ソルトレイクシティオリンピック

February 16, 2017

<笠岡市など主催>マラソン誘導ミス 262人涙 http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20170214-OYTNT50158.html
>2017年02月15日
>笠岡市などが主催した5日のマラソン大会で、小学3〜6年男女の部(3キロ)で誘導ミスがあり、出場した263人のうち262人が参考記録となる事態が起きた。コースを近道する形になり、約2キロしか走らずゴール。最後尾には係員がついており、1人遅れていた3年男児だけが正しいコースを完走できて優勝した。
>途中の左折箇所で市民ボランティアの誘導員が適切に誘導できず、先頭グループがコースを誤り、ほかの出場者も続いたという。

ネットの声を拾ってみたが、誘導ミスでショートカットや遠回りさせられた人が思いのほか多くて驚いた。陸連が絡んでる大会はさすがにちゃんとしてるが、市民マラソンのタグイだと道路使用範囲をなるべく狭くしたいから何度もウネウネ曲がるコース設定で間違え易いし、誘導員もヴォランティアだから使命感とかプロ意識といったものが希薄だったりするらしい。なるほど得心しつつ、俺が真っ先に思い出したのはソルトレークシティーオリンピックのスピードスケート男子1000、オーストラリア選手が金メダルを獲ったヤツだった。
2002年2月16日 「世界一ラッキーな男 スティーブン・ブラッドバリーが金メダルをとった日」 http://www.ntv.co.jp/don/contents03/2011/02/2002216.html
これは他全員失格で最下位完走が優勝というケースだが、コースの設定ミスという事では、中央競馬でもあった。確か東京の障害戦で、最後の直線が芝とダートの2種類あるのを混同して、本来のスタート地点とは違う場所にゲートを置いちゃった…ってのが。検索したけど出て来なくて、でも記憶違いとも思えず、もしやとこのブログ内で検索掛けてみたらやっぱりあった。
確認し過ぎ、という事はない訳で : 酒とワラwの日々
そこまで昔の事でもないんだよな(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック