一口馬主

September 08, 2020

アート作品でも「ロビンフッド現象」、コロナ禍で高リスク投資人気に - Bloomberg https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-07/QG7SI6T0AFB801
>Katya Kazakina
>2020年9月7日 13:41 JST
>世界的なアーティストが手掛けた絵画の少数持ち分をわずか20ドル(約2100円)で購入できるサービスが、新型コロナウイルス感染が拡大する中で人気を集めている。同サービスを提供するニューヨークの新興企業マスターワークスの創業者が明らかにした。
>2017年に同社を立ち上げた収集家のスコット・リン氏は「人々は株式市場が割高だと感じており、別の投資先を探している」と語った。
>美術品や収集品、クラシックカーから競走馬に至るまで、高額資産の分散所有は急成長しており、マスターワークスはその最前線にいる。
1800x-1 サンフェリペステークス(G2)で勝利した競走馬オーセンティック(3月3日、カリフォルニア州アルカディア) https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/ieT6Xk4sMS.4/v0/1000x-1.jpg
>分散所有という概念は、アート市場や競走馬では新しいものではない。しかし、そうしたリスクの高い投資の魅力がコロナ禍で高まった。多くの人が損失を被る可能性が高いとしても、何か特別なものを所有するという経験と興奮を求める人が増えている。
>マイレースホースの創業者マイケル・ベーレンス氏によると、同社では4月以降、投資家の数が3倍に膨らんだ。同社は6月、競走馬「オーセンティック」の持ち分12.5%を購入。これに基づくオーセンティックの価値は1500万ドルだった。

アメリカだったら、一般の人の株式投資意欲は日本より圧倒的に高い。株、投資信託、商品先物取引etc. でもさすがに絵画や競走馬までは目が回ってなかったか。それがコロナを機に…と。
 それは良いが、こっちからすると美術品やクラシックカーを共同所有するっていうのが理解出来ないんだけども。日常的に使うマイカーをシェアリングするのは解るけど、クラシックカーなんて所有欲の塊みたいなものじゃないの?美術品や骨董品のタグイも、コレクトする事が最大の喜びなんじゃないの?値上がり期待で一口持ってるだけで上がったら即売っちゃうって、最初からそれを投機対象としてしか見てないような。いやカネ余りの人達の投資のターゲットに過ぎないんだから、彼らの行動原理としては正しいんだけども。そりゃ一口馬主だってカネ勘定は大事だけども。何かモヤモヤするんだよな(´-`).。oO
アンティル
ロビン・ケニヤッタ(as)
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-06-26



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 23, 2017

クラブ馬主になって夢と賞金を同時に狙う! 安くて強い馬列伝【後編】|週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2017/04/22/83393/
>[2017年04月22日]
>「馬主で一攫千金(いっかくせんきん)」は一般庶民にはかなりハードルが高いが、クラブ馬主ならそれも夢ではない。例えば、ダート戦線で10億円以上を稼いだエスポワールシチーは、500口の共同馬主で1口当たり2万4000円。維持費などは別としても還元額は約204万円で100倍近いリターンだ。また、短距離G1で2勝のローレルゲレイロも1口5万円が245万円に化けた。
>(取材・文/土屋真光)

まあ、ねえ('A`) 何億もする高馬や良血馬を安馬が打ち負かすのは競馬の醍醐味の一つだし、痛快だし、日本人特有の判官贔屓にも符合する。でも、当たり前だけど、そうではない ━━ やっぱり馬の成績は価格相応である ━━ 事の方が圧倒的に多い。こうやって一攫千金を煽る記事は、もちろん新規に一口馬主や競馬ファンを開拓するという意味でありがたいけど、あくまでレアケースであって、出資馬の成績いかんだが、ほとんどの場合大赤字だという事をちゃんと伝えないといけないと思う。
 ウン億もした高馬が一走も出来ずに引退…みたいな記事の方が、そりゃ読者受けは良いに決まってる。精神が卑しくて俺は大嫌いだが「他人の不幸は蜜の味」なんて言葉もある。しかし、では自分がそういう大金使える立場だったらどうか。予算の範囲内でだが、やはり高い馬を買うだろう。石はナンボ磨いたってダイヤにはならないんだから、素材選びの段階である程度の予算を投じなければ活躍馬を効率よく手に出来ないのは道理だ。安馬が活躍して賞金ガッポガッポってのが一番コスパは良いけども、そんな簡単に行く訳ないじゃないか。だから高馬パンクでメシウマ(^q^) みたいな風潮も俺は嫌で、そういうの関係なしに純粋に安馬活躍サクセスストーリーっていうんだったら素直に同意出来るんだけど、そういうの少ないからねえ('A`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 16, 2012

「短距離戦は馬券が売れない」の新説登場 http://www.tokyo-sports.co.jp/writer.php?itemid=18255
>2012年02月16日 09:00 | フォルダ : 虎石晃
>「来週の千葉S(4歳上オープン、25日=中山ダ1200メートル)の賞金ボーダーはどれくらい? そこを除外されると出走がかなり延びてしまうんだ」
>今週のトレセン仕事は某調教師の超難問から始まった。「それは馬券野郎の管轄外です」と突き放したいところだが、物事はなんでも“ギブ・アンド・テーク”。耳寄り情報をゲットしたいなら、このような雑仕事もこなさなければならない。
>「今週のレースで除外権利を取れる馬は洛陽Sに登録があったマルカベンチャーだけ。それなりに賞金を持っていれば出走可能と判断できます」
>競馬予想よりは易しく天気予報より難しい?問題を解いてみた。それなりに納得した表情を見せた調教師だが、ここで突然、余計な考えが馬券野郎の頭をよぎった――。
>「出走過多は得てして1200メートルの芝かダート戦。こんな状況が何年も続いているのに、どうしてレース数が増えないのか」。せっかくだから逆質問してみた。
>「答えは簡単。短距離戦は馬券が売れないから。収入が少ない商品を増やすほど主催者もバカではない」と即答。「マジすか?」と当方。「マジです。ちゃんと統計を取っております」と前出の調教師は主催者気取りで言い切った。
>真偽のほどは定かではないが、妙に納得してしまう言説だ。もっとも、日本も含めて世界の競馬は短距離重視の傾向にあり、目下トレセンには出走予備軍が多数存在し、それゆえ馬房の回転が鈍り、調教師や馬主の財政が悪化している…。“売れる短距離戦”を作らねば日本競馬は疲弊していくばかりである。
>(美浦の馬券野郎・虎石晃)

 >出走過多は得てして1200メートルの芝かダート戦。こんな状況が
  何年も続いている
 >日本も含めて世界の競馬は短距離重視の傾向にあり

俺がリアルで一口馬主やってた頃は、短距離ダート血統ばかり選んでた。そのココロは短距離血統は一体に仕上がり早で(本当に身が入るのは高齢という馬はもちろん居るが)、脚部不安とかがない限り投資金額を早めに回収し易いから。それでなくても今みたいなご時世、馬主も左ウチワな大旦那ばかりではない。ばかりか本業が苦しいのを馬に助けてもらってる…などと囁かれる馬主も珍しくない。ペーパーオーナーゲームだって、一頭は短距離馬を(ダート馬でなくても良い)選ぶのがセオリーだし。生産者にとっても、短距離血統の方が産駒の計算が立つ。だからこう↑なるのは必然でもある。
 一方、純粋にバクチとして見た場合、短距離戦は怖い。何せ出遅れ一発であぼーん、長距離戦だって出遅れはマイナス材料だが、レースのペース次第では巻き返すチャンスがある。短距離戦はそんなもんない、即死だ。これはレースとして面白い・面白くないという遥か以前の問題だ、入れる額がレースの距離に比例してるのは、別に俺ばかりではあるまいて。だからこそ

 >短距離戦は馬券が売れない

なんだろうし。…まあ、JRA的には意図的に現状維持するしかないわな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 22, 2011

 女優の田中好子さん、っつうより俺の世代だとキャンディーズのスーちゃんだが、昨夜亡くなった。各スポーツ紙も当然1面でデカデカと、しかし社の一回り若い世代にとっちゃ何この扱い、そんな大物なの?と。まあこれはしょうがない、去年南田洋子さんが亡くなった時、ダイナアクトレスの一口馬主だっつのと『東芝・特ダネ登場』しか知らんと話してた俺らに専務は落胆してたものだ。銀幕の大スターだったって知識はあるけど、こういうのはリアルで接してないと、ね( ´,_ゝ`)
 同様の事はナンボでもあって、例えばやはり俳優の故・松田優作の物真似と来れば「何じゃこりゃあ!」が鉄板だが、今の若いコは『太陽にほえろ!』すら知らないから物真似タレントゆうたろうの説明から始めないと…ってのすらウソ。そもそも「あのね、松田龍平と翔太のお父さんはね…」ってトコから話さないと通じない。エジプトのルクソールだったかカルナックだったかの宮殿の外壁には世界最古の落書き(楽彫り?)があって、当時の言葉で「近頃の若いモンは実になっとらん」的内容なのだそうだが、とにかくジェネレーションギャップっつうのは太古の昔からあって、人々の悩みの種だったのだ。
 話をキャンディーズに戻すと、アイドルがヴァラエティにレギュラー出演しコントに挑むなんて今や当たり前だが、その元祖的存在だ(実は売れるまでに結構な潜伏期間があり、やむなく『8時だョ!全員集合』『見ごろ!食べごろ!笑いごろ!』のレギュラーに押し込んだ…今だったら「ナベプロのゴリ押し」と揶揄されてたかもしれない)。余談だが、揃いの鉢巻きにサテンの法被っつうヲタファッションの元祖も全キャン連だ。ジェネレーションギャップ。はい(´・ω・`)
 3競オートにも当然ある。俺が競馬を知ったのはハイセイコーブームからだが、TTGの後ちょっとブランクがあって、きちんと語れ出すのは86年以降。競輪に手を染めた時、既に中野浩一は引退してたし吉岡稔真も全盛期は過ぎていた。車番連勝単式も全場導入済で、だからKPK制度の功罪とか解る由もないし、ましてやKPK以前などスルーを決め込むしかない。オートでは全選手セアだし6枠制も廃止されてた。…こういう俺でも、今の若い人が知らない事で教えられるものもあるし、俺自身先輩から教わりたい事も多々ある。まあそんな風で( ´-`)y-~~~

みごろ ! たべごろ ! 笑いごろ !! みごろ ! BOX (初回限定版) [DVD]
みごろ ! たべごろ ! 笑いごろ !! みごろ ! BOX (初回限定版) [DVD]

出演:キャンディーズ
販売元:ユニバーサル ミュージック
発売日:2004-12-22
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 23, 2010

河野太郎公式サイト | 日本の映画産業の危機 http://www.taro.org/2010/11/post-856.php
>2010年11月26日 20:56
>日本の映画を見ると、「なんとか制作委員会」が制作している映画が結構あります。
>つまり、映画会社、テレビ局、おもちゃメーカー、広告代理店、出版社などが資金を出して、映画を作って、チケット売って、テレビで流して、キャラクターグッズ作って、書籍にして売って等々みんなでリスクを分割して、みんなで儲けようというのが制作委員会です。
>制作委員会は、民法上の組合であったり、有限責任事業組合(LLP)、あるいは投資事業有限責任組合であったりするのですが、これが金融商品取引法(金商法)の二条二項五号という規定にひっかかるのです。
>つまり組合、LLP、投資事業有限責任組合など、出資金で事業をして儲かったら利益を得るというスキームのものは、金商法によってその権利が有価証券とみなされます。だから制作委員会を作って資金を集めると、第二種金融商品取引業の登録をして、行為規制を守らねばなりません。
>行為規制とは、顧客に対する誠実公正義務、名義貸しの禁止、広告規制、契約締結前の書面交付、契約締結時の書面交付、投資運用業にかかる忠実義務、善管注意義務、分別管理義務、運用報告書の交付義務等々と、禁止行為をしないこと。
>この金商法二条二項五号の規制を受けないために一番簡単なのは、出資した以上の利益の配当を受けないことなのですが、よっぽど映画が好きな人だけが集まって身銭切る場合でなければこうはなりません。
>映画作るために儲けようとして、なおかつ、金商法の規制を受けないためには「出資者の全員が出資対象事業に関与する場合として政令で定める」条件に当てはまることが必要になります。
>全員が常時制作に従事していることというためには、全員が日常的に継続的に実質的に制作に従事していることが必要です。映画のキャラクターグッズ売るだけなのに、毎日、映画制作の現場にいなきゃいかんのか!?
>で、制作委員会はそんなことできないから、みんな、この法律をシカトしているのが現実です。
>と、ある日突然、金融庁が制作現場に踏み込んできて、金商法違反だということになりかねません。その結果、3年以下の懲役または300万円以下の罰金。
>こんな状況は、異常だし、法律がそもそも想定した状況ではないはずなので、金融庁は、金商法施行令1条の3の2を変更すべきではないかと問題提起をしましたが、今日に至るまで、金融庁にその意思はなく、それならば自民党で規制仕分けして、法改正をするしかないねというところまで来ています。

ブログで書くかどうかは別に気になるニュースとして一応保存してたネタ、を改めて採り上げるのはバクチと絡んで来ると判ったから。
 ほとんどの一口馬主クラブでは、未出走や未勝利で抹消された馬の出資会員はその出資額の一部を次回出資に充当出来る補償制度が有るが、これが来年から廃止される。そのココロは、一口馬主も匿名ファンドとして金融商品取引法の規制下に有るが、その損失補填に該当するからだと。

最後の会報: 競馬サロン ◇ ケイバ茶論 http://hirotomi.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-13f2.html
忍び寄るマネーゲーム化: 競馬サロン ◇ ケイバ茶論 http://hirotomi.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-c5ac.html
>転機が訪れたのは2007年。商品ファンド法は金融商品取引法へと生まれ変わり、これに伴い所管も金融庁単独に変わった。
>だが、もともと金融商品取引法は、金融業者とその顧客を想定した内容。そのため補填が認められる特例として「発注担当者の不注意による発注ミス」は明示されていても、「育成担当者の不注意による骨折」などが折り込まれているはずもない。損失補填を禁止する根拠にしても「金融市場の担い手としての責務に背く行為であるため」とされており、我々が慣れ親しんだ競走馬の世界とはかなりの乖離感が漂う。

映画と同じく、明らかに法制定時に想定してなかった事象だよな。
 ただ、そもそも一口馬主が法の網目を突いた…つったら言葉は悪いがそういうトコが有って、JRAも苦慮している。競馬関与禁止者の名義貸しを防ぐ、って大義名分が有る以上「あくまで法遵守を」ってスタンス取らざるを得ないし、一口馬主のためだけに法改正、あるいは新法設立って義理もJRAには無い。
 結局、法の抜け道っつうか、モロな損失補填ではないが相当の補償となる手法をクラブが編み出したらしいけど、何か、ね…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 31, 2010

某情報会社幹部のカネになる独り言 エプソム愛馬会の行政処分勧告を斬る! http://sl65amg.blog32.fc2.com/blog-entry-840.html
>2010.05.31 Mon
>この世界は例え事実であっても競馬関係者の誹謗中傷は芳しくない。
>ただ、読者に5/10(月)に書いた大樹ファームの超オフレコ話と今回のエプソム愛馬会の行政処分勧告を、同列に扱ってほしくない。だからこそ敢えてリスクを冒して、この一件を取り上げようと思う。
>大樹ファームと決定的に異なるのは

 >(2) 契約締結前交付書面等の記載内容とは異なる業務運営の状況
 > ‐浙盍浜の不備
 > 交付書面の説明とは異なる維持費出資金の受領
 >(3) 法令遵守態勢の欠如

>だ。
>(2)の,鉢を噛み砕いて説明すると、

 >,魯ラブ法人口座にあるカネを、愛馬会社長の個人口座に流していた。
 >は出資者に対して交付書面にある期日(1歳11月)より前に過剰請求をしていた。

>(3)はさらに悪質で法律で即座に応じなければならない関東財務局の検査を拒否。さらに抜き打ち検査に対し抗議を繰り返したとして、法令遵守態勢が根本的に欠如していると断罪。
>だからこそ大樹ファームは“業務改善命令”で済んだのに対し、エプソム愛馬会は“行政処分勧告”を食らったワケよ。
>繰り返すが大樹ファームと今回のエプソム愛馬会では、問題のレベルが全然違う。


俺は旧大樹レーシングクラブの会員だった。内訳は

 ●未入厩引退
 ●タイキジュリエット(準オープン勝ってまた準オープン、って際の調教で脚ヤって引退→繁殖)9b1d401d.JPG
 ●未出走引退
 ●未入厩引退

ジュリだけならもちろんプラスだが全馬合わせて月会費まで込みだと当然赤。ただ、(たとえ一口とはいえ)馬主でないと味わえない喜怒哀楽を経験出来た、貴重な時間だった( ´-`)y-~~~
 出走や勝利出来なかった馬への出資会員には、1年以内に他馬に出資する際の出資額(の一定割合)に充当出来る補償制度があって、それを残したまま俺がフェイドアウトしたのは、クラブに不信感を持ち始めたからだ。

某情報会社幹部のカネになる独り言 大樹ファームの【超】オフレコ話をコッソリ公開! http://sl65amg.blog32.fc2.com/blog-entry-813.html
>2010.05.10 Mon
>大樹ファームに関する読者からの質問に答えようと思う。
>経営不振に陥った原因と噂されているのが、タイキシャトルの種牡馬シンジケートに関する出資者とのゴタゴタだ。
>どう書いても角が立つのでサラっと流すけど、この一件でクラブは会員から信用を失ったと聞いている。

これは初耳だったが、同時期いろいろあったのは確か。まず、調教の現場を一手に指揮していた当時の副社長ジョン・マルドゥーンが退社。これで方針が変わるのは自明、そしてそれはたとえ良い方への変化であってもすぐには結果は出ないのか常で、その低迷期に俺が耐えられるかっつう不安。もう一つはシャトル(ジュリの一期上だった)引退→種牡馬入り後、募集価格が目に見えて上がった事。今までは新進の一口クラブだからバーゲンプライスでやってたけどこれからは水準値で…ってのは解るけど、でもこっちからすると、前年度までのカタログと比べて「〇〇の下で父××でこの値段かよ」っていう。おそらくこれで募集が激減したのだろう、それまで全馬一律100口だったのが400口募集を始めたり、でも大樹ボッタクリの印象は払拭出来ず、俺は降りた。後の事は知らん。そして数年後に身売り&証取処分。落ちる時はアッという間だ。
 まあ、今の大樹はちゃんとしてるようだから良いんだけど。エプソムねえ…( ´-`)y-~~~

【追記】
関東財務局 競馬ファンドに業務停止命令 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100603094.html
>関東財務局は3日、資金管理の不備をはじめ金融商品取引法に違反していたとして、競走馬への出資を募る競馬ファンド業「エプソム愛馬会」(東京)と「ジャパンホースマンクラブ」(同)に対し、新規ファンド設定に関する業務の停止を命じた。
>停止期間は7月2日まで。関東財務局は同時に、原因究明や再発防止策の策定を求める業務改善命令を出した。
>ファンドは、エプソム愛馬会が資金を集めて購入した馬をジャパンホースマンクラブが出走させ、出資者に賞金を配当していた。両社は出資金を分別管理していなかったほか、賞金を本来の使途でない牧場などへの支払いに充てていたという。
>[ 2010年06月03日 17:53 ]

馬代金か、放牧先への預託料か。まあ何にせよ自転車操業だ、活躍馬出せないとこうなるのは必定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック