、サンプルの人種、性別、年齢、年収などによって結果は左右されそうに思うが、とにかく千分の33という数は基本であるそうだ。

 >有吉は考えた。
 >千のうち、三十三の当たりか。
 >競馬だったら、どうだろう。
 >千人が百円ずつ馬券を買ったとして、売り上げは十万円。
 >これを適中者三十三人で山分けすると、一人三〇三〇円か。
 >いや、待てよ。
 >これに二五パーセントの控除がかかるわけか。
 >三〇三〇円から、二五パーセントを控除すると、いくらになるか。
 >有吉は暗算してみた。
 >二二七〇円……か。
 >そうだ。たしかに二二七〇円で間違いはない。
 >頭に浮かび上がったその数字に、有吉は、一瞬のうちに痺れた。
 >中央競馬会は、年間の平均連勝配当が、昭和五十年以来、ずっと
  二千二百円台にぴったりとおさまってきているのだ。
 >(そうだ、去年なんか、そのものずばり、二二七〇円だった)
 >有吉は、配当まで演出されているのかと思った。
 >平均配当をちょうど二千二百円台にコントロールしておくことが、
  ファンの馬券に対する購買意欲を誘うのだ。
 >そうに違いない。
 >平均配当がそれくらいの競馬を続けることが、ファンの購買意欲を
  もっとも喚起するのだ。欲を出させるのだ。

補足すると、低配当なレースは当たり易いから、いわゆる銀行レース大好きな大口客にはありがたいが、一攫千金を狙う庶民には「こんなん夢ねぇ、totoや宝くじの方がエエわ」と愛想尽かされ逃げられてしまう。逆に、一昨年の春のGIシリーズのように百万馬券連発なんてなった日にゃ、庶民は大喜びで参加する一方で「理屈も何も有ったもんじゃない、こんなん真面目に考えんのアホくさ」と大口客は逃げ出す。小銭客も大口客もが食指をそそられる、最も売上を見込めるヴォリュームゾーンというのが有る筈だが、それはナンボぐらいの配当の時か?という命題に、千分の33の法則を当て嵌める訳だ。ただ一人が総取りのものより、的中者が増えて行くに連れ興味を持つ人の割合も増える。そして千分の33で参加者全員が興味を持つのだから、それ以上易しくする必要はない。
 補足ついでに書くと、8枠連複は最大で36通り。ただし実際には少頭数のレースも有るし、そもそものフルゲートが16頭に満たないコースも有るから、競馬会が変な作為を加えない限り、確率は自ずと千分の33に近付くという訳だ。馬番連勝複式の導入をJRAが頑なに拒んでた際「馬連は高配当が出るので射倖心を煽る」と余計なお世話的配慮コメントを発していたのはもちろん方便で、売上を伸ばしたい=射倖心を煽りたい→それには8枠連複が最適、というのがJRAの本音だったろう。
 しかし8枠連複には同枠取消問題という極めて大きな瑕疵が有り、それから解放された馬連は競馬ファンに圧倒的好評を以て迎えられた。ところが競馬マスコミは高配当の方のみにスポットを当て、ミスリードされた競技団体の行き着いたのが三連単…という訳だ。
 これらは売る側の論理。客側からすると、控除率が賭式ごとに違わない限り、より複雑な賭式(具体的には三連単)の方が有利に決まってる。昨日付で書いたが、JKAはどうやら競輪で三連単の発売を縮小したいように見受けられる。そしてそうであるならば、愚策というしかない。というのは、他競技も足並み揃えて三連単撤退する訳ではないからだ。松山や富山や静岡のような、近隣に競合施設がない場はともかく、それ以外の大多数の場では客をみすみす他競技に転向させるだけだろう。まあ、近々行われる討論会とやらの結論も同じになると思うけども( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 18, 2009

 キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

2011年から2億円馬券 JRA、「5重勝単式」導入 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091118AT1G1801Z18112009.html
>日本中央競馬会(JRA)は18日、2011年から、指定された5レースの1着を当てると、購入額100円に対する払戻金が最高2億円になる「5重勝単勝式」を発売すると発表した。競馬ファンの一獲千金の夢が広がりそうだ。
>JRAによると、5重勝単勝式は当面、インターネットからの購入に限定。的中者が出なかった場合、次回に繰り越し(キャリーオーバー)となる。的中者が多いと、払戻金が2億円より少なくなる場合がある。
>重勝式は諸外国では広く発売されており、6レースの1着を的中させる米国の「ピック6」は人気が高い。中央競馬でも1951年以降、午前中の3レースを対象とした3重勝単勝式が発売されていた。「射幸心をあおる」との理由から61年、発売中止になったが、05年の競馬法改正で再び解禁されていた。(20:01)

クイックピックでも良いが、買い手が予想出来るタイプのものが用意されるなら是非やってみたい。JRAがやるからには、競輪みたく関東エリア関西エリア二本立てみたいな事はしないだろう、三場開催だったら三場メインと主場最終二つとかだろうし。
 五重勝は、本質的には5ヶレース単勝転がしと等価だ。しかし控除が一回しか掛からないから賭け手にとって圧倒的に有利になる。中央競馬の単勝の控除率は約20諭8渓には、単純に20佑箸覆蕕覆い里楼焚爾猟未蝣

JRAホームページ|お問い合わせ http://jra.jp/faq/faq02.html

だし、また10円未満の払戻金は切り捨て(四捨五入ではない)なので平均5円ロスしてる、実質控除率は約25諭もう面倒なので単純に25(=期待値75)で計算してしまうが、5ヶレース単勝転がしは

(1−0.25)の5乗

で23.7佑泙粘待値が落ちてしまう、五重勝一発の3分の1以下だ。購入レースを自分で決められない、もう充分な額と感じても途中で降りられない、というデメリットを考慮しても充分にアリだ。
 オートは展開が予想の基本なので、1着がこれの時は2、3着はこれとこれしか来れない、てな案配に機械的に絞れる。競輪も、そういう買い方が基本(な筈)。対して競馬はっつうと、これらより格段に不確定要素が多く、単純な展開買いがし難い。恥を忍んで書くが、俺には中央競馬で三連単を買う予想スキルは無い。単複か、馬連が精一杯。地方競馬だと実質4頭立て、当てるのは簡単だが儲けるのは難儀…てなレースが多く三連単買わざるを得ないが、中央だと三連単を買う事で得られる高配当より買ってない馬に3着に来られちゃうリスクの方がデカい。これ↑は俺だけの事情だが、「一頭抜けてるが相手が難しい」的なレースはナンボでも有る。そんな時、この五重勝は大変有力だ。あー早く来ないか2011年(0゚・∀・)wktk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック