ローズキングダム

November 29, 2010

 出社メンバーの話題は当然昨日のジャパンカップの採決の妥当性となる、あれセーフにしたらしたで「断トツ人気だったからJRAが配慮した」「加害馬も被害馬も同馬主だし」とか陰謀論囁かれたに決まってるが、各スポーツ紙見ても微妙に論調が異なってて、極めて微妙な判定であった事が判る。今回スミヨンに下された処分も騎乗停止四日間、悪質行為のそれではない。
 とにかく今回、ありとあらゆる事象がJRAをバッシングする方向に働いた、不幸なレースではあった。
 まず、ヴィクトワールピサが外にヨレ、ローズキングダムとぶつかった(この件でギュイヨンは過怠金1万円の処分)のと同タイミングで、ブエナビスタが内に寄った事(この部分ではスミヨンはノーペナルティ)。
 二つ目は、ブエナの鞍上が外人騎手だった事。いや、JRAの外人騎手への偏見とかホームタウンデジションとかじゃなく、日本競馬はクリーンを是とするためとにかく斜行は御法度だが、外国競馬はそんな甘っちょろいもんじゃない、ラグビーや競艇や競輪よろしくコンタクトプレイが当たり前で、そんな障害に怯まず前に行こうとするファイティングスピリットを勝負根性と呼ぶのであって。日本的感覚だと「インターフェアを取られないギリで他馬の動きを牽制するのがプロ、『丸いコーナーを四角く回る』のが一流」だが、外国競馬はそれこそ競艇ノリ、露骨にぶつけに行くのがデフォだ。そういう彼我の感覚の違いを、短期免許の期限内に外人騎手が身体で覚える事が出来るだろうか。JRAはそこをきちんと説明しているだろうか。
【JC】ブエナ衝撃降着!5億円ブッ飛んだ http://www.sanspo.com/keiba/news/101129/kba1011290510017-n2.htm
>2010.11.29 05:10
>スミヨンは裁定には納得はできなかった様子。12月4日から12日まで、開催日4日間の騎乗停止処分となり、再度、JRAに30分ほど説明を受けたが、「これで日本のジャッジが下手だということを、世界に配信することになるだろう」と憤慨した。
【JC】ムーアは疑問…「間違った決定」 http://www.sanspo.com/keiba/news/101129/kba1011290506007-n1.htm
>2010.11.29 05:06
>4着ジャガーメイルのムーア騎手も、今回の裁定に疑問を呈した。英紙「レーシングポスト」の取材に対して、「これは間違った決定だ。チャンピオンが求められていたのに、チャンピオンは誕生しなかった。レースにとっても恥ずべきことだ」とコメント。第三者の立場から、降着に値しないという見方を示した。

 最後に、ローズキングダムが強かったという事も事象に災いした。東京スポーツに紙面によると、

 >スミヨン自身の“問題のシーン”に対する説
  明はこうだ。
 >「内の白帽子の馬(ヴィクトワールピサ)とロ
  ーズキングダムが接触し、そこでローズが下
  がってスペースが空いたところに入っていっ
  た」
 >この際、右ムチを振るっていることから、自
  らの意思でスミヨンが内に進路を切り替え、
  手応えのよかったヴィクトワールピサに馬体
  を併せにいこうとしたのがわかる。恐らくス
  ミヨンの判断は「スペースができたのだから
  、入っていっても問題ない」。

ローズが並の馬だったらぶつけられて下がった時点で終了だ、だからスミヨンは躊躇う事なくピサに馬体を併せに行った、ところがローズはまだ手応えを残してて、立て直して再度伸び掛かるところにスミヨンがジャストで被せて来る格好となった訳だ。誰もが勝ちたいと思うビッグレースで、誰もにチャンスが有ればこそ起こるギリギリのプレイが、全て悪い方に悪い方に働いた。
 …今回改めて露呈したのが、日本競馬とヨーロッパ競馬の違いだ。良い悪いとか上とか下とか好きとか嫌いとかじゃなしに、とにかく違うんだと( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック