ミホシンザン

October 23, 2018

平成の後世に残すほどでもないできごとの年表を作ろう - デイリーポータルZ:@nifty (林雄司) (2018.10.21 11:00) https://dailyportalz.jp/kiji/heisei-nenpyo

あったねえ。本当にいろいろとあった。政治・経済・スポーツ・芸能といったところはちゃんとしたマスコミ ━━ 半ば皮肉だ ━━ が年表作るだろうが、だからこそこううアプローチはあって良い。読んでてつくづく感慨深かったもの。
 バクチクラスタ的には【エヴァンゲリオン】か。しかしパチになってなかったら関係ない話ではある。俺的につながるバクチ話は、この記事で早々に出て来た大喪の礼。多摩地区に大規模な交通規制が敷かれるため東京新聞がJR中央線方面のKIOSKに納品(=トラック輸送)出来ない、だから人海戦術で何とかしたい…と会社経由で動員掛けられたのだ。で、俺は自分の分の梱包を抱えて品川駅(当時、東京新聞の印刷所があった)へ。着いて中央線ホームに上がるやすぐ青梅特快が来たので乗り込む。
ef3739003628db31c8dceae0de7e6dc1
ここから道中やる事がないので、品川駅で仕込んだ競馬研究(現・研究ニュース)を読み込む。すぐ、最終レースのミホサンライズに目が留まった。
 前年の暮れに【ミホ】の冠号の馬主さんが亡くなっていた。この手の冠婚葬祭馬券はモノにするのがオールド競馬打ちいうものだ。で、実際直前節の東京開催でミホノカザンが目黒記念を逃げ切ってもいる。しかしその鞍上は大塚栄三郎、そしてミホといえばミホシンザン=主戦騎手は柴田政人。政人が絶対ミホの馬で「ヤリ」を決めて来る筈だ…とずっと網張ってたのだった。今日の雨が残るだろうから中山ダート千二は先手必勝、でもってただの逃げ馬じゃない弔い勝負!と来ればみんな空気読んで競り掛けに来ない。かくてこの日のギャラ5000円(実動3時間だから今だって破格だ。ましてや当時、東京の最低賃金は525円だったのだから)をそっくり同馬の単勝に突っ込んだ。
4歳上900万下 レース結果 | 1989年2月25日 中山12R - netkeiba.com http://db.sp.netkeiba.com/v0/?pid=race_detail&id=198906020112
見下ろしのレースだった。今なお俺の競馬人生で5本の指に入る会心の馬券だった、イヤ美味しゅうございました(゚∀゚)アヒャ
セイ・ヘイ (紙ジャケット仕様)
ジョン・ウッド
Pヴァイン・レコード
2014-01-08



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 26, 2016

16.12.25 第61回有馬記念(GI)の結果

同僚と話し合ったが、結局一番人気の馬連(4.4倍)、一番人気のワイド(2倍)、二番人気の三連複(10.5倍)にどんだけブチ込めるかっていう度胸比べだったなと。こんな付くって、大金持ちにとっちゃそうそうない美味しいレースだった訳で、だからそれまでに大金持ちになれてなかったのが俺達の直接的な敗因だ。
 強い先行馬が先行してまえば他馬は手も足も出ない、穴党にとってはしょうもないレースだった。とはいえそれは穴党なればこそだし、っつうか昭和ジジイとしては、有馬記念っていうのは本命馬が信じられない凡走をして場内騒然ってのを何度も何度も見て来てるので、経験則としてどうしても人気馬を疑ってしまう。習性といってもいい。しかしそれもこれも、昔の感覚や常識に捉われてるから裏目ってるのであって。
 昭和の時代 ━━ だからもちろん大昔だ ━━ の名馬・ミホシンザンが5歳(=旧年齢表記)の秋シーズン、毎日王冠→天皇賞(秋)→ジャパンカップ→有馬記念と全て3着に終わった辺りが契機となって、ホースマンの意識が変わり出す。みんなが獲りたいGIを簡単に獲れる筈もなく、だから一戦ごとの消耗も激しいし、って事はよほど飛び抜けた馬でもない限り全部獲るのは無理だ→どこかに捨て試合を作らないといけない…と。その後、JCに外国から有力馬が出走したがらない事に危機感を抱いたJRAはJCの賞金を積み増す策を採ったため、各馬陣営はJCに重きを置き、秋天や有馬は「行き掛けの駄賃」的扱いとなって行く。なら、そこで有力視されてた人気馬がまだ八分の出来だったり既に出涸らしだったりで凡走しても全然おかしくない→だから有馬は穴に…というのが、有馬は一筋縄で行かない説の論拠だ。
 しかし。東京中日スポーツで毎週火曜、井崎脩五郎さんがコラムを連載してて、後付け的中ヨタ話が多いのだが、週末のレースのデータを出して展望する事もあって、今週がそうだった。曰く、JC至上主義で有馬が空白化した事の反省か、JRAは有馬の賞金も積み増して今年はJCと同じ1着賞金3億円とした。だからか各馬、JC→有馬が最大の目標…という使い方をしてるようで、現にこの秋3戦してるのはサトノノブレスただ1頭(夏競馬を使ってた組は、その後2ヶ月競走間隔を開けて一旦緩めている)。ならここは過去の有馬と違って、有力馬の凡走は考え難いのではないか…と。なるほど秋天で勝っても1着賞金1億3千万、片やJC有馬は3億&2着でも40%の1億2千万。距離2000mに魅力を感じて秋天勝負!って馬以外は誰だって秋天を捨てて2400のJC→2500の有馬に注力するよなあ。果たして結果はその通りに。データは蓄積すればするほど良いって思ってしまいがちだけど、現状に即してないデータはむしろ邪魔、敢えて捨てないといけないのだな。反省(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック