チャンピオンズカップ

November 30, 2016

 「サイン馬券」というものがある。つっても馬名が印刷された馬券に騎手にサインしてもらう…とかではない。世間を騒がす流行や事件から想像される馬名や騎手、出目を買うスタイルの事だ。真面目に予想してる人からすると眉をひそめられるが、たまたまハマると「語れる」ので、ネタで1枚買うとかなら普通にアリだし、競馬ファンの間にも広く浸透してて、東京スポーツのように専門コラムを連載してる新聞まであるほどだ。であるならば、今週は「ASKA、覚醒剤でまたもや逮捕」しかあるまいて。

【チャンピオンズC】登録馬〜アウォーディーなど17頭 - netkeiba.com http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=116336
>ラジオNIKKEI
>2016年11月27日(日) 18:10
>12月4日(日)、中京競馬場で行われる第17回チャンピオンズカップ(GI、3歳以上、ダート1800m)の登録馬は以下の通り。
>【登録頭数:17頭】(フルゲート:16頭)
>アポロケンタッキー※優先出走馬
>タガノトネール※優先出走馬
>ホッコータルマエ
>コパノリッキー
>アウォーディー
>サウンドトゥルー
>ノンコノユメ
>モーニン
>ラニ
>アスカノロマン
>ゴールドドリーム
>ブライトライン
>モンドクラッセ
>カフジテイク
>メイショウスミトモ
>ロワジャルダン
>ブライトアイディア

かくて、

 「『アスカ』ノロマン居るけど」
 「捕まっちゃうんでしょ」
 「あそうか」
 「(スマホ検索して)チャゲアスのカラオケで歌われてるランキング (CHAGE and ASKA(チャゲアス) カラオケ人気曲ランキング - ryosuke61.info http://ryosuke61.info/karakai/karaokeranking63.html) だと「モーニングムーン」ってのが8位ですね」
 「8着かよモーニン」
 「8着w 」

などと社で笑い合ってたのだった。ところが。

【チャンピオンズC】ホッコータルマエが脚部不安のため出走断念、引退へ - netkeiba.com http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=116653
タガノトネールが調教中の事故で骨折 予後不良の診断 - netkeiba.com http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=116659

GIの本追い切りで有力馬が2頭もパンク、しかも引退 ━━ ここと次走で引退が決定済だったとはいえ ━━ と安楽死処分なんて、俺の競馬キャリアでも記憶にない。28頭とかならいざ知らず16頭(登録17頭)でこれ、こうなるともう「アスカノノロイ」ではないか。ホッコーはGI10勝、ここで本命にする人も多いであろう有力馬の一頭。タガノも前哨戦の武蔵野ステークスをレコード勝ちし、有力視されてた馬だ。実にどうも、その…('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 07, 2015

【CC】コパノリッキー7着 弱点出た http://www.daily.co.jp/horse/2015/12/07/0008626242.shtml
>2015年12月7日
ec16a5ab.jpg7着に沈んだコパノリッキー http://daily.c.yimg.jp/horse/2015/12/07/Images/08626243.jpg
>「チャンピオンズC・G1」(6日、中京)
>12番人気の6歳牝馬サンビスタが、史上初の牝馬によるJRAダートG1制覇を成し遂げた。内から末脚を伸ばした3歳馬ノンコノユメが2着。3着には大外から強襲したサウンドトゥルー。連覇を狙った2番人気のホッコータルマエは5着。1番人気のコパノリッキーは逃げて7着に沈んだ。
>フェブラリーSに続き、今年のJRAダートG1V2を狙ったコパノリッキーだったが、1番人気に応えられず7着に沈んだ。まずまずのスタートからハナを奪いに行ったものの、序盤はクリノスターオーやガンピットに絡まれる展開。「意味が分からない絡まれ方をされて、無駄脚を使わされたね。絡まれるともろいという弱点が出てしまった。まぁ、勝負だからしょうがないけど」と武豊は口をとがらせる。直線入り口までは何とか踏ん張ったが、最後は余力がなかった。村山師も「厳しい展開だった」とポツリ。次走は未定ながら、東京大賞典が視野に入っている。

1コーナーの攻防で同型のコーリンベリーが引いて、スンナリとハナ行けてシメシメ…と思いきや、代わりにクリノスターオーとガンピットが絡んで来た。でもってその2頭がブービーとシンガリじゃ、豊が「冷やかしで競りに来るんじゃねえ!」って怒るのももっともだ。しかし一方で、人気(それも1番人気!)の逃げ馬に誰も競り掛けなかったら、それこそ他馬の無気力競走だと批判の声が上がるだろう。特に、国際競走で外国人騎手も居るとなれば意外な展開になるという事もある(問題の2頭共、外国人騎手の騎乗だった)、というのは誰もが経験して来たのではなかったか。
 いやもっと言えば、日本だって昔の時代は勝ち負けを度外視して競りに行く例は、もちろん年がら年中起きてた訳ではないが、珍しいものでもまたなかった。いきなり大昔だが、「華麗なる一族」ハギノカムイオーにゲイルスポートが、自身はシンガリ負け確定と解っていながらの競り込みを幾度となくやってたのは、オールドファンの間では今なお語り草となっている。競輪の「トップ引き」みたいな、
競輪について教えてください。- その他(ギャンブル) | 教えて!goo http://oshiete.goo.ne.jp/qa/511694.html
よく馬主さん怒らなかったものだ。まあ当時は、馬主なんて「ダンナ」気質でやるものではあったけども。
 競輪といえば吉岡稔真も、全盛期には抱き込み心中というか、「どうせ敵わぬならせめて一矢」「吉岡を不発に終わらせ自分の名を売ろう」とばかりにバカ逃げする若手がしばしば現れ、吉岡は「吉岡を不発に終わらせても、自分が9着(=最下位)だったらそれは勲章じゃない」と苦言を呈してたっけ。
 話モトイ。豊だってそういった事は先刻ご承知で(な筈だ)、だから本心から不快感を示したのではなく、馬主や同馬の馬券買ってくれた人達へのエクスキューズであるとか、気持ちをおもんぱかっての発言なのだろうと思う。例の2頭の騎手に裏で一喝!なんて事は多分ないだろうな、と( ´-`)y-~~~

Hot Brass
Hot Brass

アーティスト:Ricky Ford
販売元:Candid
発売日:1992-07-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 04, 2014

みやこS - 馬三郎タイムズ | メインレース特集 http://uma36.com/?pid=main_race&mode=status&id=c201408050211
>11/09(日) 5回 京都 2日目
>11R みやこS(G3)
>サラ系3歳以上 ○国際○指(別定)ダ1800m 16頭 発走15:45
>本賞金:3700、1500、930、560、370万円
>先取り厩舎リポート
>*毎週月曜日に更新
>馬名 コメント
>ニホンピロアワーズ 輸送で体が減る傾向にあるから、盛岡のJBCではなくここから始動。<大橋師>

GIの権威形なし。まあ今年のJBCクラシックの賞金は1着8000以下1840、1040、720、400万円だから、優勝賞金こそ倍だが着賞金だと大差ない。なら、自身が飛び抜けて強くて8000万タダ貰いって馬でもない限りはJBCに拘る必要がない。ダート馬は種牡馬としてのニーズに乏しく(種牡馬入り出来なかったダート強豪馬の何と多い事か!)、だから「GI幾つ獲った」って勲章に拘ってもしょうがないし、結果として「JBCより、その後のGIチャンピオンズカップ(=JBCより賞金が圧倒的に高い)に照準定めて」ってなっても全然おかしくはない。
 前にもネタにしたが、諸外国ではレースグレードと賞金額は関係ないが、日本では両者は基本的に比例するし、中央競馬だけ・地方競馬だけなら、その原則は絶対だ。ところがダートグレード競走の競走体系は両者を単純に合体させただけだから、往々にして逆転現象が起きる。といって、中央の賞金水準に一本化しましょうなんて今さら出来っこない。…グレードって、一体全体、どういうもんなんだろうねえ('A`)?

ア・ニュー・コンセプション
ア・ニュー・コンセプション

アーティスト:サム・リヴァース
販売元:ユニバーサル ミュージック (e)
発売日:2014-01-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 22, 2013

 JRA来年度の競馬番組(つっても重賞と全体日程だけだが)がリリースされた。

2014年度開催日割および重賞競走について http://jra.jp/news/201310/102101.html
>2013/10/21
○開催日割について http://jra.jp/keiba/program/pdf/h26-nittei.pdf
00d23884.jpg
>○重賞競走について (詳細はこちら http://jra.jp/keiba/program/pdf/h26-henkou.pdfをご覧ください。)
40311b65.jpg

札幌の新スタンド完成や中山改築着手に伴う日程変更は前から言われていたし、チャンピオンズカップはついこの前触れたばかりなので略。その上での注目点は、まず有馬記念は12月28日&最終日となる事。去年と今年の、有馬翌日(=天皇誕生日)にもう一日…というのは有馬が12月の給料日前となってしまう事から売上減を憂慮した苦肉の策なのだろうが、ファンや競馬マスコミに圧倒的に不評だったし、何より来年の天皇誕生日は火曜だから飛び石開催となってしまう。その昔、中央競馬は地方競馬との取り決めから28日以降に開催する事が出来なかったから、来年の暦だと20(土)21(日)23(火・祝)っつう救いの無い日取りになるトコロだった、地方が譲歩してくれた事にJRAは安堵してるだろう。
 次に、例年9月に行ってた三連休3場三日間開催(←今年は2場三日間だったが)を3月に移行した。今年は台風順延に泣かされたし、秋雨シーズンには欲張らない方が良いとの判断か。でもこの時期もまた、特に中京は雪の懸念が有るんだけども。
 そして一番デカいのは、2歳重賞の大幅変更だ。朝日杯FSは既報通り阪神に移設、阪神で行われてたラジオNIKKEI杯2歳SはホープフルSに名称変更した上で中山に移設し有馬と同日施行。こんなややこしい事せず朝日杯を二千・ラジニケを千六にすれば済んだだけに思えるが、国際グレード格付けとの絡みだからこれはしょうがない。宙に浮いたラジオNIKKEIの冠はオープン特別の京都2歳Sを重賞格上げ(=新設)した上でここに、他に東京のいちょうSも重賞格上げ(=やはり新設)。さてこれでどうなるか。2歳戦の賞金アップは、馬主からすれば資金回収が早目に出来る訳で、ありがたい。早熟血統は生産する側にとって計算し易いし、引退のタイミングが早まる→売買のサイクルも高まる、生産界にとってもありがたい。早熟つってもよほど極端なそれでない限り3歳春ぐらいまでは成長し夏〜秋には完成する(もちろん脚部不安が解消されて…とかは別の話)、だから3歳馬に斤量有利な凱旋門賞を日本生産馬で本気で獲りたいなら2歳戦の充実を…っつう思惑かは判らないが、JRAの施策としても一理有る。使い出しが早くなるという事は3歳春のGIまでにこなすレース数が増えるという事で、だから馬券客にとってはデータ数が増える=買い易くなるという事でもある。
 問題は、2歳デビュー組が早い段階で本賞金を積み増した結果「弱いトコが有って」とか「馬優先主義」とかでの年明けデビュー組は、まず春のGIは賞金不足で出られない点。また、それでなくても2歳のうちに長距離輸送は負担が大きいのに、ホープフルの中山は二度輸送となるから「ダービーを志向してるからこそマイルは使いたくない」という関西馬陣営にとっては、GIとはいえ千六の朝日杯が阪神開催になるのは迷惑でしかない。東西格差是正の一環としてはアリでも、実際関西馬陣営にとっては悩ましいトコロだ。実際これらの影響が出るのは再来年のクラシックなんだけど、さてどうなる事やら( ´-`)y-~~~

ライヴ・アット・ザ・トップ
ライヴ・アット・ザ・トップ

アーティスト:ジュニア・マンス・ウィズ・デヴィッド・ニューマン
販売元:ワーナーミュージックジャパン
発売日:2012-09-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 05, 2013

JCダートがチャンピオンズCに!来年度、名称変更 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20131003-OHT1T00172.htm
>12月に行われるジャパンCダート・G1が14年からレース名を変え刷新されることが3日、分かった。新名称は「チャンピオンズカップ」で、舞台を阪神競馬場から中京競馬場に移し、距離は同じダート1800メートルで行われる。国際招待としての施行を取りやめ、1着賞金は現在の1億3000万円から9600万円に減額されるなど、大なたが振るわれる。
>同レースは2000年に創設。当初は東京・ダート2100メートルで行われた(02年は中山・ダート1800メートルで施行)が、08年に阪神・ダート1800メートルに移行した。阪神開催移行後は、ダート競馬の本場・北米にない右回りが嫌われ、招待レースながら10年以降は外国馬の参戦がなかった。
>形式化していた「国際招待」の冠を外し、左回り1800メートルというダート競馬のスタンダードな舞台に移すことで、より現実に即した形でレースが行われることになる。
>(2013年10月4日06時02分 スポーツ報知)

 >国際招待としての施行を取りやめ

実績馬に声掛けてもどうせ来ないから招待制度撤廃っつうのは解る。何度も何度も何度も何度も書いて来たがダート≠サンド(=ジャパニーズダート)、それでも何とかなると踏んでたアメリカンホースマンも、当時最強と言われてたリドパレスがクロフネにトンコロ食った時点で「アホくさ」ってなって、それから何年経った?JRAもさすがに「何が『ジャパンカップ(ダート)』だ」と。もう面子をクソも有るかと。それは良いが

 >当初は東京・ダート2100メートルで行われた(02年は中山・
  ダート1800メートルで施行)が、08年に阪神・ダート1800
  メートルに移行した。阪神開催移行後は、ダート競馬の本場・北米に
  ない右回りが嫌われ、招待レースながら10年以降は外国馬の参戦が
  なかった
 >形式化していた「国際招待」の冠を外し、左回り1800メートル
  というダート競馬のスタンダードな舞台に移すことで、より現実に
  即した形でレースが行われることになる

ここで「ん?」ってなる。左回りの中京に戻して外国馬いらっしゃい、つっといて招待制度撤廃。まあ規定のレイティング満たしてる馬には渡航費&滞在費をJRAが全額肩代わりする制度(←エリザベス女王杯を快勝したスノーフェアリーが有名例)はそのままだろうけど、それでも賞金減額と合わせて外国馬への処遇ダウンである事は確かだ。で、どうせ外国馬来ないだろ、ってなら別に右回りの阪神から変える必然性は無い。結局、朝日杯フューチュリティステークスを中山→阪神に変更するのに伴い、

 G議日杯FS 来年から阪神開催 | 東スポWeb http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/188701/
 >2013年09月28日 13時17分
 >JRA2歳牡馬チャンピオン決定戦としておなじみのG議日杯フューチュリティS(中山芝外1600メートル)が、来年から舞台を阪神競馬場に移して行われることが明らかになった。2014年暮れ開催の3週目=5回阪神6日目(12月21日)に、芝外1600メートルで施行される。
 半世紀以上(今年で65回)暮れの中山で行われてきたこのレースが西に移る背景には、長く指摘されてきた舞台設定の欠陥がある。現行の中山1マイルは発馬後最初のコーナーが急激に曲がる構造で、外枠が圧倒的に不利。枠順が決まった瞬間一定の馬がチャンスをなくす舞台が王者決定戦にふさわしいかという議論は古くからあった。その点、大回りで直線の長い阪神なら枠順の有利不利はほとんどない。
 >もうひとつの要因は西高東低の勢力図。すでに関西馬優勢の流れは固定されており、阪神施行なら多数の有力若駒の輸送負担が軽減できるという発想だ。「コース面からも、勢力からも妥当な流れでは…」とは某馬主関係者。今回の開催地移動は驚きではあるが、必然の側面もある。
 >この変更に呼応して暮れの阪神最終週に組まれていたG轡薀献NIKKEI杯2歳S(現行芝内2000メートル)は東西入れ替わる形で中山開催に。14年は有馬記念と同日の4回8日目(28日)に芝内2000メートルで施行される。次年の牡馬3冠初戦皐月賞と同舞台で、4か月前の“予行演習”としてより注目を集めそうだ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック