ブルーコンコルド

September 04, 2012

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20120903-OYT8T00321.htm>ササニシキ消える?「寒さに弱い」農家激減 新銘柄台頭 コシヒカリも競争の波 http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20120903-OYT8T00321.htm
408ec136.jpg http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20120903-OYT9I00317.htm
>かつてコシヒカリと並ぶコメの横綱級ブランドだったササニシキだが、今やその存在は風前のともしびだ。
>宮城県石巻市の高橋長市さん(62)は、長年ササニシキだけを生産していたが、93年の大凶作が転機となり、作付けの多くを「ひとめぼれ」に転換した。「通常、10アールあたり8〜9俵(1俵=60キロ)収穫できるのに、2〜3俵だった」という苦い経験から、今もササニシキの生産は続けているが、量は少なくなった。「高温障害にも弱く、倒れやすい。多くは作りたくない」と本音を漏らす。
>ササニシキは、コメ増産に迫られた63年、宮城県の試験場で誕生した。さっぱりした舌触りで人気を集め、89年には、20万ヘクタールの作付面積を誇る日本有数の銘柄に成長した。だが93年の大凶作で「寒さに弱い」との評価が定着。99年にはベスト10の圏外に去った。
>とはいえ、ササニシキにこだわる飲食店や農家は今も多い。東京・銀座の「鮨よしき」の主人、西塚良希さんは、「ネタの良さを引き出すコメ」と品質の良さを強調する。(秋田穣)
>(2012年9月3日 読売新聞)

言われてみれば聞かなくなったなササニシキ。コメ単体だとコシヒカリの方が美味いけど、主張し過ぎず相手の良さを引き出すササニシキ…って評価も、寒さに弱く暑さにも弱く台風(=風害)にも弱くて生産者に敬遠されたとあっちゃ見掛けんくなったのも無理はない。ササニシキなら他の品種の倍で売れるってんなら農家もバクチに出ても良いけど、そうじゃないからね。
 にしても、米作農家ですらこれだけバクチなんだから、ましてや馬産家たるや。例えば1000万だか1500万だかの種付け料払ってサンデーサイレンス付けて、それが不受胎だったら一巻の終わりだけど牡馬産まれたら無条件で儲け確定、ってなったらほとんどの生産者はサンデー付ける方を選ぶし実際そうしてる。それがマイナー種牡馬付けるってのはいかに勇気の要るギャンブルか。もちろん生産者=馬主なケースや繁殖牝馬を牧場に預託してて種付け相手は馬主が決めてるけど生産者は便宜上牧場になってるケースとかも有るけど、本当にそうじゃないケースも有って、そういうのには気合い入ってるよなあと畏敬の念を抱いてしまう。ブルーコンコルドやデルタブルースが種牡馬になれなかった事をグチグチ言う人が要るけど実際生活賭けてみろって。違うから。そしてだからこそ、そこでそういう事をガチでやってる人っつうのは無条件尊敬に価する。いや凄いわ(-人-)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 05, 2010

 ムーンライトチャンピオン@伊勢崎オート行く気は有ったが、冷静になってみるとここんとこ大井→(中1週空いて)宇都宮→大井→京王閣→大井と通い詰め、どんだけ好きなのよ俺。それで勝ってりゃまだしもヤラレっぱ(飯塚ダイヤモンドで取り返したったって焼石に水だ)、それでなくても今年は入院したわ物入りだわ今月もちょっと行くトコあんのに、とても散財してる余裕は無い。かくてウチで電投しつつ洗濯祭り( ´,_ゝ`)
屈腱炎再発でネヒキリが引退、今後は種牡馬に http://pc.keibalab.jp/topics/5338/
>2010-09-05更新
>これまでにジャパンカップダート2勝など、ダート界で幾多のタイトルを手にしたカネヒキリ(牡8、栗東 角居厩舎)が、左前に屈腱炎を発症したため、現役を引退する事を、5日、管理する角居調教師が新潟競馬場で明らかにした。なお、今後は種牡馬入りする予定。
>【角居勝彦調教師のコメント】
>「以前に(屈腱炎を)発症した右前でなく、今回は左前に症状がみられたた、年齢を考えて、オーナーと協議した結果、引退を決定しました。
>歴史を作ってくれた名馬であり、携わった私達には、簡単に諦めてはいけない事を教えてくれた恩馬です。今後は優駿スタリオンステーションで種牡馬入りする予定ですが、幸せな第2の人生を送ってほしいです。」
>同馬は04年7月の2歳新馬戦でデビュー。3歳時にダートで頭角を現すと、ジャパンダートダービー、ダービーGPなど、3歳交流重賞を制しただけでなく、秋にはJCダートで古馬を撃破。翌年の4歳時にも、フェブラリーSを制し、快進撃を続けたが、その夏に屈腱炎を発症すると、07年にも右前屈腱炎を再発。
>そこから、幹細胞移植手術など、2度の手術を受けて、08年に約2年振りとなるブランクから戦線復帰すると、阪神競馬場で初めて行われたジャパンカップダートで復活の勝利。続く、暮れの東京大賞典。翌年の川崎記念でも連勝を伸ばしたが、その春のかしわ記念で、またしても左第3指骨々折が判明。
>約1年の休養を経て、この夏の帝王賞で復帰し、2着に健闘すると、続くマーキュリーCで再度の復活劇となる5馬身差圧勝。 ラストランとなった8月12日のブリーダーズゴールドカップでは、シルクメビウスの2着に屈したが、常に高いパフォーマンスをみせただけでなく、2度の長期休養から復活するなど、約6年に亘る競走馬生活でファンを魅了し続けた。

お疲れ様。そして種牡馬入り出来てオメ!実績が実績とはいえ社台でなく優駿スタリオン、この辺がダート馬を取り巻く現実の厳しさだ。
 さて、これで気になるのがヴァーミリアン。種牡馬としてのオファーが無いから仕方無く現役続けてる…っつう噂の真贋は判らんが、充分に有り得る話だ。でも凱旋門賞のプレヴューで世界の血統評論家の腰を抜かせた『wow horse』、エルコンドルパサーの、二世代しか残せなかった産駒の中の代表産駒だよ。後継種牡馬としてはソングオブウインドが居て、今年デビューした産駒はJRA新馬勝ち第1号、菊花賞馬だから仕上がり遅いんじゃないかとの懸念を跳ね返したのは記憶に新しい。ならヴァーも、それ以上にやれそうなもんだ。ブルーコンコルドが種牡馬入り出来なかったのはまあまあ納得も行くが、さすがにヴァーは大丈夫…だよ…な…('A`)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 09, 2009

浦和記念、JRAからの出走予定馬発表
>25日(水)に浦和競馬場で行われる第30回浦和記念(3歳上、交流GII・ダート2000m、1着賞金4000万円)におけるJRAからの出走予定馬が発表された。
>JRAからは3日に行われたJBCクラシック(交流GI)2着のマコトスパルビエロ、ブリーダーズゴールドC(交流GII)など重賞8勝を挙げているスマートファルコンなどが出走を予定している。出走予定馬は以下の通り。
>( )内は性齢、所属・騎乗予定騎手
>【JRA所属馬】出走枠は4頭
>スマートファルコン(牡4、栗東・岩田康誠)
>ダイショウジェット(牡6、栗東・未定)
>ボンネビルレコード(牡7、美浦・的場文男)
>マコトスパルビエロ(牡5、栗東・未定)
>2009年11月09日

揺るぎないなスマートファルコン(´∀`) 半年前にもネタにしたが、どうせ種牡馬になれる訳でないし着実に小銭拾い…ってのは一つの生き方だ。
 片や、GI7勝もしたブルーコンコルドが種牡馬になれず乗馬となった事が、各方面で結構な話題となっている。でもこれ、大いなる誤解があって、まず競走の格付けと種牡馬選定レースとしての価値はイコールではない。オーストラリアの最高峰レースは言うまでもなくメルボルンカップだが、同国は世界でも一二を争う短距離王国、メルボルンCの成績など種牡馬の評価には一切影響しない。日本も同様で、歴代の日本ダービー馬が束になってもサクラバクシンオーの種牡馬成績に敵わないだろう。スプリンターを比較対象にするのは卑怯と言うならトウショウボーイでもサッカーボーイならどうだ。…せめて一頭だけでも最強クラスの馬を出せば種牡馬として格好は付く、シンボリルドルフがトウカイテイオーを輩出したように。でも他は?…どうしても競走の格付けと種牡馬選定レースとしての価値観を揃えなければいけないのであれば、日本ダービーなんか止めてNHKマイルカップ一本にすれば良い。でもそんな競馬面白いか?
 地方競馬のダート交流重賞だが、その競走格はダートグレード格付け委員会が恣意的に決めたものだ。本来、競走格はJRAが今年新設したレパードステークスを未格付けとした様に、前年度の出走全馬のレーティングから決定されるべきものだ。しかし地方のレースで実際それをやると、地元馬枠の明らかにレヴェルの低い何頭かに引っ張られ、ほぼ絶対に格付けが下がる。それは興行的に良くないし、当時日本はまだグループI国じゃなかったからそこは目を瞑り、各馬が最大目標としてるレースをGIっつう事にしてそれ基準で格付けしちゃって良いよね、ね、ね、と(競走格付けは種牡馬選定レースとしての価値とイコールでなければ論、はここでも否定されたのだ)。
地方競馬情報サイト ダートグレード競走年間予定 http://www.keiba.go.jp/dirtrace/schedule.html
を見ると解るが、地方施行のGIIIに1着賞金2500万のものがある。中央の古馬オープンは1着賞金2300万、200万しか違わない。しかも2着以下の賞金減額率が地方ほど急峻でないから、賞金総額では中央オープンの方が高い、これでもGIIIの価値があると言えるのか。同様に、中央のGIIIは1着3900万だが地方のGIIは4000万、ここでも総賞金の逆転現象が起きている。GII東海Sは1着5500万だからGI南部杯より上だ。(芝のレースだが)同じくGIIの阪神Cや札幌記念は7000万だから、GI川崎記念やかしわ記念をも上回る。そういう現実から目を背け『ヴァーミリアンGI8冠!』とか言われても、そりゃあ鼻白むってもんだ。
 ブルーコンコルドより成績や血統で見劣る(と思われる)馬で種牡馬入りしてるのもいるのに、という点でブルコンに同情の余地はある(中山千二の京王杯2歳Sを勝ってるのだからスピードも早熟性も備わってる筈だ)が、でもそんな嘆き悲しむほどの事でもないと思う。ある程度競馬やってりゃ、これぐらいの事はままあるものだ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック