テイエムプリキュア

December 12, 2009

テイエムプリキュア、有馬記念へ参戦決定! - SANSPO.COM(サンスポ)http://www.sanspo.com/keiba/news/091212/kba0912120502001-n1.htm
>2009.12.12 05:01
>エリザベス女王杯2着のテイエムプリキュア(栗・五十嵐、牝6)が11日、有馬記念(27日、中山、GI、芝2500メートル)への参戦を決めた。当初は来週の愛知杯(GIII)に出走する予定だったが、10日に発表されたファン投票最終結果で1万8815票(23位)を集めたため、関係者が協議した結果、グランプリ出走に踏み切ることになった。

阪神大賞典→天皇賞(春)&京都大賞典、というかつて王道と言われたローテーションを歩んだ馬は今年、意外にもプリキュア(牝馬!)1頭だけ。いかにホースマン達の旧八大競走への意識が薄れて来たか、っつう証左だ。

JCダートステップに11月「みやこS」新設 - SANSPO.COM(サンスポ)http://www.sanspo.com/keiba/news/091119/kba0911190419000-n1.htm
>2009.11.19 05:04
>18日、東京のJRA六本木事務所で経営委員会が開かれ、2010(平成22)年度の事業計画および収支予算が原案通り承認された。
>★重賞の本賞金減額
>中山グランドJ、中山大障害のJ・GIの1着分が8000万円から7500万円に500万円減額。平地では1600メートル以下のGIIや牝馬限定、ダート重賞が減額となる。主なレースではマイラーズC、セントウルSの1着分が6000万円から5800万円と、200万円減額となっている。
来年G2以下の賞金ダウン 格差明確、2歳G1はアップ http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/race/news/CK2009111302000116.html
>2009年11月13日 紙面から
>一方、クラシックに直結する2歳のG1は増額される。朝日杯FSの1着本賞金は6300万円から7000万円に、阪神JFは6000万円から6500万円にアップ。
>除外馬が多いダート競馬の距離増し手当や、他の各種手当ても削減。

売上減→賞金総額減となるのは理解出来る。そしてクラシックの権威は守る=クラシック路線保護→削るのはそれ以外の部分=短距離とダート戦と障害っつう事になる。それでもダート重賞を新設(オープン特別を格上げ)するのは、JBCの中央馬出走枠の少なさに対する救済措置という意味が多分にあろう。
 俺もかつて一口馬主やってたが、出資したのはダートの短距離血統ばかり。実際やってる人やペーパーオーナーゲームやってる人なら意図がすぐ理解出来るだろう、少しでもリスクを少なく、堅実に馬主続けたいっつう事だ。短距離血統なら早熟だから計算立て易いし、ダートは脚元に負担が掛かり難く数多く使える=出走手当込みでペイし易い。で、そういうのばっかだとJRAは困ってしまう。「そら馬主サンそういうのが米ビツなのは解るけど限度っつうモンがあんでしょ、そんなんばっかじゃクラシックどうなんのよ」と。あと、真面目にクラシック路線目指す馬主に対する優遇策でもある。要は、改めてクラシック至上主義をJRAは宣言しましたよ、っつうこっちゃな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 17, 2009

 いろんな人のブログ(ライブドアだけでも競馬カテゴリで6000以上有る)見てると、未だにエリザベス女王杯の話題でアツい。それだけ語られる、伝説のレースだったという事だ。実際競馬場では大ウケ、「逃げ切っちゃえ〜」的反応がほとんどだったのだと。それは、自分の馬券はどう足掻いてもダメと諦めた故のヤケクソばかりではない、おそらくは、合理的に説明付く大穴馬券を買えなかった事への悔しさや自戒も有ったろう。逃げ宣言してその通り逃げた馬を騎手も馬券客も軽視した結果だから、誰も文句は言えないし、競馬は血統や戦績とかだけで全て結果を得られるものではない(もしそうなら競馬は今よりずっとつまらないだろう)。こういう誤算も勝負のうちだ。
 また、あるブログでは、隣に居た見ず知らずのオッサンが当たったとハシャイでて、曰く「ブエナビスタが差される筈無いから、それより前で競馬する4頭へ一軸固定の三連複」だと。言われてみればごもっとも。各紙予想陣も「穴なら前残り」とクィーンスプマンテやテイエムプリキュアに印打ってた記者は少なくなかったし(2頭より人気無かった馬がまだ6頭も居る)、サンケイスポーツと東京スポーツには三連単ズバリ的中させた記者も居る。なればこそ、悔しさもひとしおだorz
 とはいえ、これだけ語る人が居れば、当然「こんなんGIじゃねぇよ」的イキドオリをぶち撒けてる幼稚な人も居て、それはそれで笑える。大レースに限らず未勝利でも良いが、有力馬や自分が馬券を買ってた馬が能力を出し切れずに終わった(ように見える)レースに憤りを覚えるってのは、競馬やってく上で必ず出会う事。出走全馬が不利(展開上の不利も含む)を受けずに全能力を発揮したレースの方が超レアだ(ブックでもギャロップでも良いが、レース後のコメントを読めば一目瞭然)。今回はたまたま、そのスケールの特大なヤツがGIの大舞台で出ちゃったってだけだ。福永の「死に役になりたくなかった」というコメントなど、むしろGIだからこそっつうべきか。何でも自分の思い通りにならないと気が済まないお子ちゃまに「世の中甘かぁないぞ」と競馬は教えてくれる。いい社会勉強だ。
 それでもなお腹を立てるなら、プリティキャストの天皇賞(秋)を思い出してみれば良い。2頭でなく単騎での大逃げだったが、2着との着差は7馬身も有る。その後も2馬身半〜1馬身4分の1〜4分の3馬身と来て、人気を分け合い牽制し合った『戦犯』カツラノハイセイコとホウヨウボーイはさらにその後ろ、掲示板にも載れない惨敗。しかるに、八百長だの凡戦だのといった声は挙がらなかった。いや今日(こんにち)では名勝負の一つに数えられてるではないか!
 まあ、ある程度キャリア有るにも拘わらずまだ寝言ほざいてるようなセンス無い奴は放っとくとして、若い人にそこまで昔の事を例示するのもアレだ。サニーブライアンの日本ダービーだってもう結構古いし。だから身の周りでイキドオってる人が居たら、こういう事も起きるのが勝負事(←競馬に限らない)の恐ろしさで、むしろ滅多に無いアップセットに立ち会えた幸運を喜べ後年自慢出来るぞ!と言ってあげるべきだろう。そしてこれを読め!と。
小島茂之厩舎の本音(公式ブログ) 第34回エリザベス女王杯 クィーンスプマンテ http://s-kojima-stable.at.webry.info/200911/article_3.html
この女王杯は競馬の面白さ、素晴らしさを教えてくれる( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 15, 2009

【エリザベス女王杯】(京都)〜伏兵クィーンスプマンテ 逃げ切りVでGI初制覇 [News] http://keiba.radionikkei.jp/keiba/news/entry-175890.html
>2009/11/15(日) 17:03
>1着 クィーンスプマンテ(田中博騎手)
>「本当に馬が頑張ってくれました。前回は着順が悪かったんですが、競馬の内容としては良かったのでいいイメージはあったんです。今日は絶対ハナに行ってやろうと思っていたのでいい形に持ち込めました。3〜4コーナーでテイエムプリキュアが来てくれてペースが上がったお陰でもっと差を広げられたのが良かったですね。そこから粘ってくれたのは馬のお陰です。この馬が未勝利を勝った時に乗せて頂いた縁で、こうしてチャンスをもらえて、結果を出せて本当に嬉しいです」
>2着 テイエムプリキュア(五十嵐調教師)
>「レースは作戦通りでした。3コーナーで勝ち馬を交わせばと思っていたんですが、逆に離されてしまっては…勝った馬を褒めるしかありません」
>3着 ブエナビスタ(安藤勝騎手)
>「2コーナーを回った時には前の2頭が見えなくて、ペースも遅いと思ったくらいなんです。カワカミプリンセスが早めに動いたのでこっちも動いたんですが、直線で前が空いた時に前を見たらずっと前に2頭いてもうダメだと…。4コーナーでもう少し差が詰まっていれば良かったんですけどね。でも馬は前より良くなっていました」
>4着 シャラナヤ(ルメール騎手)
>「前の2頭が飛ばしていたのでちょっと心配ではあったんです。シャラナヤは自分のレースをしましたし、結果には満足しています。ただ正直、最後の直線で前の2頭が見えた時にはもうダメだと思ってしまいました」
>5着 メイショウベルーガ(池添騎手)
>「自分の競馬はあれしかないし、展開に左右されるのは仕方ないです。いつもより前で競馬をしましたが、よく追い込んでくれましたし、これからが楽しみです。直線向いて前の2頭が離れすぎていたので今日は仕方ありません」
>6着 ブロードストリート(藤田騎手)
>「今日はゲートも出てくれたし、いい感じだったんですよ。ただ、直線向いたらずっと前に2頭いて…。ペースが2コーナーに入ったところでガクッと落ちたからね。まさかこんなレースになるとは思いませんでした」

どひゃーな結果に終わったが、1、2着馬は前走も二頭で逃げてバテている、それが今回も離して大逃げの形だったら、それよりかなりスローだと解ってても後続勢は自分からは動き難い。離れた三番手で実質ハナのスミヨンは前二頭をラビットだと決めて掛かってるし、アンカツと藤田は秋華賞の因縁からお互い意識が働いて前に意識は行き難い。そして他の馬はみんな折り合ってる。たまーにこういう事も起きるのが競馬の恐ろしさであり、かつ面白さでもある、これをスローの行った行った、ケッ!と片付けてしまってはあまりにもったいない。ストロングエイトの有馬記念、プリティキャストの天皇賞(秋)、メジロパーマーの有馬、イングランディーレの天皇賞(春)、ジョーカプチーノのNHKマイルカップ。重ねて書く、こういう事も有るのが競馬。にしても小島茂厩舎は今年も制覇&大穴配給か。あと、やっぱ強いんだなブエナビスタ。改めて納得( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック