ブラックマヨネーズ

February 10, 2016

ブラマヨ・小杉竜一、G-SHOCK愛用の理由にスタジオ感動「漫才師の証」 | マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2016/02/09/133/
>2016/02/09 10:14
>お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一(42)が、6日に放送されたテレビ朝日系トーク番組『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』(毎週土曜26:15〜26:45)で、カシオの腕時計・G-SHOCKを愛用している理由を明かした。
001l登壇したイベントでも小杉(左)の左手にはG-SHOCKらしき腕時計を確認できる(2015年2月撮影) http://news.mynavi.jp/photo/news/2016/02/09/133/images/001l.jpg
>この日のゲストは、お笑いコンビ・ロッチ。現在はワタナベエンターテインメントに所属している2人だが、吉本のお笑い養成所・大阪NSC出身の経歴を持っている。コカドケンタロウは14期生、中岡創一は16期生で、ブラマヨはその先輩にあたる13期生。「すぐ下の後輩」であるロッチは、当時を思い返しながら赤裸々トークを繰り広げていった。
>コカドが挙げたのが腕時計。ブレイクしたお笑い芸人たちが高級志向に走る中、小杉はたとえスーツの時でも「ずっとG-SHOCK」だったことから、コカドの目には印象深く映っていたようだ。
>コカドから「特にこだわりないんですよね?」とまで言われてしまい、ここで小杉はガラリと雰囲気を変えて「マジな話ね」と真剣モード。「漫才する時、実はG-SHOCKのストップウォッチで計って出てんねん」とその理由を打ち明けた。ネタの進行時間を確認する目的で付け、漫才中には吉田にその時間の経過をさりげなく見せているという。
>これにはロッチの2人も「えー!?」「なるほど!」とびっくり。小杉の「スーツだろうが、どんな良い服着ていようが、G-SHOCK付けている間は"俺が漫才師だ"という証やねん」という秘話に観覧席からは感動の拍手が沸き起こったが、吉田は「ストップウォッチモードにはしてるけど、スタート押すの忘れて、よう"00:00"になっとるわ!」とオチをつけて爆笑へと変えていた。

なるほどねえ。落語家や昔の漫才師は「本来は15分のネタを、状況に応じて(一部削って)10分とか7分とか、求められた時間にピッタリ合わせる」なんて逸話が語られ持て囃されたりしたものだけど、今は逆に、TVのネタ番組は4分が基本だから、おそらくほとんどの芸人はそれに付け足し付け足ししてステージ時間の10分とか15分とかに合わせる方向だろう。時事ネタや客イジリで時間稼ぎ…のつもりが思いがけないウケや盛り上がりとなった場合の軌道修正は、体内時計だけじゃ確かに難しそうだ。お世辞にもスマートとは言えないが、一目で読み取れるデジタルのストップウォッチってのは理に叶ってるわな。
 っつう訳で、騎手のペース配分や判断に思いを馳せる。乗り味の良い馬は騎手の感覚以上にスピードが出てる事があるというし、1頭で走ってるのか周りに馬が居るかでも違うだろう。腕時計してても一杯に追ってる最中に読み取れるとはとても思えないし、馬の後頭部にスピードメーター埋め込む訳にもいかない。ハロン棒が近付いて来る感覚がほとんど全て。馬券買ってる側からすると「速過ぎる」「スローだ前行けよ!」とか勝手に言ってるけど、実際やったら相当な難事なんだろうなあ。あと競艇のスタートもそうか。つくづく大変な世界だ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 19, 2014

ブラマヨ吉田 連日の“営業”ツイートで「第2の坂上忍」狙い|日刊ゲンダイDIGITAL http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/155053
>2014年11月19日
fc226304.jpg道のりは険しい/(C)日刊ゲンダイ http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/155/053/eba63189db25eac8ea7e2cf624ce268b20141118125811243.jpg
>「ブラックマヨネーズ」のブツブツ顔のほう、吉田敬(41)が売れっ子タレント・坂上忍(47)のポジションを狙っているともっぱらだ。
>もっとも、狙っているのは死に体のフジ系昼の番組MCではなく「ボートレース芸人」の座。
>根っからのギャンブル好きで、大手パチンコメーカーの専門チャンネルで冠番組を持っているが、「昨年度までMCとして起用されていた地上波の競輪番組が、今年度は契約更新されなかった。後輩の若手芸人にレース場に誘われて以来、ボートレースにハマったこともあり、趣味と実益を兼ねた“ボートレース芸人”への鞍替えを模索しているとのことです」(放送作家)。
>連日のように自身のツイッターにボートレースネタをアップするのは、吉田なりの“営業”だが、その道は険しい。JLC(日本レジャーチャンネル)で冠番組を持つ坂上や、専門誌「競艇マクール」の表紙イラストやコラムを担当、自身の名前を冠した大会を開催する蛭子能収、カトちゃん、作詞家の喜多條忠といった「重鎮」がひしめいているからだ。
>「それでも吉田の地道な活動は実を結び、某放送局がボートレース関連の出演オファーを出したそうです。結局、所属事務所サイドとギャラで折り合いがつかず流れてしまいましたが、本人はお笑い芸人としての行く末を心底案じている。いかにボートレースで食べていくかに腐心しています」(前出の放送作家)

いつの写真だよ!ゲンダイは、特に芸能人は、恐ろしく古い画像を平気で掲載するけど、よっぽどライブラリー無いんだろうな。社名とは裏腹に現代感覚皆無な紙面ではあるけども、それでも、ここまで名が体を表さない会社も珍しい。
 それは良いが、ブラマヨは記事にも有るように、過去何度も地上波の競輪特番をやっている。
ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部が今年もグランプリを盛り上げます!
ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部が一年ぶりに復活!グランプリ2012事前特別番組のお知らせ
ニュース|KEIRIN.JP ブラマヨ自転車部によるグランプリ2011事前爆笑番組について
ニュース|KEIRIN.JP 日本テレビ系列全国ネットで「ブラマヨの自転車王決定戦」が放送されます!
この手のヤツって、意欲は認めるが地上波ヴァラエティとしてはつまらないものがほとんどなのだが、一連のブラマヨものに関してはさすがの腕前、深夜(岸和田全日本選抜のは日曜夕方だったが)なら充分合格点を与えられるクオリティを有していた。

 >「昨年度までMCとして起用されていた地上波の競輪番組が、
  今年度は契約更新されなかった」

そりゃこれの視聴率とか売上貢献度とかは高くはないだろうけど、見切っちゃうのはいかにももったいない。JKAも、もうちょっと長期的視点に立たんと。しかもだ、

 >「後輩の若手芸人にレース場に誘われて以来、ボートレースにハマった」

よりによって商売敵の競艇に持ってかれるって、大失態もいいトコロだろう。そりゃ吉田は大阪出身だけど、この画像のM-1グランプリを優勝した05年から東京を活動拠点にしてるし、家も東京だ。それでも【競艇>競輪】なのか。さらにダメ押しで、そのブラマヨ番組に出てた他の芸人達からも、その後、競輪エピソードが全く出て来ないのがまた何とも。
 何にせよ、このエピソードは競艇関係者狂喜乱舞ものだ。対世間へのアピール度という点で手駒は多いに越した事はない、ブラマヨ吉田は芸人としてはもう中堅だが、それでも記事に挙げられた芸能人の中では最年少な訳で、平気年齢引き下げに見事成功した事になる。…いや、だから「若い人に受け入れられなければ業界に未来は無い!」とか論理展開する気は毛頭ないけど、つくづくもったいない('A`)

黒い聖者と罪ある女
黒い聖者と罪ある女

アーティスト:チャールズ・ミンガス
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2003-05-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 28, 2013

ブラマヨ自転車部が今年もグランプリを盛り上げます! http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/news/2013khn/12/news20131227_02.html
>配信日:2013年12月27日
>今夜25時38分より、日本テレビにおいて、「ブラマヨ自転車部」が放送されます。
>番組ではブラックマヨネーズの2人が中心となって、開催が直前に迫ったKEIRINグランプリ2013の楽しみ方や競輪の魅力についてご紹介します。
>ゲストとして、三宅伸選手(岡山・64期)、後閑信一選手(東京・65期)、ガールズケイリンの山原さくら選手(高知・104期)、そのほか女性アスリートの方々も出演しますのでみなさま是非ご覧ください。
>なお、KEIRINグランプリ当日の12月30日も、ブラックマヨネーズの2人が立川競輪場から生中継いたしますので、そちらもご期待ください。

 >番組名 放送日 放送時間 放送局
 >ブラマヨ自転車部
 >賞金1億円なんてどうかしてるぜ!
 >KEIRINグランプリをメッチャ楽しもう! 12月27日(金) 25:38〜26:38 日本テレビ
 >(関東ローカル)

もちろん録画での視聴だが、ブラマヨの腕もあるけど、ちゃんとヴァラエティとして成立してて良かった。トークでゲストの浅尾美和や伊藤華英をマジ爆笑させたし、小蜜こと副島美咲とのゲスいやり取りも深夜だから許容範囲内だろう。三宅伸と後閑をコワモテキャラとして扱うのエエ加減にしたり!と思いつつも、世間一般に届かせるためにはこれぐらいベタな方がベターなのも確かだしな。

日本競輪選手会が会見…新選手会立ち上げを受けて http://race.sanspo.com/keirin/news/20131227/krnnws13122720490004-n1.html
>2013.12.27 20:48
3743dd3a.jpg 新選手会立ち上げを受けて、会見を行う日本競輪選手会・坂巻正巳専務理事(中央) http://race.sanspo.com/keirin/images/20131227/krnnws13122720490004-p1.jpg
>競輪の新選手会・SSイレブンの立ち上げを受けて日本競輪選手会は27日、立川競輪場で会見を行った。坂巻正巳専務理事(48)=茨城・55期=によると、現時点で日本競輪選手間は脱会届を受理していない。届けは支部長を経由しなくてはいけないという規則があり、今回はその手続きを経ていないため不備があるという。グランプリに出場する5人を含め脱会届を出した22人はまだ現選手会の会員だと強調した。
>脱会届を出した選手は当初の18人から4人増えて22人。綱紀審議委員会にはかられ、27日に開かれた理事会により脱会届を出した会員には除名という判断が下された。しかし、会の規則では除名するには総会を経なければならない。会員には異議申し立ての期間が設けられており、通知文書は27日に送付された。
>総会が行われるのは1月下旬の予定。除名処分が決定された場合の選手の待遇などは「一切決まっていないし、答えられない」と坂巻専務理事は話した。
>◆脱会届を出した長塚智広「正式な通知を受けておりませんのでわかりませんが、選手会もSSイレブンも関係なく、お客さまのために一生懸命走りたいと思います」

一方でこっちはねぇ…。脱会届を出す手順に不備があるという理由から不受理&脱会は認めず、綱紀を乱したという理由から除名処分。筋は通っている。まあ脱会側にももちろん言い分はあろうが、でもファン不在っつうかナイガシロ感、よりによってこの時期に…っつう腹立たしさは拭えない。もうグランプリは見(けん。バクチ用語で「見送り」の意)だな、俺は( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 06, 2013

「大事なことを教えてくれた」ブラマヨ吉田パチスロを熱弁 http://natalie.mu/owarai/news/96579
>2013年8月6日 11:30
dc31ee9d.jpg 「『第1回 回胴王決定戦』発表会“エントリーしないと、どうかしてるぜっ!!”」の模様。前列中央が大会スペシャルサポーターのブラックマヨネーズ吉田。 http://cdn.natalie.mu/media/owarai/2013-08/extra/news_large_20130805kyoraku_04.jpg
>昨日8月5日、都内にて「『第1回 回胴王決定戦』発表会“エントリーしないと、どうかしてるぜっ!!”」が行われ、スペシャルサポーターに就任したブラックマヨネーズ吉田と天津・向が出席した。
>スロッターの頂点「回胴王」を決める同イベント。8月17日(土)から全国4都市で予選を行い、8月31日(土)に準決勝、翌日9月1日(日)に決勝を東京・プリズムホールで実施する。
>パチスロ好きな吉田は、「一緒にパチスロに行った友達が自分よりも負けていると、自分が負けていても勝った気持ちになる。でもそれってよくない。俺は台と勝負してるはずや。芸人としても『こいつよりも売れてるからええか』って逃げてきてた」と熱く語り、「パチスロが『お前がプラスかどうか』って大事なことを教えてくれた」と感謝。そしてパチスロへの愛を試すために実施したパチスロに関する3問のクイズに、見事全問正解した。

『学校で教えてくれないけど生きて行く上で大切な事』っていうのは有って、それは人によってロックだったりオートバイだったりプロレスだったり、そしてもちろんギャンブルだったり、から学んでいくものだ。それにしても

 >「一緒にパチスロに行った友達が自分よりも負けていると、自分が
  負けていても勝った気持ちになる。でもそれってよくない。俺は台と
  勝負してるはずや。芸人としても『こいつよりも売れてるからええか』
  って逃げてきてた」
 >「パチスロが『お前がプラスかどうか』って大事なことを教えてくれた」

バクチあるあるw この手のヤツって漫画『ギャンブルレーサー』にしても

 ギャンブルレーサー (1) (モーニングKC (1054))
 
ギャンブルレーサー (1) (モーニングKC (1054))

 著 者:田中 誠
 販売元:講談社
 発売日:1989-05

キャプテン渡辺のクズ格言にしても、
キャプテン渡辺による「クズの格言集」「クズの小さな幸せ集」 - Togetter http://togetter.com/li/460062
何かしら通ずるものが有る。バクチ打ちにとっちゃありがたい格言のような…いやこんなのをありがたがる時点でクズ、ダメ人間なのか(´・ω・`)

テイルズ・オブ・キャプテン・ブラック
テイルズ・オブ・キャプテン・ブラック

アーティスト:ジェームス・ブラッド・ウルマー
販売元:Diwレコード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 23, 2011

ムダづかいではなかった 「オーナー社長がこぞってベンツに乗るワケ」 http://moneyzine.jp/article/detail/198693
>第8回
>松本 崇宏 2011年08月23日 10:00
>流行りの飲食店を経営している西川社長(仮名)は毎年のようにやってくる税金の支払いに頭を悩ませていた。ところが今年の税金は安く済んだという。
>「知り合いの税理士に薦められて去年の夏、中古のベンツを買ったんですよ。それがこんなに税金が安くなるとは思いませんでした」
>経理に詳しい皆さんはご存知かもしれないが、車のような高級品は一度で経費にすることができない。なぜなら、車は購入した年しか使えないということはなく、数年間にわたり使えるからだ。このような資産は使える期間に按分して費用とすることになる。
>なぜそんな面倒なことをするのか。それは一年間の正確な損益を計算するためだ。
>車は通常、少なくとも数年間は乗れるものだ。これをもし購入した年に全額経費としてしまうと、購入した年だけ経費が大きくなってしまう。そこで、数年は同じように車を使うのだから、これでは正確な計算ができないということで減価償却という方法が生まれたのだ。
>それではもし減価償却がなければどうなってしまうのか?
>今期利益が出るなら、期末に高額な資産をたくさん買って税金を払わないようにすることができてしまう。そのような不公平をなくすためにも減価償却は必要なのだ。
>さて、その減価償却だが、代表的な減価償却の方法には定額法と定率法というものがある。簡単に説明すると、定額法は、たとえば耐用年数(資産が利用に耐える年数)が5年で1000万円の資産を購入した場合、毎年200万円ずつ均等に償却していく方法だ。それに対して定率法とは、1年目500万円、2年目250万円、3年目125万円といったように、初年度に多く償却して以降は徐々に償却額が減っていく方法をいう。
>西川社長は税理士にベンツでも中古車を薦められたという。なぜ税理士は中古車のベンツを薦めたのだろうか?
>これは、新品取得と中古取得では耐用年数が異なるからだ。新車のベンツと中古車のベンツが同じ耐用年数というのはおかしい。
>中古車の耐用年数というのは次の式で計算される。
http://static.shoeisha.jp/yz/static/images/article/198693/depreciation.jpg
>西川社長の購入したベンツは4年落ちで1,200万円。つまり耐用年数は2年となり定率法で償却するので、なんと初年度で購入代金のほぼ全額を経費にすることができた。
>では、「ベンツを買ってみようかな?」という社長の皆様、急ぐべからず、気をつけねばならないことがある。
>それは事業年度の途中で購入した場合、減価償却費の月数按分が必要だということ。たとえば3月決算の会社が1月に上記の車を購入し使用した場合、12ヶ月中3ヶ月分しか使用していないので、償却できる金額は1,200万円×3ヶ月÷12ヶ月=300万円となる。
>もちろん未償却残高は後に償却できるが、購入してすぐ償却出来ると考えていると、計算が狂ってしまう。
>西川社長の会社の決算期は7月。ベンツを購入したのは前年の8月なのでまるまる1年経費にすることができたのだ。
>上記のように、1,200万のベンツは、今期すべて経費に上げることができたので、帳簿上の資産価値は1円(残存価額)となる。しかし4年落ちの中古ベンツをさらに何年か乗ったとしても、まだまだその価値はなくならないだろう。もし他に買いたいという人がいれば、売却することも可能だ。状態さえ良ければ、半額の600万円以上で売ることもできるだろう。
>帳簿上は1円なのに、600万円で売れるということは、その差はいわゆる含み益となり、売却すれば、固定資産売却益となる。
>西川社長は心配性なので「赤字で困ったときの良い担保となりますね」と満足げだ。ちなみに、法人では減価償却をする、しないは任意となっている。期間損益計算の考え方とは反するが、買い替えをした新たな車は減価償却をしないこともできるのだ。言わば経費の貯蓄だ。

3競オートの選手は個人事業主だからマイカーも経費、つってもリースなら全額経費で落ちるが、購入だと10万円以上は減価償却資産扱いになる。
No.2100 減価償却のあらまし|所得税|国税庁 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm
そこでこの記事の手を使えば中下位級の選手も高級車に…って、んなセコい手使わんと強ぅなって稼げ!と。村上博幸

 選手プロフィール|KEIRIN.JP

みたくキャッシュでジャガー買う(←『ブラマヨの自転車王決定戦』情報)ぐらいの事してみんか(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 07, 2011

 お台場散歩祭りや川口オートたたら祭りに心動かされはしたが「所により雷雨」なんつう予報に自重しウチで洗濯祭り。3回目を終え洗濯物取り込んでるトコにゴンと雷鳴が轟いたのだった。
お台場騒然、「韓流やめろ」コール フジ批判デモに多数参加 http://www.j-cast.com/2011/08/07103785.html?p=all
>2011/8/ 7 19:42
>2011年8月7日の昼すぎ。日曜日とあって子ども連れやカップルでにぎわう東京・お台場のフジテレビ周辺に突然、プラカードや日の丸を掲げた集団が現われ、騒然となった。彼らは、2ちゃんねるやツイッターなどの呼びかけを通じて集まった人々で、フジテレビの韓流偏重に抗議するのが目的だ。主催者発表によると、参加者は2500人。フジテレビの周囲で響く「韓流やめろ」の叫びは約1時間に渡って続いた。
>「韓国の手から、フジテレビを取り戻すために我々は集まったのです!」
>呼びかけ人の男性が、集合場所のお台場・潮風公園で叫ぶと、参加者から一斉に拍手が上がった。
>今回のデモは、高岡蒼甫さんのフジテレビ・韓流批判をめぐる騒動のさなか、7月末に2ちゃんねるで呼びかけられた。しかしデモの許可が警察から下りなかったこともあり、呼びかけ内容は二転三転。一時は完全中止、という情報も流れ、ネット上では、
>「結局毎度毎度の口だけか」
>といった揶揄(やゆ)する声も少なくなかった。
>ところが、集合時間の午後2時には、「反韓流」「反フジ」のプラカードや日の丸を携えた参加者たちが続々と集まってきて、あたりは異様な雰囲気に包まれる。参加者の中には中学生くらいの少年や幼い子どもを連れた母親、カップルの姿もあった。
>主催者は、この日はあくまで今月21日のデモに向けたミーティングだとし、解散を宣言したが、一部参加者の呼びかけで、「散歩」と称した事実上の無許可デモが発生。「ノーモア韓流」などと叫びながら、フジテレビ周囲をおよそ1時間あまりにわたって練り歩いた。
>行列に加わっていた女性は、フジの韓流偏重に「不快感」を感じていたと話し、
>「SNSを通じて巻き起こった、エジプトの革命のようなことが日本でも起これば面白いなって」
>と参加に踏み切ったきっかけを語った。
>また日の丸を掲げた男性は、
>「こうしたマスコミを直接攻撃するデモは画期的。政治家や外国を批難するデモよりも反響は大きいのでは」
>と主張した。
>突然始まったデモ行進に、その場に居合わせた女性はネット上での「フジ・韓流批判」について「全く知らなかった」と困惑を隠せない。また、デモ参加者の中には「韓流フジ潰れろ」「朝鮮人は半島に帰れ」などと過激な叫びを上げる人もいたが、それを見た子どもの「あれなあに」という質問に困った顔を浮かべる親の姿も見られた。
>デモ行進は3時過ぎ、再び潮風公園に集まり、「君が代」を合唱して解散した。デモの様子は「ニコニコ生放送」や「ユーストリーム」といった動画サイトでも生中継され、合わせて10万人を超える視聴者があった。

これなら行きゃあ良かったかな('A`)
 さて、洗濯終えてTV何視てたかっつうと、これ↓
日本テレビ系列全国ネットで「ブラマヨの自転車王決定戦」が放送されます!
>配信日:2011年8月6日
>芸能界で我こそは競輪ツウという自称競輪芸人達が、極秘ネタを仕入れて全日本選抜競輪開催中の岸和田競輪場生スタジオに参上!
>競輪番組初MCかつ、競輪素人のブラックマヨネーズの二人に対し、競輪の魅力をプレゼンし、熱烈トークを繰り広げます。カリスマ競輪芸人のプレゼン、スーパースターの賞金伝説のプレゼン、ファンによる面白声援のプレゼンに加えて、ある選手の五輪を目標に奮闘する隠されたエピソードの紹介など盛りだくさんの内容が放送される。
>そして競輪芸人によるプレゼンで番組が盛り上がったところで、岸和田競輪場から全日本選抜競輪の決勝戦を完全生中継!!皆様、是非ご覧下さい。

ちょっと粗いが充分面白かった。日曜昼下がり〜夕方のヴァラエティとしてちゃんと成立してた。ブラマヨ、特に小杉は「コイツさえ居れば番組成立する」と業界やお笑い好きの間で評価される何人か、のうちの一人。レース始まるまでの正味30分番組みたいなもの、テンション一本で強引にリードし押し切った。
 ビッグレースだからと地上波で放映するに当たって、半端にスポーツがどうだオリンピックだ自転車だとかやってもロクな結果を生まないのは過去証明されている。この手の特番って、ヴァラエティならヴァラエティできちんと本気で作ればそれまで何の興味を持ってなかった層(=単なるお笑い好き)にもちゃんと届く、刺さるもので、現に昨年末のテレ朝『アメトーーク!』の競馬芸人の回は、ネット徘徊すると解るが競馬全くやらん人にもかなりな好評で、実際「これで初めて競馬に興味持った」っつう反応が少なからず有った。だから今回も、ブラマヨ良ぅやった!と一競輪打ちとして称賛したい(´∀`) まあ、最終的には視聴率なんだけどさ…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック