ダルビッシュ有

October 27, 2015

ダルビッシュの弟逮捕 野球賭博容疑で http://www.sanspo.com/geino/news/20151027/tro15102715550010-n1.html
>2015.10.27 15:55
7d6c0e62.jpgダルビッシュ翔 http://www.sanspo.com/geino/images/20151027/tro15102715550010-p1.jpg
>客に野球賭博をさせたなどとして、大阪府警捜査4課は27日までに、賭博開帳図利と常習賭博の疑いで、大阪府藤井寺市、人材派遣業ダルビッシュ翔容疑者(26)ら2人を逮捕した。翔容疑者は米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手の実弟。
>また賭博開帳図利の疑いで、韓国籍の無職宋尚哉容疑者(29)=大阪市生野区を、常習賭博などの容疑で客の男女5人を逮捕した。捜査4課は8人の認否を明らかにしていない。
>翔容疑者の逮捕容疑は、5月12〜18日に開催された米大リーグ6試合と日本のプロ野球の28試合をめぐり、客から1口1万円、計約1850口の申し込みを受けたほか、自らも宋容疑者が開催した野球賭博に賭けた疑い。
>捜査4課によると、客は勝敗やスコアを予想。翔容疑者らが胴元として無料通信アプリLINE(ライン)などを用いて申し込みを受け付け、客が賭けた金の1割を利益として得ていた。捜査4課は、プロ野球選手らへの働き掛けは確認されていないとしている。
>翔容疑者がプロ野球賭博をしているとの情報が昨年9月に寄せられ、捜査していた。(共同)

またどエラい爆弾が落ちて来たもんだ。サラッと書かれてるが、何気に結構エグい内容だ。
 まず賭博開帳図利で逮捕されたっていう事は、ダル弟は胴元側の人間だという事。賭博で逮捕っつうと普通は生活安全課なのだが、今回動いたのは捜査4課、いわゆるマル暴だ。でもって逮捕容疑となった5月12〜18日の僅か1週間に1850万も売り上げたっていうのはかなり手広く、派手にやってたって事だ。これだけでダル弟をソッチの筋だと断定してはいけないのだけれど、にしてもやってくれたもんだ。
 まあスジ者であろうとそうでなかろうと、当座の問題としては、野球賭博常習者との交友禁止という条項が野球協約にある事。そうするとダル本人は今後日本球界に復帰出来ないのか?ってな疑問も当然湧いて来て、いや本当どうなるのかねえ?
 そういやその昔、ある地方競馬の騎手が中央移籍を希望し受験したが何度も落とされ「点数は足りてると思うしなぜ不合格なのか解らない」、腕は確かだし人格も申し分ないのに…とマスコミも首を捻る事象があった。で、これ、便所の落書きチラシの裏レヴェルの噂話でしかないのだが、この騎手の極めて近い姻戚関係にスジ者がいるからだと、当時まことしやかに囁かれたものだ。もちろん俺には真偽のほどは判らない、が、それほどまでに不可解な不合格だったから、その騎手もJRAも邪推されたのよね( ´-`)y-~~~

クラッシュ!
クラッシュ!

アーティスト:ケニー・バレル&ブラザー・ジャック・マクダフ
販売元:ユニバーサル
発売日:2014-05-06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 03, 2015

パチパチパンチに女将ポーズ…競輪選手のルーティンにご注目 http://www.sponichi.co.jp/gamble/yomimono/jinmyak/kiji/K20150801010854100.html
>夏の甲子園大会のある地区予選でイチびったパフォーマンスの打者が現れた。日本ですぐに話題となったが、あのダルビッシュが動画付きでツイートしたもんやからアっという間に全世界に拡散。。
>彼はやり過ぎたがアレも一つのルーティン。ゴルフ中継でよく聞く言葉だ。これはショットを打つまでの手順・道筋のこと。それぞれ独自のルーティンがあり十人十色。必ず行うことに価値があり、平常心を保つための絶対条件である。微妙なニュアンスは違うけれど“こだわり”、“ジンクス”などを含めると勝負の世界を生きる人間にとってお守りみたいなもので大切なこと。競輪選手をよ〜く観察してみよう。発走機の上とか周回中、たとえジミでも皆それぞれ毎回同じルーティンやってますから。
>誰よりも目立つのはワッキーだろな。芸人・島木譲二ばりのあのパチパチパンチ。どうせならポコポコヘッドも入れてやって〜。浅井と深谷も発走機の上で手を前に出し変テコなポーズをする。愛媛の浜田は周回中、片手を離して後から前に『はいはい、こちらのお部屋に案内しますけん』と旅館の女将ポーズ。
>◆齊藤 哲也(さいとう・てつや)1959年(昭34)4月生まれの55歳。元競輪選手(兵庫支部)。45期生の卒業チャンピオンとして80年にデビュー。S級で活躍も40歳で悪性リンパ腫により、03年7月やむなく引退(優勝25回)。本紙予想コラムでは高配的中数知れず。アナ車券の達人!! 兵庫県、S阪神のアドバイザーとしても活躍。現在もガン闘病中のカリスマ的患者。
>[ 2015年8月1日 ]

無くて七癖。俺だって無意識のうちに首や肩回したり、柔軟体操っぽい動きというか動作というか、何かしらしてるんだろうしな。にしても、そういう見方をした事ないから気付かなかったが、言われてみれば確かにパチパチパンチに旅館の女将ポーズ。哲ちゃん参りましたw
 まあ勝負事の世界に身を置いてるからこそゲン担ぎ…ってのは大いに理解出来る。俺なんかが勝負なんて言葉使ったら笑われるが、それでも負け込んで来るといつもと違う道を行ったり違うもの食ったり、何かしら変えてはみるしな。また、負け込んでても、ただ手をこまねいてるだけじゃなく努力してるんですよっていう対外的アピールパフォーマンスにもなるし。うん、きちんと表に出すっていうのは大事ですよ( ´-`)y-~~~

Free Action (Mlps)
Free Action (Mlps)

アーティスト:Wolfgang Dauner
販売元:Promising
発売日:2008-02-24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 11, 2012

ダルが日本球界に一石「変な固定観念」 http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20120711-981292.html
12ad23f4.jpg
ナポリはカメラを奪い会見するダルビッシュを撮影した(撮影マーク・ナポリ) http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/photonews_nsInc_p-bb-tp2-20120711-981292.html
>【カンザスシティー(米ミズーリ州)9日(日本時間10日)=高山通史】レンジャーズ・ダルビッシュ有投手(25)が晴れ舞台から、日本球界へと一石を投じた。初出場するオールスター前日の記者会見に出席。米球界と比較してウエートトレーニングに対する意識の違いがあると指摘。「日本は変な固定観念に縛られすぎて、まったく野球が伸びていない。ここ何十年」と分析した。球宴を、持論が正しいか否かを証明する後半戦へとつなげる布石にする。
>自負があるのだろう。ダルビッシュが思うがままに提言した。大リーガー1年目、わずか約3カ月。感じているギャップがあった。オールスター前日に、メジャーのスターが集った会見で、昨季まで同じ舞台で切磋琢磨(せっさたくま)した日本の選手たちへ語りかけた。

 >ダルビッシュ 日本はそういう変な固定観念に縛られすぎて、全く
  野球が伸びていない。ここ何十年。

>自身が大リーグ入りまでに磨きあげた肉体への考え方の違いを力説した。
>日本の選手と大リーガーとの違いは、意識の差であると断言した。「体がでかいから違うのではなくて、そもそもトレーニングの内容が違うから。日本人は単純にトレーニングをしないから」。ダルビッシュ自身が生まれながらに日本人離れした肉体を保持。そのため、説いた持論にすべての選手がマッチするとは考えにくいが、断言した。
>この球宴でもステップアップにつながるカギの1つにした。登板機会に恵まれるかどうかは、試合展開などによって不透明。それでも、スターと触れ合える大舞台を糧にするつもりと貪欲だ。「どこのだれがどういう筋肉をしているとか、どういう鍛え方をしているとかを勉強して」と、狙いを定めている。肉体強化に目覚め「より上にいきたいということですね」と動機まで明かした。
>10日(同11日)の一夜限りのオールスターは、存分に楽しむつもり。日本人選手、携わる人へとメッセージを送った。「(肉体への意識を)変えられないからこういう状況になっているのであって。筋肉ついたら体が重くなるとか訳の分からないことを言う人がいるから抜け出せないですね」。肉体改造がステップアップにつながる根拠を球宴、後半戦で体現する。
>[2012年7月11日9時24分 紙面から]

ダルビッシュの言う事は解るが、現実に肉体改造に失敗(←敢えてこの表現を使う。少なくとも、近視眼的に見て成績が下がればそれは『失敗』だろう)したアスリートが山ほど居る現実の前には、二の足を踏む選手や指導者が多発するのは当然だ。それも踏まえて、ダルビッシュは裏目っても自己責任と割り切った上で「俺はやって結果を出して来たし、これからもやる」と。この姿勢は立派だ、それ自体は評価したい。
 体を鍛えるという事では3競オートの選手ももちろんそうで、しかしやはり裏目るリスクは当然有る。山口幸二
選手プロフィール|KEIRIN.JP
はKEIRINグランプリを獲って、さらなる強化を目指し肉体改造に取り組んだ結果が全くの裏目に出、近年の復調は目覚ましく12年振りにグランプリを獲るまでになったが、谷間の低迷期は「富生の兄」と揶揄されるほどだった。
選手プロフィール|KEIRIN.JP
良い時だからこそ手綱を緩めず次の一手を…って発想自体は悪いものではないが、好調子の時は動かず流れに委ねろ的格言が有る事からも『正しい方向に動く』事の難しさが解ろうというものだ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 25, 2012

高額契約出来ない選手はメジャーには行くな! 【エモやんのワイルドピッチ】 http://www.news-postseven.com/archives/20120124_82767.html
>2012.01.24 11:00
>ダルビッシュが年俸総額約6000万ドル(約46億2000万円)と高額でテキサスレンジャーズに入れたことは、日本球界のレベルの高さを知らしめた。一方、中島や青木、川崎らについて高い評価がなかったのは、アメリカの見る目がないのか、本当に日本人選手のレベルが低く実力がないのかということを考えさせられた。
>オレはもはやメジャーにポスティングだろうがFAだろうが、ダルビッシュ並みの高額契約ができない選手は容易に行くべきじゃないと思う。第一格好悪いやろ!日本で3億の年俸をもらっていて、アメリカに行ったらその半分ももらえないというのに何でわざわざ行きたいのかわからない。たとえ“夢や挑戦”というアホな志(?)があったとしても、逆に“夢”を壊すことになりはしないか?せっかく日本球界がアメリカに並ぶレベルになってきているのに、その空気をぶち壊しではないか。そしてプライドはないのかと言いたい。“夢と挑戦”を安売りするな!
>そしてまあダルビッシュぐらいのレベルだと、アメリカを下に見るぐらいの成績を上げるだろうと期待できるし、ある種の優越感を得られる。それで初めてメジャーへの価値が高まるというもの。しかしイチロー並みの成績はムリやろ。
>一方、いくら球場に来てワーワー応援する楽しみがあるとは言え、日本の球界がこのまま安易なメジャーへの流出によって明らかに人気選手不在の中、素晴らしいプレーを見せるスーパースターがいないチームを応援するのではいずれ希薄になってしまうのではないか。
>結局球場へ足を運ぶお客さんも少なくなり、日本国内スポーツの中でのプロ野球が落ち込んでいくのは目に見えている。そのあたりをどうするのか、真剣に考え直す時期に来ているんちゃうか・・・。
>(江本孟紀) http://emoyan-yan.cocolog-nifty.com/

なまじっか『世界』と繋がってるが故に、日本球界がメジャーの二軍みたくなってしまってる。ストロー効果みたいな。サッカーもそうだし競馬もほとんどそうだ。スターホースが外国遠征し日本のレースを走らない、というのは明らかに馬券売上に悪影響を与える。非ギャンブルスポーツですら文化として扱われず遊びとか道楽とかにカテゴライズされがちな日本という国、ましてやギャンブルスポーツたる3競オートは券売れてナンボ、自治体や国家の財政に寄与して初めて存在意義が有る訳で、そんな中で国外挑戦っつうのは国内空洞化なんか構わんつってるのに等しい。スポーツに関わる者として挑戦とか向上心は絶対に忘れてはいけない事だし、その行為自体は素晴らしい、賞賛すべきだと認めた上で、でもJRAにとっては苦々しい思いだろう。遠征賛美派は「それで凱旋門賞とか勝って日本馬が世界中のホースマンから引く手あまた、買い手が殺到」なんて夢想してるんだろうが、「寝言は寝て言え」と返そう。

世界的な生産頭数の激減: 日々の覚え書き http://saito.cocolog-nifty.com/oboegaki/2011/09/post-96fd.html
>サラブレッドの生産頭数が世界中でおどろくほど減っている。サラブレッドタイムスによると今年の北米での生産頭数が、昨年から10%減の27,000頭程度になると予測。38,361頭だった05年から5年連続でのダウンで、当時との比較では30%減となる。さらに来年も減少は続き24,700頭程度になると予測。今年の27,000頭は1973年(26,810頭)のレベル。ヨーロッパは本日付のスポニチの合田さんのコラムから引用。<ここ3年ほど英国の馬産は急激な縮小傾向にあり、08年には6,043頭だったサラブレッド生産頭数が、10年には4,665頭と2割以上減少。隣国・愛国の状況は更に深刻で、10年の生産頭数は08年に比べて4割近い減少となっている。>と。日本ではピークの92年にアラ系も含めて12,874頭(うち、サラ系は10,407頭)だったものが10年には7,122頭。ピーク時との比較ではなんと45%ものダウン。オセアニアの状況がわからないものの、こうした状況でオセアニア産馬の北半球への輸出が増えるのか、それとも南半球も含めて世界的にサラブレッドの生産頭数が減っていくのか。いずれにしても日本だけではなく競馬場の再編は避けられそうもない。
>September 15, 2011

こんな状況下で、どうして日本馬だけ生産するそばから買われてくんだっつの('A`)
 百歩譲って、行って、勝てないまでも惜しい2着とかだったら一般マスコミも取り上げてくれるし帰国後出走するレースの売上にフィードバックされる事も有ろうが、大敗なんかされた日にゃ最悪だ。いや本当、よっぽどちゃんとした勝算有るなら別だけど、ダメモトで海外行くのはマジでやめて欲しいもんだ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 23, 2012

 良いのかサンスポ、これ1面で('A`)?
b7c2fea4.jpg
芸能面ブチ抜きは解るけど1面って、他紙は錦織だぞ。まあこういう事情は解るけど、

サンスポがAKB48「リクエストアワー」のオフィシャルペーパーに! http://www.sanspo.com/geino/news/120110/gnj1201101914018-n1.htm
>2012.1.10 19:09
>産経新聞社が発行する「サンケイスポーツ」と、産経デジタルが運営するSANSPO.COMは、2012年1月19日(木)−22日(日)に開催されるAKB48「リクエストアワー セットリストベスト100」のオフィシャルペーパー、オフィシャルサイトとして、情報発信していくこととなりました。
>サンケイスポーツではAKB48情報をどこよりも詳しく掲載。SANSPO.COMでも特設ページを開設し、情報を配信していきます。また、夕刊フジ、産経新聞、ZAKZAK、イザ!、産経新聞iPhone版/Android版、産経新聞HD(iPad版)など産経新聞グループ各媒体でも情報発信してまいります。
スポーツ新聞業界内でのAKBを巡る"見えない闘い" http://www.menscyzo.com/2012/01/post_3432.html
>「今年こそもう終わるだろう、もう終わるだろう」と周囲から陰口を叩かれていたAKB48だが、昨年末に日本レコード大賞を受賞した勢いそのままに、2012年も天下が続きそうな雲行きだ。
>スポーツ新聞業界を見渡してみれば、数年前からAKB48に最も力を入れていた日刊スポーツの先見の明がひと際光る結果となっているが、昨秋からはスポニチまでもが「Weekly AKB」という新連載をスタートさせた。
>「ライバルといわれるスポニチが日刊の後を追っかけたことは、スポーツ新聞業界では衝撃だったそうですよ」と明かすのは別のスポーツ紙デスク。確かに日刊のAKBベッタリ報道は、他紙の追随を許さぬものがあった。1面&終面全面記事広告を展開したり、AKB専門のタブロイド版を発行してみたり。ネット上では、これまで日刊で掲載されたAKBを大きく扱った記事がオークションに出され、ファンの間で売買されるケースも出たほどだ。
>「それほどAKBといったら日刊でしたからね。他紙は相当遅れを取っているのに、最大のライバル社であるスポニチもAKB連載を開始した。サンスポや報知、デイリー、東中といった他4紙の動揺は計り知れないものがありましたよ」(芸能プロ関係者)
>そのせいか今月9日にホームグラウンドの秋葉原にある氏神「神田明神」で神前成人式を行ったAKB48の前田敦子、高橋みなみ、柏木由紀、板野友美らの取材現場には、サンケイスポーツが記者を3人も投入するシーンが見受けられた。驚いたのは、その中にサンスポの名物デスクX氏の姿もあったことだ。
>「X氏は相当、焦っているんでしょうね。どうやら日刊、スポニチもAKBに力を入れている。うちもやらないわけにはいかない、と変な力が入っちゃっているみたいですよ。もともとX氏は日刊、スポニチに対して意識過剰なところがありますから。特にスポニチはバーニングに近いことからスクープが多い。それでいつもX氏はスポニチの動向を気にしています。そのスポニチが連載をやり始めたことは、強烈にX氏を刺激したんでしょう」
>2012.01.16 月

にしても、もしダルビッシュやら北朝鮮やらに何かあったらどうするつもりだったんだ。あと天変地異とか。まあサンスポ&AKB的には「引きが強い」って事になるけども。
 そいでそのサンスポ1面の隅には

c2995e45.jpg
AKB宮澤、AJCCも3連単ゲット http://www.sanspo.com/keiba/news/120123/kba1201230501000-n1.htm
>2012.1.23 05:00
>「なまうまAKB」を連載しているAKB48の宮澤佐江(21)は、京成杯に続いてAJCCも◎▲△で3連単1270円をゲット。
>22日は都内で仕事をしておりレースは観戦できなかったが、本紙記者の「当たりましたね」の問いかけに、顔を両手で覆いながら「どうしましょ〜」とビックリ。親から「おめでとう」の連絡がきて結果を知り、競馬好きの兄から詳細な解説を受けたという。
>2週連続的中で、「これまでは(賭けた金額が)少ないので、次からは大きく賭けたいです」とやる気満々。今週も日曜付紙面で掲載の“勝利の女神”佐江ちゃんの予想に、どうぞご期待ください。
(紙面から)

ネット見ると「この程度の本命2週当てたぐらいで威張んな」っつう声が大勢を占めるがちょっと待て、というのは宮澤、フジTVの土曜深夜(正確には日曜未明)の競馬番組『なまうま』にも出てるのだが、この枠はかつて吉岡美穂&東原亜希という超ビッグネームな競馬逆神を輩出しており(←二人共悪意はないのだが、その指名馬はことごとく凡走や厄災に見舞われ競馬関係者から畏怖された)、指名した人気馬を2週連続で飛ばさないというのは実は結構な偉業なのだ。前任者の篠田麻里子も有馬記念を3年連続で当ててたし、ようやくフジも呪縛が解けて来たのか。例の一件以降フジは一切視ない俺だが、サンスポ予想には乗っ掛っても良いかな(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 19, 2012

ダルビッシュ、レンジャーズ入団合意―6年総額46億円 http://jp.wsj.com/Life-Style/node_377423
>2012年 1月 19日 9:00 JST
>米大リーグのテキサス・レンジャーズは18日、ポスティングシステム(入札制度)で独占交渉権を獲得していた日本ハム・ファイターズのダルビッシュ有投手の入団で合意したと発表した。レンジャーズの公式サイトによると、6年契約で報酬総額は推定6000万ドル(約46億円)。入団の記者会見は米中部時間午後5時15分(日本時間19日午前8時15分)から行われている。
>レンジャーズは5170万ドル(日本ハムへのポスティング料)でダルビッシュ有投手の独占交渉権を落札。交渉期限は米東部時間18日午後5時(日本時間19日午前7時)だっため、ぎりぎりでの合意となった。
>今回のダルビッシュ有投手の移籍金は、2006年にボストン・レッドソックスと6年総額5200万ドルで契約したの松坂大輔投手(西武ライオンズへのポスティング料は5110万ドル)を上回り、大リーグ移籍金では過去最高となった。
>Copyright @ 2009 Wall Street Journal Japan KK. All Rights Reserved

離婚の方もカタが付いたみたいだし、まあ頑張れ。ところで、これで思い出したが、

ブルージェイズ、1億円差でダル逃す http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111222/mlb11122215570002-n1.htm
>2011.12.22 15:54
>【ニューヨーク20日(日本時間21日)】ポスティングシステム(入札制度)で大リーグ移籍を目指す日本ハム・ダルビッシュ有投手(25)への入札額が、極めて僅差で明暗を分けたことが分かった。
>日本のエース獲得へ、やはり入札額は破格だった。ダルビッシュとの独占交渉権を獲得したレンジャーズの落札額は史上最高の5170万ドル(約40億3300万円)。だがそれも圧倒的ではなく、トロントの地元紙トロント・スター(電子版)によると、ブルージェイズは5000万ドル(約39億円)以上で入札したと報じた。これが事実なら40億円をめぐる攻防は、わずか1億円の差で決着したことになる。

競走馬や本マグロとかの競りと違って入札一発勝負、それも公共事業みたく安い方が勝ちなら1円入札しちゃえば済む話だけど高い方が勝ち、ってのは冷静に考えるとかなりのギャンブルだな。だってブルージェイズ1億円差で逃して惜しかったって報じられてるけど、例えば残り2球団共々1千万$だったとしたら、レンジャーズは4千万$安く交渉権が手に入った=4千万$只で日本ハムにくれてやった事になってしまう。変な言い方だけど、ブルージェイズが僅差で競ってくれた事でレンジャーズも救われた…ってのは有ると思うし( ´-`)y-~~~

ザ・テキサス・ツイスター(紙ジャケット仕様)
ザ・テキサス・ツイスター(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ドン・ウィルカーソン
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006-07-26
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック