スカイマークエアラインズ

December 01, 2012

日航3便、全日空8便に 国交省、羽田発着枠決定 http://www.sankeibiz.jp/business/news/121201/bsd1212010500000-n1.htm
2012.12.1 05:00
>国土交通省は30日、来年3月末から年間2万回、1日当たり25便増える羽田空港の国内線発着枠の配分を決めた。全日本空輸8便に対し、日本航空は3便にとどまった。
>今回の配分は、航空各社が2007年4月から12年3月末までの5年間に、低採算の地方路線の維持に貢献しているかなどを採点し、これに基づいて配分枠を決めた。日航は、公的支援を受けた2年2カ月間を採点に含めないことになり、大きく評価が下がった。大手以外では、スカイマークが4便、エアドゥが2便、スカイネットアジア航空が3便、スターフライヤーが5便となった。
>羽田発着枠は1枠で年間20億〜30億円の売り上げ増につながるとされる「ドル箱」。このため全日空は、公的支援で業績を急回復させた日航への割り当ては、公正な競争を損なうとして「枠を与えるべきではない」と主張。自民党からも、民主党主導による日航再生は、競争環境をゆがめたと批判があがった。
>これを受け当初、日航の経営破綻を考慮せずに配分する方向だった有識者会議の配分方法をめぐる議論は、終盤に軌道修正され、日航に不利な基準となった。衆院選で政権へ返り咲く公算の高い自民党に配慮したとの見方もあり、同会議の委員からは「(日航の得点)引き下げ率が4割にもなるとは聞いていなかった」との声も出ている。

こりゃまた見事な政治決着。JALは今後数年に渡って法人税免除の身(法で認められてるとはいえ)、一人前の口利くんじゃねえ!っつう理屈は一応有るが、スカイマーク以外のエア・ドゥとスカイネットアジア航空(=ソラシドエア)、スターフライヤーはANAとコードシェアを行ってて、傘下とか系列とまでは言わないが友好関係に有る事まで思うとかなりのアンバランスに映る。
 とはいえ、俺からするとソラシドとスターフライヤーの増便は有難い。スカイマークとエア・ドゥは千歳(=札幌競馬…来年度は開催無し)or函館便(=函館競馬&競輪)に枠を向けてくれるか判らんが、ソラシドは熊本便(=熊本競輪)の増便は判らないが大分便(=別府競輪)は大いに有望、そしてスターフライヤーは枠全てを福岡便(=久留米競輪、飯塚オート)に回すだろう、都民旅打ちャーにはありがたいわー(´∀`)

【追記】
なるほど釧路か…。
AIRDO、釧路―羽田に開設へ http://www.news-kushiro.jp/news/20121130/201211302.html
>2012年11月30日
>AIRDO(エア・ドゥ、本社・札幌市)は29日までに、釧路―羽田線の新規就航路線を来年3月にも開設する方針を固めた。近く国交省が公表する羽田空港の国内線発着枠の配分を受け、正式に決定する。来年3月31日から1日2便運航する見通し。同社の参入で釧路―羽田線は1日7便となり、利用者にとっては選択の幅が広がりそうだ。

フライト・トゥ・ジョーダン+2
フライト・トゥ・ジョーダン+2

アーティスト:デューク・ジョーダン
発売日:2012-04-11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 01, 2012

スカイマーク「苦情は受け付けません」 http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp2-20120531-960286.html
>「機内での苦情は一切受け付けません」「丁寧な言葉遣いを当社客室乗務員に義務付けておりません」。航空会社のスカイマークは、乗客にサービスの簡略化などへの理解を求める内容の文書を、5月中旬から機内に備え付けた。
>国内の航空業界の常識とは百八十度異なる対応に「業界の評価を下げかねない」(航空大手幹部)と懸念する声が上がるなど波紋を呼んでいる。
>1998年に運航を始めた同社は、比較的安い運賃を武器に事業を展開。最近の格安航空会社(LCC)の相次ぐ参入で価格競争が激化するのは必至で、経費削減に伴う苦情増加に先手を打った、との見方もある。
>同社は機内の座席ポケットに備え付けた「サービスコンセプト」と題した文書で「従来の航空会社とは異なるスタイルで機内のサービスをしている」と訴えた。
>客室乗務員は荷物の収納を「援助しない」と表明、「接客は補助的なもの」だとして乗務員の私語などを容認した。服装は、会社支給のポロシャツなどの着用を義務付けている以外は、髪形やネイルアートも「自由」とした。苦情は同社のお客様相談センターか「消費生活センター」などに寄せるように呼び掛けた。
>スカイマークは狙いを「いろいろな問い合わせを受けたため、当社のコンセプトをあらためて明文化した」と説明した。
>ただ監督官庁の国土交通省は、安全上のトラブルが相次いだ同社に安全管理体制に不備があるとして、5月22日に厳重注意したばかり。関係者からは「安全性対策の強化を優先すべきだ」との批判も聞かれた。(共同)
>[2012年5月31日20時35分]

手持ちの『元祖テレビ屋大奮戦!/井原 高忠(文藝春秋社)』
96d18f74.jpg
の中にこんなクダリが有る。

 >そういう言葉使っていいかどうか分かりませんが、後進国、後進国へ
  行けば行くほど、スチュワーデスが良家の子女になるんですね。
  だから発展途上国のスチュワーデスってのは、みんな良家の子女。
  文明国へ行くほど、“空飛ぶ女中”になっていく。だから、日本の
  スチュワーデスが女中になってきた、ってのは、日本が文明国に
  なったってことですよ、怒るだろうねえ、こんなこと書いたら。
  怒られたって俺はいいけど。
 >アメリカなんてほんとにヨボヨボのおばあさんですよ。国内線に
  乗ってごらんなさい。もう、アウシュヴィッツの女看守かガゴール
  妖婆みたいなのが出て来ちゃうからね、たまんない。

『スチュワーデス』は、今の言葉でいうところのフライトアテンダント。で、これにすっかり感化されてしまった俺は、アテンダントに対して特別な思い入れは持ってない。アテンダントの制服姿に対するある種コスプレ的持て囃し方とか、アテンダントを目指す青春ドラマの往年の作が上戸彩主演でリメイクされ結構な視聴率を取ったり、とかく日本人にはガラパゴス的航空会社有難がり方が敷衍してて、だからこそ

 >国内の航空業界の常識とは百八十度異なる対応に「業界の評価を下げ
  かねない」(航空大手幹部)と懸念する

となる訳だが、前述の通り俺には何の思い入れも無いし、ホテルや飲食店でも過剰なもてなしを鬱陶しく感じるクチなので、スカイマークの考えは過不足無い、むしろ好ましく映る。日本人の一部には過剰なまでの「お客様は神様です=だからワシ何してもエエけんね思想」が有るが、本来サーヴィス提供者と客はフィフティ・フィフティの関係であって、例えば安い居酒屋チェーンで過剰なまでにへりくだる店員に居丈高に振る舞う客なんつうのはお互い下品に映る(もちろん逆の、威張り散らす店主にヘーコラして食わさせて頂きますパターンもだ)。つか、全ての航空会社がそうなるというならいざ知らず一社だけだ、だからそれが気に入らないのなら他社を使えば良いだけの話だ。定期便がスカイマーク一社しか飛んでない茨城空港利用客で、かつ背が低いとか身体が不自由だという人には

 >客室乗務員は荷物の収納を「援助しない」と表明、「接客は補助的
  なもの」

っつうのは困るだろうが、それ以外に怒る謂われは無い。もちろん、安全運航が大前提だ。その上で、合理的に徹するというのであれば、大いに歓迎したい。…が。俺使う機会無いんだよなあ。旅打ちにはどうにも不便でねえ…('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 16, 2010

茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便 http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100416/lcl1004161203002-n1.htm
>2010.4.16 11:56
>3月に開港した茨城空港(茨城県小美玉市)で16日、初の国内線定期便となるスカイマークの神戸便の運航が始まった。
>第1便は定刻の午前9時35分ごろに茨城空港に到着。茨城空港では空港ターミナルビル内で歓迎式と出発式が開かれ、橋本昌・茨城県知事や地元の島田穣一・小美玉市長らが顔をそろえた。橋本知事は「開港当初は厳しい声もいただいたが、見学者を含め(1カ月で)15万人が来場し、予約も順調。将来有望な空港とも言われるようになった」とあいさつ。
>また、第1便に搭乗してきた神戸市の小柴善博副市長は式典後、記者団の取材に「これまで北関東とは関係が薄かったが、進出企業もあり、ビジネス的な利用も期待できる」と答えた。
>茨城空港では国内98番目の空港として3月11日に開港。国内線と国際線のロビーを1階に集約しているほか、搭乗橋(ボーディングブリッジ)を使用しない構造にするなど、維持管理や運航にかかわるコスト削減を徹底。県は国内初の格安航空会社(LCC)対応空港として、航空各社に就航の働きかけを図っている。
>だが、国内線定期便ではスカイマークの神戸便(1日1往復)しか運航が決まっていないほか、国際線定期便はアシアナ航空が運航する茨城−仁川(ソウル)便の1日1往復。早期の航空会社の誘致が課題となっている。

一日一往復じゃ話にならんて。土曜朝行って一泊して日曜朝帰って来るの?それだったら高速バス昼行便と変わらん、最低でも朝晩二往復は無いとねえ( ´,_ゝ`)
 茨城側にはつくば学園都市や原発関連等ビジネス需要はそれなりに有る、あとはサッカーのサポーターか。これだけだとちょっと弱いが、元々は首都圏第三の空港と謳っていた。これは無理が有り過ぎと当時散々ネタにされたものだ、俺もそう思ったが、冷静に考えてみると確かに使えそうではある。俺は以前柏に住んでたが、この辺からだと羽田より近い、東葛や埼玉東部なら充分勝負になる。てか、常磐快速なら国電区間の終点・取手が既に茨城だが、京浜東北線の終点・大宮から群馬や栃木に抜けるったらまだ相当乗らなければならない。ウチの社に茨城県民は数人居るが、群馬栃木から通ってる人間は居ない。美川憲一がCMやってるアイダ設計の建て売り住宅も小美玉市(=空港所在地)、限度に近いが辛うじて東京通勤圏だ。なら何故上記の様にネタにされたか?これは茨城=北関東=遠い、っつうイメージのタマモノだろう。
 と言いつつ、やはり茨城は茨城である事に違いは無い。取手競輪に足を運んだ事が一度だけ有るが、客の言葉が訛ってるのにはショックを受けたものだ。茨城とはいえ国電区間なのに!と。大宮や千葉は訛ってないもの。いや訛りをバカにしてるんじゃない、それ故の『味』ってモンも有るんだし。ただとにかく、そうなんだなあと( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック