スプリンターズステークス

October 04, 2016

 ウチの社で凱旋門賞を買ったヤツは一人も居なかった。前にも書いたが、少なくとも俺らは上がり3Fも調教タイムも判らない状況下で三連単みたいな買い方は出来ない。で、フランス本国のオッズと比して明らかにマカヒキが美味しくないとなれば、同胞として応援する気持ちとは別に、馬券は他から入るたくもなる。しかし、例えばブックメーカーが一番人気に支持したポストボンドから入ろうとしても単勝しか買いようがない→これしか付かないし、かといって万張りするほどの自信もない→じゃあケン(=「見」。バクチ用語で「スルー」の意)で良いや、と。そしたらマカヒキなんてどこにも居ないわポストボンドも伸び切れずの5着止まりだわ、とんだ命拾いをしたのだった。…アレだ、昭和の時代からやってる競馬ジジイとしちゃ、初期のジャパンカップを思い出すな。競馬マスコミが強い凄いと囃し立てる有力馬なんか全然アテにならない。斤量有利な3歳馬とか内枠有利とか言ってた連中出て来いや、ぜひご高説を改めて伺いたいものだ。
 外国競馬に詳しいライターというのは確かに居て、そういう人達の信頼性が解ったりもしたから後々のプラスにはなったが、そんなだから今回のマカヒキはもちろんだが、オルフェーヴルやディープインパクトの時だって、マスコミが騒げば騒ぐほどこっちは眉に唾してたものだ。時代は繰り返す。いや人間が進歩しないのか(´A`)

 海外馬券発売第1弾 予想の倍!日曜重賞以上!売上41億8599万円 http://www.daily.co.jp/horse/2016/10/04/0009550887.shtml
 >2016.10.4(Tue)
 >海外馬券発売第1弾となった凱旋門賞の売上額は41億8599万5100円。発売がインターネット限定だったことや、当初は20億円を売り上げれば大成功とも言われていただけに、予想を大きく上回る結果となった。
 >ちなみに、同日昼に行われたG1のスプリンターズSのネットによる売り上げが約81億4300万円(総額は126億6409万3600円)、前週の中山メインのG2・オールカマーが約29億7800万円(総額は46億5343万1100円)。さすがにG1のネット販売分を上回ることはできなかったが、通常の日曜重賞よりは売れたことになる。
 【スプリンターズS】秋G1売り上げ好スタート! http://www.daily.co.jp/horse/2016/10/03/0009547909.shtml
 >2016.10.3(Mon)
 >2日の中山競馬場の入場人員は前年比97・7%の3万7383人とダウンしたが、スプリンターズSの売り上げは好調。前年比104・0%となる126億6409万3600円を記録した。
 >海外馬券の発売開始で夜に凱旋門賞が控えていたが、馬券の買い控えは起こらず、秋のG1シリーズは好スタートを切ったと言える。

凱旋門賞爆売れでもスプリンターズ惨敗だったら両手を挙げて喜ぶ訳にも行かない、JRAも一安心だろう。今回は史上初というご祝儀があるし、最高峰レース ━━ 俺はその中の一つだとしか思ってないが ━━ だし、しかも今度こそ日本馬制覇のチャンスかもとファンの期待も高まってたし…と売れる要素が揃ってたとはいえ、やはり素晴らしい事だ。まあ今後はこんな数字は出ずに落ち着く事になるのだろうが、これってつまるところ「ミッドナイト競馬」だ。競輪に端を発するミッドナイト開催は、経費の少なさで抜群の収支改善効果を示した(何せ、発払業務の人件費や警備に清掃、送迎バスなどの委託費がゼロになるのだから)。だからこの外国競馬シリーズの売上が、仮に半分以下に落ちたところで ━━ もちろん主催者に支払うフィーにもよるが ━━ まず赤字にはならないだろう。
 ところで、ネットにはごくごく一部、「本場でファンが観れないなんて開催は邪道だ!」と認めない手合いが居て、彼らは当然、この凱旋門賞は成功だったとは口が裂けても言えない。今後も行われる外国競馬ネット発売も彼らは否定し反発キャンペーンを貼って行くしかないが、それを不毛とは思わないんだろうか?…己の滑稽さに気付かない、気付けないんだものな(・∀・)ニヤニヤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 02, 2011

 第1回ジャパンカップの時は物凄い期待感と高揚感が有った。前哨戦の富士ステークス(当時は芝千八のオープン特別、JCの2週前=本番に中1週)で『インドのシンザン』との触れ込みだったオウンオピニオンが大敗してミソを付けたとはいえ「ジョンヘンリーってどんな馬なんだろう」みたいなワクワク感ったらなかった。が、当時の俺は全く本場指向が無く、そのうち外国競馬への知識が増えるに連れ「凱旋門馬がJCで来るわきゃ無いっつのw 相変わらず情弱はマスコミに騙されて美味しいわー(´艸`) 」みたいな。だから本場指向が出て来てからこっち、スプリンターズSのロケットマンは本当に初めてこの目で生で見たいと思い、月曜から凄い(0゜・∀・)ワクワクテカテカ しながら過ごしてた。が、どうにも疲れが抜けんのと気力が湧かんのと。かくてウチで大人しくTV観戦(もちろんCSでオート中継とハシゴ見だが)。
ガルダン放馬、哲三骨折/スプリンターズS http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20111002-844039.html
>締め切り直前で8番人気だったビービーガルダン(牡7、領家)がゲート入り後に放馬し、芝コースを延々と回って3周。疲労が著しいため競走除外となった。スプリンターズSの発走は13分遅れ、7枠13番絡みの馬券13億5542万3200円が返還となった。なお、落馬した佐藤哲三騎手(41)は左肋骨(ろっこつ)を骨折。10日の南部杯(統一G1、ダート1600メートル=東京)はエスポワールシチーの騎乗が微妙な状況となった。
>[2011年10月2日18時26分]
JRAホームページ|データファイル 第45回 スプリンターズステークス
ビービーガルダンの放馬でアヤが付いた感は有るが、最後の直線ロケットマンが外に出そうとするより一瞬早くエーシンヴァーゴウ福永がそのコースに入り、行き場を失ったロケットマンは完全に脚を余しての敗北、陣営にとっちゃ不完全燃焼もいいトコだろう。過去21戦17勝2着4回、の4回の2着は前を捕まえ損なったり叩き合いに屈したり、要は最後の鋭さ負けだそうで…っつうのは結果論。まあ、こうなったら「ロケットマンが初めて馬券対象外に負けるトコを見れた、我々は歴史の生き証人になれた!」と幸運に感謝する…ってのも不健康だよなあ。馬券ヤラレずに済んだ悪運の強さには感謝すべきかもしれんけど…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 25, 2010

 持ってるなー小森( ´-`)y-~~~
「もはや怖いんだけど…」小森純がTV番組での菊花賞予想的中にコメント。 http://narinari.com/Nd/20101014448.html?xml
>2010/10/25 11:48 Written by Narinari.com編集部
>タレントの小森純が、10月24日に行われたG1菊花賞を的中させ話題を呼んでいる。芸能人が競馬の予想を当てたというだけならさほど珍しい話ではないが、彼女が注目されるのは、今年6月にW杯1次リーグE組の日本代表戦予想で勝敗・スコアを“完全的中”させたほか、10月3日にも波乱のG1スプリンターズステークスを的中させるなど、驚異的な予想を連発しているためだ。
>今回の菊花賞の予想は、レース前日の23日深夜に放送されたフジテレビ系深夜番組「うまプロ」で披露されたもの。本命には7番人気のビッグウィーク、対抗には1番人気のローズキングダムを挙げ、実際の結果も予想通りの1着、2着となり、払戻金は単勝2,320円(7番人気)、馬連2,170円(6番人気)、馬単7,440円(23番人気)の好配当となった。
>この結果を受け、小森純は24日に公式ブログを更新。「なんか競馬また当たったらしいですね…………菊花賞の1位・2位を当てました☆」とファンに報告し、「うちのカンってなんなんだろ? もはや怖いんだけど……」と、自身もその的中率に恐怖を感じるほど驚いているようだ。
>小森純は6月に、都内で開かれたサッカー日本代表応援イベント「EVERY TEAM NEED…Fan Power ガールズゴール!」でW杯1次リーグにおける日本代表の試合結果を、カメルーン戦は1-0、オランダ戦は0-1、デンマーク戦は3-1の2勝1敗と予想。翌日のスポーツ紙などでも「大胆予想」と伝えられていたが、結果は勝敗・スコアともに完全に一致していた。
>また、10月3日の競馬G1スプリンターズステークスでは、優勝した10番人気の香港馬ウルトラファンタジーの単勝1万円分を1点だけ購入。生まれて初めて買ったという馬券で見事に29万3,000円を手にしている。
>もちろん、秋華賞の予想(プリンセスメモリーとアプリコットフィズの組み合わせを予想→ハズレ)のように、当たらないことはある。しかし、時に専門家からは出てこないような驚きの予想が的中するケースが出ていることもまた事実で、今後も彼女の予想から目が離せなそうだ。
JRAホームページ|データファイル
TV解説の柏木集保はレースを「低レヴェル」と斬って捨て、1番人気ローズキングダムの鞍上・武豊を「拙騎乗」と批判した。それもTVでなかったら机バンバン叩いて熱弁振るうぐらいの勢いで、だ。
競馬コラム - netkeiba.com | 菊花賞 http://www.netkeiba.com/news/?pid=column_view&no=15835
それは解るが、こういう事が起こるのもまた競馬だ。我々はその事を昨秋のエリザベス女王杯で学んだのではなかったか。いや今年のオークスだってそうだ、あれから半年も経ってない。いやいやスプリンターズステークスもスローの前々決着、ほんの3週前(!)だ。
 さて、菊花賞に距離短縮論者が居る。古馬解放論者も居る。ついでに天皇賞(春)にも距離短縮論者が居る。俺はその全てに反対だが、居る事は知っているしその言い分に一応の理屈が有る事も知っている。で、今回の菊花賞の結果を受けて「長距離戦はこういう事が多いから距離短縮した方が」つってるブロガーが一人居た。「イタい人」として好事家の間で知られたちょっとした有名人なのだが、にしても浅っ!人気の差し馬同士で牽制し合ってるのを尻目に前々決着、でも歴史に残るレースとして後々語られる名レースは珍しくもない(この菊花賞がそうなるかは未知数だが)。また、前述のスプリンターズを初めとして、短距離戦でもスローの凡戦はしばしば起きている。そういうの無視して「ホレ見ろ」つってるだけじゃねえ( ´,_ゝ`) それ以外の短縮論者全てに「こんなアサハカな奴と頭の中身一緒に思われちゃ敵わん」てなもんだろう。
 それより俺が思うのは、横山典の不在の大きさだ。クィーンスプマンテの女王杯では、自身断トツ人気馬に騎乗し後ろから他の人気馬にマークされる立場だったにも関わらず真っ先に動き、前を捕まえに行った(結果、届かずの3着だったとはいえ)。イングランディーレの天皇賞(春)では自ら主役となり、人気薄をものかはまんまと逃げ切った。今回もノリが居たら、レース形態はおそらくは大きく違ったものになったろう。…ノリぃ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 04, 2009

「馬上インタビュアー」目指す、落馬で障害の元騎手リハビリ http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091004-OYO1T00245.htm
>5年前にレースで落馬し、半身まひや記憶障害の後遺症を抱える日本中央競馬会(JRA)の元騎手、常石勝義さん(32)(滋賀県草津市)が「馬上インタビュアー」としてターフでの復活を目指している。まだ日本では導入されていないが、海外では馬に乗ったリポーターが、勝利直後の馬と並走し騎手にインタビューしている。常石さんは乗馬クラブに通い、マラソンなどでリハビリを続けており、「騎手の喜びの声や馬の息づかいを間近から伝えたい」と話している。
>常石さんは大阪の中学を卒業後、1996年3月に騎手デビュー。障害のG1レースで勝つなど将来を嘱望されていた。しかし、2004年8月、小倉競馬場でのレースで落馬。脳挫傷やクモ膜下出血で約3か月、意識が戻らなかった。自発呼吸もできず、母親(59)は医師に「覚悟して下さい」と〈死〉の宣告まで受けた。
>命はとりとめたが、左半身にまひが残った。半年ほどは記憶も定かでなく、家族の顔も名前も忘れた。それでも馬の名前だけは覚えていた。はしは持てないが、ムチや手綱は握れた。
>「騎手として復帰する」と、翌年からリハビリを続けていたが、主治医からのドクターストップで07年に引退。「もう乗れんのか。頭の中が真っ白になった」
>しかし、馬と呼吸を合わせ、芝を駆ける興奮が忘れられない。「騎手が無理なら、インタビュアーで」と乗馬を再開、週に1度、乗馬クラブに通う。ほぼ毎日、病院や施設でリハビリし、体力をつけるため1日に10キロを走る。昨年末にはフルマラソンを5時間2分で完走するまでになった。
>高次脳機能障害に悩む人を支援するNPO法人「日本脳外傷友の会」(神奈川県)も4日に広島県で開く全国大会で、「障害と闘う人の励みになる」と、「当事者活動奨励賞」を贈る。
>常石さんは「これまでの努力が認められた。競馬を楽しんでもらうために、早く馬上インタビューが導入されるよう、今後も力を尽くしたい」と話している。
>(2009年10月4日 読売新聞)

これは報われて欲しいなあ(-人-) あ、でも喋りは大丈夫なのか?いや言語障害とかじゃなく、アナウンス技術の方。

中川昭一元財務・金融相、都内の自宅で死亡 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091004-OYT1T00266.htm
>4日午前8時20分頃、自民党の中川昭一元財務・金融相(56)が東京都世田谷区内の自宅2階ベッドの上でうつぶせの状態で動かなくなっているのを妻が発見、「体が冷たくなっている」と119番通報した。
>東京消防庁の救急隊員が現場に駆けつけたところ、すでに死亡していた。警視庁世田谷署では病死の可能性もあるとみて、死因や詳しい状況を調べている。
>(2009年10月4日10時14分 読売新聞)

リーマン・ショックに端を発する世界同時不況が一段落したのは日本が財政出動したから、というのが世界の政治家・評論家・投資家の一致した意見。日本のマスコミはなぜか一行も報じなかったが、恐慌を未然に防いだ、世界を救った偉人の一人として中川昭一の功績は高く評価されている。まあバクチ打ち的にはそれは置くとして、当時死の淵に瀕していたばんえい競馬(浜松オートよりヤバかったかもしれん)の存続に奔走し尽力した功績は何者にも替え難い。合掌(-人-)
 そしてフジ『みんなのケイバ』は、F1日本グランプリにトコロテン式に押し出されて3:40〜4:20の放映に。でもそのおかげでスプリンターズステークスの長い写真判定と勝利騎手インタヴューが枠内に収まったんだから、僥倖というべきか。CMのたびチバテレとスイッチングしてたが、3コーナーでシーニックブラストが不利を受け躓くシーンは高いアングルからカメラ回してたフジの方が解り易かったし、ゴール体勢もフジは微妙だったのにチバテレだと完全にビービーガルダンが差し切った様に映ってた。いかにフジ嫌いの人でも、少なくとも今日に限ればフジの中継に軍配上げざるを得まい。あと、微妙な写真なのに構わず脱鞍所で躊躇せず1着馬のレーンに入れちゃうアンカツって、それだけで負けフラグだな、もう( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 03, 2009

 『東京にオリンピックを!』っつう街路樹のフラッグとか都バスのラッピングとかの広告が一斉に消えたのが、結果的に黒歴史処理みたくなっちゃって笑った。決定日以降に掲揚広告の意味なんかないから、この日までの契約は当初からの筈なんだけど、でもそう見えちゃう。せっかくだからどっかに取り溢しないか探したが、日比谷線の日比谷駅と銀座駅を繋ぐコンコースの壁面がギャラリーになってて、そこに有ったのが唯一の発見。にしても、今までろくすっぽ取り上げて来んかったマスコミが今になって残念だとか、どの口が言うか。んまー日本のマスコミは今に始まったこっちゃないけども('A`)

オイオイまたお前か!生きるデスノート東原亜希が東京オリンピックを熱望してたw http://pafunews.com/archives/303724.html
>2009年10月03日00:46
>またお前かよwwwwwwww
>アイドルの東原亜希はブログに書いたり関わったりしたものをドン底に突き落とすと言われているwwwwwwwwww
>そして・・・・・またやってくれました!!!今度の犠牲者は東京オリンピックですwwwwww
>東原のブログを読んでみたら、2008年8月13日00:03:32の日記に書いてありましたwwww
>なんか北京オリンピックに行ってたときの日記らしいんだけどね・・・・・・
 >↓↓↓
 >客席の雰囲気だけ見てても
 >オリンピックって素晴らしいな〜
 >って
 >改めて思えるよ。
 >是非東京で開催して欲しいな!!

>↑↑↑
>これは完全アウトだろwwwww
>しっかりデスノートっていうか東原のデスブログに書いてるもんwwww
>これ書かなかったら少なくとも最終選考までは残ったのになー・・・・


これか!さすがヒガシハラorz
 さて、リオデジャネイロだそうで。そいでサモア沖で大地震と南半球付いてる、やっぱスプリンターズSはシーニックブラストとキンシャサノキセキだなとか適当に考えつつ、ゲンダイ終面の武田記者の予想文章読んでちょっと考え込んでしまった。以下抜粋
>平成12年にはアグネスワールドが千二百辰留傳韮疋献絅薀ぃ辰鮴したが、それ以降、日本馬で海外の短距離GIを制した馬はゼロ。
>近年、最も質の高い短距離戦は暮れのGI香港スプリント。日本馬はこれまで11頭が出走して7着が最高だ。実に7頭が2ケタ着順に沈み、世界の厚い壁をまざまざと見せつけられている。
>その香港スプリントは1999年に国際競走として新設。過去10回で香港8勝、豪州2勝だが、実は勝ち馬はすべて豪州産馬なのだ。
>スプリンターズSを制したカク外馬もそう。17年サイレントウィットネス、18年テイクオーバーターゲットはともに豪州生まれ。世界を股にかける超一流スプリンターを生み出しているのは、ヨーロッパでもアメリカでもなく、オーストラリアである。

うーむ。この予想が当たるかどうかは置いといて、短距離偏重競馬とオーストラリアをちょっとバカにしてた認識を改めにゃならんなと。そして日本は、短距離馬の層が薄いとここ十年くらい言われ続けてるのは感覚でなく実際そうなんだなと。原因として考えられるのは、何よりサンデーサイレンス。…しかしまあ、ちょっと、いやかなり考えにゃならん事は多いなと( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック