ビートたけし

December 29, 2015

RG主宰のバイク集団 伊勢谷友介の加入で勢力拡大 http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/487332/
>2015年12月28日 10時00分
1f61d14d.jpgRG(左)と伊勢谷友介 http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2015/12/cec7cd1300f4f443bb23f9b5ae9687cc.jpg
>お笑い芸人のレイザーラモンRG(41)、チュートリアルの徳井義実(40)、福田充徳(40)の3人のバイク好きが集まった「RGツーリングクラブ」が、芸能界で異様な盛り上がりを見せている。
>バラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)でも「バイク芸人」が集まってトークを繰り広げたこともあるが、その勢いは芸能界全般を巻き込むブームになっているという。
>あのイケメン俳優の伊勢谷友介(39)も同クラブへ積極的に参加している。ツーリングに繰り出してはクラブメンバーの竹若に「オレ、どうやったら結婚できるんですかねぇ〜」と恋愛相談までしているというから驚きだ。
>違った意味でのバイク好きも幅を利かせ始めているようだ。それが、元SMAPの森且行(41)が活躍する「オートレース」が好きな「オートレース芸人」。そのブームの火付け役の代表格が、たけし軍団のダイオウイカ夫(46)だ。
>「イカ夫は自らもバイクに乗る。たけしさんの番組でオートレースを取り上げた時にその魅力に気づき、オートレース普及のために草の根活動を行っている」(お笑い事務所関係者)
>来年は芸能界を発信源に一大バイクブームが訪れるかも。

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!! 夢想したテレ朝『アメトーーク!』での「オートレース芸人」、チャンスあるぞ!…と先走ってしまったが、オートにハマってるのはダイオウイカ夫だけなのか。イカ夫には悪いが、まだ弱いよな。ほどんどの人とって「誰?」だろうし。前の芸名が東京名物大神本舗五百年…つってもなおピンと来ないだろうが、昨夏、TBS『水曜日のダウンタウン』の番組内で、たけしから案をもらい改名した事でちょっと話題となった。

 たけし、番組内で弟子の芸名改名 「東京名物大神本舗五百年」が「ダイオウイカ夫」に http://www.oricon.co.jp/news/2039608/full/
 >2014-07-09 22:11
 >お笑いタレントのビートたけしが9日、TBS系バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』(毎週水曜 後9:00)にサプライズ出演し、弟子の東京名物大神本舗五百年の芸名を「ダイオウイカ夫」に改名した。

この記事に添えられてた画像は『たけしと浜田』『松本』の2枚だけ、当のイカ夫の姿はない。イカ夫には申し訳ないが、対世間へのヴァリューがいかにも弱い(意図せぬシャレになってしまったが)。…うん、やっぱRGツーリングクラブから一人二人…いや、別口でGACKTとか大物も居るけど、レースそのものを楽しみ選手もリスペクトしてくれてるのだが(もうこれだけでも充分感謝しなければいけないのだが)、じゃあガックン車券戦術語れるかっつったら無理だしなあ。誰かギャンブルの部分を語れる著名芸能人はどこかにおらんもんか( ´-`)y-~~~

オート・ジャズ
オート・ジャズ

アーティスト:バルネ・ウィラン
販売元:ポリドール
発売日:1999-03-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 03, 2014

舛添氏「お台場カジノ潰し」でフジ会長は首相とゴルフで反撃 http://www.news-postseven.com/archives/20140903_274151.html
>2014.09.03 07:00
>視聴率低迷と業績悪化に歯止めがかからないフジテレビ。同局のドンである日枝久・フジ・メディア・ホールディングス会長が、社運を賭して推進しているのが「お台場カジノ構想」だ。
>「日枝さんは株主総会で、お台場を国際観光戦略の拠点とした特区として事業化するというカジノ構想の部分をひときわ大きな声で説明していた」(同社株主の1人)
>同社は大手不動産やゼネコンと共同でお台場を「エンターテイメント・リゾート戦略特区」にする計画を政府に申請している。
>安倍首相もカジノ解禁には前向きで、この秋の臨時国会で継続審議中のカジノ法案を成立させる方針だ。日枝氏が期待を膨らませていたのは想像に難くない。ところが、そこに思わぬ難敵が立ちはだかった。舛添要一・東京都知事だ。
>フジは蜜月関係にあった石原都政、それを継いだ猪瀬都政の下でカジノ構想を推進してきたが、舛添氏は記者会見(7月31日)で、「日本の法律では賭博は禁止されている。それが(特区なら)法律学的にできるという論理的な説明をきちんとできているのか。私が見ている限り、国会で十分議論されていない」と、冷や水を浴びせた。
>しかも、カジノ誘致を担当する「大都市行政担当」を知事直轄部局から港湾局へと移管して事実上の「格下げ」をしてしまった。フジが慌てたのはいうまでもない。
>そして日枝氏が駆け込んだのが安倍首相のところだった。この8月下旬、日枝氏は山梨県鳴沢村の別荘で静養していた首相に文字通り日参した。
>8月17日に山中湖畔のホテルで首相夫妻と会食し、19日には首相夫妻や田中一穂・財務省主計局長らとゴルフ。翌20日にも首相や森喜朗・元首相らとのラウンドをスタートしたところ、安倍氏が広島の集中豪雨被害の対応のために急遽、東京に戻ってしまった。76歳の日枝氏はただでさえ猛暑の中の連日のプレーで疲労困憊のところ、さぞやこたえたのではないか。超党派のカジノ議連メンバーが語る。
>「カジノ誘致には沖縄や大阪も名乗りをあげている。これまではお台場有利とみられていたが、東京都が慎重となるとライバルにさらわれかねない、日枝さんも気が気ではないはずだ」
>背景には舛添氏と安倍氏のかねてからの不仲もあると見る関係者も多い。フジの悲願に暗雲が立ちこめている。
>※週刊ポスト2014年9月12日号

舛添都知事は、選挙時は自民・公明の推薦だったが、元々親韓の人で(最近もそういう発言をし物議をかもした)、安部首相とはイデオロギーを異にする。一方で、フジテレビは記事にも有るように石原都政時代からツーカーの仲で、安倍首相の甥が新卒で今年入社した事も亀山社長自ら認めてる。
 さて、そもそもカジノ法案はまだ通ってなくて、だからこそ「通ったアカツキにはウチの地域を…」と皆ロビー活動に必死な訳で。そんな中で足の引っ張り合いも当然有って、この前ネタにしたように大阪は一歩後退だとか、
ラインから外される恐怖 : 酒とワラwの日々
ビートたけしが発言したように、もう東京お台場は既成事実のように思われてたり、
お台場新賭博 : 酒とワラwの日々
でも本記事のように、まだまだ予断を許さんと。まあとにかく法案通過が一番の難事なんだけどさ( ´-`)y-~~~

ライヴ・アット・マウント・フジ・ジャズフェスティバル2002
ライヴ・アット・マウント・フジ・ジャズフェスティバル2002

アーティスト:アル・マッケイ・オールスターズ
販売元:ビデオアーツ ミュージック
発売日:2003-07-23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 27, 2014

森且行「日本一」でSMAPと共演も? http://www.daily.co.jp/gossip/2014/08/27/0007275788.shtml
>2014年8月27日
3784e57a.jpg 「スーパーJOCKEY」以来の番組での共演となったビートたけし(左)と森且行=船橋オートレース場(撮影・三好信也) http://daily.c.yimg.jp/gossip/2014/08/27/Images/07275789.jpg
>お笑いタレントのビートたけし(67)が26日、千葉県船橋市の船橋オートレース場で、BSフジのバラエティー「たけしの等々力ベース」(木曜、後11・00)の収録を行い、元SMAPのオートレーサー・森且行(40)と共演した。SMAP脱退以降は、ほぼテレビ出演がなかった森を再び“引き込んだ”たけしは超異色のツーショットにニンマリ。「やって良かったんじゃない」と森の転身を絶賛していた。
>2人の共演は、森がSMAPのメンバーだった頃に、たけしが司会を務めていたバラエティー番組「スーパーJOCKEY」に出演して以来だという。
>たけしは、超異色のコラボにご機嫌。しっかりと会話をしたのはこの日が初めてだったが、現在トップクラスのS級を維持する森の姿に「好きなことしてここまでくるっていうことは、やって良かったんじゃないかな」と賛辞を送った。アイドル時代も知っているだけに「すごい世界に飛び込んだんだなと思いますね」と感心しきりだった。
>収録では森からオートレースについての手ほどきを受けたが「1つも当たんなかった」と苦笑い。報道陣からの「大きく当てて(一部で報じられた夫人との離婚の慰謝料)100億円を作るのは?」という問いには、「100億なんかねぇよ」とあらためて離婚と巨額の資産を否定。船橋オートレース場が廃止されることには「お台場に新しく作っちゃえばいいんじゃない」と持論を展開した。
>レーサー転向後、初の本格バラエティー出演となった森は、ビッグな共演者に「うれしいです」と笑顔。大のオートバイ好きでもあるたけしとバイク談義にも花が咲き「ぼくより詳しいくらいです」と舌を巻いていた。
>今後もオートレース人気のためなら、テレビに出演する意向だが、SMAPとの共演には「日本一になるまでは考えないようにしてます」ときっぱり。17年前にグループを脱退するときに誓った「お互い日本一になろう」という約束をかたくなに守っていた。

先日のフジ『27時間TV』での手紙を大きく取り上げた日刊スポーツが今回全くの沈黙、この辺はまあ芸能界、外からは伺い知れないいろいろとあるのだろうが、それでもまた紙メディアが森の事を取り上げ、しかも地域によっては朝のワイドショーのスポーツ紙紹介コーナーでも使われたという。隔世の感だな。
 さて、お台場に移転しろというたけし案。カジノが開設されたなら、確かに世界で唯一日本だけのギャンブル種目を併設する事で、相乗効果を生み出せそうだ。カジノ客がカネ入れてくれるから売上も期待出来るし、オートに詳しくないカモ目当てに美味しいオッズを…と既存のオート客にとってもありがたい。お台場なら騒音問題を煩く(!)言う人も居まい、場合によってはミッドナイト開催も可能だろう。って、湾岸地域ならどこでも良さそうだが、やはり交通の便を考えると他に抜きん出てる。
 オートの弱点として、浜松〜山陽の間に全くレース場のない事を挙げる人が非常にしばしば居るが、昭和の公営競技全盛期ですら、大阪の長居に満を持してオープンしたがあまりの売れなさから3ヶ月で潰れ、次いで開業された園田(←競馬場の内馬場にコースを設置した)も売れなくて半年で潰れ、かつてあった甲子園競輪の内馬場に移転してもやはり半年で潰れ…という歴史的経緯を見る限り、関西でやるというのは全くの無理筋だろう。そもそも選手の移動費節減のためにロッカーグラウンド所属地の移籍を促した状況下、船橋近郊ならいざ知らず、何が悲しうて関西に移設せにゃならんのか。
 話モトイ。俺もこのたけし案には賛同する。つか、石原都政時代にこのブログでネタにしてるんだけどさ…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 08, 2014

川崎競輪場でビートたけしが車券購入 http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2014/06/08/0007034239.shtml
>2014年6月8日
7f545b84.jpg 番組収録のため川崎競輪場を訪れたビートたけし(左)と滝沢正光日本競輪学校校長 http://i.daily.jp/horse/2014/06/08/Images/07034240.jpg
>タレントで映画監督のビートたけし(67)が8日、バラエティ番組「たけしの等々力ベース」(BSフジ・毎週木曜日23・00〜24・00)の収録のため、「G3・花月園メモリアルin川崎」を開催している川崎競輪場を訪れた。
>番組の内容は少年のころ欲しかったあんなもの、少年のころやりたかったあんなことをかなえようと「○○に挑戦!」と題して毎回その世界にこだわりを持つゲストを迎え、教えを請いながら、たけしがその道の魅力に浸り、その道を楽しむもの。
>今回のゲストは日本競輪学校の滝沢正光校長(54)。かつてたけしが総合司会を務めた「スーパージョッキー」によく出演した滝沢校長は、番組内で花嫁を募集したところ、ミス日本静岡代表を射止めた経歴があり、その結婚式にたけしが出席した間柄だ。
>「つきあいは古いけど、今回久しぶりに会った。でも相変わらずぼくとつないい人」とたけしの校長評。しかし、肝心な車券購入の件となると「全部ハズれた。3連単ばかり買って、2人は入るんだけど…」と苦笑いしきり。
>それでも「競輪は面白い。残り2周あたりから最後の4コーナー、ゴールまで、迫力がある」と廃止になった後楽園競輪場、花月園競輪場以来の車券購入に、満足そうな表情を浮かべながら川崎競輪場を後にした。
>この番組は8月に放送の予定。

たけしと競輪という事では、監督映画『菊次郎の夏』の舞台の一つとして今は亡き花月園が出て来る。

 菊次郎の夏 [DVD]
 
菊次郎の夏 [DVD]

 出演:ビートたけし
 販売元:バンダイビジュアル
 発売日:2007-10-26

しみじみとした佳作だったが、それで花月園メモリアルに収録日程をわざわざ合わせたのかな。
 花月園競輪廃場後も、残債軽減のために特例で5回だけ開催を認められた(@川崎&小田原)花月園メモリアルだが、それも今回限り。もう5年も経ったのかっつう驚きと、たけし何とか最後に間に合ってくれて良かったなっつうのと。いろいろと、感慨深い( ´-`)y-~~~

ラスト・サマー ページ3
ラスト・サマー ページ 3

アーティスト:ジョージ大塚トリオ
販売元:日本コロムビア
発売日:2012-06-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 25, 2012

たけし分析「芸人の実力が人気に追いつくとブームは終わる」 http://www.news-postseven.com/archives/20120224_90587.html
>2012.02.24 16:00
>太平シローが死んじゃった。まだ55歳だぜ、早すぎるよな。「ツービート」と「太平サブロー・シロー」は、『THE MANZAI』や『オレたちひょうきん族』でも一緒だった。いろんな思い出があるけど、シローちゃんは実力のある芸人だったからね。いい芸持っていたのに、ホントに惜しいよ。
>今回の訃報をきっかけに、サブロー・シローの漫才がテレビでけっこう流れてたけど、やっぱり面白いんだよな。話術も巧みだし、モノマネも笑えるよな。今の流行とは全然違う、懐かしい「味」みたいなものがあってさ。
>まァ、シローちゃんもオイラも、80年代の漫才ブームで世に出てきた人間でね。今も第何次だかわかんねェけど漫才ブームだろ。正直、今の若手のほうがオイラたちの時と比べて技術的にはだいぶ上だと思うんだけど、それが人気や視聴率に比例するかっていうと、そういうワケでもないんだよな。
>それが“ブーム”ってヤツの怖いところでね。技術的にはデタラメでも、芸の衝撃度とか物珍しさがあればブームになって、視聴率も上がるんだよ。だけど、芸人の実力が人気に追いついてきて「いい芸してるね」「技術があるね」なんて批評されはじめた頃には、もうブームは終わりに向かってるってことなんだよな。
>これがエンターテインメントってものの難しいところなんだけど、実は技術的にうまいか下手かというのは人気商売ではあまり問題じゃなくてさ。要は、衝撃的で、新鮮で、もう1回見たいと思えるかどうかってポイントに尽きるんだよ。「うまい漫才」を見たいってんなら、オイラより年上の大御所の漫才師たちが視聴率20%以上バンバン取れなきゃおかしいわけだけど、そうはいかないだろ。
>今のプロレスを見たってそうだよ。力道山が空手チョップで敵役のレスラーを張り倒していた頃には、プロレスの技術は低くても、今とは比べものにならないくらいの国民的な人気があったワケだよ。だけど、最近じゃいろんなプロレス団体が、アクロバットみたいなことをやったり、WWEみたいなドラマ仕立てのショーをやったり工夫してるけど、戦後の頃の客入りにはゼンゼンかなわない。まさに「成熟はブームの終わり」で、すべてのエンターテインメントってのは、技術が上がれば上がるほど食えなくなるという矛盾と戦っていくしかないんだよな。

この『エンターテイメント』には、当然3競オートも含まれる訳で。馬にしろ競輪選手にしろ、いわゆる公営競技最盛期より確実に強くなってる筈だ。而るにブームは?と。これ、考えてみるとなかなか興味深いテーマではある。まあ俺の愚鈍アタマではロクな結論を導けんのだがorz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 04, 2010

シネカノン落日…映画業界は悲鳴「入るのはアニメとテレビドラマ」 http://www.zakzak.co.jp/entertainment/movie_music/news/20100201/mov1002011242003-n1.htm
>2010.02.01
>「フラガール」で国内の映画賞を総ナメにした映画会社「シネカノン」が負債総額47億300万円を抱えて東京地裁に民事再生法を申請した。
>会社名は知らなくても、作品は雄弁だった。蒼井優(24)の出世作で、常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)を舞台に福島県いわき市の街おこしにもなった「フラガール」をはじめ、「のど自慢」、沢尻エリカ(23)の好演が光った「パッチギ!」などが話題に。2001年に韓国映画「シュリ」を配給、韓流ブームに火を点けたのも、シネカノンだった。
>「映画賞を獲った佳作を公開しても客が入らない。入るのはアニメとテレビドラマのような映画」(都内のシネコン支配人)という惨状も首を絞めたようだ。

同社倒産直接の理由は映画館経営と韓国での投資の失敗からだが、そこは略した。それより最後の一文が俺的にはツボで、考えさせられる。そういえば今年の東スポの正月特別版で、ビートたけしが『たけしの恒例 2010年こうなる大予言』と題して、映画界について触れている。

 >今の人は、劇場で映画を見ることと、家庭でDVD見ることとの違いに
  気づいてない。もしくは違いに気づいても、その違いがどうでも
  よくなってるというね。映画はでかいスクリーンで、フィルムで
  陰影がついて、グラデーションがちゃんとあって、サラウンドシステムで
  映画を見るべきだって思うんだけどさ。テレビで見たら、画面に香りが
  ないんだよね。一部の人にとってはそんなのどうでもいいわけ。
  DVDで見て、ストーリーが分かればいいんだよ。
 >確かに時間もないわけだし、レンタルでDVD借りて、自分の部屋で
  見ちゃいけねーって理由はない。食べ物で言うと、ジャンクフードの
  ハンバーガーでおいしいと思って、満足してるようなもんだけどね。
  もうちょっといい店でいいもん食わなきゃって欲望がなくなってる。
  「私はこのハンバーガーでいい」って言われりゃ、そうだねって
  言うしかない。
 >低予算で多作のVシネマ、ビデオ映画って、意外に正しかったのかも
  しれない。作り手の思惑とは別に、見る方はどんな映画もはなから
  Vシネ扱いかもしれないよ。

うーむ。俺なんかTVを14インチから26インチのに買い換えただけで、『水曜どうでしょう』DVDの『ヨーロッパ』の、バックに映るアルプスの山肌の描写が全然違ってて、その情報量の違いに愕然としたものだ。ましてや映画館のスクリーンのあのサイズだったら。大画面故の情報量の多さ、家庭じゃ出せない大音量、音場感でなければ得られない感覚。それは確かにあって、でも3Dじゃないアニメだったらそんな差異はないに等しい。わざわざ映画館行かんでもTSUTAYAでエエわ、ってなるのも頷ける。今日出た日経トレンディの今月号で『超激安テレビの画質は、満足できるか』って特集やってて、「映画以外の番組ではさほど気にならないだろう」って評されてるのは「(実写以外の)映画」って意味だろうが、「想像していたより画質は悪くない」ともあり、て事は充分実用になるんだなと。
 とはいえやはり画質は良いに越した事はない。3〜4年前か、山陽オートのスピード王決定戦の優勝戦、1位入線の松尾(←兄弟どっちか未だに解らない)が内線突破の疑いで審議になり、結果セーフ判定だったのだが、オンデマンドだとアウトにしか見えず、2ちゃんねるのオート板でプチ祭りと化した、のはケータイで知ってた。ところが帰宅しCSのダイジェスト(←この頃はまだやってた)視たら内線ちょっと踏んだかな、ってだけの余裕でセーフ。この一件で、PCの小さなモニターで見る画質の悪いオンデ映像だけで判断しちゃ絶対にいかん、と固く心に誓った次第( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック