ラブミーチャン

June 11, 2016

堂本剛が「タモリ倶楽部」に、みうらじゅんの“ナイブーム”検証 - 音楽ナタリー http://natalie.mu/music/news/190285
>2016年6月9日 18:27
>明日6月10日(金)と17日(金)深夜にテレビ朝日系で放送される「タモリ倶楽部」に、堂本剛が出演する。
news_large_L_DSC_5780左よりみうらじゅん、タモリ。 (c)テレビ朝日 http://natalie.mu/media/1606/0609/extra/news_xlarge_L_DSC_5780.jpg
>この回のテーマは「マイブームの生みの親 みうらじゅんのナイブームを振り返ろう」。「マイブーム」の生みの親であるみうらじゅんが世に送り出した「ゆるキャラ」などのブームの影で、まったく流行ることなく埋もれてしまったネタの数々をみうら本人のプレゼンで振り返る。

ハズレを探す方が難しい「タモリ倶楽部」とはいえ、これは大当たりだった。流行語大賞のトップ10にも選ばれた「マイブーム」を提唱したみうらじゅんが、しかし「今これが気になる」と世間一般に発信したのに全くの空振りに終わってしまった、本当にみうらじゅんだけのマイブームとして黙殺されてしまったものを再評価しようという企画。晩秋になると、関西の鉄道駅にある旅行代理店の店頭が一斉に真っ赤に染まる「カニパン(=カニツアーのパンフレット収集)」であるとか、駅売店や文房具店で売られてる紙袋になぜか書かれている英文の存在意義を問う「バッグオブエイジーズ」とかは良いとして、本当に笑ったのは「シンス」。ブティックや飲食店などの創業年を「since○○」って看板に書いてあるのに着目したものだが、

 タモリ「これ例えば、日本語で書くと『創業嘉永七年』とかいう事でしょう。
     それだけ老舗で古くからやってますという割には、どっかの
     イタリア料理店に行くと『since2015』とか、『お前2、3年しか
     やってないだろ!?』と」

まことにごもっとも、「ウチはこんなに長い事この商売やらせてもらってます」って歴史を誇る性格のものなのに、たかだか数年で「since」ってよく臆面もなく書いたな、と。それで一同みうらの撮り貯めた写真を見て行くと「since2016」が出現。「今年だろ!」と総ツッコミ大爆笑。いや本当みうらじゅんの目の付け所の鋭さよ。
 さて、バクチ打ちたる者、「since」と来れば競輪オートの「開設記念」に辿り着く。みんな結構な長さを誇る、一番新しい伊勢崎だって去年のが39周年だったから
伊勢崎オートニュース詳細|伊勢崎オートレース
今年で40年、since1976だ。とはいえ最初の2、3年の頃は「開設記念」つっても他場と歴史が段違い、関係者もちょっと据わりの悪い感じだったろうなあ。だからだろうか中央競馬の新設重賞は「賞」「杯」「カップ」「ステークス」ばかり、「記念」は意図的に避けられてるかのよう。地方競馬だと「ラブミーチャン記念」を筆頭に、結構あるんだけども(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 25, 2012

820mの重賞はいらん! - 地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ - 楽天ブログ(Blog) http://plaza.rakuten.co.jp/dailykeiba/diary/201206230000/
>2012年06月23日
>[ 竹之上 次男 ]
>6月21日に行われた『園田FCスプリント』(園田競馬場・820m)は、好スタートを切ったエイシンマロニエが逃げ切り快勝しました。
>ところが、レース後蹄骨を骨折していることが判明したのです。
>あいにくの雨となった当日は、びちゃびちゃの不良馬場。
>極限のスピードを競う超スプリント戦にとっては、そのスピードを最大限発揮できる格好の舞台。
>ただ、サラブレッドにとっては怪我のリスクが高まる危険極まりない舞台です。
>全馬無事であればいいなと思っていましたが、残念なことに故障馬が出てしまったのです。
>820mの重賞レースはやめるべきです。
>どんな距離であっても、不良馬場となれば、脚元への負担は増大します。
>それが820m戦になると最大になります。それは上がり時計に見てとれます。
>前日の20日に行われた2歳新馬戦は、勝ち時計は50秒5で、上がりは36秒2。
>同日のJRA交流『鉢伏山特別』の勝ち時計はこの日の一番時計で1分27秒2。それでも上がりは38秒0でした。
>このように、820m戦の上がり時計は2歳馬の競走であるにもかかわらず、古馬の上がり時計を上回ります。
>こんな過酷なレースをなぜ2歳馬に強いるのだと訴え続け、ようやく新馬戦でも1400m戦が増え始めました。
>まぁ、このことについては別の機会に。
>今回の『園田FCスプリント』では、勝ったエイシンマロニエが34秒4の上がり時計を計時。
>それ以上に速かったのは、3着のタガノブリガデイロ。その時計は、なんと33秒9!
>園田で上がり33秒台というのが見られるとは思いもしませんでした。それほどまでの驚愕のタイムです。
>そら故障してもおかしくないですわね。競走中に故障して、事故に繋がらなかっただけでも、不幸中の幸いと言えるのかも知れません。
>で、問題は勝ち時計なんです。
>昨年は良馬場で行われ、48秒4で決着。今年は不良馬場でレコード決着必至。1秒以上の塗り替えは当然だろうと思われていました。
>ところが、ふたを開けてみれば48秒1という意外な時計。
>でも、騎手の話を聞くにつれ、次第にこの時計に合点がいくのです。
>3着になったタガノブリガデイロに騎乗していた木村騎手は、
>「コーナーに入るまで、怖くて目一杯行けないんです。直線だけでしか、思いっきり追えないんです」
>スタートは決して大きく遅れたわけではなかった同馬も、追っつけて行けば、道中はもっと差を詰められていたはずなんです。
>しかし、迫ってくるコーナーで曲がりきれない恐怖が先立ち、スピードを最速にすることをためらわせます。
>4コーナー手前からは懸命に追った木村騎手。最速の上がりでグングン迫るも、3着が精一杯でした。
>つまりこの勝ち時計、コースの限界であると言えるのです。
>これ以上を求めるなら、コーナーを緩やかにするか、直線で施行するしかありません。
>そして故障馬までも出してしまったわけですから、園田820mで重賞やオープンのレースを組むのは絶対やめるべきです!!
>地方競馬全国協会(NAR)が打ち出した企画に組み込まれて2年目。
>初めはスピードに対する興味から、好意的には見ていましたが、実際やってみると問題が起きたわけですからやめるべきだと考えます。
>昨年の勝ち馬ミナミノヒリュウもレース後に調子を崩し、17連敗で現在B2クラス(3段階降級)まで下がってしまっています。
>820mを使ったことが不調の原因とは言い切れませんが、昨年このレースを走った馬が、今年は一頭も出走しなかったことを考えれば、やはり因果関係があると思えてしまいます。
>試しにやってみたけど、問題が起きたのでやめます。それでいいと思います。
>来年、またNARがやるというんなら、勝手にやってくれって感じです(少なくともぼくは)。
>競馬組合としてはハッキリと来年はやらないとは言ってませんので、あくまでこれはぼくの意見です。
>ただ、この820m戦を、このシリーズが始まって以降も、これまで通り2歳の新馬戦でしか施行していないというのは、この距離に対する組合の意思の表れなのです。
>馬が故障するリスクはいつでもあります。それでもこの時期は全国的に梅雨で、馬場が悪化する可能性は高まります。
>馬を壊してまでやる必要があるんかってことです。
>さらに言えば、前述した通り、怖くて全能力を発揮できないレースは“極限の速さを競う”と謳うこのシリーズの趣旨から逸脱しているのは明らかです。
>来年はやめてください、お願いします。
>最終更新日 2012年06月24日 07時36分48秒

うーむ。園田は周長1051mと、現存する競馬場では二番目に小さい(最小は福山の1000m)。元はといえばスピード面でサラブレッドに劣るアングロアラブ専用場だったから問題無かったが、そんなトコでサラのオープン馬がスプリント戦の絶対スピード勝負やったら壊れる馬も出て当たり前…だろうか?この翌日『名古屋でら馬スプリント』が行われてるが、周長1100mの名古屋での800m戦と条件はほぼ一緒、しかしこちらではそういう話は聞かない。若干園田の方がコーナー部のRが小さいとはいえスパイラルカーヴを採用してる、コース形態として大差が有るとは思えない。しかも名古屋は、中央好走歴の有るラブミーチャンに元中央オープンのニシノコンサフォス(二年連続この二頭でワンツー)と、よりスピード上位馬が参加してるのに、だ。
 とはいえ故障馬が多発してるのは確かなんだから止めるべき、っつうのは解る。存廃論議が表面化してる場のコース形態を変える改修などおよそ非現実的、もっと砂を深くするぐらいがせいぜいだ。スブリント戦というのを字面だけ見れば短距離戦、4コーナーからスタートし一周する1400m戦でも構わない筈だが、このスーパースプリントシリーズは『アメリカではスプリント重賞とは必ずワンターンの距離で行われるものだ』っつう曰くから始まったものだけにこれは出来ない。といって『シリーズ』と銘打ったからには第一ステージを何ヶ所かで行わないと盛り上がらない(多いほど良い)、兵庫馬も名古屋で…っつうのもちょっとな。高知や佐賀で行う事は出来るが、当の高知や佐賀にその気が有るか、賞金負担に耐えられるか。んー。俺個人としては面白いシリーズだと思ってるだけに、何とかならんもんかなあ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 04, 2010

 昨日の時点では前橋の天気予報は曇のち雨。競輪場はドームだから天気なんか関係無いが、アフターで観光つうか市内散策を目論む身には気持ちが萎える。そんな一大決心しないでも気軽に行ける距離だけに、別に今回でなくてもエエわとアッサリTVに決定。一応行くつもりも有ったからこそ、函館スプリントステークスも昨日の時点で前売りで買っといた訳で。したらその函館、昨日の時点では雨予報で高速決着など臨めない筈だったのにまさかの良馬場でレコード更新、そらカスりもせんわ。1、3〜5着馬は良なら当然買ってなアカン馬で、でもまあ、こういう外れ方は逆に諦めも付くし引き摺り様も無い、気象庁に殺されただけだ。問題は本命視したラブミーチャンが押しても叩いてもハナ行けなかった事、およそ本来の姿には程遠いと思われ、函館の洋芝が合わなかったのか体調だったのか今一つ計りかねる( ´,_ゝ`)
 そいでフジからチバにスイッチして寛仁親王牌決勝。新星・脇本が周回誤認かっつう青板上昇からの2周半先行、別線は何も出来ずの一本棒から村上兄番手捲りで市田寸チョン。いつぞやの全日本選抜で絶好の番手も直線脚が三角に回ってヤラレ、からも結構経ってる。遠回りして来たっつううか、でもクサらず精進した結果が今回忘れ物を無事拾えたと。とにかくオメデトサン(´∀`)
 で、番組終わりでさて何視るべかとチャンネル弄ってたら、再度前橋ドームが。何だ?と思いきや、チバtvkテレ玉は50分までだがテレ東は55分まで、しかも番組製作自体別体制だったのね。道理で吉井秀仁&松本整の解説だった筈だ、普段のGI決勝は中野浩一なのに…っつう疑問も氷解。テレ東で中野&辻よしなり&大竹(テレ東女子アナ)だったのか。そのテレ東ヴァージョン、は僅かな残り時間にリプレイやってくれたが、やっぱ辻じゃ合わんわ。根本的に競輪知らん(今回が初めてだそうな)上にプロレス実況からも離れて結構経ってる筈で、だから次の言葉がなかなか出て来ないのが、聴いててツラい。イタい。
 それでも収穫は有るもので、U局のカメラはいつもの前橋、僅かに決勝線過ぎの高いアングルからのものなのだが、テレ東カメラはもっと1コーナー寄りから低目のそれで、だから村上兄が4コーナー回って直線向いた瞬間、ホームスタンドの客が一斉にそちらを見ながら総立ち!お客さん興奮の鏤坩な様子がカメラにハッキリ捉えられている。これ視た瞬間、その場の中に居なかった自分を後悔したorz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 03, 2010

 仕事終わりで函館スプリントステークスの前売買って歯医者行って整体行って帰宅。函館SSのカギは幾つか有るが、最大のポイントはラブミーチャンの取捨だろう。俺は報知フィリーズレビューの時バッサリ切って儲けさせてもらったが、芝そのものは確かにこなしてはいた。本質的には1ハロンでも短い方が良いのと、坂が堪えた感で、前走も最後捕まったとはいえ自身従来のレコードを更新するだけのスピードは見せている。内枠にハナ速い馬はおらず、ウエスタンビーナスが回避にヘッドライナーが枠順発表前取消と展開面も恵まれた、今回アカンかったら「やっぱりダート馬」と諦めるにしても今回買うだけの価値は有る。幸いにして、単はともかく連勝は売れてないし(・∀・)ニヤニヤ
2ce6254e.jpg
とほくそ笑んでたら訃報(´・ω・`)
「芦毛の怪物」オグリキャップが死亡0http://www.sanspo.com/keiba/news/100703/kba1007032025020-n1.htm
>2010.7.3 20:24
>多くファンから人気を博し、競馬ブームを支えたアイドルホースで「オグリ」「芦毛の怪物」などの愛称で呼ばれたオグリキャップ(牡25歳)が3日、余生を送っていた北海道・優駿スタリオンステーションで、脚部を骨折して死亡した。
>オグリキャップは1987年に地方・笠松競馬でデビュー。12戦10勝と圧倒的な成績を残し、1988年に中央競馬(JRA)に移籍した。中央競馬では引退レースとなった1990年の有馬記念を含む重賞12勝(うちGI4勝)という偉大な記録を残した。通算成績は地方、中央を含め32戦22勝。
>競走馬の引退後は種牡馬となったが、中央競馬での重賞勝ち馬を出すことはできなかった。主な活躍馬にクイーンS2着のアラマサキャップや小倉3歳S2着のオグリワンがいる。地方競馬ではアンドレアシェニエ(牡9歳、現役)が14勝を挙げている。2007年に種牡馬を引退し、余生を過ごしていた。
>オグリキャップは父ダンシングキャップ、母ホワイトナルビー、母の父シルバーシャークという血統。笠松時代は鷲見昌勇厩舎、中央時代は瀬戸口勉厩舎に所属。1988年にJRA賞最優秀4歳牡馬、1990年にはJRA最優秀5歳以上牡馬および、年度代表馬になった。
>引退レースに騎乗した武豊騎手の話
>「競馬の歴史にすごい名を残した馬に2度騎乗させてもらって本当にありがたかった。誇りに思う。オグリを知らない若い世代のファンもいらっしゃるので、あのスーパーホースのすごさを伝えていきたい」
>増沢末夫元騎手の話
>「ああいう名馬だし、亡くなるというのは残念ですね。骨折ですか…」
>笠松競馬時代の装蹄(そうてい)師の三輪勝さんの話
>長生きをしていたから、いずれはと思っていたが、悲しい。元気な時にもう一度会いたかった」

俺的にはすこぶる馬券の相性が悪く、何度となく泣かされた馬だった。散々語り尽くされた馬について、俺から付け加える事も無かろうて。合掌(-人-)
 で、安直なお涙頂戴はあんまり好みではないが、後は頼んだ感みたいな因縁は感じる。俺の馬券は抜けでも構わんから取り敢えず頑張って見せ場は作れラブミーチャン( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 21, 2010

 雨予報なんで引き籠りを早々に決め込み、外から聞こえて来る暴風(千葉市では瞬間最大風速38.1辰魑録したそうな)にワクワクしながら寝入ったのにドピーカンの快晴かよ。初手から晴れると解ってりゃ西武園競輪でも行ったのに。この歳になると一旦スイッチ切ったら再起動もままならんのよね('A`) かくてTVで競馬とCSのプレミアムカップ@山陽を行ったり来たり、でも一本も打たない怠惰な一日。

LOVEMECHAN OFFICIAL BLOG 〜ラブミーチャン オフィシャルブログ〜 ごめんなさい・・・ http://ameblo.jp/lovemechangogo/entry-10487538383.html
>2010-03-21 16:04:54
>桜花賞への出走が決まって張り切りすぎちゃったのかなあ…
>お昼寝しようかな、って思ってたら柳江先生が来て、
>「何か顔色が悪いね。熱を計ってみようか」って。
>計ってもらったら39度近くあって…
>朝「桜花賞出るよ」って言われて、気持ちが高ぶっちゃったのはあるけど…
>まさか熱まで出てるとは思わなかった
>柳江先生は
>「これまでの疲れがここで出ちゃったのかもしれないね。
>車に乗って行かなきゃいけないし、今は大丈夫と思っても、
>これが原因で取り返しのつかない病気になっちゃうこともあるんだから。
>やめることも勇気だよ。
>この分は、今度、元気に走ることで頑張ればいいんだから。
>そのためにも、まずはしっかり治して、体調を回復させないとね」って
>残念だけど、無理して出て応援してくれる皆さんに心配かけてもいけないし…
>柳江先生の言う通り、桜花賞はお休みします。
>本当にごめんなさい。
>一日も早く元気になって、競馬場で走るので、また応援してください。

(ノ∀`)アチャー …まあ健常体である事が第一だ。今回は残念だが、いつか来てね浦和。来年のさきたま杯で待ってるぞ(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 14, 2010

 このブログのアクセス解析をしてみると『おっぱいジョッキー』で検索して来る方が断トツに多い、てのもどうかと思うが、ライブドアブログのカテゴリ→スポーツ→オートレースで来てる方が毎月何人か居て、何か申し訳無い気持ちになる。俺はオート『も』打つという人間であり、購入金額や頻度では間違いなくオート最優先だが、競馬も競輪も打つ。でもって俺的注目度の高さや車券の好不調でオートから遠去かる時期もあるしブログネタにしない事も多々ある。まあそういうエクスキューズするって事は今日もオートネタじゃない、っつう事で。
e6f0ff55.jpg
ヒーーハーー(・∀・)!!
 さて、ラブミーチャンだ。競り込まれる事もなく楽にハナを切りラップもごく普通、それであの負け方は言い訳出来ない。見たところ、芝自体はこなしていた。ただ、ラスト200での追っての味のなさは、坂のせいだけでもなさそうだ。やはり血統は正直だ。
 しかしこの敗戦で落ち込む事もない、まだダートでは、少なくとも同世代にはまだ無敗なのだから。取り敢えず(中央ではなく)浦和の桜花賞を目指すそうだが、距離もこの辺が限界だろうし、関東オークスだジャパンダートダービーだ、とはならないだろう。ならいっそ、この際ホクトベガの道を歩んでもらいたい。各地方競馬の交流重賞に出まくり同馬見たさの観客を各場に引き寄せ活気付けたように、酷使にならない範囲で日本全国行脚し、各場に幸せを運んでもらいたい。そして合間合間に中央挑戦…と、言うほど簡単でない事は承知してるが、とにかく皆に愛される馬になってもらいたい。
地方競馬情報サイト ダートグレード競走年間予定
ユニコーンにゆかりのスパーキングレディーカップ、クラスターカップに東京盃、そしてもちろんJBCスプリント。何だったら浦和のさきたま盃とかも狙って南関4場重賞制覇とかの記録も目指せ!
 …にしても地元笠松に適当なレースがない(=とんでもない斤量背負わされる)ってのが何とも皮肉な('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 10, 2010

 サンケイスポーツの一面がラブミーチャンで吹いたw とかくマスコミはスターホースの出現を熱望するもので、解り易いサイドストーリーも有るし、月曜から各スポーツ紙共競馬面の同馬をプッシュし煽ってた(首都圏版だけか?)が、実際予想する記者は冷静で、想定馬柱の印も△が散見される程度。そらそうだ、父サウスヴィグラスに母の父アサティスと来たら誰だってダートの短距離馬っつう評価しかしない。折り合い付く馬だし園田や川崎や笠松の超小回りだから過去千六もこなしてるが、本質的には少しでも短い方が良い。
 中央馬の一流ドコロは、桜花賞の前哨戦として先週のチューリップ賞を使うのが王道、ここは一枚落ちのメンバー。最近の降雨で阪神芝はバカっ速い時計の出る馬場にはならないし、千四に短縮されたのもプラス材料だが、それらを加味しても疑問点は拭えない。地方競馬打ちとして、同馬へのシンパシーはもちろん有るし、存廃危機に揺れた笠松の救世主に頑張ってもらいたい気持ちももちろん有る、馬主さんの姿勢にも好感が持てる。でも、実際馬券買うとなると話は別だ。
 ウチの社の競馬打ちは全員非パドック派で、だからデータの豊富な古馬優先、若駒のレースはほとんどケンだ。こないだの弥生賞、ヴィクトワールピサは強かったよな等とチェックはもちろんしているが、実際馬券買う事は少なくとも皐月賞より後になってからだ。それでも買うとなると特別な理由が要る。具体的には、カモ──人気するのが明らかな消せる馬──が出るレースだ。そんな訳で、今週のフィリーズレビューを一同手ぐすね引いて待ち構えている。ラブミーチャンの応援票は単勝に入ると思われるので他馬で行けそうなヤツの単!と意見が一致。それが何か、を目下鋭意調査中である( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 23, 2009

 冷静に考えてみると、ウチから府中(=東京競馬場)行くのも浦和行くのも大して変わらんのに、何故か府中億劫なんだよな。我ながら不思議だ。まあとにかく浦和競馬…も結構久々だ。ここでデジカメ忘れて来た事に気付き愕然。しゃあないからケータイ撮影、まあプロじゃないからこれで充分っちゃ充分か。1号スタンドはただ囲ってただけだったのがちゃんと工事が始まり、
a2dd8fa1.jpg
9af25aa2.JPG
この鉄骨が邪魔になるので、中継カメラは2号スタンドの一番ゴール寄りに仮囲いしての間借りスタイル。
db0b3299.JPG
カメラマン居心地悪そうw どうやっても1コーナー辺りは鉄骨がモロ写り込むので、ゴール板過ぎからすぐ、1コーナーのパトロールタワーのカメラにスイッチ、映像だけ視ると巧い事やってて不自然さは無い。でも現場で見ると苦心の跡が伺える。御苦労様ですm(_ _)m
 馬券は6の3。今日の浦和は固い日、上位4頭ぐらいのボックスで買っとけば付く方で決まって勝手に増えてく感じ。2万浮かせて終了も、もっと上手に買えてればもう1〜2万浮かせられたのに、と反省。てか、広域発売園田重賞かすりもせずだったし('A`) あんな強いのかラブミーチャン。
結果
レコード勝ちして連闘使いで重賞、他に逃げ馬多数と来れば前潰れ期待するでしょ普通。それがテンの速さでハナに立ち、控えて大名マークから潰しに来たアースサウンドを直線二の脚使って振り切るって二歳馬離れしてる勝ち方、全く大したもんだ。これで賞金的には桜花賞も…ってどう見てもダートの短距離血統、地方の小回りコースでマイルがギリか。とはいえ久々に地方に新星現る!って感じで喜ばしいのは確か。奇しくもミツアキタービン引退式の当日、笠松ファンも喜んでる事だろう。こりゃ俺の馬券なんかどーでもえーわな。小倉競輪祭も浜松オート秋のスピード王もすっかり頭から消え去ってて、でも今日はこれで良しと。
 帰り、乗り換えの赤羽駅コンコースで駅弁フェアやってたので、奈良の柿の葉寿司を購入。好日(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック