サタうま!

March 06, 2012

 昨夜(日付的には今朝)のチバテレ『アグレッシブですけど、何か?』久々に近所迷惑なぐらいワロタw
 企画はローカルMCサミット。名古屋のスーパースター・つぼイノリオまで行かんでも、ローカルアイドルやご当地ゆるキャラがあるように各地方それぞれの著名タレントというのがいる、それらが一同に会して何やかやろう…というのは過去ハズレなしとあって今回は第6弾。
 まず最初に登場はとちぎテレビのだいじお兄さん、外見は物真似芸人のホリの彫りを深くしたような、でも体操のお兄さんキャラ。続いて登場は大分のカボスひろし、バッファロー吾朗・木村がグリーンのラメの帽子を被ったような、と言えば良いか。そしてウドン国・香川からはレポーター本多春奈。最後に、基本女優なのだが青森でレポーター等もこなす百香、以上4人プラスMCの中島。
 で、みんな異様なハイテンションの中、まず百香持参の八戸土産・鶴子饅頭を開く。曰く、黒砂糖や炭で黒くした皮で濾し餡を包んで焼き、表面に落雁をまぶしたと。で、これをただ食べるのも芸がないからグルメレポで…と中島がだいじお兄さんに振るや、ヒソヒソ声で「実はこのキャラで食レポやった事ないんです」しかし覚悟を決め、声を張り上げTシャツを肩までたくし上げ、二の腕の筋肉を見せ付け饅頭を口に運ぶ。少しの沈黙の後、一同固唾を飲んで見守る中発せられた言葉が「旨い」一同コケ大ブーイング。挽回を求められたカボスひろしは「良い食レポには起承転結があるんです」と豪語。「わー美味しそうですねー、じゃあ頂きまーす」と口に運ぶ、普通に咀嚼、ストップし睨み顔、目を見開く、それに中島が「あ今『起』ですよコレ」「『承』ですね、探ってます探ってます」「あ『転』来ました!」と付けて散々煽るのだが、関心の『結』が「美味しい」やっぱりか、と一同笑いを噛み殺し顔を伏せる。
 舞台となったANAクラウンプラザホテル広島提供のビュッフェの食レポも、カボスが自分の前に置かれたフルーツ&生ハムをやろうとするや、だいじお兄さんと「苺は許さんぞ!(←栃木県は苺収穫高全国一)」「いや、この苺は僕に食べられたがってるんですよ」「お前、苺の顔が見えるのか?」突如始まるアドリブ小芝居。「兄さん。目で『食べて』って僕に訴え掛けてます」「そうか…(寂し気な笑顔で)幸せにしてやってくれ」「兄さん、ぼ○▲△×…」痛恨の大噛み(´;ω;`)
 もう一事が万事この調子。ウドン姫は突っ込み鋭く、百香は中島の段取り意図を無視しての発言や悪気のない毒を吐いたり、要所に存在感を示す。日本人のTV試聴時間は減る一方だと言う、確かに年々つまらなくなってるのは間違いないが、こうしてローカル番組視るとキー局にはないダイナミズムがまだまだ健在で、これを捨てるのはもったいないなと思う。東京住んでるとどうしても東京至上主義になってしまうし東京情報が全てと思い込んでしまいがちだけど、日本は広いよ、いや本当に。
 去年で連続記録は途絶えてしまったが、毎年12月は山陽オートのスピード王決定戦を見に行くのが年中行事となってた、その場内には普通に地上波を映してるTVが何台かあって、「こっち(=山口県)じゃ『クイズ!ヘキサゴンII』こんな時間やってんのか」とか、東京じゃやってない『たかじんのそこまで言って委員会』視れて「日曜の昼下がりにこんな濃ゆい番組やるって凄いなー」とか思ったものだ。やはり山口県は防府競輪に旅打ちした際、泊まった新山口のホテルで初めて『中野浩一のK-ファン』『サタうま!』視れた時の感動ったらなかった。今は旅打ちも貧乏旅行ゆえ、ヒットアンドアウェイ弾丸ツアーばっかになってしまってるが、土地の文化に触れるっつう意味でもちゃんと一泊した方が良いよなやっぱ。それぞれの地の番組視てえ('A`)

ローカル・カラー
ローカル・カラー

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:1987-12-21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 13, 2011

サタうま!競馬予想名物番組9年で幕 http://www.sanspo.com/geino/news/111213/gnj1112131106020-n1.htm
>2011.12.13 11:03
>9年続いた関西テレビの競馬番組「サタうま!」(土曜深夜1・05)が年内で放送終了し、来年1月7日から「うまンchu」のタイトルでリニューアルされることが12日、分かった。お笑いコンビ、シャンプーハットのてつじ(36)が700万円馬券を的中させた“歴史的番組”を一新。新番組では競馬初心者の女性タレントをゲストに呼び、レギュラー陣が競馬の魅力を伝えていく。
>100万円を超える“大万馬券”を何度も的中させ、競馬ファンの度肝を抜いてきた人気競馬番組が、9年間の歴史に幕を閉じる。
>「サタうま!」は2002年10月に放送開始。出演者が翌日に行われる重賞を中心としたレースを予想するコーナーでは、てつじが08年の桜花賞で3連単700万2920円をヒットさせたほか、07年の皐月賞でも162万3250円を的中させた。
>相方の小出水(35)も06年の小倉記念で304万3890円(10146・3倍を300円購入)をゲットし、吉本新喜劇座長の辻本茂雄(47)は07年のヴィクトリアマイルで228万3960円を払い戻した。
>競馬の醍醐味である一攫千金の“夢”を与えた一方で、辻本が08年から昨年にかけて112連敗。小出水も95連敗を喫するなど不名誉な記録も残し、良くも悪くもこれまで数々の“歴史”を作ってきた。
>番組終了に伴い、レギュラー出演していた辻本とタレントの六車奈々(38)、競馬解説者の川田重幸氏は降板。今月初めに終了を知らされたという六車は、自身のブログで「淋しくて、悲しくて、家で一人でワンワン泣きました」と明かした。
>「サタうま!」はレース予想中心だったが、シャンプーハットの2人のほか浅越ゴエ(37)と千鳥のノブ(31)が新レギュラーに加入する「うまンchu」は、競馬好きを増やしていくことがテーマ。
>競馬初心者の女性タレントをゲストとして毎週スタジオに迎え、レギュラー陣が競馬用語をわかりやすく説明したり、歴史に残る名馬をVTRで紹介するなど様々な手法から競馬の魅力を“調教”。また、若手芸人が馬券の払戻金だけで生活する企画などが用意されており、競馬ファン以外でも楽しめる番組になりそうだ。
>◆「サタうま!」のほか、1992年に始まり、年末の恒例だった「さんま・清の夢競馬」も今年で終了する。タレントの明石家さんま(56)と杉本清アナウンサー(74)が対談形式でその年の競馬を振り返る番組。今年20回目の節目を迎え、29日深夜1時45分から最終回スペシャルが放送される。
>(紙面から)

防府競輪に旅打ちに行った際泊まったホテルで、一度だけ視た事が有る。その時は特に印象には残らなかったが、記事本文のてつじのの桜花賞三連単700万や皐月賞162万、小出水の小倉記念304万は東京でも話題となったし(例:「それに比べてフジのクソ番組は」等)、あぼーんした旧ブログでもネタにしたものだ。で、リニューアル自体は別に構わんと思うが

 >「サタうま!」はレース予想中心だったが
 >加入する「うまンchu」は、競馬好きを増やしていくことがテーマ

これは期待出来んな。初心者を増やそうとするのと現ファンを満足させる番組作りは両立出来ない…事は無いと思うが、しかしその難易度は非常に高く、大抵は従来のファンにソッポ向かれる結果となりがちだ。…って始まる前から決め付ける事もないか、まあ精々頑張ってください。今んトコ東京にゃ関係無い話だし( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック