ロックハンドスター

October 10, 2011

 やっぱ歳だ。昨日は船橋オート今日は東京競馬って予定もダルさの前には勝てず、大人しくウチでCS視て電投にとどめる。つっても新聞買ってないので競馬の枠順は判らんし、ノースクランブルのグリーンチャンネルを茫と眺めてただけだった(実際府中行ってたら、101投票所に籠って岩手競馬ばっか打ってたとは思うが)。目玉の南部杯はさすがに出走馬も枠順も知ってたが、トランセンドは実績一番とはいえ過去一度も「つぇー!」と凄味を感じさせられた事が無い、こうまでオッズ被ると食指が湧かない。片やエスポワールシチーはブリーダーズカップクラシック遠征の際に走法改造をした、それをちゃんと戻せたのかかしわ記念の負け方がアレだったしな…と考えるとどうも手を出し難い。やっぱケン(←バクチ用語で『スルー』の意)だなと。
d2bf4773.jpg
ロックの馬体重がまた減ってるの見て嫌だなとは思ったが、よりによって…(ノ∀`)アチャー 落馬競走中止との実況に大丈夫なのかともう上の空、それでもレースは続く。トランセンドがエスポにハナ譲って行かない(行けない?)のも意外だが、直線向いてラスト400でエスポがトランセンドを突き放したのにはもうどうにでもなれ的な。ところが外からダノンカモンが来るや再びトランセンドが伸び出す、差し返す、するとラスト100でエスポが歩き出す…ワヤ。これは俺には絶対獲れん、やんないで正解( ´-`)y-~~~
JRAホームページ|データファイル 第24回 マイルチャンピオンシップ南部杯
http://jra.jp/news/201110/101003.html>開催競馬場・今日の出来事
>2011/10/10

>第4回東京第3日(10月10日(祝・月))

>競走中止
>マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)
>11R 13番   ロックハンドスター号(菅原 俊吏騎手)
>他の馬に関係なく競走中に疾病を発症し、発走後まもなく騎手が落馬したため競走を中止
>馬 : 右上腕骨々折 ※予後不良
>騎手 : 異状なし

 さてロック。復帰後体調が戻って来ないが、伝統の南部杯がこういう経緯でJRA開催となった以上岩手代表として出ないのは失礼云々、みたいな話は入って来てて、にしても最悪の結果を迎えるとは何つう皮肉な…(´・ω・`) トウケイニセイの様な、岩手競馬を代表する名馬っつう訳ではない。只の早熟馬だった可能性も有る。が、少なくともある時期までは全ての岩手ファンに夢を抱かせた馬である事は紛れもない事実で、それがこの舞台でこの結果っつうのが何ともはや。競馬にはまま有る事、それは解ってるがやはりやり切れん。JRAだって、岩手のために良かれと思ってした事がこんな結果を生むとはやり切れんだろう。
 苦い気持ちのまま、16時回ったので216chにスイッチ、船橋オート祭優勝戦。

1 梅内  幹雄 0 3.32
2 森   且行 10 3.28
3 加賀谷 建明 10 3.34
4 内山  高秀 10 3.32
5 高橋  義弘 10 3.29
6 伊藤  信夫 10 3.31
7 永井  大介 10 3.30
8 浦田  信輔 10 3.28

この位置、試走なら森クン久々のGI制覇チャンス!…と言いたいが、昨日のS一発で決めて一番時計の義弘見ちゃうとねえ。アタマ立つと誰も捕まえられまい。しかし二人共アタマ立ちに手間取ると浦田に捕まってしまう…どこにも決め打ち出来ず、車券は屈辱のボックスで三連単2=5=8。

UCCカップ オートレース発祥61周年記念G義ザ競ート祭

6点買いで17倍なら御の字だが、ボックス買いっつうのはオートとしてはやはり美しくない。といって次善の策が有るでなし、不細工な車券でも増えたからここは取り敢えず良しとするしかないのか。んー('A`)
 『岩手競馬を支援する日』に1枚も馬券買わなかった事に対する後ろめたさも含め、どうにも忘れられない、苦い一日ではあった。まあ明日も明後日もレースは有る!そう自身に言い聞かせる(`・ω・´)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック