ハルウララ

September 21, 2019

ビールは大量にあるが食べ物、お茶がない…ラグビー開幕戦日本vsロシア戦顛末記 ≪ 日刊SPA! https://nikkan-spa.jp/1606507
>2019年09月21日
>遠藤修哉
>記者は東京スタジアム(味の素スタジアム)で行われたこの開幕戦をスタンドで観戦。会場の雰囲気や動線などをリポートしたい。
>開幕戦のキックオフは19:45、その前に開会式のセレモニーが18:30に始まることが決まっていた。サッカーW杯(ブラジル、ロシア)、五輪(リオ)を現地観戦した身としては2時間前にはスタジアムに入ることを“掟”としていたが、いろいろ立て込んでしまって新宿駅を出発したのは18時。
>試合2時間前、開会式5分前にもかかわらず、改札から徒歩10分ほどで入場ゲートまでたどり着いた。拍子抜けするほどのスムーズさ。
IMG_2362s 試合開始1時間前でどこも「SOLD OUT」 https://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2019/09/IMG_2362s.jpg
>しかし、地獄はここから始まった。競技場内で飲食物を調達しようとすると、どの食べ物も「売り切れ」。あまたある飲食ブースにはどこも「SOLD OUT」の文字が無慈悲にも踊っていた。その告知が少ないブースは長蛇の列。「なんで1時間前で食べ物が売り切れてんだよ!」「補充しないのか!」と怒号も飛ぶ始末。「次からは改善します」と係員は謝罪していたが「次はないんだよ!」と強烈なひと言をぶつける人もいた。
>飲み物ブースは別れているのだが、生ビール「1000円」という文字にひるむ。さらにはソフトドリンクが売り切れているブースもあった。
IMG_2382s 食べ物を販売している数少ないブースは長蛇の列。手際もさほど良くなく苛立ちが高まる https://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2019/09/IMG_2382s.jpg
>「持ち込み禁止にしておいてそりゃぁないよ……」。飲まず食わずで駆けつけた記者は呆然とした。

初めての試みであったとはいえ、それで全て斟酌してもらえるというのは甘えだし、何よりそんな物分かりの良い人ばかりではない、というのが現実だ。そして食い物の恨みは恐ろしい。他全てが良くても、供食がお粗末だっただけで全体評価直滑降する事だって決して珍しくない。で今回、正にその罠にハマってしまったと。
 3競オートに於いてもそういう事例はあった。ハルウララフィーヴァーに湧いた高知競馬や、パドックを見たら馬券が買えないほどの混雑だった名古屋JBCなど。でもこれらは持ち込み禁止なんてケチ臭い事は言わないし再入場も出来る。まだ救いがある。対して諸外国から観に来た人も居たW杯でこのテイタラクは酷いとしか言いようがない。何がおもてなしの国だっての( ´,_ゝ`)
Hungry People
Rabih Abou-Khalil
World Village USA
2012-11-13



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 17, 2018

平成ヒトケタはほぼ昭和〜平成のどうでもいいこと年表プロジェクト : デイリーポータルZ (林雄司) (2018.12.16 11:00) https://dailyportalz.jp/kiji/heiseinenpyo-3

これ、前回の時もネタにしたが
Hey!Say! : 酒とワラwの日々
改めて見るとクるものがある。そして、

 >平成8年6月:smapが5人となる (かず)
 >平成15年12月:高知競馬のハルウララ、100連敗 (ゆうちゃん)

PAK88_iroenpintuyoko_TP_V
この二つは、おそらくはギャンブルにあまり入れ込んでないであろう投稿者や編者であっても知っていた、それほどのビッグニュースだという事に他ならない。…いろいろと感慨深い(´-`).。oO
アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1+1
エリック・ドルフィー
ユニバーサル ミュージック
2016-08-24



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 25, 2018

4
女性「なんの才能もないけど五輪出たいなぁ」→せやルールの穴付いてて出たろ!!! : ガハろぐNews http://gahalog.2chblog.jp/archives/52432531.html

IOCも想定外の事態だろうが、合法である以上どうにもならない。っつうか建前上だけでも「参加する事に意義がある」って謳ってるんだから、それを最も体現しているとも言えるこのシュワネイさんを排除など出来る筈もない。クロスカントリーの最下位の選手が健闘を称えられたのと違って、誰にも祝福されなかったけども、

クロスカントリー最下位でゴールした選手が話題に。ライバルたちにも祝福された理由とは。 https://www.buzzfeed.com/jp/tanyachen/heartwarming-mexican-cross-country-skier-finish-2

でも、

 >なおシュワネイ選手が愛用していたスキー用具ブランドのArmadaは
  「こういった形で注目を受けたが当社としては関わりを持ちたくない」と
  声明を発表。
 >「もう自社ブランドは使って欲しくない」として、彼女に多額の
  金銭を支払ったことも伝えられている

用具メーカーから手切れ金まで頂けるとあっちゃ、やっぱり大勝利というべきだろう。今や懐かしの高知競馬の黒歴史、ハルウララが話題になってた頃、生産者が「嬉しくも何ともない」と憮然としてたのを彷彿させるなと(´-`).。oO
ハーフ・ザ・パーフェクト・ワールド+2
マデリン・ペルー
ユニバーサルミュージック
2016-11-23



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 22, 2016

 休み明けの会社の話題なんて大体どこでも一緒だろう、即仕事モードか、休み中の事を語り合うか。後者はサッカー観に行ったとか映画どうだったこんなデカいの釣れたetc.で、ウチの社はバクチ好きばっかだから獲った獲られたの話となるがさすがに今日は船橋オートの話題に、つっても社でオートやるのは俺一人なんで質問攻め。

 「ニュース視たけど怒号飛んでたじゃん森田健作」
 「何で自分が罵声浴びてるかあれ多分解ってないですよ」
 「マジで?」
 「昔ハルウララって馬いたでしょ、あれ絡みの胡散臭い話持ち掛けられて、すかさず飛び付いたんですよ。事情知ってすぐ撤回したけど、そんなだから元々公営競技に関心も興味もないんですよ。だから船橋も、よく言えば部下を信頼して任せてて『まあ君達が言うならそうなんだろ』って判子捺しちゃったんでしょうね」
 「あー」
 「まあ、だから許されるってもんでもないんですけどね、不勉強である事に変わりはないんだし」
 「にしても潰れちゃっちゃあねえ」
 「いや『潰れた』んじゃなくて、赤字出してないんだから『潰された』っつうか『潰した』んですよ。選手会の永井は『赤字だから潰すっていうならまだ解るけど』って一定の理解示した上で『黒字だし、一方的に潰すっつっといて潰す理由何も説明しない』って。だからみんな怒って、客も罵声浴びせる」
 「黒字なのに潰すの?」
 「最近だと一宮競輪、あと昔の西宮と甲子園競輪が『今は黒だけど先がない』ってヤメちゃってますね」
 「船橋もそのパターンなんだ」
 「一昨年の8月に施行者の会合で『ヤメます』って」
 「止めなかったの?」
 「誰が?」
 「いや、監督省庁が」
 「15年ぐらい前かな、豊橋競輪が赤字だからヤメるって言い出して。門司が潰れて、さっき言った西宮と甲子園がヤメて…っていうタイミングだったから『このままだとドミノ倒しになるぞ』って日自振が危機感持っていろいろ優遇策出して持ち直したんだけど、他の自治体が『ウチらも苦しいけど必死に努力してるのに、正直者がバカ見ただけじゃねえか、豊橋ゴネ得じゃん』って当然なるじゃないですか、それで所轄が特定の自治体を優遇するのはご法度みたくなっちゃって」
 「競輪とオート別じゃん」
 「今JKAで一緒ですから」
 「あー。でも、ヤメる理由ないじゃん」
 「船橋オートの施設はよみうりランドの所有だけど土地は三井不動産の持ち物なんですよ。それで、仮に三井が『開発したいんだけど』とかでランドと立ち退き料で合意しちゃってたら、自治体側がオートやりたいつってももうどうしようもない」
 「それが理由なの?」
 「いや、その辺の情報が全然入って来なくて。選手会が自治体に抗議しても『もう決まった事だから』って取り付くシマもなくて、かなり強い調子だったらしいから、自治体サイドも廃止したいって意志が強かったみたいだし。だから誰が廃止の言い出しっぺだったのかは、外野にはもう全然」
 「んー」

まあ、けったくそ悪いけど終わっちゃったのよね。残念ながら。腹立たしいけども。けったくそ悪いけども(´・ω・`)

【追記】
この永井!
c720c6b8bfe8d94eee975fd96ad10570http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2016/03/c720c6b8bfe8d94eee975fd96ad10570.jpg
そらそうなるわな( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 10, 2014

http://race.sanspo.com/keiba/news/20140707/ove14070723540003-n1.html>「神の馬」ラムタラが死亡 22歳 http://race.sanspo.com/keiba/news/20140707/ove14070723540003-n1.html
>2014.7.7 23:54
>1995年の英国ダービーを、デビュー2戦目で制する快挙を演じ、“神の馬”と称されたラムタラが死んだことがわかった。ドバイの競走馬管理グループであるゴドルフィンのホームページで発表されている。22歳だった。
>2歳夏にデビュー勝ちした後、10カ月ぶりの実戦となった英ダービーを6番人気で優勝。キャリア1戦での英国ダービー制覇は史上3頭目、3歳初戦として制したのは史上初という快挙だった。続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドSも快勝。そして凱旋門賞でも並み居る実績馬を打ち破り、4戦無敗のまま引退した。
>デビュー時に管理していたアレックス・スコット調教師が、厩舎スタッフに銃殺されるショッキングなできごとがあり、サイード・ビン・スルール調教師のもとに転厩。その後にも肺の病気で命の危機に瀕するなど、レース以外でも話題性の多い馬だった。
>引退後は、英国で過ごした1年目の種付けシーズン終盤に、3000万ドルという破格の値段で日本の生産者団体が購買。社台グループが所有するサンデーサイレンスが猛威を振るう国内にあって、対抗する大物導入として大きな話題を集めた。
>しかし、種牡馬としての活躍は期待はずれといえるもので、中央の平地重賞を勝ったのはメイショウラムセス(富士S)だけ。母の父としてはヒルノダムール(天皇賞・春)を送り出しているものの、06年に輸入時の100分の1以下となる、わずか24万ドルで英国に買い戻され、余生を過ごしていた。
>2戦目以降、ラムタラを管理したスルール調教師は「非常に悲しい。彼は本当のチャンピオンで、私が管理した馬の中でも最高といえる一頭でした。彼のダービー、キングジョージ、凱旋門賞での勝利は特別なもので、後世まで傑出した存在として記憶されることでしょう」とその死を惜しむコメントを発表している。

運命に振り回された競走馬は、種牡馬となってからは人の運命を振り回しまくったという点でも『神の馬』だった。
 終わってからなら「ラムタラ(の血統)が走る仔出す訳ないやろw 」と言えるが、社台への、サンデーサイレンスへの対抗馬が早急に求められてる時だった事を思えば誰が責められようか。オンタイムでも、血統評論家は半信半疑な見解だった(表立った批判はしない業界である事を思えば精一杯の辛口評価ではあるのだが)。そもそも、そのサンデーだって、競走で見せたパフォーマンスや血統の評価は高かったが、前脚の外向も産駒に遺伝するんじゃないか?っつう疑念が拭えなかったからこそアメリカは手放したのだし。さらにはその最高傑作であるディープインパクトは、今は亡き内外タイムス紙上の鼎談でで、清水成駿や長谷川仁志や井崎脩五郎らが口を揃えて「本質的にはステイヤーだから種牡馬として成功するかは判らない」と懐疑的だった。つか、血統だけで全てが決まるなら、全兄弟の産駒の違いをどう説明するのか。名馬や名牝の繁殖成績大失敗なんつう例は枚挙にイトマがない。まことに血統というのは奥深く、難しい。
 それでも血統の知識を得る事は決して無駄ではなく、実際、馬券戦術としての有効性は確実にある。中途半端な知識しかないくせに語るとイタい半可通扱いされるが、裏返せば、それだけ真面目に血統の勉強をしてる人が居るという事だ。いつだったか、特に名を秘すが、競輪や競馬に於いて狂信的な書き込みを繰り返し嘲笑されている有名ブロガー(←『2ちゃんねる』にも個スレが立ってる)が「ハルウララは名馬ニッポーテイオーの仔だから繁殖として価値がある」って書いてたのには屁が出るほど笑わせてもらったっけ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

イン・ハーレム
イン・ハーレム

アーティスト:ポール・ブレイ
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:1999-05-26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 06, 2014

新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く 「出世の見込みがない中年力士は早く引退を」 朝日新聞スポーツ記者の言い分に、首をひねる http://diamond.jp/articles/-/51152
>【第67回】 2014年4月5日
>降旗 学 [ノンフィクションライター]
>たいへん長い前フリになってしまったが、朝日新聞の記事だ。角界のお話である。
>記事をお書きになったのは、抜井規泰さんという記者さんだ。いま、角界には三人の四〇代力士がいるとのことだ。序二段が二人、三段目がひとりだ。三人のうち二人は幕下にあがったこともないという。
>実をいうと私は相撲のことがよくわからず、序二段とか三段目と言われても何のことかさっぱりわからなかった……、ので、ちょっと調べてみたら、相撲の番付は、強い順に、幕内・十両・幕下・三段目・序二段・序の口とランク付けされるらしい。
>そして、幕内には、横綱と大関と関脇がいて、小結、前頭筆頭、前頭二枚目、三枚目と続き、十両以下は、筆頭、二枚目、三枚目と続く。なるほど。
>この記者さんが書くには、幕下以下は無給で、二ヵ月に一度“本場所手当”という小遣いが支給されるとのことだ。額面は、幕下で一五万円。これだと、序二段三段目の力士は年に九〇万円しか収入がないことになるが、角界では力士ひとりあたり一五万円余が各部屋に支給されているから、序二段でも年収は二七〇万円にはなる。
>四〇代でこの年収はちょっと淋しいが、抜井記者は、一定年齢までに所定の地位に昇進できなかった力士は“強制引退”とすべく、定款に盛り込むべきだ、と書く。
>さらに、強制引退で力士が減り、部屋の経営が苦しくなるぶんは、一人当たりの補助を増やせばいい、とも書いている。
>おいおいおい、なのである。
>『好きで続けている高齢力士もいるかもしれない。だが、出世の見込みがない中年力士が土俵を務める姿は痛々しい。第二の人生に送り出してやることも、協会と師匠の器量ではないか』
>だそうだ。やっぱりおいおいおい、である。
>ってことは、新聞社は、中年にもなってつまんねえ記事を書く記者をとっとと退職させろ、ということなのだろうか。第二の人生に送り出すことも、ジャーナリストの器量なのだ、と。そんなことしますか、朝日新聞は。せいぜいが異動でしょうが。
>というのは措いといて、この記者さんは何が不満なのだろう。
>今年のソチ五輪では、今年四二歳になる葛西紀明選手が大活躍し、レジェンドと謳われた。もちろん、葛西選手は毎年のように好成績を残していたが、同年代のジャンパーが次々と引退してゆくなか、まだ飛び続けると明言した。
>私たちは、その挑戦に心を揺さぶられる。
>プロ野球界では、今年四九歳になる山本昌投手がまだ現役だ。あぶさんなんて還暦まで現役だった。クルム伊達公子さんは今年四四歳、キングカズこと三浦知良選手は四七歳だ。
>彼らと序二段を同列に語ることに無理があることは承知しているが、プロスポーツの世界に生きる人たちが引退を決めるのは、自分でではないだろうか。私は常々思うのだが、プロになった時点で、彼らは私たちとは次元が違うのだ。
>一九九八年、横浜ベイスターズ(当時)が三八年ぶりに優勝した年、権藤博監督に取材する機会を得た。私が、監督はバントのサインを出しませんね、と訊くと、監督は、あん?きみな――、と言って続けた。
>「プロのユニフォームを着た時点で、あいつらは野球の天才なんだよ。わかるか、ここ(グラウンド)にいるのは全部天才だ。天才にバントしろなんて言えるか」
>監督の言葉が、いまも強く残っている。
>だから、四十路を越え、勝てないまでも、あの土俵で戦う力士は、やはり相撲の天才なのだろうと思う。むしろ、この記事で初めて知ったが、下っ端の中年力士がいるのなら、なんだか応援したいとさえ思う。
>若い力士が自分を追い抜き、どんどん出世していく姿を横目に、序の口三段目で土俵に上がるのは、おそらく、屈辱のはずだ。だって周りは新人ばかりなんだもの。
>惨めとわかっていて、それでも相撲を続ける、土俵に居続ける精神は、天晴れではないか。そんな姿にこそ、私は感動する。拍手を送りたい。
>だが、残念ながら、抜井規泰記者には、そうは映らないらしい。
>『出世の見込みのない中年力士が土俵を務める姿は痛々しい』
>と書く。そうだろうか。
>出世の見込みのないビジネスマンなんて、きっとざらにいる。私だってそうかもしれない。でも、頑張ってるよね。
>この記事に、私はがっくりときて、首をひねった。
>スポーツ部のデスクは、よくこんな原稿を通したものだとも思った。人権派新聞のくせに、何でこんな偉そうなことを言えるのだろうとも。それよりも、疑惑の政治家こそすぐに引退を、って書くべきじゃないか。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 27, 2009

下げ止まり!?史上最弱力士に珍しこ名 http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/07/25/0002160132.shtml
>午前10時40分、閑散とした館内に歓声がわき起こった。約20人の報道陣が見つめる先には「負け越し続けている力士」がいた。03年名古屋で初めて番付に名前が載って6年。森川は36場所もの間、負け越し続けてきた。序ノ口以上の連続負け越しでは史上1位のワースト記録保持者だ。
>無数のフラッシュの中での立ち合い。右四つから前に出て土俵際まで追い詰めた。夢にまで見た勝ち越しか-。次の瞬間、左上手投げを放たれると体が浮き上がった。そのまま倒されて4敗目。連続負け越し記録は37場所に伸びてしまった。
>肩を落として引き揚げた森川は「迷ってしまった。すいません…」と申し訳なさそうにつぶやいた。師匠の大嶽親方も「うーん。残念だねえ」と顔をしかめるばかり。「ゲン担ぎのために改名するのか?」と問われた親方に名案が浮かんだ。
>「じゃあ、ハルウララにかけて『森うらら』とでもつけようか」
>冗談めかした口調ながらも、実現性はある。今場所、珍改名で注目を浴びる「右肩上り」も大嶽親方の発案だからだ。ハルウララは03年から04年にかけて勝てないことで人気を集めた高知競馬の競走馬で、114連敗で引退。実現すれば森川が“角界のハルウララ”と呼ばれるのは間違いない。
>さらに、親方は「『右肩上り』にかけて『下げ止まり』とかもあるか」と続けた。ここまで負け越したら、わらをもすがる思いで「下げ止まり」にもあやかりたいところ。どちらにしても、珍名第2弾にふさわしいしこ名。今年に入って3勝4敗が3回目の森川に、壁を破るきっかけにしてほしいという願いが込められている。
>序ノ口力士は皆勤すれば番付外に落ちることはなく、ほかの新弟子が多く入れば負け越しても番付が上がることがある。勝ち越し未経験でも、最高位が西序二段132枚目なのはそのためだ。右肩上りのように頑張りたいか、との質問に森川は「はい。はい…」と消え入りそうな声で答えた。改名が実現するかは未知数だが、来場所は勝ち越して名を上げてみせる。

デビューから丸6年って勝ち越し無し、って競輪やオートじゃ有り得ない、とっくに登録消除(=クビ)でオサラバだよな。

 >序ノ口力士は皆勤すれば番付外に落ちることはなく、ほかの新弟子が
  多く入れば負け越しても番付が上がることがある

(´・∀・`)ヘー 確かにこの森川クン、調べてみたら負けっ放しとかじゃなく3勝4敗とかが多く、強くはないにしても相撲の才能が無いって訳じゃないんだよな。奇しくも昨日、かの三浦皇成より競馬学校では評価の高かった大江原圭が、騎手学校創立史上4番目に『遅い』初勝利を挙げている。

大江原圭、やっとやっと初勝利 長かった…1年4か月:競馬:スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20090727-OHT1T00057.htm
>昨年3月にデビューした大江原圭騎手(19)=美浦・フリー=は、26日の新潟競馬4Rの障害未勝利戦でキングアーサーに騎乗して1着となり、通算121戦目で待望のJRA初勝利を挙げた。競馬学校卒業生としては、4番目に遅い「1勝目」に、感激もひとしお。苦労を重ねて壁を乗り越えた若者の、今後の飛躍が期待される。
>大江原圭とキングアーサーは、直線の最終障害を先頭でクリア。あとは、夢にまで見た1着のゴールに飛び込むだけだ。200メートル近く続いたユウタージャックとのマッチレース。懸命に手綱をしごき、首差で待望の初勝利を手に入れた。
>昨年3月1日にデビューしてから、1年4か月と26日。1勝までに要した年月は、競馬学校出身者では4番目に長い記録だ。「今は、すごく気持ちがいい。馬の力(平地4勝)が違うと思ったが、最後は『残ってくれ』と願った。ゴールの瞬間は、とてもうれしかった。これまでは(なかなか勝てず)苦しかったが、やっと1勝できた。(同期の)伊藤(工)君に勝てるように頑張りたい」と喜びを爆発させた。
>(2009年7月27日06時01分 スポーツ報知)

森川クンも腐らず、もうちょっと頑張れ…にしても森ウララじゃ却って勝てんくなるやろ、第一ゲンが悪いわ…いや、でもこれ、ハルウララ騒動の裏側のドロドロとした醜い部分は広く一般には知られぬままフェードアウトしたって事の裏返しだわな、この発言は( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック