メジロマックイーン

January 26, 2017

北京五輪リレー ジャマイカの金メダル ドーピングで剥奪 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170126/k10010853271000.html
>1月26日 0時25分
>IOC=国際オリンピック委員会は、2008年の北京オリンピックでジャマイカのウサイン・ボルト選手などが獲得した陸上男子400メートルリレーの金メダルについて、メンバーの1人がドーピングの再検査で、陽性反応を示したためはく奪すると発表しました。処分が確定すればこの種目で銅メダルを獲得した日本は銀メダルに繰り上がります。
>IOCが、北京オリンピックの陸上男子400メートルリレーのジャマイカの金メダルを剥奪すると発表したことを受け、この種目で銅メダルを獲得した朝原宣治さんは、「歴史が変わってしまう大変なことだ」という見解を示しました。
>朝原さんは電話で取材に応じ、「今回の事態は歴史が変わってしまう大変なことだ」と受け止めたうえで、「北京大会で銅メダルを獲得したときの感動は忘れられないが、繰り上げで銀メダルになってもそのときのような感慨はわかない」と心境を語りました。

朝原さんの言葉を意訳すると「今さらかよ」だな。ただ、ドーピングする側はバレないようにやるものだから、何年か経って技術や検査法が向上してから過去に遡って調査する事でやっと判明する方が多く、だから時効のようなものを設けずに過去例でも厳罰に処す…という方向でしか不可能であるらしい。
 それにしても、繰り上がり銀でも喜び爆発とはいかないのは当然として、銀→金だったら複雑さもさらに深まるよなあ。「放送席放送席ー、プレクラスニー号でみごと天皇賞を制しました江田照男騎手にお越しいただきました」ってインタヴュー、素直に嬉しいって様子じゃ全くなかったし、その後の場内セレモニーも祝福ムード皆無だったもんな(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 05, 2011

 体調奮わず船橋競馬は断念、松戸競輪共々ウチでCS&ネット観戦もどうも食指が沸かずケン。しかしエスポワールシチー負けちゃったか。
レース成績表
確かに、帰国緒戦の前走・名古屋大賞典は、形の上ではレコード圧勝だったけど、
レース成績表
根っ切り葉っ切りっつうか、鬼のように強かった昨春とはちょっと違う風にも見えた。って、終わってから言うのは卑怯か。でも発走直後の躓きだけが敗因かっつうとねえ。
 俺の先入観かもしれんが、往年のライスシャワーが思い出される。メジロマックイーンを負かすために究極の仕上げを施された天皇賞(春)を見事勝利も、その後は精彩を欠き、次なる勝ち星は2年後の同レースまで待たなければならなかった。当時、「極限まで体を絞り込むと、反動で脂肪を蓄える方向に動物の生存本能が働く(=アスリートの体脂肪に置き換えると解り易い)」と言われたものだ、その余計な皮下脂肪なり内臓脂肪なりの『隠れ太目残り』をクリアにするためにそれだけの時間を要したと。で、エスポもそのケはないのか。アメリカのダートに対応するために走法すら変えて全力で臨んだ事は当時報じられたしネタにもしたが、

 酒とワラwの日々 : 希望の街はどこに有る
 >問題はこれから。アメリカ向けに走法改造して、日本に戻ってまた
  元のスタイルに戻せるのか?あるいは、これによって一段と強くなれて、
  日本でnewエスポの強さを見せ付けられるのか?今回の挑戦で、
  かつての輝きを取り戻す事なく終わってしまう危険性すら、実はある。
  そういう点で、エスポの次走は大いに注目だ。どっちに転んでも
  美味しい馬券になりそうな予感(0゜・∀・) ワクワクテカテカ

今後も検証の要ありだな。帝王賞ではスマートファルコンも加わる訳だしな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 20, 2009

 メジロデュレンの死はこの前取り上げたばかりだが、スポ紙に出たのは今日が初、なもんで社でもこれが話題に。つっても
「あの菊花賞は参ったよな(2着の)ダイナガリバー調教メタメタでコメントも泣き入りまくりだったし」
「しかもゾロ目だし。救いが無い」
「嵐山特別勝って菊だったでしょう、それで1ヶ下のマックイーンも嵐山→菊だったからJRAアタマ来て翌年から前哨戦に使えないローテに変えちゃって」
「そそそそ」
「有馬は翌年でしたっけ」
「ユーワジェームスとの4=4、頭文字取って『ユメ』馬券つって話題になって」
「でもあん時4コーナー先頭でミスターブランディとハシケンエルドの1=1で回って来た時は日本はオシマイだと思った」
「うはははは」
「世代的にはデュレンの方が上でしたね」
「何が?ああ1ヶ下と比べて?」
「(メジロ)マック(イーン)居るじゃないの」
「いやそれは別格。他がサッパリ」
「ああ、ユーワはこの後AJCで安田富夫が吹いちゃって飛んで大波乱だった」
「サクラスターオーは死んじゃったしメリーナイスもあのザマだし」
「メリーナイスは根本でなかったらもう一つ二つ獲れてたんじゃない?」
「それは有る」
「確かに」
昭和競馬オヤジの回顧録はとどまるトコロを知らず、でも膨らむが故に話が逸れる逸れる、デュレンからどんどん離れて行く。同期にはダイナガリバーやアサヒエンペラー、すぐ1ヶ下の弟マックは天皇賞(春)父子三代制覇なんつう偉業を為し遂げた、それらの影に隠れ、確かに存在感の薄い馬ではあった。種牡馬としても、気性に問題有ったのか生殖能力の問題か、あるいは単に産駒が走らなかったからか、アッサリ廃用になったからまた余計に。
 一方、意外な形で同馬は競馬ファンの記憶に残る事となる。CSのスピードチャンネルで競輪番組のMCを務める樋口アナは、この当時ラジオ日本に所属し競馬番組の進行や実況、果てはCM読みまでやっていた。で、その競馬中継の合間に流れるビックライターのCMが樋口アナの声で「…緑。6枠。迷わず軸に選んだ。『メジロデュレンだ、メジロデュレンだ、メジロデュレンが先頭だ!』」あの菊花賞、の実況に被せてビックラーイター♪とコーラス。そういうCMが中継で以後暫く流れたので、他地区はどうだか知らないが少なくとも首都圏の競馬ファンラジオ日本派、には同馬の存在が強く刻み込まれる事となったのだ。オマそういう時のためにライター常時8色分持ち歩いとんのか?とツッコミ入れたくなるオマヌケCMに使われ長らくO.A.されちゃったら、ねえ。その印象が独り歩きし、同馬の成績にまつわる印象はさらに薄くなる。
 …まあでも、こういう馬も居る。そしてそれを不幸だとは思わない。もっと不幸な馬は佃煮にするほど居る、こうして語られるだけでも大したものなんだから。改めて、合掌(-人-)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 17, 2009

メジロ牧場のメジロ牧場的こころ
メジロ牧場で働く牧夫のブログ (旧タイトル:牧夫の本懐) メジロデュレン =おつかれさまでしでした= http://ameblo.jp/mejiro308/entry-10366259374.html

メジロティターン、31歳老衰のため死亡 - SANSPO.COM(サンスポ) http://www.sanspo.com/keiba/news/091014/kba0910140505003-n1.htm

メジロティターンに続きデュレンもか(´・ω・`) アイルランドトロフィーは血統的に繋がり有るホクトスルタンの単をちょっとだけ買った、が、んな甘かぁないわな( ´-`)y-~~~

勢い本物、第1関門突破=野村楽天、日本一へ本気−プロ野球CS http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009101700300
>楽天のレギュラーシーズン終盤の勢いは本物だった。創設5年目でリーグ2位に躍進し、初めて進んだCSの第1ステージでソフトバンクを圧倒。リーグ覇者日本ハムとの決戦へと駒を進めた。
>CS直前、今季限りでの退任が波紋を広げ、主力のリンデンとの確執も表面化した野村監督。だが、短期決戦での勝負勘はぶれていなかった。
>前夜は打線の爆発とエース岩隈の完投で快勝。この日は「ジーンときた。苦しい時だったから感動した」(野村監督)という40歳、山崎武の3ランなどで優位に立つと、20歳の田中も岩隈に負けじと自責点なしの1失点で完投した。「この2日間はやりたいことが80点はできた。選手個々の成長を感じた」。同監督は満足そうに振り返った。
>試合後、2万人を超える地元ファンにあいさつ。今季限りの退任を正式に伝え、「何としても頂点に立って、皆さんに恩返ししたい」と誓った。
>「状況判断、決断ができるようになってきた」。辛口の野村監督が、この日ばかりはたくましくなったチームを褒めた。「こつこつと積み上げてきて。最低もう1年、時間があったら」と未練をにじませながらも、まずは第2ステージに目を向ける。「初戦を何としても取る。(日本ハムの)武田勝にいつまでもやられているようじゃ厳しい」ときっぱり。そして「攻略のため、適材適所でアドバイスする」。ファンとの約束を果たすため、指揮官は本気だ。(2009/10/17-20:44)

昨日仙台ネタ取り上げたんで今日も。これ元々3年契約満了で成績不振だから馘なのを適任者不在って理由でもう一年延長しただけだから、馘自体は特段おかしくない。求職活動の事もあるから球団はシーズン中に契約非更新を伝えるのは球界の慣例、ただ、野村が球団を一方的に悪役に仕立てるとは想定してなかった、野村の性格を読めてなかった。野村は野村で、もっと早くから先手打って(本音はともかく表向きだけでも)当初の契約通り年内で身を引くと公言しておけば、世論は契約更新に傾いたろう(少なくとも今ほどアンチ野村の声は多くなかった筈だ)し実際契約延長のメもあったかもしれん。よしんば引き留められなかったとしても、株は大いに上がるし次のオファーも来たろう。さらにそれが叶わなかったとしても、別の形での引き合いもあったろう。人の心理を読む事に長けた野村がこんなヘタ打つとは、ヤキが回ったか?まあカヤの外に置かれた選手とファンが気の毒ではある( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック