トトカルチョ

July 10, 2021

20年前から常態化、大阪市水道局の競馬賭博問題 幹部らが謝罪 https://www.sankei.com/article/20210709-2SAXZNGSQJLGPCEFDM6SG7RGIY/
>2021/7/9 21:03
>大阪市水道局の複数の職員らが競馬に関連する賭博行為をしていたとされる問題で、繰り返し賭博をしたとして、大阪府警捜査4課と西成署は9日、常習賭博容疑で大阪市水道局の職員ら男8人を書類送検した。「市民の信頼を著しく損ねたことについて、おわび申し上げる」。記者会見で深々と頭を下げた水道局幹部らからは、賭博行為は約20年前から常態化し、動いた金額面でも遊びの範囲を超えるものだったことも明かされた。
>府警によると、水道局職員らは実在する競走馬の仮想の馬主になり、その競走馬がレースで獲得した賞金に応じてポイントを得る「ペーパーオーナーゲーム」(POG)を行っていた。
>書類送検容疑は、令和元年6月から2年12月までの間に開催された日本中央競馬会(JRA)のレースを利用してPOGを開催し、繰り返し賭博をしたとしている。
>府警や市によると、8人のうち水道局の5人は柴島(くにじま)浄水場(同市東淀川区)などに勤める47〜58歳で、ほか3人は知人の会社員。所有馬が出走するレースを賭博の対象とし、この期間中に約190回行っていた。
>掛け金はレースの格付けに応じて500〜1万円に設定し、1着になると他の参加者が支払った掛け金を受け取る仕組み。この期間中に受け取った最高額は約8万3千円だったという。
>競馬賭博は庭窪(にわくぼ)浄水場の勤務経験者を中心に今年5月まで続き、最多で計約70万円を得た参加者がいたことも市の調査で判明。勤務中の金銭のやり取りはなかったとしたが、職場のパソコンで収支の記録を更新していた形跡があったという。

今のトコに転職して3年半経つ。つまりそれだけ前の社の事をネタにしてない訳だが、まあバクチ好きばかりのロクデナシ揃い、高校野球や大相撲は言うに及ばず、果てはマラソンなんかでもトトカルチョやってたほどだ。ただ、POGは、やってるグループはあったのだが、俺は1回参加しただけで手を引いた。大ヤケドしたのもあるが、何よりビビったからだ。
 カネのやり取りが発生するのは本賞金が加算される時(=1着と、重賞は2着も)だけというルール、レートは実賞金の100万分の1で、それでも1着1億円だったら1万×人数分(当時は25人ぐらいだった)だから良いボーナスだ。それだけの人数で1人5頭持ち、年間通してやるので動く額もデカい。刑法賭博罪には「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまる時は、日常的娯楽の範囲内であり処罰するほどの違法性はない=賭博罪は成立しない」という但し書きがあるが、普通に考えてアウトな金額だし、賞金の管理にパソコンも使ってるほどの規模だったし、
3
ましてゴルフコンペやビンゴ大会で高額景品で怒られるのと違って「一時」じゃない、だから押さえられたら言い逃れようがない。もう時効だからネタに出来るが、毟るだけ毟られた上に手が後ろに回るんじゃたまったもんじゃないし。
 さてこの水道局員達。煩雑な計算避けたいから競走格付で一律にするのは上手いやり方。8人っていうのも手頃な人数。でもPOGは見付かったらどの道アウトなのよね('A`)
おいしい水(SHM-CD)
アストラッド・ジルベルト
Universal Music
2016-06-29



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 02, 2015

野球賭博のハンデ 弱者に張っても勝てると思える絶妙な設定 http://www.news-postseven.com/archives/20150401_313025.html
>2015.04.01 07:01
>まぶしいライトに輝くグラウンドの陰で、今も裏社会に存在する野球賭博。『週刊ポスト』編集部が入手したリストには、詳細な戦力分析と試合に関係する「数字」が書かれていた。禁断のデータは、今期のペナントレースをどう予測しているのか。
>リストを見ると、今年の開幕3連戦(3月27日〜29日)の各カードに、矢印とともに「1.8」「0.2」などの数字が振られている。野球賭博の現場をよく知るというX氏が解説する。
>「この数字こそが、野球賭博で最も重要となる『ハンデ』です。例えば巨人−横浜なら、大半の人は巨人が勝つと思うでしょうし、実際そうなることが多いから、胴元が実力差のあるカードの度に損をしてしまう。それを防ぐために片方に賭けが集中しないようにする仕組みです」
>当然ながら弱いと見られる側にハンデが加点される。
>例えばAチームからBチームに1.2のハンデが出たとする(A 1.2→B)。このハンデの数字と、試合の得点差によって動く金額が決まる。
>点差からハンデを引いた結果、1点以上の差がついていれば文句なく勝ちとなるが、1点未満になった場合は、その小数点以下の数字に従って配当金が割り引きして支払われる。
>客がA勝利に10万円を張った場合で考えてみよう。Aが3点差で勝った場合、3-1.2=1.8となり、1点以上の差がつくので客は10万円の丸勝ちになる。Aが2点差で勝った場合は、2-1.2で0.8の勝ち。Aに張った客の勝ちになるが、儲けは賭け金の80%の8万円に減額される。
>同じ理屈で、Aが1点差の勝利なら、1-1.2でマイナス0.2。客は負けになるが、負け金額は20%の2万円で済む。試合が引き分け、または負けなら、全額の10万円を取られてしまうことになる。

 >(※勝った客はテラ銭=手数料として勝ちの1割、10万円の丸勝ちの場合は1万円が引かれる。つまり3点差以上勝利の場合でも、客の儲けは9万円になる)

>ハンデが小数点以下を持つ数字になっているのは、張り客と胴元が引き分けにならないようにする工夫だ。高校野球では3点、4点というハンデが設定されることもあるが、プロ野球では細かく0.1点単位で出され、2点以下になることが多い。
>X氏によれば「“このハンデなら弱いチームに張っても勝てる”と思わせる絶妙な数字を設定するのがポイント」という。これを決めるのが「ハンデ師」と呼ばれる人物である。
>「ハンデ師は毎試合ごと、先発投手が発表された時点で、戦力比較や相性などを考慮して新たなハンデを切っていく。叩き台となる数字は、複数のベテランハンデ師が張り客となってシミュレーションする。10人のハンデ師がいたとして、試合予想が5対5になるハンデを作る」(X氏)
>※週刊ポスト2015年4月10日号


大昔だが、身内のトトカルチョで、勝者総取りや的中者山分け式でない、誰かが「親」になってオッズ切るブックメーカー方式を一度やらないかっつう話になり、試しに一回俺がやってみたのだが、まあ怖いの何の。何せ賭け手にバッカンバッカン当てられたらこっちは丸損、毟られ放題だ。しかも、そういう結果になるだろうと思われる主観的確率とオッズを組み合わせた期待値が100%から掛け離れてない(=持ち出しも充分有り得る)よう設定しても、それでも「安い」「ビビってる」とボロクソ言われるのだ。

 >「“このハンデなら弱いチームに張っても勝てる”と思わせる
  絶妙な数字を設定するのがポイント」

いや、これ本当、相当なレヴェルだよなと。
 凱旋門賞とかで発表っつうかベットを募ってるオッズ見ると、かなり100%に近いところまで踏み込んでる(超えてしまうと、全通り買いをする手合いが現れる)。しかしそれでも、彼の国のブックメーカーが倒産だの破産だのといった話は寡聞にして知らない。いや本当、プロって凄いよな。感動だわさ( ´-`)y-~~~

アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード
アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード

アーティスト:ザ・グレイト・ジャズ・トリオ
販売元:ユニバーサル
発売日:2015-02-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 18, 2014

アギーレ監督らの八百長疑惑にスペイン人記者「有罪確定は難しいのでは…」 http://www.sanspo.com/soccer/news/20141217/jpn14121712500010-n1.html
>2014.12.17 12:50
bd402fe0.jpg アギーレ監督らの八百長疑惑にスペイン人記者「有罪確定は難しいのでは…」 http://www.sanspo.com/soccer/images/20141217/jpn14121712500010-p1.jpg
>アギーレ監督がリーガ・エスパニョーラで率いていた当時のサラゴサが、1部リーグ残留のために相手チームにカネを渡して勝敗を左右したとされる八百長疑惑で、スペイン検察は告発に動いた。今月末には合宿を開始し、年明けにはアジアカップに臨む日本代表に突然降りかかった、大きな問題だ。
>告発が受理されれば、アギーレ監督の進退問題に直結しかねない。現状は進捗状況を見詰めるばかりだが、スペインではどう受け止められているのだろうか。
>『GOAL』スペイン版副編集長は、こう話をスタートさせた。
>「この話を始めるにあたり、悲しい現実がある。八百長は毎シーズン、最終節には疑惑が浮上するものなんだ。ただし、決して証明はされないけれど」
>「残留を争うチームと何も懸かっていないチームとの間で多くの八百長があることを、一般のファンやメディアはほとんど疑ってはいない。受け入れられてはいないが、ファンやメディア、当局からは『寛容されてきた』という状況なんだ。フットボールの『文化の一部』ということだね」
>では、アギーレ監督はどのように扱われているのだろうか。
>「個々を見ると、より焦点を当てられているのは関わったとされた選手たちだ。中でも現Aマドリードのキャプテンであり、当時のサラゴサでも主将を務めていたガビが注目されている。本人は、当時の会長に振り込まれた金は返したと話している」
>「ハビエル・アギーレの名前も、いくつかの報道の中で言及されている。だが、現在はリーガにはいないため、この経緯が彼と日本での仕事にどんな影響を及ぼし得るかについては、あまり注意が払われてはいない」
>今後の見通しについては、こう語った。
>「この件で私が知る限り、少なくとも全員が否定し続ける限りは、選手たちが有罪になるとは考えにくいと思う」
>「レバンテの選手たちの明らかな“無気力プレー”の映像の証拠がない限り、検察が勝訴するのはとても難しいのではないだろうか」
>“寛容”な国で話はうやむやに終わるのか、その時、日本サッカー協会はどう反応するのか。サッカーやスポーツ、さらには「文化」に関わることでもあり、一筋縄では行かない問題である。(Goal.com)

なーんだ。「千秋楽に7勝7敗の力士の勝率が異常に高いのはなぜか」「カド番力士が不思議なぐらい陥落しないのはなぜか」ってのと全く同じ図式なのか。
 この試合の勝敗も賭けの対象にはなってる(「トトカルチョ」とはサッカーくじの意味だ)からこの八百長には『被害者』が居て、だから検察だ告発だといった話になるけど、本来バクチ打ちたる者は勝負気配まで見越して賭けるべきものだ。だから「この八百長のお蔭で損した!」っていうのは「私はバクチ打ちとしてセンス無いです」って宣言したのに等しい訳で。それって、ちょっとねえ。
 アギーレの監督としての能力とか手腕という点からお引き取り願う…って論調は今のところどこの社もなくて、ならそんな目クジラ立てなくても良いんじゃないか('A`)?

スペイン
スペイン

アーティスト:ミシェル・カミロ&トマティート
販売元:ユニバーサル ミュージック
発売日:2000-06-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 07, 2012

オバマ米大統領再選 ロムニー氏振り切るも「次の4年」に課題は山積 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20121107/frn1211071826007-n1.htm
>2012.11.07
d955ebf6.jpg 接戦の末、再選を決めた民主党のオバマ米大統領。2期目は景気回復と雇用環境改善に取り組むが前途多難だ(AP) http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/photos/20121107/frn1211071826007-p1.htm
>米大統領選は6日投開票され、主要メディアは民主党現職のバラク・オバマ大統領(51)が共和党のミット・ロムニー候補(65)を振り切り、再選を確実にしたと報じた。景気と雇用が最大の争点となった選挙で、富裕層増税や福祉充実など「公平な社会」実現を訴えたオバマ氏が信任を得た。
>米主要メディアが日本時間7日午後1時15分すぎから、相次いで「オバマ再選確実」を報じると、シカゴのオバマ陣営に集まった支持者からは一斉に大歓声が上がった。
>オバマ氏は中西部のオハイオ州をはじめ、アイオワ、ニューハンプシャー、ウィスコンシンなどの激戦州を次々と制したほか、大票田のカリフォルニア州でも圧勝し、ロムニー氏を早々に突き放した。
>大統領選は全米での得票総数ではなく、各州などに割り振られた「大統領選挙人」(計538人)の獲得を争い、総数が過半数の270に達すれば当選する仕組み。CNNによると、午後1時50分時点の獲得選挙人数はオバマ氏が281、ロムニー氏が201。(共同)

アメリカ大統領選の選挙人制度を疑問に思う同僚が居たが、要はクイズ番組で「次はオハイオ州、18ポイントの問題です」みたいなものだと思えと説明。しかしここから「(故・児玉清の物真似をする博多華丸の口調で)白が青に変わる。民主党俄然有利になりましたがまだまだ共和党にもチャンスは有る、慎重かつ冷静に参りましょう大事なだーいじなアタックチャーンス!」「ちょw アタックチャンスて」「一ヶ所チャラになるのかw 」「ならゴールデンハンマーの方が」「懐かしいw 」「全部勝っても最後坊主引いてオジャンw 」昭和のクイズ番組知らないと何のこっちゃな会話だが、まあロクな会社じゃない( ´,_ゝ`)
 単純に総得票数で決めるのが一番公平である事は間違いない、実際このルールだと総得票数で勝ってても負けとなってしまう可能性も有る。とはいえ今のアメリカの様な二大政党制の場合はこういうゲーム性というかギミックが有った方が盛り上がる、ひいては政治への感心度や投票率も高まるだろう、一概に否定は出来ない。つか、制度は事前に公表されてるのだからそれ前提で戦略練ってる筈で、今さら「理不尽なルールのせいで負けた」とはロムニーも言えないし、言わないだろう。
 それでまたウチの社だが、とっくに時効が成立してる大昔にプロ野球日本シリーズでトトカルチョをやってた事が有る。単純にどっちが勝つかじゃ激安配当だし、決着が付くまでの最大七連単(全70通り)じゃ難易度が高過ぎる。次に出たのは「4勝●敗でどっちか(←その年は巨人×西武だった)の勝ち」案だが、0〜3敗に4点賭けする奴が出て来そうだし少人数が小銭で遊ぶのだから勝者総取りか同点半分が望ましい。っつう訳で生み出されたのが得失点差ルール。勝ちチームとその負け数を当てた人の中で得失点差まで当てたor最も近い人が総取り。「じゃこれマイナスも有るんですね、4勝1敗でも勝ち試合全部1点差で負け試合が10対0だったり」「あそうか」総得点の大小より試合の勝ち数が優先する、正にアメリカ大統領選ルールだ(・∀・)!

アウト・オブ・ザ・ブルー
アウト・オブ・ザ・ブルー

アーティスト:ソニー・レッド
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009-09-16
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック