ソラシドエア

December 01, 2012

日航3便、全日空8便に 国交省、羽田発着枠決定 http://www.sankeibiz.jp/business/news/121201/bsd1212010500000-n1.htm
2012.12.1 05:00
>国土交通省は30日、来年3月末から年間2万回、1日当たり25便増える羽田空港の国内線発着枠の配分を決めた。全日本空輸8便に対し、日本航空は3便にとどまった。
>今回の配分は、航空各社が2007年4月から12年3月末までの5年間に、低採算の地方路線の維持に貢献しているかなどを採点し、これに基づいて配分枠を決めた。日航は、公的支援を受けた2年2カ月間を採点に含めないことになり、大きく評価が下がった。大手以外では、スカイマークが4便、エアドゥが2便、スカイネットアジア航空が3便、スターフライヤーが5便となった。
>羽田発着枠は1枠で年間20億〜30億円の売り上げ増につながるとされる「ドル箱」。このため全日空は、公的支援で業績を急回復させた日航への割り当ては、公正な競争を損なうとして「枠を与えるべきではない」と主張。自民党からも、民主党主導による日航再生は、競争環境をゆがめたと批判があがった。
>これを受け当初、日航の経営破綻を考慮せずに配分する方向だった有識者会議の配分方法をめぐる議論は、終盤に軌道修正され、日航に不利な基準となった。衆院選で政権へ返り咲く公算の高い自民党に配慮したとの見方もあり、同会議の委員からは「(日航の得点)引き下げ率が4割にもなるとは聞いていなかった」との声も出ている。

こりゃまた見事な政治決着。JALは今後数年に渡って法人税免除の身(法で認められてるとはいえ)、一人前の口利くんじゃねえ!っつう理屈は一応有るが、スカイマーク以外のエア・ドゥとスカイネットアジア航空(=ソラシドエア)、スターフライヤーはANAとコードシェアを行ってて、傘下とか系列とまでは言わないが友好関係に有る事まで思うとかなりのアンバランスに映る。
 とはいえ、俺からするとソラシドとスターフライヤーの増便は有難い。スカイマークとエア・ドゥは千歳(=札幌競馬…来年度は開催無し)or函館便(=函館競馬&競輪)に枠を向けてくれるか判らんが、ソラシドは熊本便(=熊本競輪)の増便は判らないが大分便(=別府競輪)は大いに有望、そしてスターフライヤーは枠全てを福岡便(=久留米競輪、飯塚オート)に回すだろう、都民旅打ちャーにはありがたいわー(´∀`)

【追記】
なるほど釧路か…。
AIRDO、釧路―羽田に開設へ http://www.news-kushiro.jp/news/20121130/201211302.html
>2012年11月30日
>AIRDO(エア・ドゥ、本社・札幌市)は29日までに、釧路―羽田線の新規就航路線を来年3月にも開設する方針を固めた。近く国交省が公表する羽田空港の国内線発着枠の配分を受け、正式に決定する。来年3月31日から1日2便運航する見通し。同社の参入で釧路―羽田線は1日7便となり、利用者にとっては選択の幅が広がりそうだ。

フライト・トゥ・ジョーダン+2
フライト・トゥ・ジョーダン+2

アーティスト:デューク・ジョーダン
発売日:2012-04-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 09, 2011

大分空港、国東市に移転から40年 http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_131803625052.html
>[2011年10月08日 10:07]
>大分空港は国東市の現地に移転開業してから16日で40年を迎える。一時は200万人を超えていた年間利用者数は減少に歯止めがかからず、本年度は東日本大震災の影響で130万人前後に落ち込む可能性が出ている。県は低迷が長期化するとみて長期総合計画の目標値を200万人から150万人に引き下げる方針だが、目標の下方修正で存在感の低下は否めない。“不惑”を迎えた空の玄関は官民挙げての需要喚起の取り組みが求められている。
>大分空港の利用者数は1997年度の209万人がピーク。08年のリーマン・ショック後はビジネス客が落ち込み、利用者減に拍車を掛けた。本年度は震災と福島第1原発事故の影響で基幹の東京(羽田)線の利用者が減少。大阪(伊丹)線の減便や機材の小型化も響いている。唯一の国際定期路線として年間約3万人が利用していたソウル線も12月末まで休止する事態となった。
>近隣の空港との競争でも苦戦している。路線、便数が充実している福岡空港(福岡市)や、県北部から近い北九州空港(北九州市)に利用者が“流出”。県北、県南とのバス路線の充実などでアクセス改善を図っているが、目立った効果は出ていない。

ソラシドエア開業の時大分空港をネタにしたけど、そんな落ち込んでるのか。まあ無理もない、とにかく大分空港は場所が良くない。大分県であっても日田なら福岡空港、竹田は熊本空港の方が便利。別府と由布院は確かに一大ブランドだけどさらにそれプラスとなる物が近隣に無いと、観光需要掘り起こしって言っても簡単じゃない。
 また、九州は日本でも有数の都心間高速バス大国で、特に博多〜別府・大分はJRが超絶遠回りなので、バス会社にとっちゃドル箱路線となっている。
西鉄高速バス インフォメーション >> 福岡・福岡空港 〜 別府・大分(とよのくに号) http://www.nishitetsu.co.jp/bus/highway/guide/toyokuni.htm
そして福岡空港経由便が毎時1本走ってるのがポイント。

 >唯一の国際定期路線として年間約3万人が利用していたソウル線も
  12月末まで休止する事態となった

アジアからの観光客は福岡空港に降り立ち、博多とセットで他都市をツアーバスで楽しむのがデフォ。わざわざ大分空港でなければならない理由がない。…こういう時、別府競輪の存在感が大きければ、空港関係者に売り込めるんだけどな。

地方空港興しをするとなって、3競オート関係者や旅打ち客を味方に引き込めるのは…あとは函館と北九州ぐらいか?中央競馬ぐらいパイが大きくないと効果見込み辛いし。名古屋空港(=常滑競艇)や関空(=岸和田競輪)は地方空港じゃないし、JRAと比べるとやっぱ、ね…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 01, 2011

 TVで「ソラシドエアが周航し何たら」とやってて、あそうか今日からかと。

スカイネット、便名を「ソラシドエア」に http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110513-OYS1T00195.htm
>宮崎や長崎など九州の5空港と羽田などを結ぶ定期便を運航しているスカイネットアジア航空(宮崎市)は12日、7月1日から便名やブランド名を「スカイネットアジア」から「ソラシドエア」に変更すると発表した。スカイマーク(東京)と混同されることが多かったためで、差別化を図り、知名度向上を目指す。
>「ソラシド」は空と英語の種(Seed)を合わせた造語。時刻表や空港などの表記、ロゴのほか、機体のデザインも変更し、主翼や尾翼にピスタチオグリーンと呼ばれる明るい黄緑色を使う。会社名はスカイネットアジア航空のまま変更しない。
>(2011年5月13日 読売新聞)

 >スカイマーク(東京)と混同されることが多かったため

そんな理由だったの('A`)?
 改めて調べてみると、いつの間にやら大分便就航してたのね。
大分-東京間時刻表:7月1日-8月31日 http://www.skynetasia.co.jp/timetable/oita-hane/201107.html
時刻も良い。今まで羽田最終便は18時台で、しかも大分空港って場所が悪く、だからこれに乗るためには別府競輪の最終レース観れないという惨状だった。いや実際は、JR特急で小倉→北九州空港からスターフライヤーというルートで、最終R観てからでも当日帰京は可能(SFJの割安プラン+JR九州の2枚きっぷという企画商品を使えば、遠回りながらJALやANAより安く上がる事も)だったが普通の人はちょっと気付かない。これが、そんな西村京太郎手法取らんで素直に大分空港から直帰出来る様になった訳だ。ANAとコードシェアしてるからマイレージも使える。俺はSNAは熊本競輪の旅打ちの際乗ったきりだが、使いでが良くなったのは確か。
 にしてもソラシド。どうしても『VOW』ネタの、申請却下された馬名ドレミファソラシドを思い浮かべてしまうんだが…( ´-`)y-~~~

VOW全書〈1〉まちのヘンなもの大カタログ (宝島社文庫)
VOW全書〈1〉まちのヘンなもの大カタログ (宝島社文庫)

販売元:宝島社
発売日:1998-08
クチコミを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック