プロレス

February 25, 2012

たけし分析「芸人の実力が人気に追いつくとブームは終わる」 http://www.news-postseven.com/archives/20120224_90587.html
>2012.02.24 16:00
>太平シローが死んじゃった。まだ55歳だぜ、早すぎるよな。「ツービート」と「太平サブロー・シロー」は、『THE MANZAI』や『オレたちひょうきん族』でも一緒だった。いろんな思い出があるけど、シローちゃんは実力のある芸人だったからね。いい芸持っていたのに、ホントに惜しいよ。
>今回の訃報をきっかけに、サブロー・シローの漫才がテレビでけっこう流れてたけど、やっぱり面白いんだよな。話術も巧みだし、モノマネも笑えるよな。今の流行とは全然違う、懐かしい「味」みたいなものがあってさ。
>まァ、シローちゃんもオイラも、80年代の漫才ブームで世に出てきた人間でね。今も第何次だかわかんねェけど漫才ブームだろ。正直、今の若手のほうがオイラたちの時と比べて技術的にはだいぶ上だと思うんだけど、それが人気や視聴率に比例するかっていうと、そういうワケでもないんだよな。
>それが“ブーム”ってヤツの怖いところでね。技術的にはデタラメでも、芸の衝撃度とか物珍しさがあればブームになって、視聴率も上がるんだよ。だけど、芸人の実力が人気に追いついてきて「いい芸してるね」「技術があるね」なんて批評されはじめた頃には、もうブームは終わりに向かってるってことなんだよな。
>これがエンターテインメントってものの難しいところなんだけど、実は技術的にうまいか下手かというのは人気商売ではあまり問題じゃなくてさ。要は、衝撃的で、新鮮で、もう1回見たいと思えるかどうかってポイントに尽きるんだよ。「うまい漫才」を見たいってんなら、オイラより年上の大御所の漫才師たちが視聴率20%以上バンバン取れなきゃおかしいわけだけど、そうはいかないだろ。
>今のプロレスを見たってそうだよ。力道山が空手チョップで敵役のレスラーを張り倒していた頃には、プロレスの技術は低くても、今とは比べものにならないくらいの国民的な人気があったワケだよ。だけど、最近じゃいろんなプロレス団体が、アクロバットみたいなことをやったり、WWEみたいなドラマ仕立てのショーをやったり工夫してるけど、戦後の頃の客入りにはゼンゼンかなわない。まさに「成熟はブームの終わり」で、すべてのエンターテインメントってのは、技術が上がれば上がるほど食えなくなるという矛盾と戦っていくしかないんだよな。

この『エンターテイメント』には、当然3競オートも含まれる訳で。馬にしろ競輪選手にしろ、いわゆる公営競技最盛期より確実に強くなってる筈だ。而るにブームは?と。これ、考えてみるとなかなか興味深いテーマではある。まあ俺の愚鈍アタマではロクな結論を導けんのだがorz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 05, 2011

 大相撲の八百長報道でTV新聞共連日大騒ぎしてるが、それで視聴率爆上げとかスポ紙バカ売れとかいう話は寡聞にして知らない。現理事長の放駒親方は現役時代ガチ相撲で鳴らした人だが、それ自体、怪しい相撲が敷衍してる事の裏返しだ。だから世間一般的には「何を今さら」でしかない。今時「プロレスなんて八百長だろ」なんて40年前のセンスな事を口にされても返しに窮するが、それと同じだ。だからマスコミがムキになって叩いてるのは、角界が腐り切ってるってのももちろんあるが、むしろ昨今のマスコミ不況の折、絶対安全圏から正義感振りかざして叩ける久々の大ガモが現れた…とスケープゴートにされたっつうのが正味のトコロだろう。

両国国技館も手放し…株式会社化なら日本相撲協会の存続不可能 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110203/crm11020323410052-n1.htm
>2011.2.3 23:39
>大相撲の八百長疑惑で、公益法人であることに批判が上がっている日本相撲協会。平成25年の新制度移行後には、大幅な税制優遇措置を受けられる「公益財団法人」という新しい公益法人に衣替えすることを目指しているが、それも認められるかは微妙になってきた。公益法人ではなく、株式会社となった場合は、相撲部屋に課される税金は軽減されないだけでなく、両国国技館まで手放さなければならない規定となっており、協会の存在自体が不可能になる。
>現在の相撲協会は法律上、「特例民法法人」という位置づけ。年6回の本場所の入場料やテレビ放映権料、巡業などの収入については、基本税率30%の法人税を22%に減免される優遇措置を受けている。
>新制度で「公益財団法人」という新しい公益法人に移行できれば、こうした事業のほとんどが非課税となる見通し。現在は親方の個人資産となっている相撲部屋についても、協会直轄の財産と認められれば、税が軽減される。
>もし、移行が認められなければ、「一般財団法人」として存続は可能だが、こうした優遇措置はほとんど得られないことになる。
>文科省では「公益ではないのだから、株式会社にすればいい」という意見もあるが、その場合、規定では平成21年度の決算報告書で39億円に上る預金などの財産や両国国技館の土地、建物も手放さなければならず、実質的に協会の存続は不可能になる。

まあヤオじゃないっつうのをウリに特例民法法人の地位を得て税制面でも優遇されててこれか、税金返せ!っつうのは一応あるか。それで国庫が潤うたって精々100億かそこらだろうが、確かにないよりはマシだ。
7勝7敗なら千秋楽の勝率75% 八百長、統計で証明? http://www.asahi.com/special/08020/TKY201102040252.html
>2011年2月4日14時6分
>角界を揺るがす八百長疑惑。日本相撲協会の放駒理事長は2日の会見で「過去には一切なかった」と述べたが、11年間の星取表を調べ上げ、八百長の存在を統計的に示した2002年の学術論文が改めて注目を集めている。
>米シカゴ大のスティーブン・レビット教授(経済学)らは1989年から2000年までの十両以上の取組3万2千回以上を調べた。7勝7敗で迎えた力士の千秋楽での勝率は75%にもなった。
>勝ち越しをかけた一番で勝率が上がるのは八百長ではなく、力士が必死になるからという説明もあり得るが、同じ相手と次の場所以降で対戦したときの勝率は4割程度に下がっていた。
>教授らは、わざと負けることで借りを返したと分析。ただ、統計的には返し切れたとは言えず、残る分は金銭で埋めたのでは、とした。
>勝ち星の数が番付に与えた影響を調べると、8勝した力士は平均約7枚昇格、7勝だと約4枚降格、差は11枚分だったが、9、10勝目や7勝以下だとその差は3枚程度。数字上の分析ではあるが、勝利の動機付けが8勝目だけ「ゆがんでいる」とし、「ゆがみを取り除くと、八百長のうまみがなくなる」としている。(小宮山亮磨)

さて、去年の今頃ネタにしたが、JRAは3月1日新年度のため、解散が決まってる厩舎や引退発表した騎手の最後に一花的美味しい馬券が結構有る。例えば、引退発表騎手がハナ切ったら他の騎手は競り掛けない、といった不文律がある。これは断じて八百長ではない。逃がしてやってるってだけで、だからその馬が逃げ切れたら拍手喝采だがバテたらそれまで、でもその騎手も一応の格好は付く。引退後全く別世界に行くのならいざ知らず調教師や助手となる、そして残された騎手がその馬に乗る事もあるのだから、恥掻かせると後々損だ。そこまで読めれば展開読みも楽だし…ただ、今年は例年と違い、厩舎関係者の給与体系が変わった関係で、引退騎手が去年のうちに騎手が駆け込み免許返上してしまってて、だから今年はその恩恵に預かれそうにない。やー残念残念( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 20, 2010

 シャワー浴びて、汗引くまでの間TV視てたらやっぱオモロイもんで、結局没入してしまったorz えー加減にせーよ俺、と己を罵倒しつつ2ヶ月振りの川口オート行き…の前に。
64dfdba6.jpg
60fed58a.jpg
市役所ハス向かいの市民会館ではこんな事を。季節到来(´∀`)
 まあとにかくオート場。先週の名匠戦から中1日だけに装飾パネルも2in1仕様。
c7051c37.jpg
そして昨日他落の永井大はやはり欠場。
2f550d72.jpg
ミュージアムはいつの間にやら展示品が増えてたが、一番のヒットはお客さんから寄贈してもらったという1968年の専門紙・研究。判型は今と同じだが1部10円だわ見出しの「選手」の「選」の字が見た事も無い略字(?)体だわ、何より3級車どころか四輪車のレースまで!これ寄贈してくれた人GJ、生の一杯も奢りたいよマジで。やー感激(・∀・)
 その脇では恒例のチャリティーグッズ販売会も行い…はするのだが、真ん前で早い時間帯からレースの合間にプロレスイヴェントやってるもんだから、ちょっとしたカオス。これは1コーナースタンド2Fから撮ったものだが
a5c12bec.jpg
右奥販売会とは明らかに違う、左奥に視線行ってる人が多数、その視線の先にリングが組まれてる(一番広角にしても入らなかった)。お互いやり難かったろうに('A`) 販売会はいつもの櫻崎さんじゃなく甲斐さん、4Rで失格食らった牛澤支部長も責任者として顔出してて、でも申し訳無いが俺的にはどうしてもリングの方に目が行く。

 明日埼玉・川口オート告知|アントニオ小猪木 オフィシャルブログ http://ameblo.jp/koanton/entry-10567731650.html
 >2010-06-19
 >小元気ですか〜っ!?
 >川口オートレース・イベントプロレス
 >■プロレスin 川口オート ※雨天決行
 >6月20日 (日)(11:28〜15:19)
 >実施場所:埼玉・川口オートレース場イベントホール前特設リング
 >■試合・イベント順番予定
 >◎プロレス流トレーニング教室
 >◎タイガー・シャークvs間下隼人
 >◎安部幸枝vsLeon
 >◎ちびっ子vsレスラー綱引き対決
 >◎アントニオ小猪木&ジャイアント小馬場vs
  ラブセクシー・ローズ&ラブセクシー・乙羽屋
 >◎長州小力パラパラ&トーク
 >◎ディック東郷&アントーニオ本多vs藤田峰雄&アミーゴ鈴木
 >◎アレクサンダー大塚&山本裕次郎vs石川雄規&矢野啓太

462bda4b.jpg
アントーニオ本多はエエ格好しいというかイキリというか、なかなか良いキャラで、でも一人断然格上のデイック東郷がさすがの貫禄で試合をコントロール(´∀`)
7378fcb0.jpg
そしてメイン、石川とアレクはさすがに凄いとしか言い様が無い、一打一発の重みがそれまでと明らかに違う。周りのオッサン方がその迫力に静まり(←冷めてるのでなく引き込まれてる)、俺も写真撮ってるどころじゃなかったもの。山本の蹴りもなかなかな、でもそれも、敢えて逃げずに蹴りを受けてやった石川の貫禄勝ちだ。フォール取られた矢野は良い経験になったろう、次頑張れ。…やー、やっぱプロレス良いわ。オート競馬競輪共々TVで視れるけど、でもやっぱ生ならではの受動力ってのは確実に有る。ただ、オートサイドに立つと疑問は残る。何度も書いてるが、競馬競輪では事前に予想が立てられる。もちろんパドックや地回り見たいとかオッズ見て駒の上げ下げとかは有るが、それでも基本的な予想は立てられその小修正だけだ。対してオートは、当該レースの試走値が予想に占めるウエイトが競馬競輪とは比べ物にならない。だからレース毎に試走見てそこから車券予想の組み立てが始まる。で、試走値出る→「展開見えね」ってなった場合、最終的に買う買わないに関わらず一応締切ギリまで考えるのが、今日みたいな場合「展開見えね」→「もーえーわケンだケン、プロレス見よ」ってなってしまって、車券売上に影響無いのかと。まあ車券客がこんな事一々考える必要なんて本来無いんだけどさ。
 っつう訳で全試合終わりでの11Rでようやくエンジンが掛かるも、期待の深谷がSヘグって瞬殺orz
川口オート:過去レース結果
テレ玉『バッハプラザ』によると「昨日はS斬れ過ぎたため今日は時計見過ぎてしまった」そうな。最終は見えて来ず、買わずに撤収。だからえーと、入場料と11Rの分、都合2100円のマイナスだが、実質2100円で石川とアレク特リンで観れたと考えればプロレスファンも羨むすっげーお得な一日だよな。気持ち的には大満足(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 15, 2010

琴光喜ら野球賭博関与 琴光喜、名古屋場所の出場自粛 相撲協会、現時点の処分下さず http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00179118.html
>大関・琴光喜らが野球賭博への関与を認めた問題をめぐり、相撲協会は、琴光喜に対して処分は下さず、7月の名古屋場所の出場自粛の申し出を了承するだけとなった。
>日本相撲協会の武蔵川理事長は「琴光喜の名古屋場所出場を辞退させる申し出がありました。それは理事会で承認した」と語った。
>そして、これまでの説明を一転させ、関与を認めた大関・琴光喜について、相撲協会は当面の謹慎と7月の名古屋場所の出場辞退を了承するにとどまった。
>武蔵川理事長は「(琴光喜本人が)脅かされていたということを含めて、自分だけではなく、家族とかも含めて危険ではないのかという判断もあって、本人はなかなか、正直に認めることができなかったのではないかと思います」と語った。
>琴光喜は14日夜、「(進退は?)それはもう、協会におまかせしています。ご期待を裏切って申し訳ございません」と語った。
>師匠の佐渡ケ嶽親方は「琴光喜の来場所の出場停止を申し入れてきました。本当に申し訳ありませんでした。(親方の判断?)はい、わたしの判断です。(大関とはどんな話を?)まだ、光喜とは話はしていません。(一部から引退もという声もあるが?)いや、もう...まだ」と語った。
>(06/15 18:48)

 >「(琴光喜本人が)脅かされていたということ」

これ、支払いの追い込みだけでなく、本業の相撲で八百長持ち掛けられてても全然おかしくないよな。野球賭博やってる『組』なら、他にも非合法賭博も手掛けてても不自然じゃないし。
 賭博と八百長っつう事では、普通の人は3競オートを思い浮かべるだろうが、間違い。というのは、例えば俺がソッチの人だとして、騎手(競艇競輪オートの選手でも良いが)に報酬と引き換えに、断トツ人気が予想される騎乗馬の負けを依頼したとする。そして負ける。これは簡単だが、まだ八百長は成功してない。このレースで俺が馬券獲って大儲けして初めて八百長が成功したと言えるのであって、でないとただ特定の騎手を負けさせカネ恵んだだけになってしまうのだ。人気被って消えてくれる馬が居るのだから美味しいレースには違いないが、他にも何頭もそのレースには出てる訳で、だから3競オートで八百長仕組んで勝つっつうのは言うほど簡単じゃない。言う事聞いてくれる人を少なくともそのレースの三分の一、理想は半分以上確保してないと儲ける事は難しく…て事は、業界そっくりズブズフなぐらい関係深くないと無理だ。そしてそういう手駒が増えれば増えるほど成功率は高まるが、バレる率も高まる。
 対して、これが相撲だったら、ただ一人買収するだけで成功率100%だ。近付くのも簡単、会社社長としてタニマチになって、実はその会社がフロント企業でしたっつうオチ。俺がソッチの人だったらやる。絶対やってる。
 …まあ元々が、相撲の成り立ちって純粋なスポーツじゃなく、伝統芸能の色彩が強い。プロレスみたく「そういう部分もあるんですよ」って風に最初に断っときゃ楽だったのに( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 05, 2010

朝青龍“解雇”だった…涙の引退表明 (2月5日) http://www.daily.co.jp/general/2010/02/05/0002690293.shtml
>大相撲の横綱朝青龍(29)=高砂部屋=が4日、初場所中の先月16日未明に、知人男性との暴行騒動を起こした責任を取って引退した。モンゴル国籍で年寄名跡を持たない朝青龍は協会を去ることになる。
>理事会は朝青龍の処遇で紛糾した。冒頭で横綱審議委員会の総意「引退勧告」が役員に説明された。正午に休憩。吉野監事は「もめている。朝青龍を呼ぶ」と漏らした。朝青龍と師匠の高砂親方(元大関朝潮)が呼び出され、一度の中断をはさみ取り調べと釈明を行い、師弟が退室した。約25分間後、再び理事会に呼び込まれ、ここで引退を申し入れた。
>引退へのレールは事前から敷かれていた。武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は1日までに高砂親方に「4日までに引退する決断をさせろ」という内容の指示を出していた。結局、この日を迎えるまで朝青龍は覚悟を固めきれずにいたが、横審、理事長の意向に加え、解雇を求める理事が複数いたこともダメ押しとなった。ここ数日間で土俵際に追い込まれた朝青龍。引退は事実上の解雇だった。

これで判ったのは、大相撲(競技種目としての相撲ではなく、特例民法法人である日本相撲協会が主催するところの相撲興行)が曲がりなりにもスポーツであるという事。もし「初めに興行有りき」なプロレスだったら絶対に朝青龍を全力で守ってた筈だ。

失った“看板”…朝青龍引退で経済効果「3割減」 http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20100205018.html
>分かりやすいデータが、横綱が直接対決する千秋楽のNHKの視聴率だ。昨年の6場所は、朝青龍が優勝決定戦で白鵬を破った初場所が最高で27・1%、同じく優勝決定戦を制した秋場所は23・7%。白鵬と日馬富士が優勝決定戦をした夏場所も25・7%をマークしたが、朝青龍が千秋楽前に優勝戦線を脱落した場所は15〜17%台に低迷している。
>グッズ売り上げも激減が予想される。湯飲み、手形、ストラップやフィギュアなど協会が販売するグッズの売り上げは、横綱昇進以来、常に朝青龍がトップ。公表されていないが、億単位といわれる年間売り上げが「3割減」となれば、大きな収入減となる。
>朝青龍は大相撲を支えた「希代のヒール横綱」だった。相撲界は落ちたイメージとともに、多くのものを失うことになりそうだ。
>[ 2010年02月05日 07:15 ]

こんだけ『数字』持ってる人材、何を好き好んでわざわざ手放すものか。
 一方で、大相撲が純粋なスポーツでない事もまた確か。スポーツとしての側面が有るからこそ文部科学省の管轄下に有る(←全てのスポーツは学校の体育の授業が端緒となるのだから当たり前だ)が、むしろ文科省が関わってるのは伝統芸能としての観点からの方が強かろうと思われるのは、日本野球機構(NPB)や日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と財団法人としての成り立ちが異なる事からも伺える。
 これがもっと端的に現れてるのが3競オートだ。スポーツとしての側面はもちろん有るが、畜産の一巻である馬産の振興を第一義として競馬事業が行われている様に、競艇も競輪もオートも「初めに産業振興有りき」で収益事業を立ち上げるべく、それに敵ったスポーツを作り上げただけだ(それが証拠に、各競技団体を管轄するのは文科省ではない)。で、それは運営面で、金銭的に今日(こんにち)むしろ強味となっているのは、何度も拙ブログで書いて来た通り。敢えて3競オートを純粋スポーツに変えなければならない理由など全く無い、財源を自主確立している事を何よりも誇るべきだ(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック